「遊戯王OCGエキスパートルールHP」
基本ルール ホーム
【第4章】戦闘とチェーン 1 2005/7/20
●はじめに
【第1章】対戦の準備
●対戦に必要な物
■デッキ(メインデッキ)
■サイドデッキ
■融合デッキ
■デッキに入れられるカードの枚数制限
■場合によって必要な物
■あると便利な物
■デュエルフィールド
【第2章】カードの種類と使い方 1
●モンスターカード
■カードの見方
■モンスターカードとは?
■通常モンスター
■融合モンスター
■儀式モンスター
■効果モンスター
【第2章】カードの種類と使い方 2
●モンスターの召喚
■召喚(生け贄召喚)・セット
■反転召喚(表示形式の変更)
■特殊召喚モンスターの特殊召喚
■カード効果による特殊召喚
【第2章】カードの種類と使い方 3
●魔法・罠カード
■カードの見方
■魔法カード
■罠カード
【第3章】ゲームの遊び方
●対戦方法と勝利条件
■対戦方法
■勝利条件
■ライフポイント
●デュエルの準備
●ターンの流れ
■バトルステップの巻き戻し
【第4章】戦闘とチェーン 1
●モンスター戦闘のルール
■ダメージステップの注意
■ダメージの判定
■ダメージステップの範囲
【第4章】戦闘とチェーン 2
●チェーンとスペルスピード
■チェーンとは?
■スペルスピード
■チェーンの例
■ターンプレイヤーの優先権
【第5章】その他のルール
●その他のルール
■場に出すカードの最大制限枚数
●ルール用語辞典
 

 

【第4章】 戦闘とチェーン 1 (ルールブック P35〜37)
●モンスター戦闘のルール
ダメージステップの注意

◆ダメージ計算の処理を優先的に行うダメージステップでは、カードの発動制限が存在し、
リバース効果の処理タイミングも通常とは違うので注意。

■カード発動制限
ダメージステップでは、基本的にモンスターの攻撃力・守備力を増減させる効果を持つカードと、
カウンター罠以外は発動する事ができない。
これらのカードが発動できるのは、ダメージステップが始まり、ダメージ計算が始まるまでの間のみ。

■裏側表示ヘの攻撃
裏側守備表示のモンスターを攻撃した場合、ダメージステップでそのモンスターをリバースし表側守備表示にする。
その後、そのモンスターの守備力を確認しダメージ計算に移る。
(「闇の訪れ」の効果によって裏側攻撃表示になっているモンスターが攻撃受けた場合は表側攻撃表示にして、攻撃力を確認しダメージ計算)

■リバース効果の発動
攻撃した裏側守備表示モンスターが
リバース効果モンスターだった場合リバース効果が発動するが、
効果の処理はダメージ計算を行った後になる。
この時
対象モンスターを選択して発動するリバース効果だった場合は、
ダメージ計算によって破壊が確定したモンスターを対象に選ぶ事はできない。

ダメージの判定

【モンスター同士の戦闘】
戦闘ダメージの計算方法は、攻撃目標となる相手モンスターの表示形式で変化する。
相手モンスターが攻撃表示の場合は相手モンスターの攻撃力を、
相手モンスターが守備表示の場合は相手モンスターの守備力を自分の攻撃モンスターの攻撃力と比べて判定する。

相手攻撃表示モンスターに攻撃した場合
攻撃モンスターの攻撃力 VS 相手攻撃表示モンスターの攻撃力

◇相手モンスターの攻撃力より自分のモンスターの攻撃力が高かった場合、相手モンスターを破壊して墓地へ送る。
◇上回った自分モンスターの攻撃力分の数値をダメージとして相手のライフポイントに与える。

攻撃力1900の自分モンスターが攻撃力1400の相手モンスターに攻撃した場合、
攻撃力1900−攻撃力1400=500ポイントのダメージを相手プレイヤーが受ける。



◇相手モンスターの攻撃力と自分のモンスターの攻撃力が同じだった場合、相打ちとなって両方のモンスターが破壊され墓地へ送られる。
◇お互いのプレイヤーにダメージはない。

◇相手モンスターの攻撃力より自分のモンスターの攻撃力が低かった場合、自分のモンスターを破壊して墓地へ送る。
◇上回った相手モンスターの攻撃力分の数値がダメージとして自分のライフポイントから引かれる。

攻撃力1000の自分モンスターが攻撃力1800の相手モンスターに攻撃した場合、
攻撃力1800−攻撃力1000=800ポイントのダメージを自分が受ける。
 
相手守備表示モンスターに攻撃した場合
攻撃モンスターの攻撃力 VS 相手守備表示モンスターの守備力

◇相手モンスターの守備力より自分のモンスターの攻撃力が高かった場合、相手モンスターを破壊して墓地へ送る。
◇お互いのプレイヤーにダメージはない。



◇相手モンスターの守備力と自分のモンスターの攻撃力が同じだった場合、両方のモンスターに影響はない。
◇お互いのプレイヤーにダメージはない。

◇相手モンスターの守備力より自分のモンスターの攻撃力が低かった場合、両方のモンスターに影響はない。
◇上回った相手モンスターの守備力分の数値がダメージとして自分のライフポイントから引かれる。

攻撃力1900の自分モンスターが守備力2000の相手モンスターに攻撃した場合、
攻撃力1900−守備力2000=100ポイントのダメージを自分が受ける。
 
相手フィールド上にモンスターが存在しない場合
◇相手フィールド上にモンスターが存在しない場合、モンスターは相手プレイヤーを直接攻撃する事ができる。
直接攻撃に成功した場合、モンスターの攻撃力がそのままダメージとして相手のライフポイントから引かれる。
ダメージステップの範囲

ダメージステップ中の効果モンスターの処理

資料庫≪ダメージステップ≫