「遊戯王OCGエキスパートルールHP」
資料庫/魔力カウンター ホーム
 
魔力カウンター 2006/9/21
■魔力カウンターとは?

□「魔力カウンター」とは、「魔力カウンターを乗せる」と表記されているカードの効果によって発生する。
(「魔力カウンター」という物自体は存在しない為、「ターンカウンター」(※)を「魔力カウンター」として代用する)
発生した魔力カウンターは特定の表側表示のカードの上に乗せる。
□「魔力カウンター」という名称は、「ターンカウンター」や「マジック・ガードナー」の効果によって発生した「カウンター」と区別する為の名前。
「ターンカウンター」とは、カードの効果等でターンなどをカウントする際にカードの上に乗せる印しの事。
市販されている「ターンカウンター」以外にも、「おはじき」「サイコロ」「硬貨」等で代用してよい。
「マジック・ガードナー」の効果で表向きの魔法カードに置く”カウンター”や、「漆黒のパワーストーン」等の効果でカードの上に置く”魔力カウンター”はこれを使用する。)
■魔力カウンター
「魔力カウンター」は主にカードの発動コストとして利用する物。
(他にも「魔力カウンター」が乗っている事で効果が適用される物や、発動条件を満たす物等)

1.「魔力カウンター」を発生させる方法・効果

・「漆黒のパワーストーン」を発動する。
・フィールド上に表側表示で存在する時に、魔法カードを発動する事で「魔力カウンター」を発生させる「熟練の黒魔術師」等の永続効果。
・フィールド上に表側表示で存在する時に、相手がドローする事で「魔力カウンター」を発生させる「サイレント・マジシャン LV4」の永続効果。
・召喚に成功した時に「魔力カウンター」を発生させる「魔導戦士 ブレイカー」等の誘発効果。

2.「魔力カウンター」を乗せる
「魔力カウンター」は、フィールド上に表側表示で存在する「魔力カウンターを乗せる事のできるカード」に乗せる。
その為、「魔力カウンター」が乗っているカードがフィールドから離れてしまうと、そのカードに乗っていた「魔力カウンター」は消滅してしまう。(モンスターの場合は裏側表示になった場合も消滅)

3.「魔力カウンター」を利用する(発動コストにしたり、一定量溜める事で発動条件を満たしたり)
自分のフィールド上のカードに乗っている「魔力カウンター」を利用する事で、様々な効果を発動させる事ができる。
・発動コストとして取り除く「メガトン魔導キャノン」「奇跡の復活」「対抗魔術」等
・フィールド上に維持する為のコストとして取り除く「魔導アーマー エグゼ」
・「魔力カウンター」が溜まる事で効果を発動できる「熟練の黒魔術師」「伝説の爆炎使い」等
・「魔力カウンター」が乗っている事で攻撃力アップする「魔法の操り人形」「魔導戦士 ブレイカー」等
■魔力カウンターが関係するカード
\「魔力カウンター」を〜 発生させる効果 乗せる 利用する
漆黒のパワーストーン
(永続罠)
このカード発動後
3個
発生
上限なし 自身の1個を「を乗せられるカード」に移す
バベル・タワー
(永続罠)
魔法発動の度に
1個
発生
上限なし 自身に4個目のが乗った後効果が誘発
奇跡の復活
(通常罠)
    発動コストとして
他のカードに乗っているを2個取り除く
対抗魔術
(カウンター罠)
    発動コストとして
他のカードに乗っているを2個取り除く
メガトン魔導キャノン
(通常魔法)
    発動コストとして
他のカードに乗っているを10個取り除く
熟練の黒魔術師
(永続+起動効果)
魔法発動の度に
1個
発生
3個まで 自身にが3個乗っている状態で自身を生け贄にする
熟練の白魔導師
(永続+起動効果)
魔法発動の度に
1個
発生
3個まで 自身にが3個乗っている状態で自身を生け贄にする
魔導アーマー エグゼ
(永続効果)
    スタンバイフェイズ毎に維持コストとして
他のカードに乗っているを1個取り除く
見習い魔術師
(誘発効果)
召喚・反転・特殊召喚時に
を乗せられるカード」
に1個
乗せる
   
