Trekking Reports 〜山歩きの記録

2002.11.23(土)〜24(日) 奥多摩大縦走オフ【雲取山ほか 奥多摩】

ガスに煙る木々(石尾根六ッ石山付近)

ずっと悪かった天気予報も直前になって雨マークがなくなり大喜び。
西武池袋駅の改札前で待ち合わせて、特急ちちぶにて西武秩父へ向かい、
そこで秩父鉄道に乗り換え(西武秩父駅から御花畑へのダッシュは勘弁してほしい)三峰口に到着。
都内ではどんより曇っていた空もこのあたりでは晴れ間も現れ、
天気がイマイチということで取りやめたOL登山委員会のお二人は、
さぞかし残念がるだろうと噂しながら、バスはぐねぐね曲がる山道を登り、
ロープウェイ駅からやや離れたバス停に到着。
ここも乗り継ぎ時間に余裕はないので、けっこう急な石畳の坂道を大慌てで登り、
7分程度に混雑したこの日始発のゴンドラに乗って、標高1100mの三峰まで登った。

ロープウェイ山上駅には自販機はあるものの売店のようなものはなく、
予想していたよりちょっと寂しい感じ。ここで水を補給するつもりだったのだが、
雲取山荘でいくらでも補給できるんだから、わざわざ担ぎ上げることもないと、
ここでは補給せずに手持ちの水だけでスタートすることにした。


スタートは大きな三峰神社

しばらくは舗装された遊歩道を歩く。山歩きというより寺社巡りといった印象で、
水谷さんは途中営業を始めたばかりの茶店でまんじゅうを購入し、
ほおばりながら三峰神社の広い境内を横断。
神社を過ぎるとようやく登山道となるものの、
とてもよく整備された道は傾斜も緩やかで、あいかわらず登山というより散歩。
まぁ道のりは長いのでわいわい話ながらのんびりと歩いていった。
心配していた空はよく晴れわたり、山頂がギザギザの両神山と、
その先には浅間山らしきシルエットがのぞく。また隣には和名倉山が大きく、
その美しい稜線を見ながら「今度和名倉山に登ろう」とつむぎさんに提案した。

やや上り坂が急になると霧藻ヶ峰まではあと少し。ちょうどお腹が空いていたので、
山頂ちょっと手前のベンチに陣取ってランチタイムとなった。
食後ちょっと登ると、霧藻ヶ峰休憩所に到着。缶飲料や軽食などを販売しており、
ここで休憩しているハイカーをかき分け(というほど多くはないが)先へと進む。
いったん下って鞍部を過ぎると、この日最大の難関である白岩山への登りとなる。


三峰山を振り返る(奥のギザギザの山は両神山)

白岩山は標高1920mとこの日の目標地点である雲取山荘より高い。
その上傾斜も急で前白岩の肩、前白岩とニセピークが続くので精神的にも辛い。
それでもここまでほとんど登りらしい登りはなく、
体力が有り余っていたおかげで、ペースはまずまず。
階段の多い急坂の登りをどんどん登っていった。
すると前白岩の肩にたどり着く手前あたりでうす暗くなってゆき、
ついには周囲はガスで覆われてしまった。
ときおりガスが薄くなり、太陽の周囲が明るくなったりしたものの、展望は皆無。
本来なら素晴らしい展望のはずの前白岩山頂は真っ白なスクリーン状態だった。

前白岩から下った鞍部あたりには白岩小屋があったが、この日は営業しておらず、
古びれたいかにも山小屋らしいたたずまいの小屋はちょっと寂しい印象だ。
この小屋からは最後の150mの急登を登り切ると、ようやく白岩山に到着した。
エアリアマップによると展望が良いような記述があるが、
樹木に覆われた山頂は展望が期待できる感じではない。さらに小雨までぱらついてきたので、
展望地を探すという無駄な行為をする気にもなれず、とっとと先へと向かった。


白岩山付近でのひとコマ

白岩山をちょっと下ると芋の木ドッケという標識のある鞍部に到着。
解説板に「ドッケは突起が変じたもので尖ったピークを表す」と書かれているので、
芋の木ドッケはこの鞍部ではなくこの先のピークのことなのだろう。
そのピークへと向かうルートもあるが、迷うことなく巻き道に直行。
「積雪期はアイゼン必要」と警告板が設置されているとおり、
この巻き道はかなりの急斜面のトラバース道で、ちょっと雪が降って道が隠れると、
格好の滑り台状態となり、アイゼンがあっても怖いかもしれない。
それに石灰岩と表示された岩場の下や、いつ落石があっても不思議のないガレ斜面、
それにハシゴなども数カ所あり、これまでの整備しすぎの感さえある道とは一変する。
とはいえ、この厄介な巻き道を過ぎて再度稜線に上がると、
またもや快適な遊歩道となり、やがて大だわと呼ばれる鞍部に到着した。

