地球の歩き方 スイス編  2015-16年版 2015.5.8


20年以上かかわっている、スイス編の新刊がでました。
3月に出したGemstoneシリーズの取材が、こちらにも生きています。

グラビアは世界遺産の町、ザンクト・ガレンです。
アルプスのハイキング情報は、質・量とも他のガイドブックの
追随を許しません!!



詳しくはこちら





地球の歩き方 Gemstoneシリーズ新刊

「スイス おトクに楽しむ街歩き」
 
2015.3.13

スイスというと、どうしてもアルプスのイメージがあります。
もちろん、アルプスの山々は美しいのですが、あまり知られていませんが
スイスの街も山同様にすばらしいところがたくさんあります。

古い街並みがそのまま残っており、交通機関が発達していて、
さらに治安もいいので、個人で歩いていても安心。

そんなスイスの街歩きの楽しみを一冊にまとめた本です。



詳しくはこちら





ことりっぷ 海外版
ベルギー・オランダ・ルクセンブルク  
2015.2.13



オフィス・ポストイットが作る『ことりっぷ』も第8弾となりました。

オランダ、ベルギー、ルクセンブルクのベネルクス3国のガイドです。
デザイン大国オランダ、美食の国ベルギー、優雅な王国ルクセンブルク、
それぞれ個性的な国々を取材。

