「遊戯王OCGエキスパートルールHP」
効果モンスターカード ホーム
誘発即時効果/Multi-Trigger Effect 2005/7/17
誘発即時効果モンスター 2005/7/17
□誘発即時効果モンスターは発動条件が揃っていれば相手のターンでも任意に発動する事ができる効果。
□この効果はスペルスピード2の為、速攻魔法や罠、モンスターの効果の発動に対して、
チェーン発動(プレイ)する事が可能。

□誘発即時効果は主に、
フィールド上に表側表示で存在する時に発動できるタイプ(A)と、手札から発動できるタイプ(B)がある。
【A】
フィールド上に表側表示で存在する時に特定のタイミングで発動できる誘発即時効果
雷魔神−サンガ
風魔神−ヒューガ
水魔神−スーガ
魔力吸収球体
お注射天使リリー
速攻の黒い忍者
トラップ処理班 Aチーム
ホルスの黒炎竜 LV8
ハネクリボー LV10
黒の魔法神官
青眼の光龍
ドラゴン・ウォリアー
魔人 ダーク・バルター
超魔導剣士−ブラック・パラディン
□フィールド上に表側表示で存在する時に特定のターン・フェイズで発動できる。
各カードによって発動条件・タイミング等は異なる。

◆相手のターンのみ発動可能
┗特定のタイミングで発動……「魔力吸収球体」
┗特定のフェイズで発動……「雷魔神−サンガ」「風魔神−ヒューガ」「水魔神−スーガ」「ハネクリボー LV10」
◆自分と相手のターンで発動可能
┗特定のタイミングで発動……「魔人 ダーク・バルター」「ドラゴン・ウォリアー」「超魔導剣士−ブラック・パラディン」「トラップ処理班 Aチーム」「ホルスの黒炎竜 LV8」「黒の魔法神官」「青眼の光龍」
┗特定のフェイズで発動……「お注射天使リリー」
┗発動タイミングが特になし……「速攻の黒い忍者」

□召喚したターンでも発動条件が揃っていれば発動できる。
□裏側表示の状態から効果を発動する事はできない。

□誘発即時効果は、起動効果のように、効果を発動する為にコストを必要とする場合がある。
・生け贄を捧げる
・ライフポイントを払う
・手札を捨てる
・墓地のカードを除外する
※発動コストが必要ないモンスターも存在する。
□誘発即時効果を発動する為にコストが必要なモンスターは、効果発動を宣言した時点でコストを払う。
コストを払う事により、効果がチェーンブロックに乗る。
□コストの支払いは誘発即時効果モンスターカード1体の効果を発動する為に行う。
同じコストを必要とするモンスターが自分のフィールド上に複数存在しても、
1体分のコストで複数の誘発即時効果や起動効果が発動する事はない。
(例:「速攻の黒い忍者」と「魂を喰らう者 バズー」が存在する時に「速攻の黒い忍者」の効果を発動する為に墓地の闇属性モンスター2体を除外しても「魂を喰らう者 バズー」の攻撃力はアップしない)
□テキストに”1ターンに1回”等の記述がない限り、コストを払える限り、効果を何度でも発動できる。
(「お注射天使リリー」は1ターンに何回でも発動できるが、1度のダメージ計算につき1回しか発動できない)

■生け贄を必要とする誘発即時効果
・モンスターを生け贄に捧げて誘発即時効果モンスターの効果を発動した後に「生贄封じの仮面」をチェーン発動しても、生け贄はすでに行った後の為、効果の発動を阻止する事はできません。
・「生贄封じの仮面」がすでにフィールド上で発動している場合は、生け贄を必要とする誘発即時効果モンスターの効果は発動できません。

□「サクリファイス」「ソードハンター」等の効果で、起動効果モンスターが”装備魔法カード扱い”になっている時は、効果を発動できません。
□「スキルドレイン」がフィールド上に発動している場合、誘発即時効果モンスターの効果は発動できるが、
効果解決時に”効果を発動した誘発即時効果モンスター自身が表側表示で存在している状態であれば”効果は無効になる。存在していなかった場合は無効にならない。
(表側表示で存在する事が効果適用条件の「速攻の黒い忍者」等の場合除く)
★「ファラオの審判」の効果が適用されているターンは誘発即時効果の発動ができない。
【誘発即時効果モンスターの召喚時】
ターンプレイヤーのフィールド上に誘発即時効果モンスターを召喚・(反転召喚・特殊召喚)した場合、
エフェクトを発動する優先権はターンプレイヤーにある為、召喚してすぐに効果を発動する事が可能です。

