稽古を再開して

 五十嵐道場では、6月2日より稽古マニアルを遵守しながら稽古を再
開いたしました。 マスク着用など不自由な稽古環境の中ではあります
が、首を長くしてお待ちだった会員諸氏の皆様には楽しんでいただいて
いるものと確信いたしています。
7月中旬から各都道府県で、新型コロナ感染者が増加傾向をみせてい
ます。 特に神奈川県、東京都の感染者の日々の増加には驚きを感じて
います。 神奈川県では「神奈川県警戒アラート」を、東京都は「感染
拡大警報第4レベル」を発令、自粛の要請を行っています。
稽古を再開してからは、「新型コロナウイルスに掛かってもいけない
!移してもいけない!」を心がけ、三密(密閉・密集・密接)を避けな
がら単独基本動作(合気体操、他)、間合いのある剣・杖技を主体とし
た稽古を中心に行っています。
この稽古状況は、残念ながら秋ごろまで続くと思われます。 ご面倒
でも道場内での感染防止策としてマスク着用義務を始め、下記の稽古マ
ニュアル・エチケットの順守と徹底について、気を緩めることなくご理
解とご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。
なお、五十嵐道場では勝手ながら9月末まで国内外からのビジター稽
古、一日体験教室、新規入会者の受入れをお断りしています。 ご希望
の方は9月下旬にホームページ、またはFacebookでご確認をお願いいた
します。 ご理解の程よろしくお願いいたします。

    ………………… 稽古マニュアル・エチケット …………………

1.感染予防の為、入退場時、稽古中はマスク着用をお願いいたします。
  マスクなしでは入場できません。 また玄関の消毒薬で必ず手・指
  の消毒をお願いいたします。 また更衣室では稽古前後のウガイ、
  石鹸での手洗いの励行をお願いいたします。 熱中症にも注意し適
  時、水分補給・休憩をしながら稽古してください。
2.体温が高い(37度以上)、咳が出るなど体調がすぐれない時は稽古
  をお休み願います。
  なお、コロナ禍が収束を見せるまで、当分の間は稽古時間を各1時
  間といたします。 また同様に稽古後の自習稽古と、お茶の時間は
  休止とします。
3.稽古中、大声(気合を含む)をあげること、不要不急の私語は自粛
  願います。 また、稽古中の礼は目礼・無声でお願いいたします。
4.三密を避けるため、道場内では一人2畳を目安にし、15名の定員
  を基準にします。 また、更衣室が混み合うことが予想されます。
  お車の方は可能でしたら稽古衣着用で来場をお願いいたします。
5.五十嵐道場では感染防止に努めますが、リスクを安全に避けること
  はできません。 万が一、感染した場合にも、その責任が各個人に
  あることをご了承ください。 ご家族・関係者の同意の上でのご参
  加をお願いいたします。



※不要・不急の外出を、神奈川県は『その外出と「死」と、どちらが大
 切ですか?』と呼びかけています。
 「合気道の稽古はどうですか?」と、問われれば返す言葉もありませ
 ん。 第2波・3波は、突然やってくるのではなく、今の私たち一人
 一人の三密を避ける努力により抑えることができます。 そして今、
 私たちができることは合気道の稽古を通じて心・身体の免疫力を衰え
 させないことです。 これも一のチャンスと捉え今後も精進してまい
 りましょう。

道場長 五十嵐和男

                                   令和2年7月30日

 

心と身体の健康のためにやってみませんか!

合気道とは・・・

合気道は、開祖植芝盛平翁(1883〜1969)が日本伝統の武術の奥義を窮め、さらに厳しい精神的修行を経て術から道へと発展させた現代武道です。
合気道は「和」を大切にしています。「和」とは、心とからだの調和であり、人の和であり、世界平和であり、自然との融和にほかなりません。合気道には試合がありません。稽古の相手は優劣を争う相手ではなく、共に歩み、相和し、向上していくための同志なのです。合気道の動きは「円」になぞらえています。円には上も下もありません。平等、無差別、融和、そして始めも終わりもない悠久不滅を表しています。合気道が「和の武道」といわれる所以もここにあります。
情報が人と人と直接言葉を交わすことなく国境を飛び交ってる昨今、人間らしさを生かした心豊かな新時代であってほしいと願う私どもの思いは、ますます募るばかりです。このような時代こそ、自他一体の動きであり、心を中心とした修行である合気道が求められているのだと思います。

 


     

稽古の特色(子どもからシニア、シルバー世代まで)

現代における武道の価値というものを考える時に、現代に生きている一般の人が行えて何かしら生活に結びつく点がなければ、その意味はないに等しいのではないでしょうか。この現代にあって、若い時にしかできないようなものであれば、一生かけて学ぶことなどできません。また男性にしかできないというのではやはり特殊なものだということになります。
合気道の稽古は事実として老若男女を問いません。現在、 国内における合気道実習者の男女比率、年令分布を見ますと他の競技武道と比較すると、女性の比率と年齢層が高くなっております。それは何故かと言えば、合気道が自然な動きを基本にしているからです。その動きには無理がなく、特別な筋力を必要としておりません。無理をせず素直に合理的な動きが自然にできるように技をくりかえし反復しながら稽古いたします。道場では60代、70代の皆さんも元気に稽古しております。
合気道は学ぶ意志さえあれば、誰でも稽古できます。

 

ようこそ五十嵐道場へ


五十嵐道場は、昭和58年(1983)2月開設の橋本道場を事務局として「道場案内」にありますように4道場で構成されています。
学生・婦人・社会人クラスは“楽しく、厳しく” を指導目標にしております。
稽古は基本を大切にし、徒手技はもちろん、木刀・杖を使う組太刀組杖などの武器応用技も多く取り入れ指導しております。小学5年生以上が入会できます。
カナダ・カルガリー合気会、ハワイ・カイルア道場、台湾台北市大同区合気道会、台湾新竹市合氣道会、台湾高雄市合氣道会と姉妹会を結んでおります。
また、カナダ、アメリカ、アルゼンチン、ヨーロッパ、ロシア、オーストラリア、韓国などとの海外交流も盛んです。

合氣道五十嵐道場
神奈川県相模原市緑区橋本5-20-2  〒252-0143
電話 042-773-6362 FAX 042-773-6375