倍音の月  自己存在の月(Oct.18-Nov. 14,2004)  電気の月  月の月  磁気の月  宇宙の月  水晶の月 
スペクトルの月  惑星の月  太陽の月  銀河の月  隠れBBS


 自由奔放?気紛れ? ちょっとスピリチュアル系? の独り言

ライブのお誘い2件

自己存在の月日27日_5.月
2004/11/13


久しぶりにオススメライブの案内。
11/15 mon 児島啓介 @青山マンダラ
11/30 tue 望月衛介 @原宿Blue Jay Way

なぜかこの二人、よく似たタイミングでライブしてます。
児島啓介はSMAPファンなら知っているかも。STOP!という曲の作詞作曲者。
心に響く歌を聴かせてくれます。9人編成のオケ隊とのコラボも見逃せない!

望月衛介はピアノ。バックサポートにマイルス・デイビスにも評価されてるバンド"J&B"の
ギタリスト梶原順、DIMENSIONからベース青木智仁&ドラムス石川雅春を迎え
かっこよいセッションで魅せてくれるはず。

どっちもジャンルは違うけど、ぜひ、オススメでございます。




人間という仕事?

自己存在の月13日_4.鷲
2004/10/30


Bump of Chickenというバンドがある。
2001年に出た「天体観測」って曲がすごく好きだっただけれども
新しいCDを久々に買った。
買ってしばらく聴けなかったんだけど、昨日久々に
ヘビーローテーションした。

yggdrasilっていう難しいタイトルのアルバムだけれども
その中に「ギルド」という曲がある。
この歌詞、すごくぐぐぐっとくる。

・゜゜・。。・゜゜・。・゜゜・。。・゜゜・。・゜゜・
人間という仕事を与えられて どれくらいだ
相応しいだけの給料 貰った気は少しもしない

いつの間にかの思い違い 「仕事ではない」 解っていた
そうれもどうやら手遅れ 仕事でしかなくなっていた

(中略、、ってか、ほとんど略)

与えられて クビになって どれくらいだ 何してんだ
望んだんだ 選んだんだ 「仕事ではない」 解っていた

・゜゜・。。・゜゜・。・゜゜・。。・゜゜・。・゜゜・

この最後の1行、入って聴くと
涙がポロポロ出てくる。

すごいね、こんな歌詞が書けるなんて。
相当スピリチュアル。。。

作詞も作曲もヴォーカルの藤原基央。
うん、天才だ。




純化の嵐は続く?

自己存在の月11日_2.空歩く者
2004/10/28


今日は満月! しかも皆既月食。しかも、
太陽、月、土星と天王星、冥王星が、ペンタグラムを形成、
しかも、13の月の暦でも、GAP、
つまり銀河の門が活性化する日、に当たる。
クアトロパンチ!って感じで宇宙的にすべての存在に
はたらきかける力が働く日のようだ。
特に今回のハーモニック・コンコーダンスは
人間の霊性に大きく影響する様子。

実は朝から早速そんなことを垣間みた感じ。
自分のことではなかったけど、
ある人の心に変化が起こったのが見てとれた。

ちょっと今日はゆっくり時間をとって、
自分を見つめる日にしよう。




純化の嵐?

自己存在の月7日_11.月
2004/10/24


先日の台風の日、最近なにかとお世話になっている
Siriunさんの『創造主のあくび』を受講した。
これは、ビジェ・マントラというレムリアの神官たちが行っていたマントラらしいんだけれど
各チャクラごとに対応する音程を自分で発声していく、というもの。
やってることはほとんど発声練習に近いかな。
この日は、Siriunさんにこのビジェ(ビジャ)・マントラを教えた人
音秘姫(おとひめ)さんも参加!

ビジェ・マントラは私は3回目の出席だったんだけれど
1回目の終わった後、電車の窓に写る自分の顔が、
いつもと違ったように思って、どうやら効いているんじゃないか、と思ったから。
電車に写る顔って、でこぼこがすごいはっきりというか誇張されて写ってる
気がして大嫌いだったんだけど、少し、ましに見えたんだよね〜。

音秘姫さんの説明によると、音って水の中では伝わる速度が空気よりも速い。
で、人間のカラダって80%が水なわけだから、音による癒しがすごく効く。
これまでみたいに、頭で理解して、納得する、というよりも
まず、カラダに伝えて、その後で、腑に落ちる、みたいな
そういう癒しが音による癒し。
即効性があるっていうわけ。

で、その音秘姫さんは、本来タレントさんとして活躍されている方なのだが
音による癒しは、「あ、これが私のするべきことなんだわ」とある時気づかされ
1年くらいやっているそう。


さて、
その他いろんなことがわかる音秘姫さんによると、この日迫っていた台風23号は
よく台風について言われる、『浄化』のエネルギーをもったもの、
ではなく、『純化』のエネルギーをもってくる、ということだった。
浄化、という時には、汚れたものを外からの力で浄める、という意味合いが強いけれど
そのもの自体がピュアになっていなければ、すぐにまた汚れてしまう。
今回の台風は、そこを根本的にきれいにするための、『純化』の目的が
あったという。

豊岡の映像とか見てると、相当被害も大きい。
さらに、昨日の地震。
これも『純化』に必要だったのか?
たしかに、こういうことがあると、本来の自分の姿、
なにが大切なのか、そんなことを見つめ直すきっかけにはなるのは確か。

今年台風がこんなに日本に上陸したのは
これからの時代、日本がキー的役割を担っているから、とも。

しっかし、2012年に向けて、これがどんどん激化するかと思うと
やっぱりなんともいえない気分。

もちろん、きっとその先には光の世界が見えているとは思うけれど
今の私たちが持っている既成概念や常識の殻を越えて
物事を見る目を持たなければ
世の中は地獄に向かっている、ととらえてしまうことになるんだろう。


ちなみに音秘姫さんはコンピュータもHPもないそうだけれど
必要な情報は全部入ってくるんだって。
今度個人セッションを受けてみたくなった。