「遊戯王OCGエキスパートルールHP」 http://home.att.ne.jp/moon/puppiy/rule/
第4期シリーズ番号順リスト>カテゴリー別/モンスター/魔法/≫ >ホーム
カウンター罠/魔力終了宣言
■魔法の発動無効・破壊
マジック・ジャマー
対抗魔術
呪術抹消
アヌビスの裁き
マジック・ドレイン
封魔の呪印
八式対魔法多重結界
フォースフィールド
アーマーブレイク
魔力終了宣告

■魔法の発動無効・手札に戻す
ゴブリンのその場しのぎ
■罠の発動無効・破壊
盗賊の七つ道具
トラップ・ジャマー
王宮の陥落

■罠の発動無効・元に戻す
誤作動

■魔法・罠の発動無効・破壊
フェザー・ウィンド
ツタン仮面
王家の呪い

■攻撃無効
攻撃の無力化
■召喚・反転召喚無効・手札に戻す
キックバック

■召喚・反転召喚・特殊召喚無効・破壊
昇天の角笛
方舟の選別

■特殊召喚無効・破壊
昇天の黒角笛

■効果モンスターの効果無効・破壊
天罰
畳返し

■ダメージ関連
地獄の扉越し銃
黒板消しの罠
ダメージ・ポラリライザー
フュージョン・ガード
■魔法・罠の発動無効・破壊、召喚・反転召喚・特殊召喚無効・破壊
神の宣告
同一チェーン上のカードの発動と効果を無効・破壊
虚無を呼ぶ呪文

【カウンター罠カード基本】

魔力終了宣告 2006/7/26
2007/5/3
カウンター罠【スペルスピード3】
(相手永続魔法の発動時/永続魔法の発動を無効・破壊)
TLM-JP058
【テキスト】
相手が永続魔法カードを発動した時に発動する事ができる。そのカードの発動と効果を無効にし破壊する。
【発動条件】
相手が永続魔法カードを発動した時に発動する事ができる。
(その永続魔法カードの効果が乗ったチェーンブロックの1つ上に乗せて発動する)
【効果】(効果解決時)
その永続魔法カードの発動と効果を無効にし破壊する。
■【発動条件】
◇別ページ【カウンター罠カード基本】の”【カウンター罠カードの基本的発動条件】”参照。
◇このカードは相手が発動(プレイ)した永続魔法カードを対象に、チェーンして発動させます。
(手札から発動した永続魔法カード、裏向きでセットしてある状態から表にして発動した永続魔法カードを対象にする)
それ以外のタイミングで発動する事はできません。
◇自分が発動した永続魔法カードには発動できません。

発動例
┏相手チェーン1:「平和の使者」発動
┃ (相手が永続魔法カードを発動したので、この時点で「魔力終了宣告」の発動タイミングが発生する)
┃自分チェーン2:「魔力終了宣告」発動、
┃逆順処理チェーン2:「魔力終了宣告」解決、「平和の使者」の発動を無効にし、破壊する。
┗逆順処理チェーン1:「平和の使者」は発動が無効になった為処理なし。
◇永続魔法カードを発動した次のチェーンブロックに、「魔力終了宣告」を置く必要があります。
┏相手チェーン1:「平和の使者」発動
┃自分チェーン2:「王宮の勅命」発動
┃相手チェーン3:「砂塵の大竜巻」発動(「王宮の勅命」選択)
×自分チェーン4:「魔力終了宣告」発動×
┗逆順処理
◇その他発動例は下記「●「魔力終了宣告」の発動例」参照

◇すでに発動・チェーン処理が解決してフィールド上に表側表示で存在・効果を発揮している状態の永続魔法カードに対して発動する事はできません。
★表側表示で存在する永続魔法が効果を起動・誘発した(効果がチェーンに乗った)時に発動する事もできません。
(「波動キャノン」「マスドライバー」「生還の宝札」等)
(カウンター罠は基本的に表側表示の状態から発動する効果・墓地で発動する効果に対して発動できない)