●モンスターの召喚
・カウンター罠「昇天の角笛」「神の宣告」の発動タイミング(お互いに無ければ召喚成功となる)
●召喚成功
【1】.永続効果の適用(チェーンに乗らない)
【2】.召喚時に誘発する効果や誘発即時効果の発動

◇相手が「落とし穴」等の”モンスターの召喚時に発動できる罠”を発動したい場合は、ターンプレイヤーが召喚成功時の優先権を放棄(フェイズ終了宣言など)した時に意義を唱えて、召喚時に相手に優先権が移った所まで巻き戻し、発動する。
◇モンスターの召喚成功時に【2】の効果が発動した場合は、相手にチェーンの確認(優先権の放棄)を行う為、「落とし穴」等を発動する場合はその効果にチェーンする形で発動させる。
◇起動効果とは異なり、誘発即時効果の場合スペルスピード2の為、相手が「落とし穴」等を発動した場合でもその効果にチェーンして発動できます。

ターンプレイヤーが「速攻の黒い忍者」を召喚、優先権を放棄した時に相手が「激流葬」を発動した場合、それにチェーンして「速攻の黒い忍者」が発動できる。(逆順で「速攻の黒い忍者」除外されてからフィールド上モンスター破壊)
【B】
手札にある時に特定のタイミングで発動できる誘発即時効果

クリボー
シャブティのお守り
ヂェミナイ・デビル
墓守の監視者
デスルークデーモン
□自分の手札に存在する時に特定のターン・フェイズで発動できる。
各カードによって発動条件・タイミング等は異なる。

◆相手のターンのみ発動可能
┗特定のフェイズで発動……「クリボー」
◆自分と相手のターンで発動可能
┗特定のタイミングで発動……「ヂェミナイ・デビル」「墓守の監視者」「デスルークデーモン」
┗発動タイミングが特になし……「シャブティのお守り」

□手札から発動する誘発即時効果は、効果を発動する為にコストを払う必要がある。
・手札から効果を発動させる誘発即時効果モンスター自身を捨てる
・手札から効果を発動させる誘発即時効果モンスター自身を墓地に送る

□誘発即時効果を発動する場合、効果発動を宣言した時点でコストを払う。
コストを払う事により、効果がチェーンブロックに乗る。

□「スキルドレイン」がフィールド上に発動している場合でも、手札から発動させる誘発即時効果は無効にならない。
★「ファラオの審判」の効果が適用されているターンは誘発即時効果の発動ができない。
 

 

誘発即時効果/A:フィールド上で発動/
■フィールド上で発動(相手ターン)
雷魔神−サンガ
風魔神−ヒューガ
水魔神−スーガ
魔力吸収球体
■フィールド上で発動(自分・相手ターン)
お注射天使リリー
速攻の黒い忍者

■フィールド上で発動(相手ターン)
雷魔神−サンガ
風魔神−ヒューガ
水魔神−スーガ
魔力吸収球体

■フィールド上で発動(自分・相手ターン)
トラップ処理班 Aチーム
ホルスの黒炎竜 LV8
ハネクリボー LV10
黒の魔法神官
青眼の光龍
お注射天使リリー
速攻の黒い忍者
ドラゴン・ウォリアー
魔人 ダーク・バルター
超魔導剣士−ブラック・パラディン

誘発即時効果/B:手札から発動/
■手札から発動(相手ターン)
クリボー
■手札から発動(自分・相手ターン)
シャブティのお守り
ヂェミナイ・デビル

■手札から発動(相手ターン)
クリボー

■手札から発動(自分・相手ターン)
シャブティのお守り

ヂェミナイ・デビル
墓守の監視者
デスルークデーモン

 

 
ホーム
 
★マークは調査中のため、変更の可能性があります。
★マークが無い物も新しいカードが出る度、変更する可能性があります。