「遊戯王OCGエキスパートルールHP」
基本ルール ホーム
【第2章】カードの種類と使い方 3 2004/7/3
●はじめに
【第1章】対戦の準備
●対戦に必要な物
■デッキ(メインデッキ)
■サイドデッキ
■融合デッキ
■デッキに入れられるカードの枚数制限
■場合によって必要な物
■あると便利な物
■デュエルフィールド
【第2章】カードの種類と使い方 1
●モンスターカード
■カードの見方
■モンスターカードとは?
■通常モンスター
■融合モンスター
■儀式モンスター
■効果モンスター
【第2章】カードの種類と使い方 2
●モンスターの召喚
■召喚(生け贄召喚)・セット
■反転召喚(表示形式の変更)
■特殊召喚モンスターの特殊召喚
■カード効果による特殊召喚
【第2章】カードの種類と使い方 3
●魔法・罠カード
■カードの見方
■魔法カード
■罠カード
【第3章】ゲームの遊び方
●対戦方法と勝利条件
■対戦方法
■勝利条件
■ライフポイント
●デュエルの準備
●ターンの流れ
■バトルステップの巻き戻し
【第4章】戦闘とチェーン 1
●モンスター戦闘のルール
■ダメージステップの注意
■ダメージの判定
■ダメージステップの範囲
【第4章】戦闘とチェーン 2
●チェーンとスペルスピード
■チェーンとは?
■スペルスピード
■チェーンの例
■ターンプレイヤーの優先権
【第5章】その他のルール
●その他のルール
■場に出すカードの最大制限枚数
●ルール用語辞典
 

 

【第2章】 カードの種類と使い方 3 (ルールブック P19〜24)
魔法・罠カード
カードの見方 2005/11/1
第1期
第2期
第3・4期(世界統一フォーマット)
(第1期・第2期のカードは現在も使用可能)
【A】魔法・罠の名前
◇イラストが違ってもカード名が同じなら同じカードとして扱う。
【B】カードの種類1
魔法カードは
、罠カードはの種別アイコンで表示している。
【C】カードの種類2
【”〇〇”カード””】
魔法カードは【魔法カード】、罠カードは【カード】と表記されている。
カードの種類によっては●の部分に、魔法・罠カードの基本的な効果を6種類に分けてアイコン化して表示している。
このアイコンを見れば簡単にその効果を判別する事ができる。
アイコンのついていないカードは、「通常魔法」「通常罠」と呼ばれる。
装備 フィールド 速攻
儀式 永続 カウンター

◇魔法カードは6種類、罠カードは3種類ある。
魔法カード
【魔法カード】通常魔法
【魔法カード儀式魔法
【魔法カード永続魔法
【魔法カード装備魔法
【魔法カード速攻魔法
【魔法カードフィールド魔法
罠カード
【罠カード】通常罠
【罠カード永続罠
【罠カードカウンター罠

【D】魔法・罠イラスト
【E】テキスト
各カードの発動条件とその効果が記されている。
【F】イラスト右下の番号
第2期
**−**
第3期
***−***
第4期
***−*****
パック等のシリーズ名(左側)と、そのシリーズ内での通し番号(右側)。(第1期カードには無い)
4期は通し番号の手前に言語が追加されている。
***-JP*** ***-EN***など
【G】四角いモノ:偽物防止
(第1期カードには無い)
【※】
8桁の数字:ゲームのパスワード。
カードゲームでは使用しない。何も書いてないものもある。
Replica
:レプリカ
大会賞品等で世界で数枚となり、入手困難になったカードのレプリカ版。大会でも使用は可能。

 

魔法カード

【魔法カードのプレイ】
◇魔法カードは基本的に自分のメインフェイズで使う事ができるカード(速攻魔法を除く)。
◇手札から魔法カードを使用(発動)する場合は、発動する魔法カードを自分の魔法&罠カードゾーンに表向きで出す。(※)
◇手札から魔法カードをフィールド上にセットする場合は、自分のメインフェイズで自分の魔法&罠カードゾーンに裏向きで出す。(※)
(※フィールド魔法カードはフィールド上カードゾーンに置く)
◇フィールド上にセットしてある魔法カードを使用(発動)する場合は、表向きにする。
◇1度フィールド上にセットした魔法カードは、勝手に手札に戻す事はできない。
◇魔法・罠カードは自分の魔法&罠カードゾーンに同時に5枚までしか出す事ができない。(フィールド魔法を除く)
自分が発動して相手モンスターに装備させた自分の装備魔法カードも、この5枚に含む。
(詳しくは
【第5章】その他のルールの場に出すカードの最大制限枚数参照)

◇魔法カードをプレイ・セットする枚数は、自分の魔法&罠カードゾーンに空きがある限り、1ターンに何枚でもプレイ可能。
◇フィールド上にセットした魔法カードは、セットしたターンでもメインフェイズ中ならすぐに使用できる。
(速攻魔法は1ターン経過しないと発動できない)

