Trekking Reports 〜山歩きの記録

2002.3.16(土)〜17(日) 北八ヶ岳でスキー初体験【麦草峠 八ヶ岳】

高見石にて
この日は低山徘徊派メンバーのテラさん呼びかけによる北八ヶ岳クロカンスキーオフ。
関東からはお馴染みのつむぎさん、そして関西からかいさんと佐竹さんが参加され、
総勢5名が麦草ヒュッテに集結した。
関西からの2人はピラタスロープウェイから、五辻コースをスキーで滑っての麦草峠入り。
関東組はメルヘン広場に集合し麦草ヒュッテの送迎スノーモービルで麦草峠へ向かうことに。

京王調布駅でつむぎさんを拾って中央道を西進。
南アルプスと八ヶ岳に見とれながら運転し、<危ないって!
途中でおそばの昼食の後メルヘン広場に到着すると、すでにテラさん到着済み。
と、隣に男性が...最初関西組がピラタスをやめてこっちに合流したのかと思ったが、
かいさんと佐竹さんとは面識があるので、すぐに違うと判った。
じゃあ誰?...なんと、もともと参加予定だったのが、体調不良で辞退されていた佐野さんが、
わざわざおみやげをもって見送りに来てくださったのだ。
せっかくだからと4人で記念写真を撮り歓談しているうちにスノーモービルの爆音が聞こえてきた。

到着したスノーモービルが牽引するソリに荷物を詰め込み、佐野さんに別れを言って、
運転手込み4人のりで真っ白な国道299号線を一路麦草峠に向けて出発した。
スノーモービルの乗り心地はかなり独特で、慣れない内はバイクで凍結路面を走っているようで、
けっこう怖かったが、慣れてくると雪景色と遠くの山々の眺望が素晴らしくて、
つい周囲をキョロキョロしてしまった。
ただ、スキーでえっちらほっちら登っている多くのスキーヤーの視線がちょっと冷たいかも。

麦草ヒュッテ前の広場は絶好の練習場
麦草ヒュッテに到着すると、ヒュッテ前の雪原ではテレマークスキー教室なども行われていて、
かなり賑やか。とりあえず手続きをとヒュッテの中に入り従業員の方と話すと、
ピラタスからここに向かった関西のお二人はすでに到着しており、
小屋の周辺で遊んでいるとのことだった。
今回のメンバーで唯一レンタルの私は靴を合わせてスキーの扱い方のレクチャーを受ける。
そして、そのまま特訓モードに突入。
いつのまにか現れたかいさんと佐竹さんも加わって、にわかスキー教室が始まった。
私のスキーの経験と言えば、小学生時代に学校から連れて行って貰った2回のみ。
スキーをしたことがあるというより、スキーを履いたことがあるという程度。
当初はなんとかなるだろうと軽く考えていたのだが、それは大間違い。
滑り出したら曲がらない止まらないどこへ行くか判らないと言った状態で、
明日のことを考えると不安どころか悲壮感が漂ってきた。
その後、2時間ほど続けたが、結局「曲がらない止まらない」ままで特訓終了。
あとは、ぶっつけで明日を迎えることになった。(;_;)

大部屋のあてがわれた区画で夕食までの時間をのんびり過ごしていると、
つむぎさんが「これ食べる?」と紙の包みを取り出した。
メルヘン広場まで見送りに来てくれた佐野さんのおみやげだ。
最初は夕食前だしとか言っていたが、夕食の順番が後の方だったこともあり、
じゃあちょっとだけと言いながら包みを解いた。
中身はちくわやかまぼこ(?)。とっても美味しくてついつい食べ過ぎてしまい、
つむぎさんは夕食があまり入らなかったようだ。
テラさんと私は夕食時にビールを注文してつまみとしてもいただいた。
美味しいおみやげをありがとうございました。>佐野さん

