Trekking Reports 〜山歩きの記録

2002.4.20(土) お花畑を探して北上州へ【吾妻耶山 谷川周辺】

大峰沼の浮島

かなり早く出たので、7時前には大峰沼登山口の駐車場に到着。
20台ほど停められそうな広い駐車場には先客が1台。
まだ薄暗いのでちょっと出発を遅らそうかとも思ったが、
まぁ花を探しながらのんびり歩けばいいかと、そのまま出発することにした。

まずは大峰沼へと向かう。車1台分の細いコンクリートの舗装路が続くが、
入り口にはゲートが設置されて、一般車は進入できない。
最初は落葉松林から始まるが、途中からは雑木林となる。
ガイドブックにはコブシが咲くとあるが、まだ早かったのか、
キブシとムシカリはあるもののコブシは見つからなかった。
道端にはタチツボスミレが狭い木漏れ日を取り合うようにひしめき、
イワカガミと思われる特徴のある丸い葉が地面を覆っていた。
最近お馴染みのキブシやまだ咲き始めのムシカリを眺めながら歩き、
朝早いせいか花びらを閉じた、たった一輪のキクザキイチゲを過ぎると、
大峰山キャンプ場に到着した。

立ち並ぶバンガローの横を抜けていくと大峰沼が現れた。
本州最大最古の浮島があるという沼はまだ薄暗いこともあって、寒々としていた。
ただ管理棟の脇に植えられたスイセンの鮮やかな黄色が異色を放っていた。
またスイセンの脇にはカタクリが咲いていたが、まだ下を向いて閉じていたので、
これは帰りのお楽しみとする。

バンガローの建ち並ぶ大峰山キャンプ場

これからすぐに吾妻耶山に向かってもいいのだが、
まだ時間が早かったので沼を一周してみることにした。
湖岸は笹が多いが、キャンプ場の対岸あたりにはカタクリの群生地があり、
ヤマエンゴサクなども咲いている。
そして、山裾は岩場になっていて、立派な木橋がかかっている。
日がほとんど当たらないこのあたりは残雪も残っていて、ひんやりと涼しい。
また、木々の間から覗く沼と浮島の様子もなかなか絵になる。
新緑や紅葉の季節にはさらに素晴らしいだろう。
大峰山へと向かう分岐を過ぎると、ショウジョウバカマの群生地が現れた。
そして、バンガローが見えてくると、あたりはイワカガミだらけとなる。
この日のイワカガミは葉っぱだけだが、咲きそろうとすごいお花畑になるだろう。

再度管理棟の前に戻ってくると今度は大峰沼を後に、吾妻耶山に向けて出発した。
大峰沼から吾妻耶山へは大峰を通過する尾根道のコースと、
山腹を通ってスキー場を経由するコースがあるが、
今回はスキー場から登って尾根道を下る周回コースを考えていたので、
まずはスキー場へと向かう山腹の道を歩き始めた。
このコースは階段を少し登ると非舗装の林道に合流し、
それをスキー場まで歩くので、あまり面白みにかけるが、道端はスミレが咲き、
たくさんのフキノトウが顔を出していたので、それなりに楽しめた。

ノルン水上スキー場から吾妻耶山を望む

スキー場に出ると途端に視界が広がり、まだ真っ白な谷川連峰が目の前に現れる。
この日は曇っていたので、山頂部は雲がかかっていて見えたのは山腹程度だが、
それでも豪雪の谷川の名に恥じない大迫力の山容を楽しむことができた。
スキー場の管理道路に従って、まだ残雪の残るゲレンデを見ながら歩いていると、
地図ではリフトの上部に出なきゃいけないのに、なぜかリフトの中間点に出てしまった。
それでも道はあるんじゃないかと進んでいったが、結局管理道は行き止まり。
引き返すかどうか判断に迷ったが、ここはどこでも歩けるスキー場のゲレンデ。
ならばこのまま登ればいいやと、リフトを目印に急なゲレンデを直登した。

ゲレンデにはたくさんのツクシが顔を出しており、摘んで帰ろうかとも思ったが、
荷物を増やすのは嫌だし、持って帰っても調理できそうもないので断念。
踏んずけないように注意しながら急坂を登り、リフトの降り口に到着した。
さぁて、ここからどうすればいいのかとあたりを見回すと、
奥の山の斜面に道標は無いもののしっかりとした踏み跡を見つけた。
これだという絶対の自信があったわけではないが、
吾妻耶山の方向は判っていたし、大峰からの尾根道も近くに見えていたので、
いざとなればトラバースして尾根道に行けばいいやと、軽い気持ちで踏み跡に入っていった。

この道は急斜面をジグザグに登っていき、ゲレンデを直登した後では応えるが、
それも長く続かず、尾根道のコースと合流した。
ここは稜線を北へ、つまり谷川岳へとと進んだところにある、
仏岩峠からのコースへの分岐でもあるのだが、
道標が指し示す先はものすごい崖になっており、とても通れる状況には見えない。
エアリアにもコースは書かれているので、最近崩れたのかもしれない。