「ことりっぷ」ならでは、お洒落で高感度な視点で、掲載物件を選んでいます。

今年の春から夏のヨーロッパ旅行のお供にどうぞ。






地球の歩き方 アラスカ編  2015-16年版 2014.12.26


手つかずの広大な自然に生きる野生動物、神秘的なオーロラ、
今も息づくネイティブの文化が感じられる「ラストフロンティア」のガイド。
改訂版が出ました。

これまで以上に、実際にアラスカを旅した旅行者の体験記が充実!
グラビアには、ポストイットが取材したホェールウォッチングの体験記を
掲載しています。




詳しくはこちら





日本の絶景パレット100
心をゆさぶる色彩の旅へ   2014.11.17

「世界の絶景パレット100」と同じコンセプトの第2弾。
12色のパレットになぞらえて、日本の美しい風景を紹介しています。

今回もデザインは「ベターデイズ」さん。

長年日本に住んでいながら、知らない風景がこんなにあるとは。
できたら全部回ってみたいほど、絶景のオンパレードです。









ミシシッピ・リバー・カントリーのガイド 2014.9.15

地球の歩き方の依頼で、アメリカ中部を流れる
ミシシッピ川流域10州のガイドを制作しました。

現地取材は1週間ほど。アメリカはいろいろな街を歩きましたが
久しぶりの、のんびりしたアメリカを感じる取材でした。

「音楽」、「グルメ」、「アクティビティ」、「物語の舞台」の4つのテーマで
ハート・オブ・アメリカを紹介しています。










ことりっぷ 海外版
バンクーバー
  2014.8.6



オフィス・ポストイットが作る『ことりっぷ』の第7弾です。

世界で一番住みやすい街といわれる、カナダ第三の都市バンクーバー。
海も山も近く、街がきれいで、美味しいものもいっぱい。
ぜひ住んでみたいものです。

でも取材は短期集中、怒涛の現地取材でした。

バンクーバーがあるブリティッシュ・コロンビア州の州都、
街全体が庭園のようなビクトリアも紹介しています。









地球の歩き方 インド編  2014-15年版 2014.6.27


今回の改訂版では新規掲載都市を大幅に増やしました。

グラビアは人気上昇中のグジャラートとヒマラヤのトレッキング。
南インド編と併せ、広大なインドをさらに深く掘り下げています。




詳しくはこちら








世界の絶景パレット100
心をゆさぶる色彩の旅へ   2014.6.10

実用書を中心に出版している永岡書店が、最近人気の絶景を集めた
写真集を発売しました。同じ名前のよしみで(笑)、企画段階からお手伝いを
させてきただきました。

単純にきれいな写真を並べるだけではなく、12色をパレットになぞらえて
世界の驚きの景色を紹介しています。

長年お付き合いいただいているデザイン会社「ベターデイズ」さんの
相変わらずいい仕事のおかげで、とてもいい本に仕上がりました。









ことりっぷ 海外版
雑貨をめぐるヨーロッパ  2014.5.15




オフィス・ポストイットが作る『ことりっぷ』の第6弾。

「鉄道」、「カフェ&バル」に続くヨーロッパのテーマ別ガイドは
ずばり「雑貨」。

各国のオシャレでかわいい、「ことりっぷ」らしい雑貨を
取り上げたショッピングガイドです。








地球の歩き方 スイス編  2014-15年版 2014.4.25


今回の改訂版ではグラビアにスイスが誇る2つの絶景鉄道
「グレッシャーエクスプレス」と「ゴルナーグラート登山鉄道」を
取り上げています。

街ガイドはもちろん、ハイキング情報も充実。
スイスを歩くためには必携のガイドです。



詳しくはこちら








アラスカ トラベル プランナー 改訂版 2014.3.30

アラスカ州政府観光局が発行する「アラスカ トラペルプランナー」。

3回目の改訂版になる今回はページも増え、アラスカに関わりの深い
3人の日本人を取り上げた特集ページを作成しました。
写真も、デザインも美しい、要保存の観光パンフレットです。









地球の歩き方 南インド 2014-15年版 2014.3.21

驚きの2ヵ月連続! 歩き方ガイドブック 新刊を手がけました。

四半世紀にわたってかかわってきた歩き方のインド。とうとう分冊が出ました。
アーユルヴェーダや料理などで人気がどんどん高まっている南インドです。

長年インドの編集に関わってもらっている編集チームとの共同作業。
北ドイツとのほぼ並行作業でかなり大変でしたが、よくまとまったいいガイドができました。

巻頭はモデル帯同の取材でアーユルヴェーダリゾートの特集。
そして圧巻の南インド料理カタログ。どちらも気合の入った取材の成果です。

細かな薀蓄を含め、読み応え十分のガイドブック。
ぜひ南インドの旅のお供に!




詳しくはこちら






地球の歩き方 ベルリンと北ドイツ
 
ハンブルク ドレスデン ライプツィヒ  2014-15年版 
2014.2.28


歩き方ガイドブック 久々の新刊です。

ドイツ文学者で、これまで「プラハ迷宮の散歩」などでお世話になった
沖島博美さんとポストイットで作り上げた渾身の作です!

巻頭の特集は北海、バルト海のリゾート。
グラビアのページでは、料理やビールなどを美味しそうな写真が並んでいます。
コラムや薀蓄も充実。
ガイドブックに関わり続けて20年以上のワザ(?)をごらんください。




詳しくはこちら







千葉県袖ケ浦市 観光パンフレット 2014.1.31

半年にわたって地道に取材を続けてきた、千葉県袖ケ浦市のパンフレットです。
東京から1時間しか離れていないのに、とても長閑な雰囲気。
新鮮な野菜や果物が豊富な豊かなところです。
おかげで地元の農家の方とたくさん知り合いになれました(笑)。





いっしょに作った、袖ケ浦のグルメマップ。
袖ケ浦の食事処にもだいぶ詳しくなりました。













地球の歩き方Books
「幸せになる、ハワイのパンケーキ&朝ごはん」
 
2013.10.26


ポストイットが最初に手掛けた地球の歩き方Booksは、ハワイのおいしい朝ごはんを
紹介する本です。
普段はあまり朝食を食べない人でも、旅に出るとしっかり朝ごはんをとる人は少なくありません。
私たちも大好きな旅先であるハワイにも、パンケーキやオムレツ、エッグベネディクトなど、
たくさんの種類の朝食が揃っており、何を食べてよいのか戸惑ってしまいます。
この本はそんな悩みを解消するために企画されました。

ご協力いただいたのは、ハワイ旅の第一人者であるライターの永田さち子さんと、現地在住のカメラマン宮澤拓さん。

10日間の取材で、1日7、8食も朝食を食べ続けたハードな取材の甲斐もあり、
美しい写真と分かりやすく「美味しそうな」文章で、100皿以上の朝食を紹介しています。



詳しくはこちら





地球の歩き方 インド 2013-14年版 2013.7.12


インド編改訂版が発売になりました!!