麦草ヒュッテの大部屋
消灯の9時前にはもう床に付き、翌朝6時半起床。
7時の朝食後、のんびりと支度をして8時前にヒュッテ前に集合。
スキーをつけて目指すは高見石!とまずはなだらかな斜面を登り始め..登れませ〜ん(;_;)
レンタルスキーがかなり使い込まれていたため、ウロコがすり減っていたこともあり、
いきなりスキーを外して登りが終わるまで壺足で先を進むメンバーを追いかけた。

ある程度登ったところで再度スキーを装着。
一晩寝たらうまくなっていた!なんてあるはずもなく、相変わらず止まるには転ぶしかない状態。
それでも根性でスキーをはき続けて、鮮やかに先を進むメンバーを必死で追いかける。
数え切れないほど転倒し、ヘロヘロ状態で高見石への分岐に到着した。
ここで、かいさんとつむぎさんと私はスキーをデポ。シール持参のテラさんと佐竹さんは
スキーのまま登ることになった。
スキーを脱ぐとクロカンのコースはとってもなだらか。
必死で登るスキー組とは対照的に、壺足組は快調に高見石へと向かっていった。
そしてスキー組に先んじて高見石に到着。
山頂の岩場に立つと北八ヶ岳の山々と足下には凍結した白駒池の展望。
ただ、風はものすごく強く、スキー組の到着を待って集合写真を撮影した後、
とっとと下りて高見石小屋で暖かい飲み物をすすった。

高見石へはボブスレーのコース状態
高見石からはスキーをデポした分岐まで、きた道を下る。
佐竹さんはあえてシールを外さずに滑っていったが、これが大正解。
適度にスピードが殺され、快調に滑っていった。
一方、シールを外したテラさんは、歩きの我々に全く追いついてこない。
後で聞くと、5回こけた所で断念して担いで下りたとのことだった。
で、私のほうはそのまま大人しく歩くのもつまらなかったので、
比較的急な斜面で尻セード。カチカチ雪面のおかげで結構楽しむことができた。(^^)v

分岐に戻るとスキーを回収して...と、ここでアクシデント。
佐竹さんから借りていたスキーを束ねるバンドを付けたまま
スキーを雪面に突き刺していたため、そのバンドが行方不明に...
佐竹さんは「安いものだから」と笑って許してくれたが、
本当に申し訳ないことをしました。ごめんなさい。m(__)m >佐竹さん

さて、気を取り直してスキーを装着。今度は分岐を国道に向かう。
相変わらず滑ってはコケて止まるを繰り返し、
最後の急坂を担ぎでクリアすると、<これをクリアと言うのか?
雪で覆われた白駒池駐車場前に到着した。
そしてここからは国道を通って麦草峠まで登りが続く。
しかし、登りとはいえなだらかなので、私的には気が楽。
ここを下れといわれたほうが嫌だったかもしれない。

国道通って麦草峠へ向かう
最高点を超えて麦草ヒュッテの三角屋根が見えてきたあたりで、
風がものすごく強くなってきた。向かい風の上やや傾斜が急になったため、
目の前に見える麦草ヒュッテがなかなか近づかない。
私以外のメンバーはとっとと麦草ヒュッテに帰り着いていたので、
私独り向かい風の中を泳ぐ(もがく?)ようにして、ようやくヒュッテに帰った。

麦草ヒュッテではランチタイム。うどんでも頼むのかと思っていたが、
荷物を減らしたいからと皆が非常食のパンを食べ始めたので、
私もそれに従い、リュックの底で歪な形に変形した菓子パンにかじりついた。

簡単な食事のあと、周りを見回すと佐竹さんがいない。
聞くと、なんでも体調不良とかでソファーに沈み込んでいた。
かいさんも前日の朝が早かった影響か、かなりお疲れの様子だし、
私は私で持病の腰痛が再発の兆し...
う〜ん、最後のダウンヒルは果たして無事に終わるのかと不安になりながら、
約束の1時となり、再度ヒュッテ前に集合した。
今度はすべての荷物を抱えているので、みんな重そう。
途中でシールを外さなきゃいけないということで、山スキーのテラさんは先行。
それに続いてクロカンスキーの4人が後を追いかけた。

