アメリカ家族旅行のペー ジ

 2013/8/4~14に家族4人でモーターホーム(キャ ンピングカー)7 泊8日でのアメリカ_グランドサークルの旅をしてきました。とても思い出に残る旅となりましたので紹介します。


【2013/4、計画】

 ふくろうが管理職になって3年 目に「研鑽休暇」なるものが2週間もらえることに。中1と小4の娘はだんだんクラブ活動などで忙しく、相手をしてもらえなくなりつつありま す・・・(泣)。海外に行くのは今でしょ!(流行ワード)、ってことで海外旅行を計画!
 時期的には、子供たちの夏休み、盆休みは飛行機など取れないからダメだなぁ。でも、部活やピアノ教室になるべく影響でないところだと?・・・ということ から、盆休み直前に出かけて盆休み中に帰国することで8/4〜8/14の10日間と設定!

 「さぁ、どこに行こうか?」となりました が、我が家はディスニーランドすら誰も言ったことがない、変わり者家族。。混んでいる街より、誰もいない山が好き、奇岩などの自然の景観を思う存分味わい たい!から場所を検討。ニュージーランドのトレッキングは良いな〜、西欧中心で世界遺産巡りはどうだろう?などと考えましたが、ヨセミテ国立公園セ コイア国立公園を組み合わせてアメリカ西海岸を回ろうと思い付きました。ヨセミテはエ ル・キャピタンというフリークライミングのメッカとも言うべき大岩壁があり、山野井泰史さ んや平山ユージさんらの練習場 所でもあったところ。


で、web検索です。ヨセミテはサンフランシ スコから4時間ほど東に移動したところです。車はレンタカーとして、ロッジの予約が大変とあります。そうこうしているうちに、 LookJTBさんのこのページから、 モーターホーム(キャンピングカー)による旅を発見。泊まる場所を選ばない(実際には国立公園内の宿泊はNG)、ベッドで寝なが ら移動できる、ホテル移動の度にパッキ ングの手間が無い、自炊すれば食生活も自由(アメリカは食生活に困ります・・)、から興味津々に!体験談などもあり、ついにカミさんを説得して強引に決 定!

 さて、詳細検討です。モーターホームの会社 はEL MONTE RVさんと いうところで日本に代理店があった!LookJTBさんに見積もり出す前に、直接EL MONTE RVに まずは問い合わせてみることに。すると、先方の方はJTBからスピンアウトされた方で、型にはまらず色々と提案/アドバイスが頂けます。最初のヨセミテか らめ ての西海岸よりもこちらをどう?、と薦めていただいたのがグランドサークルですが、希望内容に沿ってアレンジプランを頂きました。「こりゃ〜いいや!」で す。あとはEL  MONTE RVと 詳細をつめていきました。


【2013/4〜、Eメールで詳細 検討】

さぁ、詳細検討です。JTBさんのモデルプラ ンとEL  MONTE RVからのご提案を色々検討して計画。正直言ってこの計画段階は楽しい!「これからどこ行こうか?あっちもいいな、こっちも外せな い!」って感じで、コーヒーを飲みながら夜な夜な検討(会社帰りで、毎日深夜まで、あーでもないこーでもないと)してました。EL MONTE RVか らWEST(ア メリカ西部5州観光局のガイド雑誌)を頂き、色々夢が膨らむ〜。色々考えて下記計画を作成しました。

WEST

8/4: 日本発
8/4: Las Vegas
8/5: モーターホームレンタル開始→Sedona
8/6: 
Sedona熱 気球ツアー→MeteoCraterGrandCanyon
8/7: 
GrandCanyonSouthRim→HorseshoeBendLower Antelope CanyonPage
8/8: WhitePocketツアー→Monument valleyMexican HatGoosenecksMoki DugwayNatural Bridge
8/9: 
Natural Bridgeドライブ→Newspaper Rock→Arches(Delicate Arch)→Moab
8/10: Goblin ValleyCapitol reef(petroglyph)Anasazi state park museumKodachrome basinNavajo loop trailBryce Canyon
8/11: Narrows trail(Zion)→Zion
8/12: モーターホーム返却→
Las Vegas
8/14: 日本着


見たいところは色々 あるけど、ハプニングなどもあるから計画は変わるだろうなぁ〜。臨機応変に行かないと。。

【2013/5、発注】

上記を経て、EL MONTE RVに モーターホームと航空券を手配してもらいました。ホーターホームはCS25タ イプ、実際はTIOGA社の2009 Tioga Ranger Series M-25G FORD E450 305HPで した。長さは26フィート(7.8m)、高さは13フィート(3.9m)、デカいですが、いざ現地では「スモール」って印象。。現地で一番見たのはCruiseAmerica.comの Large(30フィート)。ボディに画像印刷された車をそこらじゅうで見ました。

2009 Tioga Ranger Series M-25G FORD E450 305HP

一方、航空券は混雑期ということで大韓航空の、 セントレア→仁川(ソウル)→マッカラン(ラスベガス)としました。できればユナイテッドのマイレージで行きたかったが。。


【2013/6〜7、RVパーク/ ツアーの予約】

さぁ、EL MONTE RVさ んにお願いするのはここまで。自分で下記が必要です。

@パスポートとESTA申請と国際免許
A
海外旅行保険と現地通信用のWiFiルータ予約
B
8/4到着時のラスベガスのホテル
CRVパーク7泊分
D現地ツアー(熱気球とWhitePocket)

まず、@。ふくろうは13年ぶりぐ らいのアメリカであり、ESTA申請や現地のセキュリティにビックリ(指紋詐取や靴までX線にかけられた!)!国際免許は、ふくろうが 休 みに取得したあとで、EL MONTE RVさんからDLTという制度を聞き、妻の分はこれで申請。

A、これは損保ジャパンエクスコムグローバルで。 WiFiは実際に使ってみるとT-mobileがアリゾナ州ではほとんどまともに使えない。。ソフトバンクの海外パケットし放題からの優位性はほとんど無かった。

BはエクスペディアHotelCircusCircusを 予約。4人1室でも4〜5千円とすんごく安い!ここの無料のサーカスショー(30分毎に5分くらい実施)は何回も見に行きました。