分岐から山頂へはなだらかな雑木林を進むとすぐに到着する。
山頂には3つの祠があり、谷川方面と武尊方面の雑木が刈られて開けている。
上空の雲は厚く、谷川連峰は前衛の山がようやく見えるといった状況で、
武尊はまったく見えないどころかその手前の上州三峰山のシルエットがかろうじて見える程度。
まだ時間は早かったが、食事でもしながらのんびり待つかと、
露岩に陣取ってコンビニおむすびを食べていると、夫婦の二人連れが到着した。
その後、中年女性2人組と3人グループの到着する内に少しずつ晴れてきて、
谷川山腹の雪面が日光に照らされる程度には回復してきたが、
それ以上はなかなか回復する雰囲気が無く、まぁ今日は展望目的じゃないから
こんなもので良しとするかと、ひとり納得して下山にかかることにした。

吾妻耶山山頂の3つの祠

下山はまず大峰へと向かう。吾妻耶山の山頂周辺は平らな地形をしているようで、
快適な雑木林の広場の小径を歩く。
道端にはキクザキイチゲが咲いているものの、ここでも花びらは閉じたまま。
今日の曇り空ではしょうがないのかなぁと恨めしげに空を見上げた。
やがて仏岩方面との分岐に到着。こちらは途中で通過した崖道を巻く方の道だが、
正面には大きな岸壁がそそり立っているので、こちらもなかなか険しそうで、
今立っているなだらかな雑木林の山頂とはえらい違いだと関心させられる。
やはりここも谷川の前衛だけのことはあるといったところか。

なだらかな山頂を過ぎるととたんに急坂の下りとなる。
大汗をかきながら登ってくる4人組に道を譲りながらどんどん下ると、ようやく鞍部に到着。
ここからは何度もアップダウンを繰り返す。
ただ何度目かのアップダウンでカタクリの群生地が現れ、
リュックをほりだして撮影モードに突入したりしていたので、
それほど疲労感も無く大峰へとたどり着くことができた。

大峰山頂はテレビの中継アンテナが立ち並び登山道には電信柱が立ち並ぶ。
なんだかなぁと思いながら荷物も降ろさずに通過していると、
施設脇で幾つかのグループがくつろいでいた。
施設の周囲は雑木が刈られて草原状になっていたので、
まぁこれはこれでありかなと思いながら通り過ぎた。

大峰から電線の通る登山道を歩いていると、鉄製の展望台が現れた。
とりあえず登ってみたが、周囲の雑木が高く展望なし。
なんのために作ったんだかと思いながら階段を下りると、
展望台の下にベンチとテーブルが設置されていた。
まぁ雨の日にはこのベンチの屋根として役に立っているのだろう。

展望台からさらに雑木林の稜線を進むと、木々の間からものすごく長い鉄製のハシゴが見えた。
大峰沼から稜線を見るとキレットが見えていたので、ついに来たかといった印象だったが、
それにしてもあのハシゴはないだろうと、ビクビクしながら進むと、
どうやらハシゴじゃなくて階段ということが判ってちょっとひと安心。
それにしてもよくこんな階段を作ったものだと感心すると同時に、
この階段がなかった頃は凄い難所だったんだろうと想像すると怖くなった。

キレットに設置された階段

キレットを越えると下り坂は急になり、下りきると大沼越に到着した。
道標には東へ下ると大峰沼、西へ下ると湯宿温泉とある。
また尾根道はここで途切れていて、直進するとヤブに突入となる。
あ〜ぁ。これで終わりかぁ。結局あんまり花に出会えなかったなぁと、
半ば残念な気持ちで下り始めると、一面のカタクリの群生が現れた。
最後の最後にきて思いがけないカタクリのお花畑にしばし感激。
踏み荒らさないように注意しながら、
ちょっと歩いてはリュックを下ろして写真撮影を繰り返した。
ここではカタクリ以外にキクザキイチゲも咲いていたが、ここでもやはり花びらは閉じたまま。
残念ながら結局最後まで開いたキクザキイチゲを見ることはできなかった。

そして大峰沼に到着。日が差した大峰沼は薄暗く寒々とした朝の大峰沼とは異なり、
カエルの鳴き声や鳥のさえずりも相まって、生命にあふれ生き生きした場所へと変貌を遂げていた。

本当はカタクリの後の花を探しに行ったのですが、ちょうどカタクリが見頃だったようで、
他の花や新緑にはまだ2週間ほど早いかなぁといった印象でした。
でもここのカタクリは奥多摩の御前山や栃木の三毳山よりも大きく、見ごたえのあるものでした。
柵などで保護されたものよりも、ほったらかされて自生しているほうがたくましいんでしょうね。
この日出会った花たち
クリックでこの日出会った花たちの写真がご覧になれます。

【コースタイム】
大峰沼登山口 7:15…大峰山キャンプ場(大峰沼周回) 7:55-8:40…ノルン水上スキー場 9:15…
吾妻耶山 10:10-11:10…大峰山 12:15…大沼越 12:50…キャンプ場 13:10-…大峰沼登山口 13:35
Top Page
-----------
Features
-----------
Back Numbers
-----------
Trekking Reports
DateArea
-----------
BBS
-----------
Profile
-----------
Links
-----------







このホームページはInternet Explore5.Xで最適化しています

ご意見、ご感想をお待ちしております。
dame-chan@mail.goo.ne.jp