Trekking Reports 〜山歩きの記録

2003.8.23(土)〜24(日) 裏磐梯から会津の名山ふたつ 【西吾妻山、磐梯山 会津】

西大巓から西吾妻山への稜線

初日、朝4時に西葛西駅でもぐもぐさんを拾って高速道を常磐〜磐越と北上して
西吾妻山の福島県側の登山口であるグランデコスキー場に8時半頃到着。
ここからゴンドラリフトに乗るって手もあるが、始発の9時まで待つのもアホらしいし、
デコ平湿原ってのにも興味があったので、スキー場を縫うように走る荒れ気味の林道を車で登ってデコ平口の駐車場へ。
まずはデコ平口からデコ平湿原を経由してゴンドラリフトの山上駅へと向かった。
デコ平湿原ではウメバチソウやコバギボウシ、ミズギクなどが花を付け、
リフト駅付近ではヨツバヒヨドリの大群生が斜面をピンクに染めていた。

リフト駅からスキーコースを横切って樹林帯の道に入る。
うす暗くジメジメした急登で、湿って苔むした岩や粘土質の土は滑る滑る。
嫌な道の条件が全て当てはまるような、なんとも嫌な道だが、
奇妙な形をしたギンリョウソウの実や、ごく小さくかわいらしいアリドオシランが、
かろうじて沈みがちな雰囲気を盛り上げてくれた。


ヨツバヒヨドリの大群生

見晴らしのいい小ピークを過ぎ、ちょっと下って登り返すと西大巓に到着。
着いた時は西吾妻にはガスがかかり、展望はガスの合間から覗くといった状態だったが、
のんびりティータイムしている間に徐々に天気は好転。
ついには西吾妻山のガスはすっかり取れ、東吾妻や一切経山まで綺麗に見渡せるようになった。
そして裏磐梯の湖沼群やかすみ気味ではあるものの磐梯山、安達太良山まで見渡せ、
なかなかの大展望を楽しむことができた。

西大巓からは標高差100mを一気に下って登り返す。
稜線はオニアザミやツリガネニンジン、エゾシオガマ、オヤマリンドウ、ミヤマリンドウ、
コゴメグサにキンコウカなどなかなかのお花畑が続く。
ただ全般的にはくたびれた花が多く、花の季節は終わりを迎えているようだ。
(オヤマリンドウのみはこれから盛りといった印象)

息を切らせながら登り返すと、木道が設置された草原に出る。
赤い屋根の大きな西吾妻小屋が設置されており、ここから見る西吾妻山は丘のようだ。
大勢のハイカーが休憩している中を縫うように歩き、道標に従って西吾妻方面へ向かう。
すると木道はすぐに途切れ、やや荒れ気味で花は皆無の道をちょこっと登ると、
樹木に囲まれ展望が無い上、なだらかな山なのに妙にこぢんまりした山頂に到着した。


西吾妻山頂近くの展望地から西吾妻小屋方面を望む

西吾妻山からはいったん西吾妻小屋とは反対側の天狗岩方面へと下る。
泥濘の多い道に難儀しながら歩いていくと、大きな岩が積み重なった台地状の場所に着く。
ここは展望も良く、西吾妻山頂とは大違い。
実際、展望のない西吾妻をパスし、ここで納得しているハイカーも多いようだ。
岩の上を飛び移りながら台地を横断。吾妻神社の社の方向へと進み道標に従って、
西吾妻山の巻き道を通って西吾妻小屋へと戻る。
こちらの方はほぼ完璧に木道が整備された歩きよい道。ただし、こちらも花はほとんど無し。

妙に高いところにある道標を見て、あんなに積雪があるんだぁと感心しながら進んでいくと、
西吾妻小屋前に再び到着。ここを通過して、再度西大巓へと向かう。
またもや息を切らせながらガレた急坂を登り返し、やっとのことで西大巓に到着。
登ってきた時は大勢のハイカーで賑わっていた山頂も、14時を過ぎたこの時点では誰もおらず、
思ったより時間がかかったことにビックリ。
これから滑りやすい急坂下りが待っているわけで、あんまりのんびりしても居られないと、
休憩もそこそこにデコ平に向けて下山を開始した。