この辺りで雨足も若干強まってきたので、仕方なくザックカバーを装着。
ほとんど使っていなかったザックカバーの装着にとまどい時間がかかったので、
雲取山荘まで近いということもあり、水谷さんとつむぎさんには先行してもらった。


芋ノ木ドッケの巻き道はちょっとした難所

ようやくザックカバーを付け大だわを出発。
ここから雲取山荘までは男坂と女坂の2ルートあるが、通ったことがない女坂を選択。
うっそうと茂る樹林帯の中の男坂とは対照的に女坂はまばらな雑木林の明るい道で、
もちろんその名の通り傾斜も比較的なだらかなので、こっちのほうがお薦めだ。

やがて話し声が聞こえ始めると赤い屋根のとっても綺麗な雲取山荘に到着。
小雨がぱらついているというのに、小屋の周囲には多くのハイカーがたむろしていた。
小屋の中に入るとすでに先行した二人が小屋の手続きを済ませ...
と思ったら予約した人の名前を書かなきゃいけないとかで待っててくれたのね。(^^;

手続きを済ませ部屋に案内されるとすでに先客が5名。
時期も時期だし天気もイマイチということで、
てっきり貸し切りだろうと想像していただけに、ちょっとガッカリ。
だが同部屋となった人たちはみんな気さくな明るい人ばかりで、
あっというまにうち解けてしまい、本当に楽しい一夜となった。

なお夕食は宮本さんからの情報通りハンバーグ定食。
つむぎさんは5月に鍋が食べられたということだったのでちょっと期待していたのだが、
まぁ不味いわけじゃないので良しとするか。
ただ問題は水。関東の今月の降水量が少ないという報道をニュースで見知ってはいたが、
稜線上にある雲取山荘ではその影響は大きいようで、普段は豊富な水場は使用禁止。
靴の汚れ落としはハケだし、トイレの手洗いも使用禁止。
お茶もテーブルにポットひとつと制限され、お湯を分けてもらうことさえ出来ない。
ここの水を思いっきり当てにしていて翌日分の水をほとんど持たなかった私としては、
非常に困ったことになってしまった。


ガスと小雨の中、雲取山荘を出発

そして翌日。5時に焼き魚とみそ汁と生卵の朝食を取り、
1人あたり500mlの水の配給(笑)を受けてからこの日のルートを打ち合わせ。
天気は昨日と変わらずガスと小雨。
これじゃあ無理して石尾根を縦走することもないということで、鴨沢に下りることに決定。
カッパにザックカバーにと雨装備万全で小屋を出発した。

雲取山荘からは急坂を標高差200m登る。朝イチの急登はかなりしんどいが、
ここを登り切ればあとは下るだけと思うと、登りを楽しもうという余裕も出てくる。
意外と快調なペースで数グループを追い抜きながら登っていくと、あっけなく雲取山頂に到着した。
山頂は既に10人近い先客で賑わっていたが、天気は相変わらずガス+小雨。
そのうち、2、30人の団体が上がってきたので、山名標識前で集合写真を撮影後、
芋洗い状態になった山頂をそうそうに退散。
途中こちらも混雑した様子の山頂避難小屋前を通過し、
「ここからの富士山がいいんだよなぁ」と言いながら見えるはずもない富士山の方角を指さし、
これまた見えない石尾根縦走路へ向け歩き始めた。


雲取山頂にて団体さん記念撮影中

ここちよい縦走路を小雲取まで歩き、急坂を下ると奥多摩小屋。
その先にはだだっ広いヘリポートがあり、水場も近いしテン場に良さそうだと思っていたら、
「ヘリポートでの幕営は禁止」との標識。ま、考えることはみな同じか。
なだらかでここちよい縦走路は相変わらずガスと小雨。
ただ思ったほど雨足は強くなくて、カメラを問題なく取り出せるほど。
「これなら石尾根を縦走して奥多摩駅まで行けるんじゃない?」と、水谷さんが提案。
七つ石山直下のブナ坂に到着すると、雲取山荘で同部屋となったご夫婦と再会。
お二人も鴨沢下山を取りやめて奥多摩駅を目指すとのことで、
やはり考えることは同じだなぁと笑った。
そしてお二人は先行し、我々は七ツ石への急登前の小休止を取ることにした。