これまで華やかな絵柄の表紙が多かったインド編ですが、
今回は渋く石像がモチーフ。これは西インドにある世界遺産のひとつ、
エレファンタ島の洞窟にある踊るシヴァ神です。

巻頭の特集は南インド、タミルナードゥの新しい街。
今回はグラビアのページが増え、料理やショッピング、エンターテインメントの
情報も充実しています。




詳しくはこちら




JALグループ機内誌 SKYWARD 7月号  2013.7.1

『SKYWARD』7月号はカナダの大特集!

今回、ポストイットはバンクーバーとモントリオールに取材に行き、
執筆と編集を担当しました。撮影は雑誌広告などで活躍されているカメラマンで、
これまで『地球の走り方』などで、ご一緒した方です。
この表紙から分かるように、特にバンクーバーでは素晴らしい天気に恵まれました。




7月1日からJALグループの飛行機に搭載されています。




ことりっぷ 海外版
カフェ&バールをめぐるヨーロッパ  2013.6.15




オフィス・ポストイットが作る『ことりっぷ』の第5弾です。

人気の料理ジャーナリスト、並木麻輝子さんに監修、執筆をお願いした
テーマで旅するヨーロッパガイドです。

ヨーロッパ各国のスイーツのカタログとして、現地を歩く時に使える
実用的なガイドとして、おおいに役立つ一冊です。




JALグループ機内誌 SKYWARD 6月号  2013.6.1


『SKYWARD』6月号の第1特集はハワイ。
長年お世話になっている、ハワイといえばこの人!という
女性ライターと現地在住人気カメラマンの取材で「大人のハワイ」の記事を制作。
ポストイットは記事の編集を担当しました。



6月1日からJALグループの飛行機に搭載されています。





地球の歩き方 スイス 2013-14年版 2013.5.10


スイス編の改訂版が発売になりました。

この改訂版から誌面のデザインを一新し、
グラビアのページに、スイスの料理やおみやげを
紹介する楽しいページが増えました。

また、スイスのワインやツェルマット周辺の山岳ホテルを
紹介した特集ページが掲載されています。

治安がよく、交通機関もスムースに利用できるスイスは
個人旅行に最適です。

「地球の歩き方
」を片手に、ぜひアルプスと素敵なスイスの町を
歩いてみてください。




詳しくはこちら!





JALグループ機内誌 SKYWARD 5月号  2013.5.1


『SKYWARD』の5月号はクロアチアの特集。
旧知のライターとカメラマンに取材をお願いして
ポストイットは記事の編集を担当しました。

5月1日からJALグループの飛行機に搭載されています。








アラスカ セールス マニュアル 2013.4.20



「アラスカ トラペルプランナー」の制作に引き続き、
アラスカ州政府観光局日本事務所からの依頼で
旅行業者向けの冊子『アラスカ セールス マニュアル』を
作製しました。



JALグループ機内誌 SKYWARD 4月号  2013.4.1


リニューアルした日本航空の機内誌『SKYWARD』の編集を
4月号からお手伝いすることになりました。

最初の雑誌が4月1日からJALグループの飛行機に搭載されています。








ことりっぷ 海外版
鉄道でめぐるヨーロッパ  2013.3.10



オフィス・ポストイットが作る『ことりっぷ』の第4弾です。

持ちやすい大きさと、分かりやすく、かわいいデザインで
女性に人気の「ことりっぷ」シリーズ。

鉄道旅行が楽しいヨーロッパで、路線ごとにテーマを決めて旅をする
新しい形のガイドブックです。






地球の歩き方 アラスカ 2012-13年版 2012.12.14


アラスカ編の改訂版が発売になりました。。
昨年の8月から9月に取材に行き、ページの構成を含め、
今回大きく改訂しました。

グラビアには、アラスカのおすすめアトラクション、トップ10や
アラスカ料理、さらに地ビールの記事などが新たに加わりました。

アラスカ大学フェアバンクス校の研究者である、
カメラマンの素晴らしいオーロラの写真も多数掲載しています。

「最後の秘境」自然は、一度経験すると
誰もが虜になります。

本書を片手に本物のアウトドア体験を楽しんで
みてください。





詳しくはこちら





地球の歩き方 Gemstoneシリーズ新刊

「グリム童話で旅する ドイツ・メルヘン街道」
 
2012.11.16



詳細はこちら

ポストイット3冊目のGemstoneシリーズです。

旅行作家沖島博美さんの文章と人気イラストレーター朝倉めぐみさんの
素敵なイラストが織り成す、今までにないビジュアルガイドブックです。

メルヘン街道に相応しい、ファンタジー溢れるイラストと専門家ならではの、
「なるほど!」と思わせる薀蓄の数々。

見ても、読んでも、この本を片手に旅してもいい、ガイドブックです。

こんな素敵なイラストが満載!