◇表側表示の「王宮のお触れ」
の効果が適用されている時に、永続魔法カードの発動に対して「魔力終了宣告」を発動する事は可能ですが、「魔力終了宣告」の効果は無効になります。
この場合「
冥王竜ヴァンダルギオン」はカードの発動をカウンター罠で無効にしなければならないので特殊召喚効果は発動できません。
カウンター罠の発動自体は無効になっていないので「
豊穣のアルテミス」等は適用されます。
★カウンター罠の発動に成功した事になる?「
裁きを下す者−ボルテニス」は発動可能?
■【罠のプレイ・発動時】
◇表側表示の連鎖炸薬が存在する時に「魔力終了宣告」を発動した場合、この時点で「魔力終了宣告」発動プレイヤーにダメージが適用されます。
≪「魔力終了宣告」の発動にチェーンする≫
◇「盗賊の七つ道具」(発動無効)等は、別ページ
【カウンター罠カード基本】の”【カウンター罠の発動にチェーンする】”参照。
◇「魔力終了宣告」は”魔法カード1枚を破壊する罠カード”の為、「王家の呪い」をチェーン発動し、「魔力終了宣告」の発動を無効にし破壊する事が可能です。
■【効果】(効果解決時)
□永続魔法カードの発動を無効にし、その永続魔法カードを破壊する。
◆このカードの対象にした永続魔法カードの発動と効果を無効にし、その永続魔法カードを破壊します。
◇無効にした永続魔法カードが発動時に払ったコスト等は戻りません。

◇「魔力終了宣告」の処理が終えた時点でフィールド上に表側表示の「
豊穣のアルテミス」「救済のレイヤード」「天空聖者メルティウス」「人造天使」が存在する場合、それぞれの効果が適用されます。

◇魔法カードの発動が無効になった場合、表側表示の「魔法吸収」「暗黒の呪縛」は適用されません。
◇魔法カードの発動が無効になった場合、魔法を発動する度に魔力カウンターを乗せる事ができるカードに魔力カウンターは乗りません。(「熟練の黒魔術師」「王立魔法図書館」等)

例:表側表示の「魔法吸収」「暗黒の呪縛」「連鎖炸薬」「王立魔法図書館」「豊穣のアルテミス」「救済のレイヤード」「天空聖者メルティウス」「人造天使」が存在する時に永続魔法カードを発動、それに対して「魔力終了宣告」を発動した場合

チェーン1:「絶対魔法禁止区域」発動
チェーン2:「魔力終了宣告」発動
┃ 「連鎖炸薬」適用、「魔力終了宣告」発動プレイヤーに1000ポイントダメージ。
逆順処理チェーン2:「魔力終了宣告」解決、「早すぎた埋葬」の発動無効・破壊
┃ a.「豊穣のアルテミス」
(自分のデッキからカードを1枚ドローする。)
┃ b.「救済のレイヤード」
(除外された自分の天使族モンスター2体を手札に加える。)
┃ c.「天空聖者メルティウス」
(1000ライフ回復。「天空の聖域」が存在する場合破壊効果。)
┃ d.「人造天使」
(「人造天使トークン」1体を、自分フィールド上に特殊召喚する。)
┃(a.b.c.dの効果が複数存在する場合、ターンプレイヤーの効果から処理。a.b.c.dの処理の順番は自由)
逆順処理チェーン1:「絶対魔法禁止区域」は発動が無効になったので処理なし
┃ 「魔法吸収」が表側表示で存在しても回復効果は適用されない。
┃ 「暗黒の呪縛」が表側表示で存在してもダメージ効果は適用されない。
┗ 「王立魔法図書館」が表側表示で存在しても魔力カウンターは乗らない。
チェーン終了
・「
裁きを下す者−ボルテニス」「冥王竜ヴァンダルギオン」等の発動タイミング
・チェーン1は処理なしで通過しているので「豊穣のアルテミス」の効果でドローしている場合はドロー処理でチェーンを終えている為、裏側表示の「便乗」を発動できる。
「人造天使」の特殊召喚処理で終えている場合は「激流葬」等を発動できる。