Cは仕事帰りに検索してweb/メール予約と いう作業を念入りに実施。confirmation貰えたらそれを印刷して持参します。webなどの情報と違っていることなどが結構多く、さすがアメリ カ、アバウトだなぁ。また、現地での不測の事態に備えて、AmazonでRVパークガイドブックを購入し持ち込みました。幸い使わずにすみました。

Southwest Camping Destinations

Dです。セドナでの熱気球は朝4:30にピッ クアップして2hぐらいのフライトの後、シャンパン付きの朝食をとって8:30ごろに解散というものです。時間が有効に使えるのでこれをRed Rock Balloon社 に予約(実際は天候不良で乗れませんでした。残念!参考に$195/1人程度です。)。
WhitePocketは世界不思議発見で話題となったThe WaveのあるVermilion Cliffsにあります。The Waveは許可証取得は運だけ、かつ行くにしても時間がかかるのでパス。ですが、WhitePocketは許可証は不要。こんな光景を見て みたい。現地のParia Outpostとメールでやりとりして「朝7時からmax6時間ツアーで家族4人で$400」で依 頼しました(実際の結果は後で。。?)。


【2013/8、出発準備】

予約なども済み、いよいよ出発準備!大変でも ありますがワクワクして楽しい〜!下記の様に色々とやることがあります。

@自炊用の食料と器具の準備
A情報環境

まず@。今回2kgの無洗米を2袋持って行き ました。事前に総務省で調べると、精米は持ち込みOK(税関申告では「PolishedRice」で申告)なのでホッ。。あとはそうめん/蕎麦/レトルト (カレー/シチュー/ハヤシ)/乾燥味噌汁/わかめスープ/スポーツ飲料粉/塩&胡椒/だしつゆ/コンソメ/コーヒー/麦茶パック・・・などを準備。
旅行中は娘たちが「日本食材が恋しい〜、早く帰ろ-よー!!」とうるさい〜!これでホテル泊でアメリカご飯だったらと思うと、本当にモーターホームでよ かったと思いました。
ま た、ご飯を炊くためにキャンプで愛用のライスクッカーを持参。大活躍でしたが「日本と水の馴染みがちがうのでコツが必要」と感じました。日本だと15 分く らいの強火でOKですが、「コメの量に対して水は1.5倍、沸騰したら弱火で20分くらい」でしょうか?試行錯誤しているうちに旅が終わってしまいまし た。。

Aはなんのことかというと、ナビ/Blog更 新/デジカメ環境/スマホ環境、です。ナビはスマホのGoogleマップで想定しましたが、パケット通信出来ないところが大半であまり利用できず。。 Blog更新用にWinXpノートPCを持ち込みましたが、WiFi接続出来ているのにワイヤレスネットワーククライアントが不調でブラウザが繋がらず、 ほとんどの地域で「無用の長物」に。。デジカメは事前にRaynoxのHD-3035PROを 購入し改造!セミフィッシュアイで広大な風景もバッチリです(ほとんどこれが活躍しました)!スマホは、RVパーク検索用アプリ/ソフトバンク海外パケッ ト定額接続支援アプリ/エクスペディアconfirmationアプリ、などなど色々詰め込みましたがほとんど使わず。。

そうそう、サングラスは必ず用意して下さい。 今回家族みんな用意しましたが日差しは強烈です!特に私はTALEX偏光レンズをおごりました(将来の釣りを考えて)が、運転でも非常に目がラクでした。また、場所に よっては2000mの高地になるので夜は冷えますのでジャージは助かりました。

さぁ〜、いよいよ出発!!!

 

【2013/8/4、出国!】

いよいよ出国。我が家の愛犬チワワ「こん ぶ」をばあちゃん家に預けます。我が家に来て半年、今まで1泊以外させたことが無いので、「捨てられたぁ!」と思うかも。ちょっと「連れていけないか?」 と思いましたがやっぱり無理!
こんぶとばあちゃん家に別れを告げて(もしもの保険情報も伝えて・・)、名鉄でセントレアへ。我が家からは30分ほど。荷物はカインズの激安スーツケース とオスプレーのザックと18歳の時に1000円で買ったスポーツバッグ、後は各自のザックです。

   

最近は海外出張もなくなり久 しぶりのセントレア、みんなタブレットPCを操作しており雰囲気が違いますね。大韓航空で チェックインしいよいよ乗り込みです。まずは仁川までのフライト。みんなゲームに夢中。次女はお子様メニュー(なんと事前に希望を電話で聞いてきたのには ビックリ)のサンドウィッチ。事前にハンバーガーをリクエストしたら「冷たくてみんな不評ですよ」とチェックインカウンターのお姉さん。「不評なら改善し ろよ〜」とは言えずサンドウィッチにしましたが、美味しくて正解!

  

仁川空港に着きました。ここで5hぐらい 乗り継ぎがあるのでブラブラすることに。民族人形や「江南スタイル」のPSYの人形がありました。そして、小腹が空いたのでファー ストフードっぽいところへ。カレーライスとヌードル(きつねうどん)が何故かウマイ(でもコーヒーは異常に薄く、なんじゃこりゃぁ!)!韓国人は付け合せ のキムチをお替わりしている。

  

そして、いよいよ仁川からLas Vegasのフライトです。機内夕食のピビンバが美味しそう(実は私はこれにしたのだが、長女に取られた。。)。次女の子供食はオムライス。付け合せのブ ルーベリーケーキ、グレープジュース、プチケーキ、が素晴らしい。朝食はあとから知りましたが、Porridge(おかゆ)が良かったなぁ。
さて、長旅を経てマッカラン国際空港に着。ここで最初のトラブル発生!空港のATM(Wells Fargo)でVISAが使えないのです。違うカード、空港内の違うATMでも同じ。これには焦った!だってUSD一切持ってない。。幸い、窓口業務がま だやっていたので、お姉さんに言うと「$500まで降ろせますよ。パスポート貸して下さい。」でホッとしました。

  

お金が出来たのでタクシーでHotelCircusCircusに 向かいます。タクシーの運ちゃんは東日本大震災の津波が気になるみたい。Las Vegas市内は色んなホテルがあって面白い。ピラミッドやスフィンクスのホテルなんかもあります。15分ほどでHotelCircusCircusに 到着。チェックインはすんなりと済み、部屋で「着いた〜!」とベッドへダイブ!!