魔導戦士 ブレイカー
(誘発+永続+起動効果)
召喚時に1個発生 1個まで ・1個乗っている状態で能力アップ
・発動コストとして、自身に乗っているを1個取り除く
ハンニバル・ネクロマンサー
(誘発+永続+起動効果)
召喚時に1個発生 1個まで 発動コストとして、自身に乗っているを1個取り除く
闇紅の魔導師
(誘発+永続+起動効果)
・召喚時に2個発生
・魔法発動の度に
1個
発生
上限なし ・1個以上乗っている状態で能力アップ
・発動コストとして、自身に乗っているを2個取り除く
魔法の操り人形
(永続+起動効果)
魔法発動の度に
1個
発生
上限なし ・1個以上乗っている状態で能力アップ
・発動コストとして、自身に乗っているを2個取り除く
魔導獣 ケルベロス
(永続効果)
魔法発動の度に
1個
発生
上限なし ・1個以上乗っている状態で能力アップ
・戦闘した場合バトルフェイズ終了時に
自身に乗っているを全て取り除く
サイレント・マジシャン LV4
(永続+誘発効果)
相手がドローする度に
1個発生
5個まで ・1個以上乗っている状態で能力アップ
・自身にが5個乗っている状態で自身墓地に送る
ブラッド・マジシャン−煉獄の魔術師−
(永続+起動効果)
魔法発動の度に
1個
発生
上限なし 発動コストとして、自身に乗っているを任意の個数取り除く
伝説の爆炎使い
(永続+起動効果)
魔法発動の度に
1個
発生
上限なし 発動コストとして、自身に乗っているを3個取り除く
魔草 マンドラゴラ
(リバース効果)
を乗せられるカード」
全てに1個ずつ
乗せる
   
王立魔法図書館
(永続+起動効果)
魔法発動の度に
1個
発生
3個まで 発動コストとして、自身に乗っているを3個取り除く
=魔力カウンター)
□その他
魔力枯渇
自分と相手フィールド上に存在する魔力カウンターを全て取り除く。

 

◆【自分または相手が魔法を発動する度に、このカードに魔力カウンターを1個乗せる】
□テキストに、「自分または相手が魔法を発動する度に、このカードに魔力カウンターを1個乗せる」とあるカードは、発動した魔法カードの効果処理が終えてから、「魔力カウンター」を1個乗せる。
・「熟練の黒魔術師」
・「熟練の白魔術師」
・「魔法の操り人形」
・「伝説の爆炎使い」
・「王立魔法図書館」
・「バベル・タワー」
・「ブラッド・マジシャン−煉獄の魔術師−」(テキストが多少異なるが同じ)
・「魔導獣 ケルベロス」
・「闇紅の魔導師

□「魔力カウンター」が1枚のカードに乗せられる数は、テキストに表記されていなければ何個でも乗せられます。
テキストに「(最大3個まで)」等と表記されている場合はその数までしか乗せられません。
・「王立魔法図書館」(最大3個まで)
・「熟練の黒魔術師」(最大3個まで)
・「熟練の白魔術師」(最大3個まで)
・「魔導戦士 ブレイカー」(最大1個まで)
・「ハンニバル・ネクロマンサー」(最大1個まで)
・「サイレント・マジシャン LV4」(最大5個まで)

□「王宮の勅命」で魔法の効果だけを無効にしても、魔法の発動が無効になっていない為「魔力カウンター」は発生する。
□「マジック・ジャマー」等で魔法の発動を無効にした場合は「魔力カウンター」は発生しない。
□魔法カードが不発になった場合(対象が無くなった等)でも、魔力カウンターは発生する。
□「死者蘇生」や「早すぎた埋葬」を発動し、墓地に存在するこれらのカードを特殊召喚しても、その魔法効果処理の後に「魔力カウンター」は乗らない。

フィールド上に「熟練の黒魔術師」【A】が存在、墓地に「熟練の黒魔術師」【B】が存在
┏チェーン1:「死者蘇生」発動、墓地の「熟練の黒魔術師」【B】選択
┃効果解決、墓地の「熟練の黒魔術師」【B】特殊召喚。「死者蘇生」の魔法効果処理が終了した為、
┗「熟練の黒魔術師」【A】に魔力カウンターを1個乗せる。今特殊召喚された「熟練の黒魔術師」【B】には魔力カウンターは乗らない。

□フィールド上に「熟練の黒魔術師」が2体存在する時に魔法カードを1枚発動した場合は、両方の効果が適用される為、
「熟練の黒魔術師」【A】に1個乗せる。
「熟練の黒魔術師」【B】に1個乗せる。
となる。