「地球の走り方」Vol.03発売 !! 2012.9.14

1年をかけて、世界と日本のマラソン大会を取材してきた
「旅ラン」を楽しむ雑誌、『地球の走り方』が発売になりました。

ポストイットのスタッフが取材に行ったのは

ホノルル、ゴールドコースト、台北、バンクーバー、ケープタウン、
ローザンヌ、サンフランシスコ、大阪、名古屋、横浜、
そしてトレランの取材で訪れた戸隠です。




詳しくはこちら





アラモレンタカー
カリフォルニアドライブマップ
2012.8.1

昔からお付き合いのある版元さんからの依頼で
アラモレンタカーのドライブマップを作成しました。

場所は得意のカリフォルニアです。







地球の歩き方 インド 2012-13年版 2012.6.20


インド編改訂版が発売になりました。。
今回の表紙は、バナーラスのプージャの様子です。

ガンジス河の面して広がるインド最大の聖地、バナーラス。
インドを訪れたなら、一度は足を運びたい場所です。

今回のグラビアは、インド西部グジャラートの旅。

歩き方シリーズでは、「ヨーロッパ」、「アメリカ」に次いで歴史のある
インド編。本書を片手に、不思議大国インドを旅してみましょう。



詳しくはこちら





ことりっぷ 海外版
フランクフルト ベルリン ハンブルク   2012.5.25



オフィス・ポストイットが作る『ことりっぷ』の第3弾。

昔からの知り合いであるベルリン在住の優秀な
コーディネーターさんのおかげで、とても充実したガイドになりました。
だんなさんがカメラマンなので、ご夫婦で活躍していただきました。


鞄にすっぽり収まる大きさ、見やすいレイアウト、そして
かゆい所に手が届く、必要で十分な情報量。

おしゃれな女子旅には必携です。




アラスカ トラベル プランナー改訂版 2012.4.30

2年前に大改訂をしたアラスカ観光協会発行の
「アラスカ トラペルプランナー」。

今回、2冊目の作成を手がけました。
写真も、デザインも美しい、要保存の観光局パンフレットと
なりました。


表紙はアラスカ州の州都であるジュノー近郊の
メンデンホール氷河です。





地球の歩き方 スイス 2012-13年版 2012.4.27

美しいアルプスと歴史ある街、そして暖かな人々。
初めて訪れる人でも、交通機関は利用しやすく、清潔で安全。
スイスは、個人旅行には最適な国です。

ハイキングはもちろんのこと、中世の街並みが残る街歩きも
楽しいスイス。この一冊を手に、ぜひ世界に冠たる観光立国を
楽しんでみましょう。




詳しくはこちら




地球の歩き方 Gemstoneシリーズ新刊

「スイス 歩いて楽しむアルプス絶景ルート」ができました 2012.4.1


スイス.政府観光局とのコラボで作られた本です。
美しいアルプス満載の、見ているだけで山に出かけたくなる
ビジュアルガイドです。








自治体の観光パンフレットの作成 2012.3.1

昔からお付き合いのある版元さんからの依頼で
東京都が管理する「奥多摩都民の森」のパンフレットを作成しました。







「escala」別冊 ハワイ特集を制作しました 2011.11.28





働く女性のための情報誌「escala」とJALがコラボして作った冊子です。
「地球の走り方」でもお世話になっていて、ハワイの本を何冊も
執筆されているライターの永田さちこさんに協力いただき、
とても楽しい誌面となりました。





ことりっぷ 海外版 北欧   2011.11.27



オフィス・ポストイットが作る『ことりっぷ』の第2弾は北欧です。

まったくコネクションのないエリアで、まず現地で協力していただける
人を探すことから仕事が始まりました。


準備期間も、編集時間も十分になかったにも関わらず、皆様のおかげで
かなり充実した本になりました。


鞄にすっぽり収まる大きさ、見やすいレイアウト、そして
かゆい所に手が届く、必要で十分な情報量。

来年、北欧に行きたいと考えている方、オススメです!