見晴らしの良い西大巓山頂

いったん下って、手前の小ピークに登り返し、さらに下りかけたところでアクシデント。
後方を歩いていたもぐもぐさんが「デジカメ落とした!」と叫んだのだ。
即座に回れ右して、下ってきたコースを再度登り返す。
小ピーク周辺の木々が茂っているあたりで、枝に引っかけた可能性があったため、
山頂まで引き返すというもぐさんに対し、私は小ピーク周辺でヤブをかき分けた。
で、結局デジカメは山頂へと向かう途中に落ちていたのをもぐさんが発見。
故障もないようでひと安心だ。なぜ落としたのか詳しく聞くと、
付けていたストラップの根元がスッポリと抜けたとのこと。
やはり携帯電話用のストラップをデジカメに流用するのは強度的に問題があるのかも。
使用している人はご注意下さい。

さらに滑りやすい嫌な下りを黙々と下っていると、
女性のみのグループが今まさに間違ったコースに踏み込もうとしていた。
軽い気持ちで「そっちは違いますよ」と声をかけると、
正しい方のコースに行ってみたが、ゴンドラリフトの山上駅には行かないようだから引き返した。
本当にそっちであっているのか?と、私の言うことを全く信じていない様子で、逆に問い返された。
ちとカチンときたが、表情には出さないようにして、
「朝同じところを登ってきましたから、間違いないですよ」と返答。
それでも納得いかない様子の彼女たちをおいて先行すると、どうやらついてくることにしたようだ。

で、そこからちょこっと下っていくと、ゴンドラリフトの駅を示す道標発見。
彼女たちもこれには気づいていたようだが、それでも怪しいと思い引き返したらしい。
とりあえず、それに従って進むとスキー場のゲレンデに飛び出した。
樹林帯の急坂を下りきったところから山腹をまいて山上駅に向かうはずなので、
とりあえずゲレンデを横切ると...あれ?反対側の森に入るところがないぞ?
そして遠くに見えるゴンドラを見ると、山上駅はもっと上にあるように見える。
なるほど。確かに自信がないと間違うかもなぁ。
で、ゲレンデをそのまま下っていくと、やがてゴンドラリフトの山上駅が見え、
ゲレンデを完全に下りきったところで見覚えのあるトラバース道に合流した。
どうやら途中で出てきた道標が間違いの元で、道標を無視して樹林帯をさらに下るのが正しいと思われる。

ま、えらそうなことを行っておいて先導したくせに道に迷ってちゃ格好悪すぎなので、
無事に山上駅に到着してひと安心。
ちょっと間違っちゃったなんてことは、彼女たちにはおくびにも出さず、
「助かりました」と感謝の言葉を冷や汗をかきながら受けたのだった。(笑)


八方台登山口を出発するといきなり美しいブナ林がお出迎え

翌日、7時半からの朝食を慌てて掻き込んで、宿をチェックアウト。
数ある磐梯山登山コースのうち、もっともお手軽コースの登山口である八方台登山口へと車を走らせた。
比較的広い駐車場にはすでに8割方埋まっており、やはり人気の山だと再認識。
と、我々に支度している間に大型観光バスでやってきた団体が2組も登っていった。
で、こちらもやや遅れて出発。
ため息が出るほど美しいブナ林の間の車が通れるほど広い道をなだらかに登っていく。
さすがに中高年団体登山のペースは遅く、中ノ湯に着く前に最初の団体を追い抜いた。

硫黄の臭いが強くなってくると、すでに営業していない中ノ湯跡に到着。
水たまりから未だにガスが噴出している箇所があり、青白色の池など、ここは活火山なのだと実感させられる。
中ノ湯の建物はさすがに錆が浮いてはいるものの、意外としっかりしており、
ちょっと手直しすればすぐにでも営業を再開できそうな状態だ。


中ノ湯

中ノ湯からは本格的な登山道となり、急坂が連続するようになる。
途中で休憩中のもう一組の団体を追い抜き、追いつかれては大変と一生懸命登っていると、
道端にネットに包まれた木の階段のパーツが無造作に置かれていた。
どうやらこの道は近い内に階段の道となるようだ。
残念なことだが、荒れるに任せる状態になっている現状ではしょうがないところか。
ただ一部設置された階段を見るとかなりチャチなもので、
数年もかからずに土砂が流出し、階段じゃなくてハードルと化してしまいそうだ。
どうせ設置するなら、もっとちゃんとした階段にすればいいのに...

