Click Here!
仕掛け 遠投用磯竿 3号5.3m   
      リール   ダイワなら4000 シマノ5000
      遠投浮き 10号
     
 ステンレスかご 中 錘は蛍光の8号 PE3号200m
      
サビキしかけは幹糸6号以上でハリス4号以上 蛍光ビーズ付のスキンタイブがよい
幹糸8号 ハリス5号だとヒラメにも対応できる

釣り方の基本は夕方から夜と夜中から早朝まで、離島や遠征つりなら昼でも魚がすれていないので、釣れるが、房総や伊豆方面は無理、ナブラが立っていれば別だが、場所さがしが難しいので、確実に釣果を上げるには、夕マズメか朝マズメに限定する
餌も重要でかごに入れるアミコマセは新鮮でなければ発光しないので、房総方面に行く場合、市原フィッシングセンターの餌がよい、サビキ針は暗い所で発光しないと意味ないので、夜光ビーズがついていて、毛の長いものがよい

場所は堤防でも磯でもよいが、磯の方が大物や色々な外道が釣れる場合がある、房総の場合、地図で場所を選び、最終的に南房総が安定するが人が入ってない穴場もたくさん存在するので、場所を選ぶのも修行のひとつだ
装備は磯でも堤防でもスパイクブーツとライト(電灯)飲み水と人間の餌、荷物はコンパクトにまとめ、リュックなどがよい、最低限竿ケース、リュック、水汲みバケツがあれば釣りはできる
仕掛けは図にあるように重い部分を下に集中させることが遠投のコツで海の中が暗い時の釣りなので、発光させ、回遊している魚の注意を引くことが重要、最低限磯竿を振れて投げられないと話しにならないので、50mは投げてほしい、遠いほうが大型になる傾向だ
最後に一番重要な、付け餌である、通常はサビキなので餌をつけないが、それでは、釣れてこない、付け餌はバイオワームのキス遠投用の3mm、これをはさみで25mm位の長さにカットし4本針なら4個つける、最初の手順はステンのコマセかごにスコップでアミコマセをギチギチに入れる、ワームを針につける、強力ライトで針を照らし蓄光させる、竿を持ち、棚を確認する、浮きが遊動式で動くようになっているので、浮き止めをよく確認する、インターラインで浮き止めのトラブルはその時点ジエンド、投げ方は剣道の面といしょのスタイルが安定していてよい、足場やバックスペースにも依るので、サイドから投げる場合もある、棚は浮き下2mからやってみてどの針についているかで、随時調整する、浮きも重要で発泡で浮力があり小型でケミ蛍の75がさせる物以外使用しない、潮が流れ100mくらい沖合いまで仕掛けが届くときがあるので、大型の発光体でないと認識できないためだ、鯵の大型40cmクラスだといきなり浮きが海底に引き込まれるので、其の瞬間が非常に美しいのでよく見る事、白浜だと透明度が高いので光の軌跡が海上から海中になり、其の乱反射がしびれる
この方法を離島でやるとすごいことになる縞鯵やヒラマサも釣れる、棚を15m位とり超遠投するとウメイロや大型メジナ、カツオなども釣れる、男鹿半島でやったらマダイの入れ食いも経験した、型の方は30から40位の小型だったが
重要な要素はたくさんあれど、マズメ所謂、お食事タイムが一番重要なので、夕方と早朝がベスト、外道でヒラメ、赤いか、ヒラマサ、スズキ、アオリイカが釣れた鯵を食ってきたパターンが多い、直接サビキは食わない
Click Here!