  

まずはHotelCircusCircus内 にあるAdventoredomeへ。 ジェットコースターなどがありますが、子供らは「絶対イヤ!」で、$1のエアホッケーで遊びます(笑)。夕食はマクドナルド。今回の旅で英会話が最も通じ なかったのはココ。黒人の女子高生バイトがなんやら騒いでますがサッパリ・・。どう考えてもおちょくっとるなぁ!でもBLTバーガーは美味しかったので許 そう!こうして、長い移動の初日の夜が更けていきました。。。

  

動画はこちら↓



【2013/8/5、モーター ホームレンタル開始〜Sedona着】

Las Vegasの朝ですが あまり眠れずに起床。実は到着後にEL MONTE LAS VEGASに電話をするも営業時間外で器械応答。。伝言は入れておいたものの伝わっ ているか心配なのです。と、考えてもしゃーないのでまずはホテル内のCircus Buffetで朝食。味はまぁまぁ、ゆで卵の黄身が異常に白い・・・、バナナはおやつにお持ち帰 り、で各位それぞれにバイキング形式の朝食を堪能!
帰りにホテル内にUnder$10と いう土産物屋を発見!ここはお勧めです!ここで$1以下のキーホルダーや3枚で$12のTシャツなど、ほとんどのお土産をここで買いました・・・(お土産 もらった方、ゴメンネ)。

 

朝食を終えて部屋に戻ってEL MONTE LAS VEGASに電話をします。8:30ごろに受付のおばちゃんに繋がった! confirmation No.を伝えて、ピックアップ時間と場所を確認しひと安心(1仕事終えた感じで安堵感・・)。お世話になったHotelCircusCircusの チェックアウトもすんなり終えて、約束の9:30にホテル入口前で無事送迎のおじさんと合流。EL MONTE LAS VEGASに15分ほどで到着しました。
さぁ、チェックインです。バウチャーを渡して乏しいヒアリング力でなんとかおばちゃんと契約を交わします。この受付のおばちゃん、「ハワイ出身で夫が日本 のカミオカ出身」とのことでよもやま話を交わしながら契約が進みます(亀岡市なのか神岡町なのか、はたまた別の所かは不明・・・)。30分ぐらいで契約が 終わり、「さぁ、車に行きましょう!」となるもそこからが長かった。。駐車場に行っても我が車は無く、おばちゃんは店裏に消えていきそこから45分経 過。。。痺れを切らしていると別のおばちゃんがやってきて、普通に車の説明が始まった。さすが、アメリカ、アバウトである(笑)。

  

さぁ、期待が高まります!TIOGA社の2009 Tioga Ranger Series M-25G FORD E450 305HPで、 日本人が見るとデカイ(旅を終えるとこれでも小さく感じます。これはclass_Cという分類ですが、class_Aと呼ばれる大型バスのモーターホーム が結構いた)!ボディ左サイドが電動で外にせり出す「SlideOut」がとても快適でした。車と一緒に、4人分の寝具とキッチンセットが配られます。こ こで、キッチンセットで不便に思ったことを下記に示します。
包丁:ギザギザ刃のキッチンナイフ?しかなく、キャベツの千切りがやりづらい!念のため持って行った折りたたみナイフを結局使う
おたま:入ってない!今回、カレー/シチュー/ハヤシ/味噌汁/サムゲタンをやりましたが不便だった!

  

結局、EL MONTE LAS VEGASを11:30頃に出発。。まずは受付のおばちゃんに教えてもらったBank of Americaを 目指すことに。空港でATMが使えなかったので、念のためもう少し現金を用意ということで、備えあれば憂いなし!そしてその足でJapanCreekMarketを 目指します。Las Vegasの南側のショッピングモールにあることは事前に調べてましたが、いざ行くと3軒めに聞きこんでやっと見つかりました。ここで当面の野菜/肉/冷 凍ギョーザなど日本食材を色々買い込みます。ホクトのぶなしめじも懐かしい〜。カルピスも助かる〜。
さて、すでに13:00となっていたのでここで売っていた弁当も買って車内で昼食です。この日は41℃!ですが車内はエアコンで快適です!かつ丼/ソース カツ定食/サバ定食/幕の内が美味しかった〜、日本の味ですね。

 

 

13:30頃に食事を終えて出発です。ま ずはLake Mead方面へ出発。Las Vegas市内は走りが荒い車両もあり(こんなんで走っていいの?というボロボロな車両もよく見ます。)緊張しましたが、市街に出ると交通量も少なく快適 〜。車両感覚にも慣れてきました。まず感じたのは、速度制限が適切なこと。市内は30mphとかだが、市街に出ると65mphなどに緩和。でも、カーブ手 前ではまた40mphなどになって、これが適切。日本のように疑問を感じる速度制限はなかったなぁ。

ここで、トラブル発生!LakeMead 沿いのR93を60mphぐらいで走行していると、左側ボディ下部の蓋が空いて、中からスライドレールに乗った2蓮バッテリーが飛び出しているではない か〜〜!!!急遽停車して締め直し、鍵もかけましたが、この後何度も悩まされることに。原因は整備ミス。ロック用の鍵穴があるのですがそこの鍵がかかって ない!EL MONTE LAS VEGASよ、どうなっとんじゃ〜!本件返却時に文句を良 い、アンケートにも書きましたが、何にもなし。ほんと、適当です。

貸出しで時間がかかったのと、上記によ り、Kingman、SeligmanのRoot66関連の観光は一切パスしました。。Kingman以東のハイウェイI40は道路はガタガタ、バー スト破片がイッパイ、で疲れました。と、Williams東のあと40マイルでFlagstaffという辺りで、70mphで飛ばしていたら急に失速しだ し、急遽路肩に停車!う〜ん、トラブルが続くなぁ!!!水温計は問題なく。しばらく休んだらOK。ガソリンスタンドでオイルチェックしましたが正常。幸 い、この後は症状出なかったが、これでも時間ロス(う〜〜ん、先が心配だぁ)。

