「遊戯王OCGエキスパートルールHP」
資料庫/モンスタートークン ホーム
モンスタートークン 2007/04/29
■01 ■02
  インセクトモンスタートークン/インセクト女王
スライムモンスタートークン/
スライム増殖炉
邪神トークン/
黄金の邪神像
魔草トークン/
デス・デンドル
レクンガトークン/
レクンガ
仔羊トークン/
迷える仔羊
幻魔の殉教者トークン/
幻魔の殉教者
ダブルガイ・トークン/
D-HERO ダブルガイ
人造天使トークン/
人造天使
イーバトークン/
ゼータ・レティキュラント
クレイジー・ファイヤー・トークン/
クレイジー・ファイヤー
火の玉トークン/
怨念の魂 業火
  クリボートークン/増殖
羊トークン/
スケープ・ゴート
兵隊アリトークン/
アリの増殖
おジャマトークン/
おジャマトリオ
綿毛トークン/
ダンディライオン
毒蛇トークン/
スネークポット
メタルデビル・トークン/
デビルズ・サンクチュアリ
トリッキートークン/
トリッキーズ・マジック4
ブロックトークン/
ブロックマン
幻魔トークン/
幻魔皇ラビエル
ミラージュトークン/
物理分身
クローントークン/
クローン複製
オプショントークン/
ビクトリー・バイパー XX03
冥府の使者カイエントークン/
冥府の使者ゴーズ
モンスタートークン 2007/04/29
□トークンとは、カードの効果で生み出される、カードが実在しないモンスターを代用して表現する物。
クリップやコイン等、攻撃表示・守備表示が表現できる物を使用する。(ボトルキャップ・人形等は不可)
□カードは基本的に存在しません。
(大会・イベント等で配布、販売されている「トークン」カードを使用する事は可能)
□モンスタートークンを使用する効果を持つカードが自分のデッキにある場合は、対戦前にあらかじめ用意しておく。
□特定のカードの効果によって、フィールド上に特殊召喚されます。
通常モンスターとして扱います。
・「表示形式を変更する」「攻撃する」「生け贄に捧げる(
)」といった基本的な行動は可能です。
・「停戦協定」「生命力吸収魔術」が適用されても”効果モンスター”ではない為カウントされません。
・「毒蛇トークン」「おジャマトークン」「メタルデビル・トークン」等は効果がありますが、効果モンスターではありません。
・「スキルドレイン」が発動していてもモンスタートークンの効果は無効になりません。