 

「魔力終了宣告」の発動例
カウンター罠「魔力終了宣告」で、永続魔法カードの発動(プレイ)を無効にする為には、
その魔法カードのプレイによって発生した効果が置かれるチェーンブロックの次(1つ上)のチェーンブロックに「魔力終了宣告」の効果を乗せる。
【例1】
┏チェーン1:「連合軍」
┃チェーン2:「魔力終了宣告」

┃逆順処理チェーン2:
「魔力終了宣告」解決、「連合軍」の発動無効・破壊
┗逆順処理チェーン1:
「連合軍」処理無し
◇相手が「連合軍」を発動、その発動を「魔力終了宣告」で無効にしたい場合、
次のチェーンブロック2に「魔力終了宣告」を置く必要がある。
【例2】
┏チェーン1:「連合軍」
┃チェーン2:「魔力終了宣告」(「連合軍」に対して

┃チェーン3:「盗賊の七つ道具」(「魔力終了宣告」に対して

×チェーン4:「魔力終了宣告」(「連合軍」に対して×
┗逆順処理
◇相手が「連合軍」を発動、その発動を無効にする為に「魔力終了宣告」を発動、相手がその「魔力終了宣告」の発動を無効にする為に「盗賊の七つ道具」発動、
次のチェーンに乗せられるカードは、「盗賊の七つ道具」の発動を無効にできるカウンター罠のみ。
(別の「盗賊の七つ道具」「神の宣告」「王家の呪い」等)
この例のチェーン4で「魔力終了宣告」を発動する事はできない。
無効にしたい「連合軍」はチェーン1にあり、そのブロックの次(チェーン2)に乗せなくてはならない為、他のクイックエフェクトを挟んで発動する事はできない。
【例3】
┏チェーン1:「連合軍」
┃チェーン2:「マジック・ドレイン」(「連合軍」に対して

×チェーン3:「魔力終了宣告」(「連合軍」に対して×
┗逆順処理
◇相手が「連合軍」を発動、その発動を無効にする為に「マジック・ドレイン」を発動。
「マジック・ドレイン」の「相手が魔法カードを捨てるか捨てないか選択する処理」は効果解決時に行う為、
「マジック・ドレイン」が発動した時点ではまだ魔法が無効になるか有効になるかは判断できない。
チェーン3でチェーン1にある魔法を無効にする為に「魔力終了宣告」や別の「マジック・ドレイン」を発動させるのは不可。(上記の例2・3参照)

┏チェーン1:「連合軍」
┃チェーン2:「マジック・ドレイン」
ここでお互いに発動させるカードが無ければ、逆順処理へ。
┃逆順処理チェーン2:
「マジック・ドレイン」の効果適用、
 相手は手札の魔法カードを捨てるか捨てないか選択する。
 (※捨てれば「マジック・ドレイン」の効果が無効、捨てなければチェーン1の魔法の発動無効・破壊)
┗逆順処理チェーン1:
「連合軍」(※)の結果次第

・相手が手札の魔法カードを捨てなかった場合はチェーン1の「連合軍」の発動無効・破壊。
・相手が手札の魔法カードを捨てた場合は、「マジック・ドレイン」の効果が無効になる為、逆順処理チェーン1で「連合軍」の効果が適用される。
相手が手札の魔法カードを捨てて「連合軍」が有効になった時に「魔力終了宣告」を発動させる事はできない。チェーン処理中の割り込みは不可。
【例4】
┏チェーン1:「連合軍」
┃チェーン2:「魔力終了宣告」
×チェーン3:「王宮のお触れ」×
┗逆順処理
◇スペルスピード2の「王宮のお触れ」がスペルスピード3の「魔力終了宣告」にチェーンする事はできない。
 
ホーム
「遊戯王OCGエキスパートルールHP」 http://home.att.ne.jp/moon/puppiy/rule/
★マークは調査中のため、変更の可能性があります。
★マークが無い物も新しいカードが出る度、変更する可能性があります。