そ うそう、ガソリンスタンドと給油情報で す。日本のクレジットカードが直接使えるのは半分くらいかな?半分はレジでチェックしてもらいました。また、スタンドによって給油ポンプの操作がまちま ち。ポンプ置き場を上に跳ね上げるシステムは最初戸惑った。あと、実際の燃費などは下記。3速オートマだし、ガスを大食いします。。
@半分の給油で約23ガロン(=87.4リットル)
A1ガロン=約$3.7ぐらい(=約100円/リットル)
B燃費はだいたい3.4km/リッター、てな実績

そんなこんなで、道にもトラブルにも慣 れ、I40→AZ89Aと走り、Sedonaを 目指します。オートクルーズの使い方をマスターしてからは、疲れも格段に減ってきました。なんだかんだで19:00ごろSedonaに 到着しました。

  

さぁ、初めてのRVパークはRancho Sedona RV Parkです。早速遅 くなり、Late Check Inしなきゃなぁと思っていると、管理人のおばちゃんがカートに乗って来てくれました。とってもやさしいおばちゃんでナイス!「お金は明日払い で、とにかくこっちよ!」と案内してくれました。
それと、明日に予約している
Red Rock Balloon社のMr. Markから伝言メモがあり「明日4:45に迎えに来る」とのこと。「天候が怪しいから、NGの場合は明日4:00過ぎに連絡しに来てあげるわよ!」と。 ナイスおばちゃん、ありがとう!!

初めてのHook up(電気/上下水道の接続)も簡単にすませ、昼の弁当の残りとそうめんで夕食。夜は早速ランドリーで洗濯(¢25、クォーターを何枚も入れます。洗濯k と乾燥合わせて大体$4ぐらい)。「いろいろトラブルがあったねぇ」「移動に疲れたよ〜」で早くもみんなか ら不満が出てます。「まぁまぁ、明日は気球に乗るよ!早く寝よう!」となだめて、長い初日が終わりました。。

  

  

動画はこちら↓




 

【2013/8/6、 Sedona〜Grand Canyon】

朝4:00に起床し てご飯の支度をしていると、昨夜のおばちゃんが4:15ぐらいにやって来ました。「おはよう!残念だけど天候不良で今日のフライトはキャンセルだわ。日程 ずらす?」「ゴメンナサイ、今日しか無いので諦めます。」お礼を良い、みんなで2度寝しました。5時過ぎに起きると、確かにどんよりしています、残念!
気持ちを切替えてのんびり朝食(もやしスープご飯とサラダ)&トランプで遊びます。昨日疲れたので、ゆっくり出来て家族にはよかったかも。。

 

のんびり過ごして、お世話になったおばちゃん に礼を良い、Rancho Sedona RV Parkを後にします。これでひと通り体験したので、あとはこのキャンプ生活にも慣れるでしょう!
さて、2日目。まずは、昨日もっと早く着いて観光するはずだった、Bell Rock Vortexへ。 赤くてきれいな岩に、みんな「すごい〜」で、一安心。初めての観光で、写真をとったり眺めたりして楽しみます。みんな疲れはとれているよう。。ただ、天気 が曇りで肌寒く、Cold Stone Ice Creamを食べる(街中にあったので)のはやめて移動開始。子供たちは、すぐベッドで爆睡(笑)!この旅中、ずっとこんな 状態(まぁ、しゃーない)。

 

まずは、AZ89Aを北上してMeteoCraterを 目指します。ここは日本ではバリンジャー隕石孔と言われています。地上で原型を留めるクレーターとしてはたしか世界最大で、私が見たかったところ。I40 から南下し、近づく に連れてだだっ広い地平線の中で、こんもり状態が・・・(そういや、この途中でバッテリー飛び出しが再発したので対策実施)。
娘の年齢をサバよんで安くし、入場すると・・・スゴ〜〜イ!!!セミフィッシュアイでもやっと入る迫力。見れてよかった〜。隕石の衝突の凄まじさを感じま すねー。入り口にはアポロ宇宙船の試験カプセルもあり、ロマンが膨らみます。

  

ひと通り楽しんだあとで、駐車場で昼食。JapanCreekMarketで 購入したラーメンで、激ウマ!!やっぱり日本人にラーメンは欠かせないねぇ〜。 

さて、次はGrandCanyonで す。I40を戻り、FlagstaffからR180をひたすら走り、本日の宿泊地Grand Canyon Camper Villageに着きました。まずはすぐ横にあるGeneral Storeで買い物です。キッチンセットの中であるものと思い込んでいた、キッチンスポンジと洗剤、買い忘れた食用油、アイスクリーム、あとは水とハムな どを購入。「こんなもの売ってるね」などの余裕も出てきました。そしてGrand Canyon Camper Villageにチェックイン。ちょっとケチって、排水の無いサイトにしました。どれだけブ ラックタンク(ウンチ用)が溜まるか明日の楽しみ。。HookUpを終えて夕食の準備をカミさんにしてもらい、今日の日記を付けていると、トイレに入った 次女から一言。

「なんか、空が見えるよ」「ん???」
なんと、トイレ上部に換気扇があるのですが、その上のフタがなくなっているではあーりませんか!!!今夜は確実に一雨降られそうです。どうしよ〜?
こんな事もあろうかと(ウソ)引っ越し荷造りテープを持ってきていましたので、屋根に登りビニール袋を貼付けました。これで一安心。それと、昨夜TVを見 ようと思ったが全く映らず、念の為にアンテナを点検。すると、支柱が一本折れ、ケーブルは根本で引っこ抜けている・・・。こりゃ見れないはずだ。まぁいい けどね。。
夕食は、骨付き鶏肉入りのクリームシチューです。美味しいご飯に、みんなの表情も絶好調で、気持よく「おやすみぃ」〜〜。。

 


 

動画はこちら↓




 

【2013/8/7、Grand Canyon〜Lake Powel】

朝5:30に起床し て、そのまま朝焼けのGrandCanyonSouthRimを 見に行きます。RVパークは、基本的にチェックアウト自由。AZ64を走る とすぐにSouthGateです。今回、EL  MONTE RVさんからAnnual Passを 頂きました。$80で1年間何回でも国立公園を訪れることが可能というもので、初めて使います。
「おはよう、地図は要る?」「やぁ、ありがとう」「楽しんでね!」とパークレンジャーのお姉さんに挨拶し、公園に突入です。
するとシカさん(Mule deer?) のグループが道路横断中。しばし一時停止し、サファリパークを堪能!

