「遊戯王OCGエキスパートルールHP」 http://home.att.ne.jp/moon/puppiy/rule/
第5期シリーズ番号順リスト>カテゴリー別/モンスター/魔法/≫ >ホーム

 

光と闇の竜
(ライトアンドダークネス・ドラゴン)
星8/光/ドラゴン族/攻2800/守2400 2006/11/25
2006/12/20
2007/4/5
召喚ルール効果【スペルスピードなし】(特殊召喚不可)
永続効果【スペルスピード1】(属性)
誘発即時効果【スペルスピード2】
(効果モンスターの効果・魔法・罠カードの発動無効/攻守の増減)
誘発効果【スペルスピード1】(破壊効果/墓地から特殊召喚効果)
YG01-JP001
【テキスト】
このカードは特殊召喚できない。
このカードの属性は「闇」としても扱う。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、効果モンスターの効果・魔法・罠カードの発動を無効にする。
この効果でカードの発動を無効にする度に、このカードの攻撃力と守備力は500ポイントダウンする。
このカードが破壊され墓地へ送られた時、自分の墓地に存在するモンスター1体を選択して発動する。
自分フィールド上のカードを全て破壊する。選択したモンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する。
◆召喚ルール◆
【効果】(召喚ルール)

このカードは特殊召喚できない。
◆永続効果◆
【発動条件】

このカードがフィールド上に表側表示で存在する時、(表側表示であれば攻守の表示は問わない)
【フィールド上に表側表示で存在する限り永続する効果】
このカードの属性は「闇」としても扱う。
◆誘発即時効果◆
【発動条件】

このカードがフィールド上に表側表示で存在する時に、
効果モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に必ず発動。(強制)

(同一チェーン内では1回しか発動しない)
【効果】(効果解決時)
(この時点で攻撃力と守備力のどちらかが500未満の場合は不発)

その効果モンスターの効果・魔法・罠カードの発動を無効にする。
この効果でカードの発動を無効にする度に、このカードの攻撃力と守備力は500ポイントダウンする。
◆誘発効果◆
【発動条件】

このカードが破壊され墓地へ送られた時に必ず発動。
【効果の発動時】
自分の墓地に存在するモンスター1体を選択する。
【効果】(効果解決時)
自分フィールド上のカードを全て破壊する。
発動時に選択した自分の墓地のモンスター1体を、
自分フィールド上に表側攻撃表示または表側守備表示で特殊召喚する。

◆永続効果◆
このカードの属性は「闇」としても扱う。
◇永続効果

◆誘発即時効果◆
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、効果モンスターの効果・魔法・罠カードの発動を無効にする。
この効果でカードの発動を無効にする度に、このカードの攻撃力と守備力は500ポイントダウンする。

必ず発動する誘発即時効果(「
死霊騎士デスカリバー・ナイト」同様)
チェーンブロック作る。
◇チェーンを組んだ段階では攻守500ダウンしない。(効果処理で500ダウン)
◇対象取らない効果。
◇魔法・罠の発動を無効にした場合、発動が無効になった魔法・罠カードはチェーン終了時に墓地へ送られる。
発動を無効にされた魔法・罠カードはフィールドから墓地ヘ送られた扱いにならない。
(例:「黒いペンダント」の装備発動が無効になって墓地に送られてもダメージ効果は発動しない)
◇すでに表側表示で存在している永続系の魔法・罠(血の代償などの起動)の効果発動は無効にできない。

◇ダメージステップでも発動する。
◇手札で発動を宣言するモンスター効果「冥王竜ヴァンダルギオン」「冥府の使者ゴーズ」等も無効にできる。
この場合手札で発動し発動が無効になったモンスターは手札に残る。(手札から捨てて発動する「クリボー」等は戻らない)