通常魔法【魔法カード】(スペルスピード1)
□アイコンが無いカード。(第1期の装備、フィールドカードは除く)
□特に指定がない限り、発動後(チェーン終了時)に破壊される。
□使用手順は、発動宣言と一緒にそのカードを魔法&罠カードゾーンに表側で置く。(チェーンの確認・逆順処理へ)
発動に成功したら効果の処理を行う。処理が終えたカードはチェーン終了時に破壊され墓地に送られる。
儀式魔法【魔法カード(スペルスピード1)
□儀式モンスター1体につき1枚存在する、儀式召喚専用の魔法カード。
使用手順は通常魔法と同じ。
永続魔法【魔法カード(スペルスピード1)
□発動後もフィールド上に残り続け、フィールド上に表側で存在している間効果を発揮し続ける。
装備魔法【魔法カード(スペルスピード1)
□フィールド上のモンスター1体に装備させる(効果を与える)魔法カード。
□表側表示モンスターにのみ装備でき、モンスターに装備されている間はフィールド上に残り、装備されている限り効果を発揮する。
□対象の不適切なモンスターは装備できない。
□モンスターに装備させた場合、モンスターカードに重ねるように置く。(自分の魔法&罠カードゾーンの1枚として数える)

フィールド魔法【魔法カード※第1期シリーズは【魔法カード・フィールド】と明記。(スペルスピード1)
□プレイする場合は専用のフィールドカードゾーンに置く魔法カード。
□フィールド上には相手を含め1枚しか表側表示で存在できない。
□発動後もフィールド上に残り続け、フィールド上に存在している間効果を発揮する。
□新しいフィールドカードを発動した場合は自動的に前のカードは破壊される。
速攻魔法【魔法カード(スペルスピード2)
□発動タイミングを選ばない特殊な魔法カード。
□この速攻魔法のスペルスピードは2に設定されている。
□スペルスピード1・2の魔法・罠・効果に対してチェーンプレイ可能。
□基本的に全てのフェイズで使用可能(ダメージステップは一部のみ)。
□自分のターンであれば手札からでもチェーンプレイに対応できる。
□魔法&罠カードゾーンにセットされていれば相手ターンにも発動できる。
ただし、他の魔法カードと異なり、セットしたターンにそのカードを発動する事はできない。
□発動後(チェーン終了時)に破壊される。

【通常魔法カード基本】
【儀式魔法カード基本】
【永続魔法カード基本】
【装備魔法カード基本】
【フィールド魔法カード基本】
【速攻魔法カード基本】

罠カード

【罠カードのプレイ】
◇罠カードは基本的に一度フィールド上にセットし、1ターン経過しなければ発動する事ができない。
罠カードをセットしたターンでは発動できない。
(「王家の神殿」の効果で罠が伏せたターンに発動可能になっている場合や、「黄金の邪神像」「呪われた棺」を除く)
自分のターンにセットした場合は次の相手ターンから発動でき、「砂塵の大竜巻」の効果で相手ターンにセットした場合は次の自分ターンから発動ができる。
◇手札から罠カードを発動する事はできない(「処刑人-マキュラ」の効果適用中除く)
◇手札から罠カードをフィールド上にセットする場合は、自分のメインフェイズで自分の魔法&罠カードゾーンに裏向きで出す。

◇フィールド上にセットしてある罠カードを発動する場合は、表向きにする。
◇1度フィールド上にセットした罠カードは、勝手に手札に戻す事はできない。
◇魔法・罠カードは自分の魔法&罠カードゾーンに同時に5枚までしか出す事ができない。
(詳しくは
【第5章】その他のルールの場に出すカードの最大制限枚数参照)

◇罠カードをプレイ・セットする枚数は、自分の魔法&罠カードゾーンに空きがある限り、1ターンに何枚でもプレイ可能。

通常罠【罠カード】(スペルスピード2)
□アイコンが無いカード。フィールド上にセットし、次のターンから発動可能になる。
□スペルスピード1・2の魔法・罠・効果に対してチェーンプレイ可能。
□発動後(チェーン終了時)に破壊される。
□「メタル化・魔法反射装甲」「鎖付きブーメラン」等は装備されている間は装備罠カードとしてフィールド上に残る。
永続罠【罠カード(スペルスピード2)
□フィールド上にセットし、次のターンから発動可能になる。
□スペルスピード1・2の魔法・罠・効果に対してチェーンプレイ可能。
□発動後もフィールド上に残り続け、フィールド上に存在している間効果を発揮する。
※第1期シリーズのカードはアイコンが無いが、テキストに”破壊する”等の記述が無い物は永続扱い。
カウンター罠【罠カード(スペルスピード3)
□召喚、魔法等、カードのプレイを打ち消す効果を持つカード。
□フィールド上にセットし、次のターンから発動可能になる。
□スペルスピード1・2・3の魔法・罠・効果に対してチェーンプレイ可能。
□発動後(チェーン終了時)に破壊される。
※第1期シリーズの「マジック・ジャマー」「盗賊の七つ道具」「昇天の角笛」「神の宣告」はアイコンが無いが、カウンター罠として扱う。

【通常罠カード基本】
【永続罠カード基本】
【カウンター罠カード基本】