Trekking Reports 〜山歩きの記録

2004.8.13(金)〜15(日) 憧れの縦走路を最高の天気で【白峰三山 南アルプス】

西農鳥岳から間ノ岳と北岳を望む

職場は金曜日の13日から3連休。しかしお盆は山が混むと聞いていたので、
どこに行こうかギリギリまで悩み、お手軽に済ませてしまおうかとも考えたが、
北アに比べたら南アは空いているかな?

そう言えば今年は北岳に行ってないな?

3日あれば白峰三山の縦走ができるな?
と、出発の前日の木曜日に思いつき、急遽、白峰三山の縦走を敢行することにした。
この縦走コースは交通手段に悩まされるのだが、今年から広河原までの南アルプス林道は
マイカー通行止めとなっており、芦安に新たにできた無料駐車場でバスに乗り換えることが必要になったのだが、
これを逆手にとり、芦安に車を停めて、奈良田に下山した後、
バス→電車→バスと乗り継いで身延、甲府経由で車を回収するという壮大な(笑)計画を立てた。

木曜日、仕事を早々に切り上げて芦安の駐車場に入って車中泊。
翌朝、5時34分始発のバスで広河原へと入った。到着は7時ちょっと前。
広河原からは朝日に照らされた北岳が眩しく、これまで登った2回ともガスの山頂だった北岳だが、
今回はリベンジが果たせるんじゃないかと期待大。支度をする間も惜しんで出発した。


八本歯のコルへと向かう

まずは二俣へ向けてうす暗い樹林帯を歩き始める。残念ながらこのあたりにはめぼしい花はほとんど無し。
おかげでついついペースは上がりがちだが、長丁場の最初で頑張ると後でエライ目に遭うので、
なんとかペースを抑えつつ、大勢の登山者の中を抜いたり抜かれたりしながら登っていくと、
二俣の手前で北岳登場。あれ?なんだかイメージが違う...そうか雪渓が無いんだ。
これまでの2回は7月だったために左股コースは大きな雪渓だったのだが、今回は8月。
さらに今年は雪解けが早いこともあり、二俣からは全く雪は見られず。
事前にアイゼンを持っていくかどうか迷ったのだが、持ってこなくて良かった。A(^^;アセアセ

二俣でしばしの休憩の後、左股コースを八本歯のコルへと向かう。
本当なら花の多い右股コースのほうが好きなのだが、花のピークは過ぎていそうだし、
しんどいが山頂に早く立てる左股コースの方が晴れている間に山頂に立てる可能性が高いだろうとの判断だった。
だがその判断はすぐ後悔することに...
以前下った時に登りはしんどいだろうと思っていたが、想像よりずっとキツイ!
特に八本歯のコル直下の連続するハシゴ付近がキツイと思っていたが、
そこにたどり着くまでがずっと大変で、暑い日射しの中、途中で沢水を補給しつつなんとか登り切ると、
前回はガスで見えなかった北岳がどーんと...って、まだあんなに登らなきゃいけないのぉ?
八本歯のコルからは岩場だけど標高差はそれほどでもないと思っていただけに、これにはショック。
ただ、背後に現れた大きな富士山と明日向かう間ノ岳の展望に励まされつつ登っていき、
北岳山荘へ向かう巻き道の分岐にザックをデポして、空身で北岳山頂へ。
すると途中で山頂にガスがかかり始め、うわっ!今回も駄目か!
となけなしの体力を振り絞ってペースアップ!大あわてで山頂に到着すると、
これまでの2回とも全く得られなかった大展望がそこには広がっていた。\(^^)/
残念ながら富士山方面はガスがかかっていたが、周囲の甲斐駒に仙丈岳に間ノ岳や、中央アルプスの山並み、
さらには槍から穂高の稜線なども遠望でき、三度目の正直の大パノラマを存分に楽しんだ。


大展望の北岳山頂と甲斐駒ヶ岳

名残惜しいが午後遅くなると雷の恐れもあることなので、渋々山頂を出発。
今夜の宿の北岳山荘に向かうことにした。
デポしたザックを回収して、北岳の山腹を巻いて北岳山荘へ。
このコースはお手軽なお散歩道かと思っていたが、
木橋や階段の設置された空中回廊のようなところもあり、なかなか侮れない。
途中でイワヒバリの歓迎を受けながら歩いていくと、やがて北岳山荘に到着した。
さっそく受付を行うと、「今日は混雑していますのでお布団は2人で1枚です」との無情のお言葉。
でもある程度は覚悟していたので、それほどガッカリしなかった。
だが夕食時「予想よりお客さんが少なかったのでお一人1枚の布団でお休み下さい」
とのありがたい言葉には食事中の全員が手を叩いて喜んだ。(^^)v