◇同一チェーン内では複数回発動しない。
┏チェーン1:「押収」発動
┃チェーン2:「光と闇の竜」発動
┃チェーン3:「サイクロン」発動
┃ 「光と闇の竜」はすでにチェーンブロックに乗っているので発動しない
┃逆順処理チェーン3:「サイクロン」適用
┃逆順処理チェーン2:「光と闇の竜」適用、「押収」の発動無効、攻守500ダウン
┗逆順処理チェーン1:「押収」なし

「光と闇の竜」がフィールド上に2体存在する場合
┏チェーン1:「押収」発動
┃チェーン2:「光と闇の竜」A発動(「押収」に対して)
┃チェーン3:「光と闇の竜」B発動(「押収」に対して)
┃ 2体の「光と闇の竜」はそれぞれチェーンブロックに1回乗っているのでこれ以上発動しない。(ループにはならない)
┃逆順処理チェーン3:「光と闇の竜」Bは「押収」に直接チェーンしてないので不発。
┃逆順処理チェーン2:「光と闇の竜」A適用、「押収」の発動無効、攻守500ダウン
┗逆順処理チェーン1:「押収」なし

攻撃力・守備力
攻守のどちらかが500未満の場合でも発動するが、効果は不発に終わる。

「光と闇の竜」が発動を無効にする効果を4回発動して攻800/守400になる。(守備力が500未満になる)
この状態で効果モンスターの効果・魔法・罠が発動した場合このカードの効果は発動するが、
効果処理の時点で攻守のどちらかが500未満の場合は500ダウンさせる事ができないので発動を無効にする効果は不発に終わる。
この状態で「収縮」を発動した場合、
2800(元々の攻撃力)÷2−2000(ポイントダウン分)=0


◇「スキルドレイン」を発動した場合、ポイントダウンしていた数値はリセットされる。(攻2800/守2400)
その後「スキルドレイン」がフィールド上に存在しなくなっても数値はリセットされたまま。

★「邪神ドレッド・ルート」が存在する時に無効効果を適用した場合(ダウン計算後に半分)
攻2800/守2400>攻1400/守1200
攻守500ダウン適用
攻2300/守1900>攻1150/守950
攻守500ダウン適用
攻2300/守1900>攻1150/守950
攻守500ダウン適用
攻1800/守1400>攻900/守700
攻守500ダウン適用
攻1300/守900>攻650/守450
ここでダウン効果適用できる?(ドレッドルートの半分を除いた数値から500引くので可能?)


攻守が他の効果で変化している場合
◇他の効果で攻守ダウンしてる場合はその時点での攻守を500ダウンできなければ不発。

「光と闇の竜」が攻800/守400の時
┏チェーン1:「サイクロン」発動
┃チェーン2:「光と闇の竜」発動
┃チェーン3:「頼もしき守護者」発動、「光と闇の竜」選択
┃逆順チェーン3:「頼もしき守護者」で「光と闇の竜」の守備力700アップ
┃逆順チェーン2:「光と闇の竜」の現在の攻守が攻800/守1100なので「サイクロン」の発動を無効にできる。攻守500ダウン。
┗逆順チェーン1:「サイクロン」処理なし

自分フィールド上に「光と闇の竜」が1体だけ存在し、攻800/守400の時
┏チェーン1:「団結の力」発動、「光と闇の竜」選択
┃チェーン2:「光と闇の竜」発動
┃逆順チェーン2:「光と闇の竜」は攻守ダウンできないので不発
┗逆順チェーン1:「団結の力」解決、「光と闇の竜」に装備され攻守800アップ
攻1600/守1200になるがこの状態で新たにモンスター効果・魔法・罠が発動した場合無効にできる。


◇「クリッター」と「ダンディライオン」(どっちも持ち主自分)を生け贄にして「光と闇の竜」を召喚した場合
チェーン1:「クリッター」
チェーン2:「ダンディライオン」(持ち主同じなので「クリッター」と「ダンディライオン」の順番自由)
チェーン3:「光と闇の竜」はチェーン2の効果に対して発動


◇「時の魔術師」等の「1ターンに1回」の効果の発動が無効になった場合「1ターンに1回」使用した事実は失われない。
そのターン中にもう一度使用する事はできない。
「イグザリオン・ユニバース」が攻撃宣言、守備表示モンスターを攻撃対象選択。
この場合そのバトルステップの間に「イグザリオン・ユニバース」の効果を発動できるが、
1度効果が適用されるとその攻撃中に再度効果を使用できない。(1ターンに1回とは若干異なる)
「光と闇の竜」で「イグザリオン・ユニバース」の効果発動を無効にした場合、効果が適用されなかったので再度効果を発動できる?

