Trekking Reports 〜山歩きの記録

2003.10.13(月) 超低山も見どころ多い房総の名山【鋸山 房総】

日本最大という日本寺の大仏

朝3時過ぎに起きて天気予報をチェックも、夕べと変わらず雨予報。
迷った末、体調もイマイチだしや〜めたっと二度寝。
9時頃起き出して、外を見ると薄日も差しており天気はそれほど悪くなさそう。
そうなると、この3連休のあいだ、全く山に行かないってのも勿体ない気がして、
急遽、どこに行こうかと検討開始。すでに車で出かけることは不可能な時間なので、
電車で2時間以内で検討すると、千葉県で最も有名な山、鋸山が思い立った。

この鋸山。関東に転勤になる直前、実家が関東の同僚(山はやらない)に、関東にどんな山がある?
と尋ねた時に「筑波山と鋸山」と教えてもらった山で、筑波山はすでに2回登ったが、
鋸山は気になりながらも未踏のまま残っていたのだ。

鋸山に行くくらいなら、もっと...ということで後回しになってきたわけだが、
こういう時にはちょうどいいんじゃないかということで、鋸山に決定。
最寄りの幕張本郷駅11:30発の各停に乗り込み、蘇我で特急さざなみに乗り換え、
13:00に鋸山裏登山道の起点となる内房線浜金谷駅に到着した。


コンクリート製の東屋がある観月台

浜金谷駅からは要所要所に設置された道標に従って、橋を渡り、
線路の下をくぐって少し行ったところが鋸山登山口。ここからはかなり急な階段が続く。
急な石段はかなり傷んでいるが、歩き難いと言うほどではない。
ただ濡れた石段は滑りやすく、登りはともかく下りはちと嫌かもしれない。

急な階段を登りきったところが観月台で、コンクリート製の大きな東屋がある。
ここにたどりつく直前に雨足が強くなってきたので、東屋に駆け込んで、しばらく雨宿りをすることにした。
このときは雨に煙って展望はイマイチだったが、それでも金谷港と東京湾が一望でき、
背後には鋸山の特徴的な垂直の岩壁がそびえていた。

風は相変わらず強いものの雨は小降りになったのを見計らって観月台を出発。
濡れて滑りそうな石段を恐る恐る下り、鞍部から今度はなだらかに登っていく。
このあたりは木々が生い茂っており、小雨ぱらつく空模様もあって夕方のように暗い。
ただ道端にはアザミやノコンギク、ハコネギク?などが咲いており、
春先などの花の時期にはかなり楽しめる山なのかもしれない。

時折雨足が強くなる度に木陰で雨宿りをしながら進んでいくとやがて稜線に出た。
ここは三叉路になっていて、左は持参した分県登山ガイドに載っていないルート。
もしかしたら三角点を通って裏鋸山へと続いているのかもしれない。これは次回の宿題。
で、とりあえず予定通り山頂方面を示す道標に従って右のルートへ進む。


石切場跡

ここから石切場跡のすぐ脇を通るようになるため、なかなかの高度感がある。
ヤセ尾根上にかかる橋を渡って大岩の割れ目がゲート状になったところを過ぎると、小さな管理棟が現れた。
この鋸山は山頂から南面一帯が日本寺の境内になっており、この管理棟から先は拝観料(600円)が必要なのだ。
ちょうど管理棟脇の屋根のあるところにベンチがあったので、ここにザックを下ろして財布を取りだし拝観料を支払う。
そして雨足が強くなってきたため、しばらくこのベンチで雨宿りをさせてもらった。

この管理棟(北口管理所)の真正面にある百尺観音という、ものすごい背丈の観音像の前を通って山頂方面へと進む。
強風がゴウゴウと鳴り響く中、急な階段を一気に登り切ると山頂展望台に到着。
屋根のある休憩所は、この天気には非常にありがたい。
ただ設置されたゴミ箱に溢れんばかりのゴミが詰め込まれている様は、
山と言うより観光地といったほうがしっくりきそうだ。


地獄のぞきと、その展望

そしてこの山頂展望台には鋸山のシンボルである地獄のぞきが、垂直の岩壁からせり出していた。
ここでもしばらく雨宿りし、やや明るくなってきたところで、大急ぎで地獄のぞきへと向かう。
地獄のぞきには鉄柵が付けられているので危険なことは無いが、
まさしく垂直に切り立った岩壁からコブのように飛び出した岩の上なので高度感は満点。
かろうじて眺められた東京湾の展望をカメラに収めて休憩所に引き返した。

十州一覧台にも未練があったが、この天気じゃ展望台に行ってもしょうがないので、
千五百羅漢道を通って、数々の石仏を眺めながら石段の道を下っていく。
やがて、鋸山のもうひとつのシンボルである大仏前に到着。
奈良の大仏よりずっと大きい日本最大の大仏とのこと。さすがにでっかい。


無数の石仏が立ち並ぶ日本寺境内

大仏広場から、天気のせいかさすがに閑散とした東口駐車場前を通り、
表参道を日本寺仮法堂、観音堂、仁王門と下り、いつのまにか鋸山から下山していた。
そして、そのまま田園地帯の中を通る遊歩道を通って保田駅へ..っと、あ〜電車が..
乗りたかった各停が行っちゃったので、仕方なく奮発して特急に乗り込んだ。

寺や石仏にあまり興味がない私にとって、無数の石仏が並ぶ日本寺境内の鋸山南面は不気味なだけだったが、
東京湾を見下ろす大展望や迫力の石切場など、なかなか見どころの多い山。
それに花も多そうな感触を得たので、今度は天気の良い春先にでも訪れてみよう。


【コースタイム】
浜金谷駅 13:05…観月台 13:25-13:35…北口管理所 13:55-14:15…地獄のぞき 14:25-14:40…大仏 15:10…保田駅 16:00

Top Page
-----------
Features
-----------
Back Numbers
-----------
Trekking Reports
DateArea
-----------
BBS
-----------
Profile
-----------
Links
-----------







このホームページはInternet Explore5.Xで最適化しています

ご意見、ご感想をお待ちしております。
dame-chan@mail.goo.ne.jp