翌朝、ご来光を見に小屋を出ると、意外なほど大きな富士山が雲海の上に浮かんでいた。
徐々に赤く染まっていく空をバックにした富士山のシルエットはあまりに幻想的で、
寒さも忘れてボーっと魅入っていたら、食事の用意ができましたとのアナウンス。
ご来光まであと僅かだったが、これで十分満足してしまったので、日が昇るのを待たずに小屋へと戻った。


北岳山荘からの朝焼けに染まる富士山

朝食後、すっかり上がりきった太陽を背に北岳山荘を出発。まずは中白根山への登りにかかった。
遠くから白峰三山を眺めた時、北岳の間ノ岳の間に山があるように見えないが、実際に登ってみるとしっかり山。
朝イチの足が上がらない状態での登りはキツイが左手の美しい富士山や、
それに負けじと背後の秀麗な北岳に励まされつつ登っていく。
そして中白根を過ぎるとなだらかなアップダウンを繰り返して間ノ岳に到着した。
ここからの展望は北岳以上に圧巻。ここまでは間ノ岳に邪魔されて見えなかった、
南アルプス南部の山々が遙か彼方まで続いていたのだ。
午後から崩れるという予報は気になっていたが、このまま通過する気にはなれず、
コーヒーを煎れてしばらくくつろぐことにした。

30分ほどの時間を過ごした後、白峰三山最後の一つ、農鳥岳に向けて出発した。
遠くから見ると、間ノ岳と農鳥岳の間がそんなに窪んでいた記憶はないのだが、
実際には鞍部に建つ農鳥小屋までは標高差400m近い急坂下り。
奈良田からの交通の便の悪さを嫌って、北岳山荘から農鳥岳をピストンする登山者も多くいたが、
ここの登り返しをやらなきゃいけないというだけで、私は願い下げだなぁ。


間ノ岳から南アルプス南部の山々を望む

お客を全員追い出して、スタッフが揃って休憩中の農鳥小屋に到着。
ここでオレンジジュースを購入して、小高い丘の上で持参のパン片手に二度目の朝食。
それにしても、ここから見上げる西農鳥岳の高いこと。
ともかく存分に鋭気を養ってから、気合いを入れて急坂へと向かった。

西農鳥岳にはピークが3つあり、その何処にも山名標識がないので、どれが山頂か判らなかったが、
登山道が巻いている一番高そうな岩峰に登って記念写真。
そして農鳥岳へと続く岩場のコースの途中でタカネビランジ発見。
ややくたびれ気味だったが、見たいと思いながらもこれまで機会がなかった憧れの花との初対面となった。

農鳥岳からの展望もこれまでの二座に勝るとも劣らない素晴らしさ。
特に長い稜線と迫力のバットレスの塩見岳は素晴らしく、次はやっぱりあそこだなぁとの思いを新たにした。

農鳥岳からは二重山稜や窪地の複雑な地形をした稜線を下ると、やがて大門沢下降点に到着。
ここには鐘のついた大きな道標があり、
そこには、昔吹雪に巻かれて下降点が判らず稜線を歩き続けて力つきた若者の親が再び同様の悲劇が起こらぬ
ようにと設置された旨が記述されていた。


大門沢下降点から農鳥岳を振り返る

やや神妙な気持ちを抱きつつ、この日の宿泊場所である大門沢小屋へ向けてガレて歩きにくい急坂を下り始めた。
ここでアクシデント二つ。靴ひもを縛り直すのを忘れていたために足の指先に痛みが。
そして腰をヘンに捻ったせいか、座骨神経痛による足の痛みまでも..
途中の水場(というか大門沢の河原)でコーヒーを沸かして長めの休憩を取り、
ペースを落として足をかばいつつ、なんとか大門沢小屋に到着した。
時間は午後1時半。
時間的には奈良田まで十分に下れるが、足の不安とそれ以上に一人で民宿に泊まる勇気が無く(笑)、
予定通り大門沢小屋に泊まることとした。

この小屋にはシャワーがあり、温泉とは比べものにならないにしても二日間風呂に入れていない身にはありがたく、
荷物の片付けもそこそこに利用させてもらった。(500円也)
そして昼食もまだだったので、ビールと素麺を注文して小説を読みながらの〜んびり。
その後ひと眠りしたら夕食タイム。う〜ん、なんて自堕落な。(笑)