◇「あまのじゃくの呪い」が適用された場合ダウン効果はアップに変わるが、
「あまのじゃくの呪い」が適用されたターンは1回しか効果を適用できない。
(特例。
単行本に載せたいい加減な使い方の皺寄せ


発動例1(使用後破壊系の魔法罠カード)
┏チェーン1:「サイクロン」
┃チェーン2:「光と闇の竜」
┃逆順処理チェーン2:「光と闇の竜」解決、「サイクロン」の発動を無効にする。
┃ 「光と闇の竜」の攻守500ダウン。
┃逆順処理チェーン1:「サイクロン」は発動無効の為処理なし。
┗チェーン終了時に「サイクロン」のカードを墓地へ送る。

発動例2(永続系の魔法罠カード)
┏チェーン1:「リビングデッドの呼び声」
┃チェーン2:「光と闇の竜」
┃逆順処理チェーン2:「光と闇の竜」解決、「リビングデッドの呼び声」の発動を無効にする。
┃ 「光と闇の竜」の攻守500ダウン
┃逆順処理チェーン1:「リビングデッドの呼び声」は発動無効の為処理なし。
┗チェーン終了時に「リビングデッドの呼び声」のカードを墓地へ送る。

発動例3(複数発動)
┏チェーン1:「増援」
┃チェーン2:「光と闇の竜」
┃チェーン3:「サイクロン」
┃逆順処理チェーン3:「サイクロン」解決、対象破壊
┃逆順処理チェーン2:「光と闇の竜」解決、「増援」の発動を無効にする。
┃ 「光と闇の竜」の攻守500ダウン。
┃逆順処理チェーン1:「増援」は発動無効の為処理なし。
┗チェーン終了時に「サイクロン」と「増援」のカードを墓地へ送る。

発動例4(効果モンスターの効果発動)
┏チェーン1:「氷帝メビウス」
┃チェーン2:「光と闇の竜」
┃逆順処理チェーン2:「光と闇の竜」解決、「氷帝メビウス」の発動を無効にする。(破壊はされない)
┃ 「光と闇の竜」の攻守500ダウン
┗逆順処理チェーン1:「氷帝メビウス」は発動無効の為処理なし。

┏チェーン1:「黄泉ガエル」
┃チェーン2:「光と闇の竜」
┃逆順処理チェーン2:「光と闇の竜」解決、「黄泉ガエル」の発動を無効にする。
┃ 「光と闇の竜」の攻守500ダウン
┗逆順処理チェーン1:「黄泉ガエル」は発動無効の為処理なし。
これを繰り返し可能。
攻守のどちらかが500未満の時に「黄泉ガエル」を発動した場合「光と闇の竜」は発動するが無効にできないので「黄泉ガエル」は特殊召喚される。


発動例5(「光と闇の竜」の無効効果にチェーンして「月の書」などをチェーンする場合)
┏チェーン1:「増援」
┃チェーン2:「光と闇の竜」(「増援」に対して)
┃チェーン3:「月の書」(「光と闇の竜」に対して)
┃逆順処理チェーン3:「月の書」解決、「光と闇の竜」を裏側守備表示にする。
┃逆順処理チェーン2:「光と闇の竜」は裏側守備表示になった為攻守500ダウンする事ができないので不発に終わる
┗逆順処理チェーン1:「増援」解決
(「破壊輪」「強制脱出装置」などで「光と闇の竜」がフィールド上に存在しなくなった場合も同様)