 

道を間違え、最初にイーストリム方面に行きました。そこでご対面!スケールがバカでかい!コロラド川が削って出来た土砂はどこに行ったん だろう?人 間がちっぽけですねぇ。


そして、Mather Pointに向かいます。朝早くても駐車場にどんどん入ってきます。少し朝日が昇り底が少しづつ 明るくなります。
それと、リス(Golden-mantled Ground Squirrel?)や ウサギ(Cottontail Rabbit?)やトカゲや青い鳥(Pinyon jay?)などのお客さんも。リスは人間にエサをもらおうと近づいてくるものもいてとってもカワイイ!ギフトショップを覗いたら木の 穴に動物が住んでいるカワイイ人形を発見し買っちゃったー。。

  

  

駐車場に戻り、朝食(味噌汁かけご飯とサラダ)を食べます。もう一度Mather Pointを見物したあとでGrandview Pointにも。こっちの方が、ダイナミックであり、感動〜〜(でも、動物を見るにはMather Pointです。)。柵も無いので落ちたらオダブツ!!でもその分最高の景色〜!

  

さぁ〜、別れを告げてAZ64を東に→R89を北上、します。そしてR160との分岐点で「Detour」と迂回路の指示が!本当はまっ すぐいってHorseshoeBendLower Antelope Canyonと行きたいのですが時間ロス!途中のガソリンスタンド併設のスー パーで聞いてみました。
「ルート89ノースには行けないの?」「これを見て、道路が崩落してんのよ。ルート160の途中でIndian Route21を左折すれば近いよ」「OK,ありがとう!」

スーパーではパンとポークのお肉やポテトチップスなどを購入し、ここの駐車場で昼食です。オーブンを使ってパンを焼いて、ふっくらハン バーガー〜〜!美味しー!(ちょっと肉が堅いけど)

  

食事を終えて先を急ぎます。が、結局Indian Route21を見落とし、AZ98でpage方面へ。ということで、まずはLower Antelope Canyonにターゲット変更!目印のでっかい火力発電 所の西でIndian Route222を北上するとゲートを発見。ですが、どうやらCloseのよう。
「え〜〜〜〜!!ここは見たかったのになぁ!どーしよー!!」

気持ちを切替えて、すぐ近くのHorseshoeBendへ。駐車場から15分くらい歩くとさくが何もない向うに大屈 曲部が!すっげー怖い〜(TALEX 偏光レンズで見るととてもキレイ)。娘たちもこの場所は特に印象に残ったようです。
この日は天気が良くなり、日差しが強烈。娘たちは日傘をかけていましたが、周りの人は「何、この子たち???」と白い目。。。日傘シスターズの全米デ ビュー〜〜。。このあと、長女がモーターホームのドアに指を挟まれケガ。大事には至らず、ホッ。。

  


今日の宿はLake powell Wahweapです。湖水浴も誘ってみましたが、長女のケガで行かず、お店でアイスク リームとヨーグルトを買って、ゆっくり夕食です。今日はポーク焼き肉ご飯。ふくろうは、たっぷり頂きました!夜に洗濯をしようとしましたがあまりの人で断 念。モー^ターホーム内で洗濯して、干しました(このために、物干し用の細挽きロープを持参!)。

 

シャワーも終えて、明日の為に寝ます。明日はParia Outpostと朝7時に約束。迷うこともあるため1時間余裕を見て出発するとして朝6時。ところ が、ここPageは 現地に比べて1h時差があるらしいので5時発となります。明日に期待して、就寝〜〜〜zzzzzz。

動画はこちら↓




 

【2013/8/8、Lake Powel〜Natural Bridges】

朝4:30に起床し て準備をし、Paria Outpostを目指します。出発時に暗闇で耳の長いウサギ(Jackrabbit?)を見ました。無事到着すると乗用車が2台停まっていますが店は閉まっており誰もいませ ん。ご飯を食べてガイドがやって来るのを待つことにします。今日の朝食は冷凍ギョーザ(朝からクドイ!と苦情出ちゃいました)。食後のコーヒーでガイドを 待ちますが・・・

  

7時を過ぎても来ないので、周りを見ると牧場があり2人ほど馬の世話をしていました。近寄って聞いてみます。
「PariaOutpostさんですか〜〜!」「No〜!」
仕方なく45分近く待ちましたが、時間がもったいないので諦めることにしました。。
WhitePocketは行きたかったですが、ガイド無しでは無理。
confirmationにキャンセルコメント書いて貼り紙して去ります(後日、丁重なお詫びEメールを頂きましたが、「馬の世話に行っていた」とのこ と。でも、近くの牧場で聞いたけど違うと言われたなぁ。他にも牧場あったか?前日に電話が出来なかったのも原因。)。



このキャンセルで時間が空いたので、
Lower Antelope Canyonのリベンジです。8時にオープンなのでちょ うど間に合いあうはず。さぁ、今日は入れるか??
8時前に行くとゲートはまだ閉まっており4台めに並びます。すると、1台の車が下の様子を見に行き、戻ってきてどうするかと見ていると、やったぁ〜〜! ゲートが開きました!!注意しながらダート道を入り口まで進んで、受付まで行くとすでに人だかり!こうしている間にもどんどん車がやって来る。朝一で正解 でした。昼になるとどれだけ待たされることか。。。
チケットを購入し、我々は2番めの案内。声がかかり、ガイドにぞろぞろ付いて行きます。どうも、昨日は雷雨があったらしくCloseみたい(過去に鉄砲水 で無くなった方がいる)。

  

最後尾に付けて岩の割れ目から侵入。プチ探検でワクワク。細い階段を降りて行くと・・・?
「スゴ〜〜イ!」「キレ〜〜〜イ!」

  

いやぁ、見れてよかった!家族全員一致で今回の旅ベスト1です。写真撮りまくり〜〜!!
Lower Antelope Canyon、感動でした。

  

  

  

さて、別れを告げて次は
Monument valleyへ、 AZ98を戻り→R160→R163と走ります。道路工事区間を抜けた先のガソリンスタンドの 駐車場でカップラーメンで昼食。

そして、モニュメントバレーです。TVでよく見る光景に感動〜。併設される博物館もおもしろかった。

  