「地球の走り方」Vol.02発売 !! 2011.9.24

1年をかけて、世界と日本のマラソン大会を取材してきた
「旅ラン」を楽しむ雑誌、『地球の走り方』が発売になりました。

ポストイットのスタッフが取材に行ったのは
ニューヨーク、ホノルル、ロサンゼルス、プラハ、香港、サイパン、ゴールドコースト、
そして奈良と東京です。

その他、ハウツー記事やトレランの記事の取材も行いました。

日本だけでなく、世界でもランニングは「熱い!」ことを肌で感じてきた1年。

次号の発売も早々に決まっており、また世界を走り回る日々が続きます。




詳しくはこちら




香港政府観光局発行
「香港グルメ ガイドブック」
   2011.8.25

以前からお付き合いのある版元さんの依頼で、香港政府観光局が
発行するグルメガイドを制作しました。

現地取材では、連日食べまくり。本当はゆっくりと味わいたい
香港の美食ですが、駆け足で巡ってきました。






地球の歩き方 インド 2011-12年版 2011.6.20

インド編改訂版が発売になりました。。
今回の表紙は、南インドの寺院に飾られた神様。

南インドの大きなヒンドゥー教の寺院には、境内に入るところに
たくさんの彫刻に飾られたゴープラムという門があり、
その装飾をモチーフにしています。

今回のグラビアは、インド北部、ヒマーラヤの秘境、ラダックです。

この版から、西インドのグジャラート州にあるジュナーガルを
新たに取り上げています。

歩き方シリーズでは、「ヨーロッパ」、「アメリカ」に次いで歴史のある
インド編。本書を片手に、不思議大国インドを旅してみましょう。



詳しくはこちら




地球の歩き方 スイス 2011-12年版 2011.4.22

美しいアルプスと歴史ある街、そして暖かな人々。
初めて訪れる人でも、交通機関は利用しやすく、清潔で安全。
スイスは、個人旅行には最適な国です。

個人旅行のデビューがスイス、という人もけっこういるようで、
編集部には、家族で、あるいは熟年夫婦で旅を楽しんだ、
という投稿も寄せられています。

ハイキングはもちろんのこと、中世の街並みが残る街歩きも
楽しいスイス。この一冊を手に、ぜひ世界に冠たる観光立国を
楽しんでみましょう。


詳しくはこちら






ことりっぷ 海外版 ロンドン   2011.2.10


大人の旅「Bravi」の版元さんである、昭文社の人気ガイドブックシリーズ
ことりっぷ』のロンドン版を制作しました。

準備期間があまりなかったにもかかわらず、ロンドン在住の強力なライター&
コーディネーターさんの協力もあり、とても素敵な本になりました。


鞄にすっぽり収まる大きさ、見やすいレイアウト、そして
かゆい所に手が届く、必要で十分な情報量。

特にツアーでロンドンに行く人にお勧めです。





世界の車窓から DVDブック No.37  2011.2.4
 アメリカ2 アラスカ大自然とパノラマ列車の旅




ご長寿帯番組「世界の車窓から」のDVDブック制作の
お手伝いをしました。場所はアラスカ。

アメリカで唯一の州営鉄道であるアラスカ鉄道と
アラスカのスキャグウェイという町から、国境を越えて
カナダに至るホワイトパス&ユーコン鉄道についての
原稿を書きました。

また、以前アラスカに取材に行った際に撮影した
デナリ公園の紅葉の写真を大きく使っていただきました。




地球の歩き方 アラスカ 2011-12年版 2010.12.10

アメリカの「ラストフロンティア」、アラスカを案内する
唯一無二のガイドブック。町歩きからアクティビティの楽しみ方まで、
アラスカを120%楽しむための1冊。

大幅に読者からの体験記を増やし、臨場感たっぷりに
紙面でアラスカの醍醐味を楽しんでもらえるようになっています。

行く予定のない人でも、これを手にすれば、
ほら、来年の旅行はアラスカに決まり!