□プレイが適用された後の表側表示の永続魔法から効果が起動・誘発する効果では魔力カウンターは発生しない。
「検閲」「ショットガンシャッフル」「リサイクル」「波動キャノン」「生還の宝札」等
墓地で発動した魔法カードの効果では魔力カウンターは発生しない。
「執念の剣」「一角獣のホーン」「光の角」「黒いペンダント」「デーモンの斧」「悪魔のくちづけ」「魔術の呪文書」「風魔手裏剣」「蝶の短剣−エルマ」「神剣−フェニックスブレード」「おジャマジック」「マジックブラスト」
D-HERO ダイヤモンドガイの効果で墓地へ送った通常魔法の効果を発動する場合も、墓地で効果を発動している為、魔力カウンターは発生しない。
□「ウィジャ盤」「第一の棺」の効果で出された魔法カードでは魔力カウンターは発生しない。

□”魔法カードを発動する度に魔力カウンターを乗せる事ができるモンスター”が存在する時に「二重魔法」を発動し、相手の墓地の魔法カードを使用した場合でも、発動した魔法カードは1枚とカウントされる為、”魔力カウンター”は1つしか乗らない。
□”魔法カードを発動する度に魔力カウンターを乗せる事ができるモンスター”が裏側表示の時に魔法カードが発動、それに「停戦協定」をチェーンした場合、逆順処理で先に”魔法カードを発動する度に魔力カウンターを乗せる事ができるモンスター”が表になってから魔法カードの効果処理が行われるが、この場合「魔力カウンター」は乗らない。
(魔法カード発動に「リビングデッドの呼び声」チェーンして”魔法カードを発動する度に魔力カウンターを乗せる事ができるモンスター”を特殊召喚した場合も同様)

□フィールド上に「魔力カウンター」が乗ったモンスターが存在する時に「スキルドレイン」の効果が適用された場合、モンスターに乗っている「魔力カウンター」は全て消滅する。
□フィールド上に「魔力カウンター」が乗った罠カードが存在する時に「王宮のお触れ」「人造人間−サイコ・ショッカー」の効果が適用されても、罠カードに乗っている「魔力カウンター」は消滅しない。

□「魔力カウンター」が乗っているモンスターのコントロールが移った場合
「魔力カウンター」もモンスターのコントロールと一緒にフィールド移動する為、その「魔力カウンター」はモンスターのコントローラーが使用できる。
□「魔力カウンター」が乗っているモンスターが「サクリファイス」の効果で装備カード扱いになる場合、
モンスターに乗っている「魔力カウンター」は全て消滅する。(装備扱いになっている為魔力カウンターは乗せられない)

 

◆【相手がカードをドローする度に、このカードに魔力カウンターを1個乗せる】
□テキストに、「相手がカードをドローする度に、このカードに魔力カウンターを1個乗せる」とあるカードは、ドローする処理が終えてから、「魔力カウンター」を1個乗せる。
・「サイレント・マジシャン LV4」

□「魔力カウンター」が1枚のカードに乗せられる数は、テキストに表記されていなければ何個でも乗せられます。
テキストに「(最大3個まで)」等と表記されている場合はその数までしか乗せられません。
・「サイレント・マジシャン LV4」(最大5個まで)

□フィールド上に「魔力カウンター」が乗ったモンスターが存在する時に「スキルドレイン」の効果が適用された場合、モンスターに乗っている「魔力カウンター」は全て消滅する。

□「魔力カウンター」が乗っているモンスターのコントロールが移った場合
「魔力カウンター」もモンスターのコントロールと一緒にフィールド移動する為、その「魔力カウンター」はモンスターのコントローラーが使用できる。
□「魔力カウンター」が乗っているモンスターが「サクリファイス」の効果で装備カード扱いになる場合、
モンスターに乗っている「魔力カウンター」は全て消滅する。(装備扱いになっている為魔力カウンターは乗せられない)

 

 

◆【「魔力カウンターを乗せる事ができるカード」に魔力カウンターを乗せる・移す】
漆黒のパワーストーン
見習い魔術師
魔草 マンドラゴラ
≪「魔力カウンター」を乗せる事ができるカード”≫(2007/7/29現在)
漆黒のパワーストーン
バベル・タワー
熟練の黒魔術師
熟練の白魔導師
魔導戦士 ブレイカー
ハンニバル・ネクロマンサー
闇紅の魔導師
魔法の操り人形
魔導獣 ケルベロス
サイレント・マジシャン LV4
ブラッド・マジシャン−煉獄の魔術師−
伝説の爆炎使い
王立魔法図書館