次は、Mexican Hatです。道路から見える奇岩でソンブレロを被ったメキシコ人みたい。



そしてR163からUT261に左折し、
Natural Bridgeに向かいます(Goosenecksは 時間が無くてキャンセル)。UT261には、私が走ってみたかった急坂、Moki Dugwayがあります。27feetを超える車は迂回しろとの警告がありますが、愛車は26feetで問題なし!UT261 の先にメサ(mesa:卓上台地の崖)がズドンと鎮座し、一気に駆け上がります。途中で止まるといい眺めが広がって絶景〜。そうそう、ここでデッカイつむ じ風を見ました。これが大きくなって竜巻になるのかと思うと怖い。。。

  

 

そして、
Natural Bridgeに到着。周遊道路はもうゲートが閉まる時間なのでまずは宿泊地の確保の為ビジターセンターで聞きます。
「泊まるところはまだある?」「この先のキャンプ地がまだ開いてるよ」
ここは先着順でポストに入金して領収証を貼付けるタイプ。ちょうど同じころチェックインする人たちと一緒に記入します。

  

夕食はサムゲタン。夕日を見ながらまったり〜〜。ところが、トイレに行くと修理したはずの屋根が再び無くなっていました。ちょうど無洗米2kg袋が空いた 袋が残っていたのでこれで再修理。ガチガチにテープで巻いておいた・・。

するとそこにパークレンジャーがやって来ました。
「やぁ、今夜ビジターセンター前でアストロショーをやるから良かったらおいでよ」「ありがとう」
ここ
Natural Bridgeは「全米一、星空がきれいな場所」と宣伝されるところです。私も星空写真が取りたいなと思ってました。

言われた時間にみんなで歩いて行ってみました。沢山のゲストが居る仲、パークレンジャーが30cmドブソニアン望遠鏡で土星を見せてくれました。
「わぁ、スゴイ、輪っかが見える(当たり前ですが)!」
その後、説明や質問やクイズのコーナーになりよくわからんので、戻ります。真っ暗な中で天の川がキレイ!!サイトに戻ると、デジカメを長時間露光させて LEDライトで絵を書く遊びをします。
Lake powell Wahweapで買ったアイスクリームとちょっと塩がキツメのポテチをつまんで「アン テロープは凄かったねぇ」と振り返り、静かなキャンプ場の夜を迎えます。zzzz

 

  

動画はこちら↓




 

【2013/8/9、Natural Bridges〜Moab】

朝起きると天気は良さそう!キャンプ場ではQuietTimeでまだ発電機が使えないので、ビジターセンター前に移動 して日本から持ち込んだワカメスープ中心の朝ごはん。水の補給場所で水汲みを次女がお手伝い〜。

  


さぁ、周遊ドライブでブリッジ巡り。人がほとんど居なくて静かです。。
Park 入り口にはバランスロックがそこら中にあって飽きさせません。。
 

 

Natural Bridgeを出て、UT95を東に→R191を北上しNewspaper Rockを目指します。R191に入り、Blandingになると久しぶりの街が広がります。ここでスーパーClark'sによりましたがここ は品揃えが良く、気に入りました。大量に食料を補充(スプラウト、ブロッコリー、タマネギ、牛乳、パン、フライドチキン、パスタ、ハム、チーズ、卵、パパ イヤジュース、ヨーグルト、ドーナツなどなど)します。春巻きはまずかったー!Chobaniというヨーグルトは パインはお勧め!ブルーベリーはいまいちだった・・。



そしてR191からUT211を左折してしばらく走る(途中、通り雨に何度もおそわれた。。)と
Newspaper Rockに到着。看板があるだけでひっそりとしてますが岩絵(Petroglyphs) がスゴイ〜〜!ツノが生えた人?、一反もめんみたいな妖怪?、ツノのお姫様?、モモンガ?、6本指の足?、など描かれた背景を想像しながら鑑賞。妻いわ く、「昔は、ツノが生えた人も、6本指の足の人も、居たんだよ〜〜!」とのこと。我 が家の愛犬こんぶにも6本目があるんだから、人間にもどこかに退化してるのかな?もっとゆっくり鑑賞したかったが、子供に急かされて次に退散・・・ (泣)。

  

  

 

ここの駐車場で昼食(冷やし中華)を食べて、R191に戻り北上します。途中に道沿いに何気なく現れたアーチ(Wilson Arch)に感動。アーチ下まで登っている人も居ますねー。
さらにR191を北上すると、また工事現場が。
片側車線規制があり30分も待たされました。その間、前の車からおばちゃんが道の脇 の林 の茂みへいって用を足しています。。すると車が動き出し、おばちゃんがビックリして戻ってきたのは笑えた〜。写真は暇なのでパチリ(笑)。。

  

まもなくArches National Parkに入場し、まずは
Delicate Archへ。駐車場は車でイッパイ、辛うじて駐車でき、片道約45分間のトレイルの開始です。
とにかく、水がどんどん減ります。薄曇りだったからまだ良かったけど、快晴だったらもっと水が必要だったろうなぁー。。途中でもリスやトカゲが出てきて楽 しい。
「疲れたよー!面倒くさい〜〜〜!」
とブーブー言う次女をその度におだてて(笑)、がんばって歩くと、崖を超えると・・・出ました!
「うっわーー!カッコイィーーー!」
堂々としております。なんでこの丘のあそこだけアーチになったんだろぅ??不思議だねぇ。周りの人と交代しながら記念写真!
 
  

 


  

往復約2時間弱のトレイルから帰ると、帰り道でBalanced Rockを鑑賞します。誰もがやるであろうお遊び写真でパチリ(笑)。

  

今夜の宿は
Arches National Parkにほど近いMoabにあるMoab Valley RV & Camparkです。ここはプールもあってセキュリティもしっかりしており、幼児の居る家族には良いです。娘た ちの大好物のハヤシライスでみんな幸せ〜〜!スーパーClark'sで購入したドーナツ で満面の笑み(笑)。
夜はたまった洗濯物をするため、ランドリーで順番待ち。若奥さんとしばし談笑。
「こんにちは、どこから?」「日本からやってきてベガスから反時計回りに回ってるよ」
「それはいいね!私達はザイオンから時計回りに来たわ。ザイオンは暑いわよー!」「楽しんで!ランドリーはいつも混んでるねー(笑)お休み!」
本当に、RVパークの洗濯は競争です。我が家は3着分しか持ってきていないので必死!