詳しくはこちら




地球の歩き方 Gemstoneシリーズ新刊

「プラハ迷宮の散歩道」がでました  2010.10.1




昔からお付き合いのある、作家であり研究者でもある
沖島博美さんの本を編集しました。

こちらも昔からの付き合いの写真家、土屋明さんの素晴らしい
写真が"これでもか!"というくらい、散りばめられています。

そして、これも古くからの友人であるイラストレーターの
朝倉めぐみさんの、かわいいイラストが本全体に華を添えています。

この本を手にしたら、誰もがプラハを歩きたくなること間違いない、
充実のビジュアル・ガイドブックです。





「地球の走り方」登場 !! 2010.9.24





この3カ月ほど集中して編集作業を行ってきた
新しいムックが発売になりました。

海外は、オーストラリア、フランス、カナダ、ハワイ、
中国、タイ、モンゴル、国内は北海道、長野、山形の
マラソン大会を取材!

Travel & Runをテーマにした、これまでにない
ランニングの雑誌になりました。

ポストイットのスタッフが、書き、撮り、走った記事が
満載された渾身の1冊!!!





大江戸東京の歩き方 三訂版 2010.8.1

今回で3回目の改訂です。ご当地検定の元祖ともいえる
「東京シティガイド検定」の公式テキストです。

テキストといっても、東京についての興味深い蘊蓄が
ぎゅっとつまった読み物です。

検定を受けるつもりのない人でも、楽しんで読むことができるよう
作っています。





地球の歩き方 インド 2010.7.1

混沌とカオスの国から、楽しく旅ができる、
奥深い国に変わりつつあるインド。とはいえ個人旅行をするなら
このガイドブックは欠かせません。


グラビアでは南インド、ケーララの特集をしています。


地球の歩き方 スイス 2010.5.21

大都市から小さな村まで、スイスを歩くなら必携ガイドブック。
豊富なハイキングコース案内は専門書に負けないくらい充実しています。
今回の改訂版のグラビアは、エンガディンの特集です。



アラスカ トラベル プランナー 2010.4.1

アラスカ観光協会からの仕事で、「トラペルプランナー」という
冊子を作成しました。



地球の歩き方 イタリア鉄道の旅 2010.2.12

人気のデスティネーション、イタリアを鉄道で旅する本の改訂版が発売になりました。
今回の改訂では、イタリア鉄道の専門家の方にお知恵を拝借したおかげで、
だいぶ“鉄分”の濃いガイドとなりました。




ナショナルジオグラフィック カナダ 発売開始! 2009.12.4


世界でも最も読まれている自然科学系の雑誌と言えば「ナショナルジオグラフィック」。
この雑誌で初めての試み、カナダ政府観光局とのコラボレーションで雑誌が誕生しました。

『ナショナル ジオグラフィック トラベルガイド カナダ』です。 
ポストイットでは、この雑誌のカナダ西部の取材・執筆、編集を担当しました。




Braviの第1特集でいつも素晴らしい写真を撮っていただいた
土屋明さんと今回もご一緒させていただきました。


東部担当は、カナダの風景写真で著名な吉村和敏さん。
全編にわたってすばらしい写真を楽しむことができます。

サブタイトルの「いま、あなたの知らないカナダへ」
から分かるように、これまであまり知られていない
カナダの風景がたくさん登場しています。




地球の歩き方 スイス鉄道の旅 2009.12.1

コアなファンに根強い人気の歩き方「鉄道の旅シリーズ」。
「スイス鉄道の旅」の改訂第3版が発売になりました。


今回はスイス編でもお世話になっている、根本一哉さんに
多くの原稿を書き下ろしていただきました。

根本さんは、旅行会社向けにスイス旅行の手配を行っている
「スペースタイムネット」代表で、鉄道の旅はもちろんのこと、
スイスの歴史、政治、経済、文化まで多岐にわたって、
精通されているスイスの旅のプロ中のプロです。

世界的に人気のある景勝ルートを走る「グレイシャー・エクスプレス」や
今回新たに登場した、「フォアアルペン・エクスプレス」、「途中下車の旅」など
本文原稿の3分の2以上を書き直し、見直しをしていただきました。





旅行博で講演! 2009.9.20

東京ビッグサイトで行われた「旅行博2009」で、7月に取材で訪れた
カナダについての講演を行いました。

カナダブースで行われた「ナショナル・ジオグラフィックデー」(9/19)の
イベントのひとつで、カナダの世界遺産の話をしてきました。
短い時間でしたが、カナダ西部の4つの世界遺産について、
写真を見せながらの講演です。
それぞれ素晴らしい場所ですが、少しは魅力が伝わったでしょうか???