息を切らせて標高差150mの急坂を登り切ると、
展望抜群で特に雲取山の絶好の展望台の七つ石山頂に到着。と言っても当然この日は展望ゼロ。
「また来ればいい」と水谷さんは言われていたが、
わざわざ関西から来られているだけに内心は残念だっただろうなぁ。
七つ石山からは平坦な巻き道に入り、途中のピークをどんどんパスしていく。
黄葉は完全に終わっているが、落ち葉の絨毯のプロムナードというのもなかなか。
そうこうするうち、先行したご夫婦に再度追いつき、鷹ノ巣避難小屋へはほぼ同時に到着した。


鷹ノ巣避難小屋

鷹ノ巣避難小屋は今回で3度目の訪問だが、本当に綺麗で立派な避難小屋。
特に谷川岳や丹沢の避難小屋を利用してきただけに感慨もひとしおである。
時間もお昼に近かったし、この先屋根のある休憩所はなさそうなので、ここで昼食休憩とした。
食後コーヒーを入れたりしてのんびりしているうちに、同部屋のご夫婦は出発。
結局こののち追いつくことはなかったが、鷹ノ巣に寄られたのだろうか。

避難小屋を出発し、鷹ノ巣山へと続く登り坂をちょこっと登ったところで、早々に巻き道に突入。
昨年、紅葉見物に二度も訪れた榧ノ木尾根との分岐を過ぎると、
そこから奥多摩駅までは私にとって未体験のコースとなる。
無名の小ピークなどもガンガン巻きながらすすんでいくと、やがて六ツ石山分岐に到着。
ここをちょこっと戻ると山頂なのだが、ここもパスして先へと進むと、
防火帯となっているのか、大きく刈り取られたガレた急斜面となる。
石がごろついた斜面は時折石の上に足を乗せてズルッと滑り、
先を見るとあいかわらずの真っ白なガスに覆われているので、
際限なく下りが続くように感じられ、精神的にも身体的にも非常に辛い。
終わったかと思ったら、まだ続くといったことを数度繰り返すとようやく鞍部に到着。
しばらくは快適なプロムナードにホッとひと息ついていると、
やがて道はうす暗い植林の中に入り、深い溝の中を進むようになる。
すると...どわぁ〜っ!!!すっ!すべる〜ぅ!!
落ち葉の下は粘土状の路面で酷いところは立っていられないほどツルッツルの斜面。
たまらず側面を登って道を外し、脇の木々の間をぬうようにして下った。
ようやくズルズル斜面が終わると、今度はうす暗い樹林帯の急斜面をつづら折れに下る。
この段階で腕時計の高度計を見るとまだ標高1,000m以上。
標高差1,600mの下りは伊達じゃないなぁと、3人でため息をついた。


六ッ石山からはしんどい下りが続く

ようやく下り終えて、相変わらずのうす暗い樹林帯を歩いていくと稲荷神社の裏に飛び出した。
「今回は神社に始まり神社に終わったねぇ」とは、つむぎさんの言葉。
「ま、規模はえらく違うけどね」とか答えていると、下から老夫婦が登ってきた。
神社からやや急な坂(ここも結構滑る)を下り、民家が現れ始めると、舗装路と合流した。
ここからは所々にある道標に従って、舗装路を歩いたり近道の山道に入ったりしながら下り、
国道411号線に入ると氷川大橋を渡って最初の信号を左折すると見慣れた奥多摩駅に到着した。

結局、初日の歩き始めをのぞいて2日間ずーっとガスの中。
富士山はおろか奥多摩の山々までもが全く見えず、
特に関西から来られた水谷さんにとってなんとも残念な2日間となっちゃいましたが、
雲取山荘での楽しい一夜が過ごせたし、石尾根縦走という課題を達成できたので、
私的にはそれなりに有意義な2日間でした。
ま、この埋め合わせはまた来年、ということで。>水谷さん


【コースタイム】
ロープウェイ三峰山頂駅 9:30…霧藻ヶ峰 11:15-11:55…白岩小屋 13:20…白岩山 13:45…
大だわ 14:30…雲取山荘 14:55-(泊)-6:40…雲取山 7:00-7:10…七ッ石山 8:30…
鷹ノ巣避難小屋 9:50-10:25…六ッ石山分岐 12:00…奥多摩駅 14:25
Top Page
-----------
Features
-----------
Back Numbers
-----------
Trekking Reports
DateArea
-----------
BBS
-----------
Profile
-----------
Links
-----------







このホームページはInternet Explore5.Xで最適化しています

ご意見、ご感想をお待ちしております。
dame-chan@mail.goo.ne.jp