「遊戯王OCGエキスパートルールHP」
効果モンスターカード ホーム
誘発即時効果/B:手札から発動/ヂェミナイ・デビル
■手札から発動(相手ターン)
クリボー
■手札から発動(自分・相手ターン)
シャブティのお守り
ヂェミナイ・デビル

【誘発即時効果基本】

ヂェミナイ・デビル 星4/闇/悪魔族/攻1000/守1000/ 2004/12/16
2007/7/14
誘発即時効果【スペルスピード2】(自分・相手ターン)
(発動コスト:手札のこのカードを墓地に送る/発動・効果無効破壊、ドロー効果)
TP02-JP006
【テキスト】
自分の手札を捨てる効果を含むカードを相手が発動した時、
このカードを手札から墓地に送る事でその発動と効果を無効にし、
そのカードを破壊した後自分のデッキからカードを1枚ドローする。
【発動条件】
自分(「ヂェミナイ・デビル」を持っているプレイヤー)の手札を捨てる効果を含むカードを相手が発動した時、
このカードが自分の手札にある時に発動可能。(任意)
【効果の発動時】
発動コストとして、自分の手札からこのカードを墓地に送る。
【効果】(効果解決時)

「自分の手札を捨てる効果を含むカード」の発動と効果を無効にし、そのカードを破壊した後自分のデッキからカードを1枚ドローする。
■【発動条件】
◇誘発即時効果モンスターの基本的な発動条件などは、別ページ【誘発即時効果基本】参照。
◇自分の手札を捨てる効果を含むカードを相手が発動した時に、
このカードが自分の手札にある時に発動できます。
基本的に条件を満たした時であれば自分と相手のターンの各フェイズで発動する事が可能です。
ただし、バトルフェイズのダメージステップでは発動できません。

≪自分の手札を捨てる効果を含むカードを相手が発動した時≫
テキストの「自分」とは「ヂェミナイ・デビル」を持っているプレイヤーの事。
ようするに
「対戦相手の手札を捨てる効果」を含むカードを相手プレイヤーが発動した時に
自分は「ヂェミナイ・デビル」を発動できる。

以下のカードの効果発動に対して発動可能

「いたずら好きな双子悪魔」
「押収」
「手札抹殺」
「墓穴の道連れ」
「封神鏡」
「王家の生け贄」
「弱肉一色」
「はたき落とし」
「マインドクラッシュ」
「メタモルポット」(ダメージステップで発動した場合は不可)
「リグラスリーパー」(ダメージステップで発動した場合は不可)
「デビルマゼラ」
「炎帝テスタロス」

◇ダメージステップでは発動できません。(主に戦闘ダメージ誘発系)
「首領・ザルーグ」「魂を削る死霊」「首領・ザルーグ」「地獄将軍・メフィスト」「魂を削る死霊」「白い泥棒」
「世紀の大泥棒」「朽ち果てた武将」「ゾンビタイガー」「トゥーン・ヂェミナイ・エルフ」「ナイトメアを駆る死霊」等

★「追い剥ぎゴブリン」には?(ダメージステップ以外での表にする発動に対して)
★「強制接収」(表にする発動や、表の時に誘発する効果に対して)
★「盗賊の極意」(メインフェイズでモンスター選択して発動した時)
★「火之迦具土」(ダメージステップで発動条件満たした後、ドローフェイズで効果が発動した時)

◇手札を破壊する効果に対して発動できません。
「死のデッキ破壊ウイルス」「魔のデッキ破壊ウイルス」「連鎖破壊」

◇手札を墓地に送る効果に対して発動できません。
「混沌帝龍 −終焉の使者−」「ラストバトル!」「バブルクラッシュ」「大革命」「アンティ勝負」

「風林火山」は効果処理の時に効果を選択する為発動できません。
「マジック・ドレイン」はスペルスピード3の為発動できません。
◇ドローするカードの枚数分デッキから捨てる効果「無効」に対しては発動できません。
◇墓地にカードが送られた後で効果を発動する「呪われた棺」「盗人の煙玉」「与奪の首飾り」等に対して発動可能です。ただし、発動・効果は無効にできるが、そのカードを破壊できないので「ヂェミナイ・デビル」のドロー効果は適用されません。
「エクスチェンジ」「アマゾネスの鎖使い」の効果で相手が持ち主の「ヂェミナイ・デビル」が自分の手札にある時に効果発動する事は可能です。
その場合、「ヂェミナイ・デビル」を発動したプレイヤーの効果として発動します。
(墓地に送る「ヂェミナイ・デビル」のカードは元々の持ち主の墓地へ送られるが、発動したプレイヤーの効果として発動する。)
◇「光の追放者」がフィールド上に存在している場合は手札を墓地に送る事ができない(墓地へ行かずに除外される)為、効果は発動できません。
◇相手フィールド上に「神殿を守る者」が存在している場合、自分はこのカードを発動する事はできません。(ドローする効果を含めている為)
■【効果の発動時】
□発動コストとして、自分の手札からこのカードを墓地に送る。
◇スペルスピード1・2のエフェクト発動に対してチェーンプレイ可能です。
◆発動コスト:手札を墓地に送る
◇この「ヂェミナイ・デビル」の効果発動を宣言し、効果を発動する為のコストとして自分の手札にある「ヂェミナイ・デビル」のカードを1枚を墓地に送ります。
◇この効果発動は「魔力の枷」の”手札からプレイ”の対象になります。
◇効果を使用する為に墓地に送った「ヂェミナイ・デビル」は、表側表示の「魔力の棘」「強制接収」の対象になりません。
≪「ヂェミナイ・デビル」の発動にチェーンする≫
◇「相手プレイヤーが自らの手札を捨てる効果を含むカードを発動した時」が発動条件の「墓守の監視者」は発動できません。(効果ではなくコストとして捨てている)
◇この効果に対して「天罰」を発動し、「ヂェミナイ・デビル」の効果を無効にする事は可能です。
★対象を取る効果?
★モンスター効果に対して発動した場合「我が身を盾に」発動可能?
★罠に対して発動した場合「偽物のわな」発動可能?
◇この効果に対して「無効」を発動する事はできません。(ドロー以外の効果を含む為)
■【効果】(効果解決時)
□「自分の手札を捨てる効果を含むカード」の発動と効果を無効にし、そのカードを破壊した後自分のデッキからカードを1枚ドローする。
◆「自分の手札を捨てる効果を含むカード」の発動と効果を無効にし、そのカードを破壊します。
この効果で破壊できた場合のみ、自分のデッキからカードを1枚ドローします。

◇「ヂェミナイ・デビル」の効果で無効にしたカードを破壊できなければ「ヂェミナイ・デビル」のドロー効果は適用されません。
┏チェーン1:相手は1000ライフ払って「押収」発動、
┃チェーン2:自分「ヂェミナイ・デビル」発動、
┃チェーン3:相手「非常食」発動、コストとしてチェーン1で発動した「押収」のカードを墓地に送る
┃逆順チェーン3:相手「非常食」解決、1000ライフ回復
┃逆順チェーン2:自分「ヂェミナイ・デビル」解決、まず「押収」の効果無効。
┃「押収」のカードはすでにフィールド上に存在しないので「ヂェミナイ・デビル」の効果で破壊できず、
┃ ドロー効果は適用されない
┗逆順チェーン1:「押収」効果なし
 
ホーム
 
★マークは調査中のため、変更の可能性があります。
★マークが無い物も新しいカードが出る度、変更する可能性があります。