トレイルの疲れがが心地よい眠気を誘います。私も爆睡しましたーーー・・・。zzzz

  

動画はこちら↓




 

【2013/8/10、Moab〜Bryce Canyon】

Arches National Parkを後にしてR191を北上→I70を西に→UT24を南西方面に進みます。今日は距離があるうえ、Bryce Canyonで トレイルの時間を取りたいので、かっ飛ばします(しかし、オーバーヒートしないように慎重に・・・)。Goblin Valleyの入り口に来ましたが、ガソリンがあまり無いこともあり、飛ばして次へ。

まずはCapitol reef(petroglyph)の壁画を見に行きます。駐車場には結構な車があり、入り口付 近に駐車したら後からフランスのツアーバス一行(以後、”黒バス”と呼びます)が来て、バスガイドのおばちゃんがこちらに
「ここに駐車しないで!」と怒られちゃいます。移動後にゆっくりと壁画を見に行くと、”黒バス”一行で占領・・・。しばし待ってから鑑賞しました(壁画は
Newspaper Rockの方が良かった・・)。側にはMule deerが のんびり草を食べてます。

 

UT24を西に行き→UT12を南下してBoulder市に入り、
Anasazi state park museumへ向かいます。娘たちは爆睡中なので妻と二人で博物館に入場。原住民の暮らしぶりが分かりますが、日本のそれと比べると、石器の矢尻 がとてもカラフルなのが印象的。外には住居跡のレプリカもあり。ここの観光案内のフリーペーパーは綺麗でお得。

   

ここの駐車場で昼食。日本から持ち込んだソーメンと蕎麦が、すんごくウマイ〜〜(ありがたいねぇ)!



UT12をひたすら西に走り、時間がやはり無さそうなのでKodachrome basinは省略して
Bryce Canyonに 向かいます。途中、地名を忘れたが、一面に面白い岩が続き両側が崖になっているところで”黒バス”一行を追い抜いて「さようなら〜〜!」。



Bryce Canyonに着いて、Navajo loop trailの駐車場のうち1台だけ空いていた良い場所に駐車。さっ そくトレイルを開始します。1.3マイルのトレイルは「反時計回りがラクで良いよ」と聞いていたのでその通りに行きます。谷底に降りだすと、いきなりオレ ンジの谷底が迫る!
「キレイ〜〜!!」
本当にキレイ、見上げると空の青と対照的でなおキレイ!谷底に進む中、下から上がってくる人は息が上がってる・・・。たしかに、こりゃ大変だー。。通称” WallStreet”に来て、サソリやタランチュラが居ないか石裏などを探してみたが会えず、残念。。底から頑張って伸びている木の生命力はスゴイ なぁー。いずれは通路を塞いで、トレイルできなくなるんじゃないのかな??
トレイル終わり頃には、3姉妹と呼ばれている岩や、針のようで折れそうな岩があったり。途中にも、色んな形の岩があり、名づけして遊んでいました。
「これは、”プチ・エアーズロック”!」「あれは、”若干モアイ”」「あれは。”なんとなくエリンギ”」
てな感じ。最後にトゲトゲした岩山の全景を見ましたが、見どころありますね。
GrandCanyonよ りこっちの方が面白かった。。!

  

  

  

  

今日の宿は
Bryce Canyon入り口すぐ近くにあるRuby's Inn - RV Parkです。まずはみんなでシャワーと洗濯を終了(ここはランドリーに余裕があってヨカッタ!)。
RVパークの宿泊もあと2日。夕食は前日がシチュー、最後の晩餐はカレー、と決めていましたので本日はシチュー!!RVパークの店で美味しいベーコンを購 入し、たらふく食べた〜(子供らには不評でしたが・・)。お腹がふくれ、食後にみんなで日記を付けます。今日の話題は岩の名付けについて図説入りー。「こ んぶ、怒ってるかなぁ?」「絶対怒ってるよねー。」「早く日本に帰りたいーーー!!!」
ホームシック(というより日本食シック・・)の娘たちをデザート(Doleのパイン缶が美味しかった〜)でなだめ、お休み!(ここ、
Bryce Canyonは 冷えました!しっかり毛布が欠かせない。。

 
 
 
 
  
 

動画はこちら↓




 

【2013/8/11、Bryce Canyon〜Zion】

朝はすんごく冷えますが、シャキッとして気持ちが良い朝。。シチューかけご飯とベーコンエッグバーガーでラス前の朝ごはん。私のヒゲも伸 びてきました(怪しいオヤジ・・・)。

 

今日は一番移動距離が少ないですが、Narrows trailの為なので、Zionを目指します。 UT12を西へ→R89を南下→UT9を西に曲がってだんだんと岩山が壮大になってきたところに・・・
有りました。有料のトンネルです。通行料を払うとパークレンジャーのおばさんより注意事項が。
「サングラスは外すこと!注意して行ってね」

入ると明かりは何もなく真っ暗(確かにサングラスはNG!)!途中に換気窓があり、迫力ある岩肌が見える。程なくして出口が眩しい!!

  

博物館まで行って(ここも車が多く、ギリギリ駐車完了!)早めの昼食をとります。外は快晴で、暑い!冷やし中華が腹を冷やす〜〜。

 

Narrows trailに行くにはシャトルバスで終点まで約30分かかります。ほぼ満員!

