Sweets in Paris

18e
Monmartre界隈
Arnaud Larher フランス菓子
53, rue Caulaincourt 18e
01 42 57 68 08
10:00-19:30
休:日月

M:12 Lamarck-Caulaincourt
2002年9月初パリ旅行です!

2000年オープンのお店。シェフのArnaud Larher氏はピエールエルメ時代のフォションから独立するまで、名店ダロワイヨ、ペルティエなどでも修行を積んでいる。

モンマルトルにある坂道沿いの小さなお店ですが、どれもとてもおいしそう!よく本に載ってるのはRecif (右下の写真)です。タイムの香りが不思議にチョコレートと良くあっていました。ここのケーキは買物後アメリの舞台めぐりなんかもして食べるまで半日以上持ち歩いたのに、チョコレートも解けてなく、でも口どけよくておいしくて、日本のお菓子ってとっても持ち歩きにくいほど繊細でおいしいけど、パリは保冷材?なんてなさそうで買ってもお手軽な箱にぽんと入ってるだけで丈夫ででもおいしくってやっぱりお菓子の国!って感心しました。。。

(写真左から2番目)ショーケースの写真はうまく取れなくて苦手。ケーキだけじゃなく、焼き菓子、アイスも豊富で近所にあると幸せな一軒ですよね。パリに来れたらもう一度行きたいお店です。
(写真左から3番目)パリの日差しのした、アメリにでてきた、モンマルトル周辺をうろうろしながら、ジェラートを食べました。レモン風味がすっきり、ひんやりしてとってもおいしかった!!
(写真左から4番目)暑い中持ち歩いたのに、びくともせず!でもとってもおいしい。ここのお店の看板商品でもあるレシフ。


☆Recif(レシフ):21F:タイムで風味付けしたチョコレートアングレーズをチョコレートビスキュイでサンド
・Dome Blanc:20F:ホワイトチョコレートムースベースにパッション&マンゴー
・La Decouverte:20F:ヘーゼルビスキュイ、カシスクリーム、フロマージュブランムース
・Monte Cristo:21F:フランボワーズのビスキュイにブラックチョコ(マンジャリ)ムース
・Chambord:3.05ユーロ:洋ナシ・生クリーム・キャラメルムースの組み合わせ
・2001(ドゥーミルアン)
Info. from

VISA情報誌
2005Jan
最新情報誌に載っていたケーキは以下の通り。
・ピナコラーダ=Pinacolada(4.50ユーロ)
・タルト・シトロン=Tarte Citron(3.10ユーロ)
・カライブ=Caraibe(3.40ユーロ)
・レガル=Regal(3.50ユーロ)
(最終更新:2005/2)
2005GWパリ旅行にてまた行ってきました!(最終更新:2005/5)
パリから生モブログです!

前回のパリでいちばんのお気に入り店。今年はどうかな?

帰国したので、デジカメ写真と追記です〜

箱も可愛い!
ホントはもっといっぱい食べたかったけどなにぶん1人で食べてるから、、、これが限界
やっぱりとってもおいしかったのでした〜次回はアルノーラエールショーケース完全制覇!とか一軒に絞るのもいいなあ。

今回のテーマの一つエクレア!しかしさすがのアルノーラエールもエクレアは超ダントツとかではなくおいしい!くらいかな。でも濃厚すぎず、柔らかすぎず、ベストバランスかも

これ(右)はお店がモンマルトルにあるため、モンマルトル出身の有名な作家をモデルにした、トゥールーズ・ロートレック。濃厚なショコラのケーキです。シンプルなつくりなのになぜか惹かれる!


これはカライブというケーキ。実は金子シェフのマカロンアナナスそっくりです!

二人の頭のどっちに先に沸いたケーキかわかりませんが、これについてはこれ以上触れるの止しましょう。とかいいつつ、パリセヴェイユ、新作よりオープン当初のケーキのほうが好きだー!と豪語してる私。でもオープン当初品にはイデミスギノ系もあるんだなー。

しかし、このケーキや、マカロンアナナスなどでパイナップルのおいしさ再発見したので、生涯でもかなりのヒット商品なんです!

より転載
2006GWパリ旅行にてまた行ってきました!







より転載
2007GWパリ旅行、また行ってきました!

お気に入りモンマルトルのアルノーラエル。 毎年のように行きつづけて4回目。
毎回見てるとちょっとづつケーキも変わってきてることよくわかります〜
去年より前の情報はこちら→上記参照


で、ショーケースの写真なんかが特にいっぱいケーキ写真撮れるからお店の外から撮りました〜。
ケーキは何を食べたでしょう???
パリってこういう風に包んでくれるの非常にかわいいけど、ケーキやさん同時に何軒もめぐるときにはちょっと不便。箱のように積み上げてもてないから帰って開けるとボロってなってること多々。
ま、そんな人普通いないから仕方ないか〜

アルノーラエルの袋を開けると・・・こんな感じでケーキが入ってます!
シンプルですね〜。 チョコレートケーキはタルトショコラ。 期待のアルノーラエルだけに、これはかなりおいしい!
底のシュクレがもちろんさくさくですが、結構分厚くてチョコ感足りないんじゃないの? って思ったのは間違いでした〜
見た目のバランスは半々なのに、チョコレートしっかり利いてて、さくっとしてる! かなりおすすめ〜!

アルノーラエル第3弾!カシスのエクレアです。
表面のチョコもおしゃれだけど、中にコンフィチュールが入ってるのが、さわやかですねー。
日本ではこういう組み立て見たことないけど、あるのかな?

より転載
Le Peche Mignon 12, rue du Ruisseau
01 42 54 06 41
8:00-13:30
15:30-19:30
Sat.:8:00-19:30
Sun.:8:00-13:30
休:月

M:12 Lamarck-Caulaincourt
Les Petits Mitron 26, rue Lepic
01 46 06 10 29
7:00-13:30/15:00-19:30
休:なし

M:2 Blanche

このコーナーはフレーム対応になっています。
検索エンジンなどで非フレームページからお越しになった方はここをクリックください!