発動例6(「死霊騎士デスカリバー・ナイト」が存在する場合)
┏チェーン1:「増援」
┃チェーン2:「光と闇の竜」(「増援」に対して)
┃チェーン3:「死霊騎士デスカリバー・ナイト」(「光と闇の竜」に対して)
┃逆順処理チェーン3:「死霊騎士デスカリバー・ナイト」解決、「光と闇の竜」の発動を無効にし破壊する。
┃逆順処理チェーン2:「光と闇の竜」処理なし
┃逆順処理チェーン1:「増援」解決
┗チェーン終了時に「増援」のカードを墓地へ送る。

発動例7(「死霊騎士デスカリバー・ナイト」が存在する場合)
┏チェーン1:「氷帝メビウス」
チェーン2で「光と闇の竜」または「死霊騎士デスカリバー・ナイト」の効果が必ず発動
(ターンプレイヤーの効果優先、同じなら順番自由)

A.「死霊騎士デスカリバー・ナイト」を先にチェーンに乗せた場合
┃チェーン2:「死霊騎士デスカリバー・ナイト」(「氷帝メビウス」に対して)
┃チェーン3:「光と闇の竜」(「氷帝メビウス」に対して)
┃逆順処理チェーン3:「光と闇の竜」は「氷帝メビウス」に直接チェーンしてないので不発。
┃逆順処理チェーン2:「死霊騎士デスカリバー・ナイト」解決、「氷帝メビウス」の発動を無効にし破壊する。
┗逆順処理チェーン1:「氷帝メビウス」処理なし

B.「光と闇の竜」を先にチェーンに乗せた場合
┃チェーン2:「光と闇の竜」(「氷帝メビウス」に対して)
┃チェーン3:「死霊騎士デスカリバー・ナイト」(「氷帝メビウス」に対して)
┃逆順処理チェーン3:「死霊騎士デスカリバー・ナイト」は「氷帝メビウス」に直接チェーンしてないので不発。
┃逆順処理チェーン2:「光と闇の竜」解決、「氷帝メビウス」の発動を無効にする。
┗逆順処理チェーン1:「氷帝メビウス」処理なし

 


◆誘発効果◆
このカードが破壊され墓地へ送られた時、自分の墓地に存在するモンスター1体を選択して発動する。
自分フィールド上のカードを全て破壊する。選択したモンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する。

◇このカードが破壊され墓地に送られた時なので最低でもこのカード1枚が墓地に存在しているが、
このカードは特殊召喚できないモンスターなので選択できない。
この場合でも選択せずに効果が発動する。
選択したモンスターが無くても(選択できるモンスターが無くても)自分フィールド上のカードを全て破壊する。
◇自分フィールド上に破壊するカードが無い時でも発動する。
「死のデッキ破壊ウイルス」で手札から破壊された場合も発動する。

「光と闇の竜」が2体破壊され墓地へ送られた時

┏チェーン1:「光と闇の竜」A(※自分の墓地のモンスター1体選択)
┃チェーン2:「光と闇の竜」B(※自分の墓地のモンスター1体選択)
┃逆順処理チェーン2:「光と闇の竜」B解決、自分フィールド上のカードを全て破壊する。
┃ 発動時に選択した自分の墓地のモンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する。
┃逆順処理チェーン1:「光と闇の竜」A解決、自分フィールド上のカードを全て破壊する。
┗ 発動時に選択した自分の墓地のモンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する。

※同じ墓地のモンスターを選択している場合、チェーン2で特殊召喚した後チェーン1で破壊され墓地へ送られるが、
Aが選択したモンスターは1度墓地から離れている為対象は失った事になる為特殊召喚できない。

 

 
ホーム
「遊戯王OCGエキスパートルールHP」 http://home.att.ne.jp/moon/puppiy/rule/
★マークは調査中のため、変更の可能性があります。
★マークが無い物も新しいカードが出る度、変更する可能性があります。