  

ここから、リバーサイドウォークをして
Narrows trailへ。あちこちに、人に慣れた”おねだリス”がやって来る〜。終 点から川の中を歩き出します。最初は川幅も広いですが、だんだんと両岸が迫ってきて、岸壁も大迫力になってきます。気温も上昇し暑いので、水の中が気持ち 良い〜〜。
しかし、日本の渓流と違い、水は濁っておりしかもなんかクサイ・・・。日本のイワナが住むような源流がいいなぁ(やっぱり日本はいいねぇ)。子供たちも、 このトレイルは不評で文句がブーブー。。
とちゅうは、ナメ滝の岩があったり、泥で手形を描いた岩があったり、オーバーハングしたコンサートホールのような場所があったり、自然の造形を楽しみま す。
トレイル開始から約1.5マイルぐらいにある川の最初の合流地点(Orderville Gulch)を目指しましたが、直前で胸まで水に浸からないと進めないポイントに出くわ し、ここまでとします。凍らせたペットボトル2本もちょうどなくなり、なれない水の歩きに、結構ヘトヘトになりつつ駐車場に戻ってきました。

 

  

 
 

岩盤がスゴイ!右はちょっとクライミング風にパチリ(潰れた虫みたい・・・)。

 

  左側が前進を諦めた地点。もうちょっとだったけど・・・。右はまで手前の風景。奥に行くともっと狭くなる・・。

 

疲れた体で、博物館に戻ります。博物館では、お土産に写真集と
青い鳥(Pinyon jay?)の人形を購入。その後で本日の宿泊地Zion Canyon Campgroundへ。
長旅の疲れを吹き飛ばすため、最後のメニューはカレーライス!ほとんどの具材を入れて美味しくなりました(食べ過ぎて夜中に胸焼け・・・)。
「やっと日本に帰れる〜!」「日本に帰ったらサイゼリアに行きたい〜〜!」「えぇ〜、お父さんはもっと居たいなぁ」「却下!!」
食後は、次女が気分よく皿洗いのお手伝い、長女は日記の時間、妻はバタンキュー、です。明日は
Las Vegasに 移動してモーターホームを返却するため、荷物の整理をします。名残惜しいなぁ・・・。
さぁ、明日はいよいよ返却と帰国、事故をしないように最後のひと踏ん張りだ!最後の夜に、乾杯ー!



動画はこちら↓




 

【2013/8/12、Zion〜Las Vegas出国】

いつもの通り5:30に起きて、荷物の整理と朝食。最後の朝食は残りカレーと残りパン、無洗米もちょうどピッタリ4kg消費して、捨てる食材は ゼロ!完璧です(偶然・・・)!使い慣れたモーターホーム、荷物をパッキングし、ホウキで掃除していきます。返却のため、グレータンク/ブラックタンクも すべて排水。走り出したら、なんか軽く感じます。。
 
 

さぁ今日はとにかく移動。11時までに返却しないといけません。UT9→UT17合流→I15で
Las Vegasへ 戻るぞー!もう見飽きた風景をひたすら走ります。途中鉄道も見ましたが、連結車両の数の多いこと!

 

Valley of Fire state parkも寄れないかと考えましたがとても時間は無し。しばらく走 るとネバダ州に、入った途端にカジノがある。。そして帰ってきた〜!最後のガソリン満タンでスーパーでホテルで過ごす分のおやつやお土産のお菓子を購入。 そして
EL MONTE LAS VEGASに行きますが、近くに来て道を迷い、結局11時ギリギリに到着。チェック アウトで立会チェックです。@バッテリー飛び出し、Aトイレ屋根紛失、の2件を報告すると、
「Oh、それは大変だったね!」
と一言ったのもつかのま、点検終了で鍵を給油口にポンッと置いて、「OK!」で終了(やっぱり、アバウトですね・・)!契約書にサインし、あとアンケート には上記@をひとまず書いておいた。全走行距離は1650マイル(2640km)でした!事故や大きなトラブルなくてヨカッタヨカッタ!!!

  

 

モーターホーム返却後はシャトルバスでHotelCircusCircusへ 送ってもらいます。今日は泊まりませんが休憩のため利用(子供たちが、「ホテルの臭いがクサイ!」とうるさい・・・)。マクドナル ドで部屋食の昼食→お菓子を食べたり昼寝したりして休憩。夕方、お腹がすいてきたのでホテル内のピザ屋さんで夕食(結構美味しかった)。そして21時に チェックアウトして空港に向かいます。

  

 

往路と同じく
大韓航空にチェックイン。食事変更のリ クエストをするが、「他のフライトあたっても、無いんですよ、ゴメンナサイ」「いいんですよ、可能ならですから」。相変わらずアメリカのセキュリティは厳 しく、靴を脱がされたのはビックリしたなぁ。

そんなこんなで、ついにアメリカを出国し、深夜のフライトです。

動画はこちら↓




 

【2013/8/12〜14、韓国〜日本に帰国!】

機内食は、夕食はピビンバ、朝食はおかゆ、でホッとする味です。子供食のスパゲティは美味しかったみたい。飛行機の中がクサイ」と子供たちの不満が高まる。まぁ、もう少しで日本だから我慢せぃ!!
8/14の4時に仁川空港に着きました。ここでまた5時間ぐらいあるので仮眠施設へ行ってひたすら待ちます。「Pororo」という韓国アニメキャラが私みたいと、家族より・・・。

朝7:30にお腹が空いたので一人でヌードル(きつねうどん)を食べるが、最高においしぃ〜〜〜!!!(本当はそうでも無いけど、そう感じました)油揚げ大好き!!妻はケンタッキーによってコーンサラダを買うも、味が異なりまずかった様子(泣)。。

待ちに待った日本へのフライト。機内食はコチュジャンおにぎりで、家族に大好評!!おまけの味噌汁もおいし〜い。長女が「人生の中で一番シアワセ!」と言っておりました(大げさなヤツ!)。
大韓航空さん、ありがとうね〜。

そして・・・。ついにセントレアに到着!
エクスコムグローバルで借りたWiFiルータを返却し、現金USDを円に換金し名鉄で帰ります。

とんでもない暑さに閉口しつつ、サイゼリアに行けることを楽しみにしつつ(子供たち)、現実に戻って仕事が近づくことにげんなりしつつ(私)、こんぶが怒ってウンチをタレルかなぁと考えつつ(妻)、それぞれの思いを乗せて名鉄は走ります。

動画はこちら↓



 
 

【むすび】

初めての家族での海外旅行、初めての自己企画の旅、初めてのモーターホーム、と不安もありましたが、無事に終えました。
「またどっか行きたいね」「海外は絶対イヤ!」
と言われてますが、いつかまた、騙して(いやいや・・・)どこかに行きたいです。一生の思い出になりました(
EL  MONTE RVのYさん、この場で御礼申し上げます)。

長々と、ありがとうございました〜。



もぐらとふくろうのページへ