「地球の歩き方」のウエブサイトで
スイスの記事を公開中!
 2009.8.20

今年の6月に取材を行ったスイスの記事が、
現在「地球の歩き方」ウエブサイトで公開中です。

スイス東部のエリアエンガディンを中心に、
鉄道やハイキングの取材をしてきました。
高山植物が満開の時期で、アルプスの美しさを再認識。
好天続きだったため、日焼けで真っ黒になって帰ってきました。





■スイスパスで楽しむ絶景ルートの旅10

スイスパスを使って巡ることができる10コースの絶景ルートを紹介しています。
定番のグレッシャー・エクスプレスやベルニナ・エクスプレスのほか、
バスで峠を巡るロマンティック・エクスプレスルートなどの紹介もあります。

■スイスパスで楽しむ絶景ルートの旅 最新現地取材編

今年から蒸気機関車の運行をスタートさせた「シーニゲプラッテ鉄道」や
列車と湖船の組み合わせの旅がユニークな「ウイリアムテル・エクスプレス」、
スイスとイタリアの国境をまたいで走る「チェントヴァッリ鉄道」など5つのルートと、
現地の鉄道旅行最新情報をご紹介しています。

■美しいアルプス滞在 スイス・エンガディン地方の魅力

リピーターを中心に人気の高いスイス東部の「エンガディン地方」の紹介。
エンガディン地方の村々や、ハイキングルートなど、これからの旅行にも
すぐに役に立つ情報満載です。


もっと楽しむエンガディン地方 季節とテーマの旅
多くのハイカーで賑わう夏の「エンガディン」。でもこのエリアが最も美しいのは
カラマツの黄葉が美しい秋。季節ごとの「エンガディン」の楽しみを紹介しています。


地球の歩き方 インド編2009-10年版 2009.7.31

インド旅行のバイブル、歩き方のインド編の改訂版が発売されました。
グラビアはインドの仏跡を巡る旅。根強い人気のあるルートです。

今回の版から、ラクナウなど、新たに紹介している町がいくつかあります。



地球の歩き方 スイス編2009-10年版 2009.5.15

大都市から小さな村まで、スイスを歩くなら必携ガイドブック。
豊富なハイキングコース案内は専門書に負けないくらい充実しています。
今回の改訂版のグラビアは、新たに世界遺産に登録された、
レーティッシュ鉄道・アルブラ・ベルニナ線です。




昭文社 大人の旅 Bravi Vol.10 
2009.3

美しい田園の風景が広がるイギリスのコッツウォルズが第1特集。豊かな「ロハス」な
生活を実践している人々を訪ねます。第2特集はハンガリー。近頃特に注目されている
中欧のグルメな国の旅を楽しみます。そして第3特集はカナダ。春のオンタリオ州で
花と水辺を巡る旅をします。

詳しくは こちら



昭文社 大人の旅 Bravi Vol.9 2008.12

第1特集はアメリカの大自然。グランドキャニオンやアーチーズなど、どこまでも
雄大で美しい、西部の国立公園を巡る旅にご招待。
第2特集ではボルネオの大自然を、第3特集は香港、マカオの魅力をたっぷりご紹介。
さらにさらに第4特集ではブルゴーニュワインの里を歩きます。


詳しくは こちらを 


地球の歩き方 アラスカ編2009-10年版 2008.12

アメリカの「ラストフロンティア」、アラスカの魅力を満載した
ガイドブックの改訂版ができました。
達人が案内するアクティビティガイド、魅力的な町や公園の紹介、
そのほかクルーズやアラスカ鉄道の案内、オーロラ観測のための情報など
本物の自然を楽しむための情報がギッシリ詰まってます!