ときおり現れる展望ポイントから、裏磐梯の展望を楽しんでいたが、やがてガスに突入。
朝、登山口に向かっているときは磐梯山の山頂までハッキリ見えていたのだが、
いつのまにか山頂はガスに覆われてしまったらしい。
ま、この日の予報は曇時々雨だったので、降られなきゃ御の字なんだけど、でもなぁ..

登山道が急坂の尾根道から山腹を巻くようになると、やがてお花畑分岐に到着する。
もし雨が降られたら困るから先にお花畑へ行こうということになり分岐を左へ。
ちょこっと進んだところで長めの休憩を取り、軽く燃料補給。
エゾシオガマやヤマハハコ、キオンなどの写真を撮ってから出発した。
お花畑はすっかり濃いめのガスに覆われており、展望はもちろんお花畑全体を見渡すことすらできないが、
花は十分楽しめるので問題なし。前述の花の他、タカネナデシコやウメバチソウ、
オトギリソウなどを撮りながら進んでいくと、2軒の茶店が建つ弘法清水に到着した。
休憩中のハイカーに交じってザックを降ろし、場所の名前になっている湧き水を一口。お〜っ、美味い!


お花畑

ここから磐梯山山頂までは両手を駆使しなきゃいけない岩々コースと想像していたが、
実際は低木の間の狭い道をジグザグに登っていく、ごく普通の登山道でちょっと拍子抜け。
だが山頂は木々の無い、大岩に覆われたアルペンムードたっぷりで、
その上気を抜くと飛ばされそうなほどの強風が吹き荒れており、
標高1800m程度とは言え、里山とはちと違うなぁと改めて見直した。
山名標識前で記念写真を撮って、風を避けて岩場の陰で小休止。
先客の地元の男性と東北の山の話で盛り上がり、しばらく時間を過ごした。

前日のようにガスが晴れないものかと、周囲をキョロキョロ見回していたが、
ときおり明るくなって期待を抱かせることはあるものの、なかなか晴れようとしない。
もぐもぐさんを7時半までに羽田に送り届けなきゃいけないということもあって、
後ろ髪を引かれつつも、下山を開始することに。
そしてちょこっと下ったところで、猪苗代湖方面のガスが晴れ雄大な雲海が姿を現した。
で、大あわてで山頂に引き返したが、結局晴れたのは一瞬で、山頂はやっぱりガスの中。
ま、もし晴れたら途中で展望が見られるからそれで諦めようということにして、再度下山を開始した。


ガスの中の磐梯山山頂

弘法清水までの狭い道で一組目の団体と遭遇し、なんとか無事にすれ違って弘法清水へ。
ここからは登りとは違ってお花畑をパスするコースへと向かう。
だが、こっちの道は花がない上、樹林帯で展望もないつまらない道。
コース的には近道だが、お花畑コースを往復した方がいいかも。
で、お花畑コースと合流してからは、登ってきたルートを引き返す。
ガスは登りの時より若干マシにはなってきているが、結局最後まで大パノラマが楽しめるということはなく、
最後に再びブナの美林を堪能した後、八方台駐車場に到着した。

当初の予報から考えると天気には恵まれた方でしたが、磐梯山頂がガスだったのはちと残念。
それにお手軽だと思っていた西吾妻が意外にも充実した(つまりしんどい(^^ゞ)コースで、
逆に磐梯山八方台コースは予想以上のお手軽コースだったので、まぁバランスが取れたのかなと。
東北に車を運転して行ったのは初めてでしたが、意外に近い印象でしたので、
これからもちょくちょく行こうかな。ただ高速代が...

この日出会った花たち
クリックでこの日出会った花たちの写真がご覧になれます。

【コースタイム】
初日
デコ平口 9:05…ゴンドラ山上駅 9:50…西大巓 11:35-11:50…西吾妻山 12:50…
天狗岩 13:20…西大巓 14:05…ゴンドラ山上駅 15:45…デコ平口 16:20
二日目
八方台登山口 8:15…中ノ湯 8:35…お花畑分岐 9:25-9:30…弘法清水 9:45-9:55…
磐梯山 10:15-10:40…弘法清水 10:55…中ノ湯 11:55…八方台登山口 12:15

Top Page
-----------
Features
-----------
Back Numbers
-----------
Trekking Reports
DateArea
-----------
BBS
-----------
Profile
-----------
Links
-----------







このホームページはInternet Explore5.Xで最適化しています

ご意見、ご感想をお待ちしております。
dame-chan@mail.goo.ne.jp