翌朝、屋根を叩く雨音にたたき起こされた。
ま、稜線にいるあいだの二日間が快晴だったのだから文句を言ったらバチが当たるというものだが、
どうせなら最後まで晴れて欲しかったな〜。<文句言ってるって
とは言え、奈良田9時40分発身延行きのバスに乗らなければ、
この日の内に車を回収できなくなるので、朝食も早々に切り上げて雨天完全装備で出発。
雨足はさほどでもないが、滑りやすい岩が多く精神的に辛い。
と言っても、これからやってくる難関に比べれば、なんてことはないものであった。
そして、その難関。吊り橋のたもとに到着。
最初は、それほどの難関には思えなかったが、渡り初めてビックリ。
メチャメチャ揺れる橋の下には増水した沢がもの凄い音を立てて流れ、
さらに鉄の橋桁は適度に濡れて、気を抜くとツルッと逝きそう。<字が違う!
こんな怖いところは北岳への登りにも縦走中にも無かったぞと悪態をつきつつなんとか渡り終えたところで
不吉なことに気づいた。
大門沢小屋で放映していた白峰三山縦走の紹介ビデオで「吊り橋を三回渡り..」と言っていたのだ。
えっ、三回?ってことはまだ二回もあるのぉ?


最後にして最大の難関(笑)

かくして林道終点にたどり着いた時は精根尽き果てた状態。
自分のことを高所恐怖症だと思ったことはなかったが、認識を改める必要があるかも。
それにしても極度の高所恐怖症の人はどうするんだろうと他人事ながら心配になった。
まさか引き返すわけにもいかないしねぇ。ともあれ高いとこ大好き人間には超お勧めです。

林道は車止めのゲートを越えると、やがて県道南アルプス公園線に合流。
そこを南下していくと、時間帯別一方通行のために係員が常駐しているゲートを過ぎ、
奈良田の温泉街の脇を抜けるとダム湖が見え始めたところで奈良田のバス停に到着。
ここには公衆トイレを兼ねた屋根付きの立派な待合所があり、
この日のように小雨がぱらついている時は非常にありがたい。この時点で8時ちょっと過ぎ。
カッパを片づけて自販機で購入したコーラを飲みつつ、あと1時間半をどうすごそうかと思案していると、
軽装の男性が温泉街から下りてきた。なんでも9時から営業する日帰り湯があり、そこで待っているのだが、
バスの時間が気になって確認にきたとのこと。
バスの時間までに温泉に入れるというのは、なかなか魅力的な情報だが、
万が一にもバスに乗り遅れることはできないので渋々断念。(遅れると車の回収ができない)
さらに待っていると今度はテント装備の二人組の男性が到着。
話しかけると、この二人も芦安の駐車場に車を停めていて同様の方法で回収を考えているとのこと。
それならと駄目元でタクシー会社に電話してみると13,000円で広河原へ行ってくれると言う。
費用も三人で割れば身延まわりより安い上、時間的には言わずもがな。二つ返事でお願いし広河原へ。
そして広河原11時発の甲府行きバスに乗って山の神バス停で下車。
もっとも懸念していた車の回収があっさり完了したおかげで、
お盆のUターンラッシュが始まる直前に帰路につくことができた。


奈良田に下山

3年半前。夜叉神峠から憧れの目で眺めた白峰三山の稜線を歩き通せたことに感無量。
縦走路のレベルとしては奈良田への下山路が長いだけで大したコースではないが、
ある時は丹沢から、ある時は大菩薩から眺めた稜線を歩くことができたことには、
そのレベル以上に充実感と達成感を味わうことがでた。
なんだか大きな宿題をやっと終えた気分。
さて次の宿題は大キ...いやいやこれはまたの機会に。

この日出会った花たち
クリックでこの日出会った花たちの写真がご覧になれます。

【コースタイム】
広河原 6:50…二俣 8:50…八本歯のコル 11:45…北岳 12:50-13:20…北岳山荘 14:20-(泊)-5:35…
中白根岳 6:05…間ノ岳 7:00-7:30…農鳥小屋 8:30-8:50…農鳥岳 10:20-10:40…大門沢下降点 11:10…
大門沢小屋 13:30-(泊)-5:30…吊橋(1つ目) 6:50…奈良田バス停 8:10

Top Page
-----------
Features
-----------
Back Numbers
-----------
Trekking Reports
DateArea
-----------
BBS
-----------
Profile
-----------
Links
-----------







このホームページはInternet Explore6.Xで最適化しています

ご意見、ご感想をお待ちしております。
dame-chan@mail.goo.ne.jp