メルヘン街道をダウンヒル!
麦草峠からしばらくは傾斜が無いので歩きとなる。
滑るわけじゃないからそんなにスピードは変わらんだろうと思いきや、
経験者の3人との差はどんどん広がっていく。
見ると皆さんはすーいすいと流れるように進んでいくのと対照的に、私はドタドタ。
ストックをもっとうまく使うようにアドバイスされるが、
滑ろうとすると今度は左右に横滑りしてしまって、なかなかうまくいかない。
う〜ん、ただ歩くだけなのに難しいなぁと、クロカンの奥深さに感心していると、
ようやく下りとなった。
といっても、この段階では止まることも曲がることもできず、
滑り出すと「どこへ行くかスキーに聞いてくれ」状態の私のこと。
「ようやく」というより「ついに来ちゃったのね」といった気持ちで、恐る恐る滑り出した。
と、上達したのか雪の状態が良かったのか、なんとボーゲンらしき滑りが...
あ〜あ、これでガードレールにぶつかることも崖下に転落することもなくなりそう。
ただ、ここは初心者の辛いところで、妙に力が入ってしまって、
滑っているだけのはずなのに、無茶苦茶疲れる。
で、力が入っていることは自覚できるのに、その力がなぜか抜けない。
ま、曲がりなりにも滑れるようになったのだから、それ以上望むまいと、
歩いたほうが早いんじゃないのというほどゆっくりゆっくりと滑っていった。

当然、他のメンバーは気持ちよさそうに滑っていき、瞬く間に見えなくなる。
佐竹さんはしばらくは我慢強く付き合ってくれていたが、
あまりに申し訳ないので先に行ってもらうことに。
そして結局、奇跡的にも転倒は1回のみで、展望台に到着。
テラさん以外のメンバーはここで待っていてくれたので、ここでしばらく休憩となった。
昼食を取れなかった佐竹さんが食事している間、南八ヶ岳や南アルプスの展望を楽しむ。
ふと茶臼山の上空にできた笠雲を見て「あれは天気が崩れる兆しだ」とかいさん。
へ〜、そりゃ天気予報どおりだと一同関心しながら、まあるい奇妙な雲を眺めた。

展望台から茶臼山上空の笠雲
展望台からメルヘン広場までは残り1/3強。
力の入れ具合を変えたり、アドバイスされたことを試したりして、
来年まで忘れないように復習をしながら、今シーズン最初で最後のスキーを終えた。
メルヘン広場にはゲートの先に軽自動車の廃車?が物置代わりとなっており、
レンタルした板と靴とストックはここに返すようになっている。
そして、久しぶりに普通の靴に履き替え、久しぶりに雪以外の路面を踏んで、
とっくに到着しているメンバーのところへと歩いていった。


まだようやく初心者になったばかりといったレベルですが、
まがりなりにもスキーの真似事ができるようになっただけでも大収穫。
ただ次回が1年後なので、それまでにこの成果が無に帰してしまうんじゃないか、
という不安がありますが、ま、スキーを体験できただけでもとても有意義でした。
覚えの悪い生徒に辛抱強く付き合って頂いた、テラさん、佐竹さん、かいさん、つむぎさん。
本当にありがとうございました。来年もよろしくね。


【コースタイム】
麦草ヒュッテ 7:55…高見石分岐 8:55…高見石 9:40-10:20…
白駒池駐車場 10:50…麦草ヒュッテ 11:55-13:00…メルヘン広場 14:50
Top Page
-----------
Features
-----------
Back Numbers
-----------
Trekking Reports
DateArea
-----------
BBS
-----------
Profile
-----------
Links
-----------







このホームページはInternet Explore5.Xで最適化しています

ご意見、ご感想をお待ちしております。
dame-chan@mail.goo.ne.jp