□モンスタートークンに裏側表示はありません。
「マジカルシルクハット」「闇の訪れ」「月の書」「月読命」等の”裏側表示にする効果”の対象にする事はできません。
□モンスタートークンは、破壊されたり生け贄にした場合は墓地に送られず、フィールド上から取り除きます(消滅)
「破壊する」「生け贄に捧げる」「墓地に送る」(「融合」等)
・モンスタートークンは墓地へ送られない(消滅する)ので「遺言状」「道連れ」「時の機械−タイム・マシーン」等の発動はできません。
□モンスタートークンは手札・デッキに戻せません。
・「ペンギン・ソルジャー」等の”手札に戻る効果”が適用された場合は、手札には戻らずフィールド上から取り除きます。(消滅)
・「カオスポッド」「ファイバーポッド」「モンスター回収」等の”デッキに戻る効果”が適用された場合は、デッキには戻れず、フィールド上から取り除きます。(消滅)(「カオスポッド」の場合、デッキに戻った枚数にカウントされません)
・「ワーム・ホール」「亜空間物質転送装置」「異次元隔離マシーン」等の除外対象にした場合、フィールド上には戻りません。
生け贄召喚の為の生け贄
□「クリボートークン」「羊トークン」「おジャマトークン」「兵隊アリトークン」は、”生け贄召喚(生け贄を必要とする高レベルモンスターの通常召喚)の為の生け贄”ができません。
(生け贄召喚以外の生け贄行為は可能)
□「トゥーンモンスター」(高レベル)「仮面魔獣デス・ガーディウス」「溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム」の特殊召喚の生け贄にする事は可能です。
発動コストとしての生け贄、効果による生け贄
何らかの効果を発動させる為の発動コストとしてモンスタートークンを生け贄に捧げる事は可能です。
「キャノン・ソルジャー」「インセクト女王」「孵化」「突然変異」「痛み分け」「死のデッキ破壊ウイルス」等
全てのモンスタートークンは
人投げトロール」「魂喰らいの魔刀」「突撃指令」「玉砕指令」「魔法除去細菌兵器の生け贄にはできません。
□効果による生け贄も可能です。(「儀式魔法」「痛み分け」「クロス・ソウル」「タイラント・ドラゴン」等)
「クロス・ソウル」を利用した生け贄召喚や「魔法除去細菌兵器」の生け贄に利用する事はできません。
それ以外の発動コスト利用として生け贄に使用する場合であれば、モンスタートークンを「クロス・ソウル」で選択、生け贄にする事は可能です。
「タイラント・ドラゴン」を「死者蘇生」等で墓地から特殊召喚する場合、ドラゴン族モンスターの生け贄が必要になりますが、「DNA改造手術」「竜の血族」等の効果でドラゴン族になっているモンスタートークンを生け贄に捧げる事は可能です。
墓地に送る
≪墓地に送る効果≫
□何らかの墓地に送る効果が適用された場合はトークンは墓地へ送られずに消滅します。
「ラストバトル!」「混沌帝龍 −終焉の使者−」等
≪融合≫
□「DNA改造手術」「竜の血族」等の効果でドラゴン族にしたモンスタートークンを「F・G・D」の融合素材にする事は可能です。(「融合」による墓地送り処理は生け贄ではない。実際には墓地に送られないが融合可能。融合時にトークンは消滅する)(「ユーフォロイド・ファイター」「キメラテック・オーバー・ドラゴン」等も同様)

≪墓地に送る条件・コスト≫
□「憑依装着−アウス」等、モンスターを墓地に送る事を条件とする場合はトークンを墓地に送る事はできません。
★「サクリファイス」の装備魔法扱いになったモンスタートークンを「非常食」で墓地に送れる?
”装備魔法カード扱い”のトークン
□「サクリファイス」「サウザンド・アイズ・サクリファイス」の効果でモンスタートークンを装備魔法カード扱いにする事は可能です。
モンスタートークンのステータス
特殊召喚されたモンスタートークンのレベル・属性・種族・攻撃力・守備力は、トークンを特殊召喚したカードに記載されているものを「元々のステータス」として適用します。
(「巨大化」「結束 UNITY」等の”元々の攻撃力・守備力”は「元々のステータス」を基準にする)
□「ミラージュトークン」
「物理分身」の効果で特殊召喚した「ミラージュトークン」は、「物理分身」のカードテキストに攻撃力・守備力が記載されていない為、「ミラージュトークン」が”元々の攻撃力・守備力”を判定する効果の対象になった場合は「ミラージュトークン」の”元々の攻撃力・守備力”はとして扱います。
(「ものマネ幻想師」「合成魔獣 ガーゼット」「巨大化」「結束 UNITY」等)
モンスタートークンの元々の持ち主は、トークンを特殊召喚する効果を発動したプレイヤーになります。

・自分が「スケープ・ゴート」を発動して自分のフィールド上に特殊召喚された「羊トークン」の”元々の持ち主”は自分になる。
・自分が「おジャマトリオ」を発動して相手のフィールド上に特殊召喚された「おジャマトークン」の”元々の持ち主”は自分になる。
(”元々の持ち主”が関連する効果:「モンスター回収」「洗脳解除」「所有者の刻印」等)

 

 
 
ホーム
★マークは調査中のため、変更の可能性があります。
★マークが無い物も新しいカードが出る度、変更する可能性があります。