昭文社 大人の旅 Bravi Vol.8 2008.9

第1特集はスペイン。「銀の道」に沿って、美食と歴史を巡る旅をご案内。
第2特集はゆったりと楽しむニュージランド南島。第3特集は「水辺のノスタルジー」を
テーマにアジアの古都をご案内します。

詳しくは こちらを 



地球の歩き方 インド編2008-09年版
 2008.7

ビジネスでの注目度は相変わらず高いインドですが、旅行者の数も
年々増加中です。デザインを一新した新しいインド編。巻頭の特集は
南インドのヒンドゥーの寺院や遺跡などを紹介しています。



昭文社 大人の旅 Bravi Vol.7 2008.6

歴史とロマンの国「エジプト」が第1特集。圧倒的に美しい砂漠の風景は
読む人すべてを旅に誘います。第2特集はグアム。近くても意外に知られていない
リゾート「グアム」の豊かな自然を紹介します。第3特集は「地中海クルーズ」です。

詳しくは こちらを → http://www.mapple.co.jp/publ/bravi.html



地球の歩き方 スイス編2008-09年版 2008.5

巻頭の特集はスイスの秘境エンガディン。華やかなアルプスの山岳リゾートばかり
注目されることが多いスイスですが、スイス東部のこのエリアには、昔ながらの静かさで
美しいスイスの山村の風景が残っています。



昭文社 大人の旅 Bravi Vol.6 2008.3

第一特集は南仏。「豊かさの基準」というタイトルで、プロヴァンスの
食や見どころを紹介しながら、「リッチ」ではない「贅沢な」旅を提案。
第2特集は「神々の島」バリ島、第3特集はノルウェーの海岸を巡ります。


詳しくは こちらを → http://www.mapple.co.jp/publ/bravi.html





昭文社 大人の旅 Bravi Vol.5 2007.11.26


Vol.2から編集を担当している旅雑誌、Braviの第5号が発売中です。
第1特集はトルコ。「美しきカオス」と題し、魅惑のトルコの姿を
お伝えします。第2特集はタイ、チェンマイの雑貨。第3特集は、
オーストラリア、ケアンズの北に広がる世界遺産の森を
取り上げています。

詳しくは こちらを → http://www.mapple.co.jp/publ/bravi.html




るるぶ情報版 千葉・房総 2008年版 2007.11.29

2008年のるるぶ情報版「千葉房総」では、
内房の鋸山、
佐原、成田などに取材に行きました。
今年の版はモデルがいっぱい。ポストイット担当の
ページにも、かわいいモデルが登場しています。

るるぶ千葉房総'08→ http://www.rurubu.com/book/detail.asp?ISBN=9784533069468


地球の歩き方BOOKS 『大江戸東京の歩き方』
増補改訂版 
    
2007.7

ご当地検定の元祖「東京シティガイド検定」の公式テキスト
『大江戸東京の歩き方』の改訂版が出ました。
第4回の試験問題集を収録してパワーアップ。
試験を受けない人でも、東京の魅力が再認識できる
楽しい1冊です。



地球の歩き方 インド編 改訂版  
 
2007.7

今年度のインド編は、インド西部に広がるマハーラジャの国、
ラージャスターン州の情報を充実させました。インドの中でも特に
エキゾチックな魅力にあふれる土地として、旅行者にも人気です。
グラビアでは、デカン高原の世界遺産にスポットを当てています。




昭文社 大人の旅 Bravi Vol.4 2007.6.20

美しい写真と読み応えのある記事、本格的旅雑誌『Bravi』の
第4号が発売になりました。第1特集はスペインのアンダルシア。
イスラーム文化の至宝「アルハンブラ宮殿」をはじめとして、
アンダルシアの魅力がぎゅっと詰まった大特集です。
第2特集は眺めているだけでお腹が鳴りそうな「北京料理」、
第3特集は、豪華客船のクルーズとは一味も、ふた味も違う
北極海の冒険クルーズのです。そのほか、旅に関連した興味深い
記事が満載。弊社では、特集の編集全般を担当しています。




地球の歩き方 スイス編 改訂版
   
2007.5

この改訂版からハイキング情報が大幅に増加。
コースごとに地図と解説を掲載しています。


「Bravi」別冊 
German Impression 大人のベルリン
2007.3.28


ドイツ観光局からの依頼で、まるごと一冊ベルリンの
本を「Bravi」の別冊として制作しました。
写真はすべて撮りおろし。ドイツの専門家の
旅行作家さんに原稿をお願いして、楽しい本ができました。

ヨーロッパで最も変化の激しい街のひとつ、ベルリンの
新しい魅力を紹介しています。