Trekking Reports 〜山歩きの記録

2002.2.23(土) 梅の林と人の波間を泳ぐ【幕山 箱根】

湯河原梅林と幕山の岸壁
五郎神社には綺麗な公衆トイレがあり、湯河原駅のトイレが順番待ちの時はお勧め。
道中の安全を祈願したあと、神社の左脇の舗装路の登り道を歩いていく。
ここからすぐに山道かと思いきや、ヒノキ林やミカン畑を縫うように舗装路が続く。
しかも、かなりの斜度で、つい愚痴が...
途中、南郷山を示す道標に一同目が点。そこには行程の距離が「3800M」と書かれている。
普通は3.8kmと書かれているものだが、メートルで書かれるとまるで標高のようで、
富士山より高いのかよ!と、ツッコミたくなる。(笑)

さらに舗装路を行くと、町中と同じように道ばたにミカンや野菜の無人販売がある。
町中でミカンを買ったikaさんは値段が気になるようだが、
標高が高くても割増料金にはなっていなかった。
野菜はともかく山頂で食べるミカンはここで買った方がちょっとは楽できたかな。(笑)

やがて舗装路が終わり、右手にゴルフ場が見え始めると傾斜はなだらかになり、
湯河原の街並みや真鶴半島が綺麗に見えてくる。
ただ、この日はちょっと霞んでいたので遠望は×。
そして富士山方向は雲に覆われていた。(ここから富士山が見えるかどうかは不明)

途中、舗装林道と合流し、階段を登って再度山道に入ると山頂はすぐそこ。
かなり背が高いササの間の道を歩いていくと、南郷山に到着した。
山頂はすごい人でごった返しており、すわる場所が見あたらない。
ここで昼食の予定だったが、仕方なく空腹を我慢して先に進むことにした。

南郷山山頂
ここから幕山方面へはササの急斜面を切り開いただけの急坂を下る。
一直線に下っていく道は、計画されて造られた道と言うより、
誰かが笹ヤブを強行突破した跡が道になったんじゃないかと思える。
そして、ここから登ってくる人も結構多くて、渋滞待ちを強いられる羽目になった。

下り終えるとまたもや舗装路に合流。
ここから舗装路をしばらく歩くと、自鑑水(じがんすい)方向を示す道標が現れる。
舗装路から見ると暗くて薮っぽそうな雰囲気で、我々の前を歩いていたグループは、
舗装路をそのまま進んでしまったが、山道に入ると結構広くて特に問題はない。
ただ、木々はうっそうと茂っていて、ちょっと暗い。
前から歩いてきたグループが私を見つけて、「あ〜、こっちで合ってた」と、
安堵の声を漏らしたは、この薄暗さに不安を感じていたからなのだろう。

軽く登って、ちょっと下ると自鑑水と書かれた標識のある広場に出た。
道の左手には小さな窪地があるが、乾ききっていて沼どころか湿地でもない。
ここで休憩していたグループに「これが自鑑水ですよね」と尋ねると、
苦笑いが返ってきた。どうやら私と同じような感想をお持ちのようだ。
ここに来るまでは、自鑑水で食事にしようとか話していたが、これを見て意気消沈。
やっぱり幕山まで行きましょうということで、意見は一致した。

乾ききった自鑑水
自鑑水から幕山へは一旦下って、三度舗装路と合流。
つまり、自鑑水に行く必要がなければ、南郷山から下って合流する舗装路を
そのまま真っ直ぐ歩けばかなりショートカットできるようだ。
そして、舗装路を渡って南のヒノキ林に入る。
道は非常に整備されていて、石ころひとつ無い...と思ったら、
ちょっとした木の根っこに「整備が足りん!」と文句を言っているおじさんが。(笑)
まぁ、そういう山なんでしょうねぇ。

行き違う人が多いので、混んでるだろうなぁと思いながら山頂にたどり着くと、
案の定というかそれ以上の混雑具合。
山頂はかなり広いのだが、まるでお花見の公園状態。実際、至る所で宴会が開かれていた。
う〜ん、花もあれば良かったのにねぇ。
ちょっとヤブっぽいところに空きスペースを見つけて我々も昼食の準備にかかる。
不安定なヤブの上に苦労してストーブを設置していると、
となりでつむぎさんがもし枯れ草に火がついたら辺り一面火の海だと脅した。

食後、ikaさんからは先ほど買ったみかんと芋羊羹がふるまわれ、
コーヒーを入れてちょっとのんびりとくつろぐ。
そして携帯伝言板をチェックすると、石原さんがこちらに向かっているとの書き込みがあった。
こりゃいかん!お出迎えしなくては!
ということで、あわてて片づけに取りかかって下山することにした。(脚色有り)

人混みの幕山山頂
下山は真鶴半島を見ながらのルート。
なかなか気持ちのいいところだが、相変わらずの人で大混雑。
しかも路面に砂が浮いているので滑りやすく、至る所で悲鳴が上がりそのつど渋滞が酷くなる。
私自身はそれほど滑りやすいとは思わなかったが、たぶん山慣れていない人が大半なので、
靴が違うことと、こういった道に慣れていないということが原因だろう。
そして、大勢がずるずる歩いているものだから砂埃がひどく、全身砂まみれ。
しばらくは渋滞の後についてのんびりと歩いていたが、そのうち我慢も臨界点突破。
ちょっと急なところで滑らないよう恐る恐る足を進めるおばさま方の脇をすり抜けること度々。
ようやく渋滞から抜け、ペースアップして快適に下れるようになった。

かなり下りてきたはずなのに、なかなか梅林が見えてこないので、
まだかなぁと言いながら歩いていると、梅林からのピストンで歩いている人に、
「かなり下まで行かないと見えない」と聞かされ、ちょっとガッカリ。
そして人でごった返す東屋を過ぎ、道がなだらかになると、
目の前に大勢のクライマーが張り付いている有名な幕山の岸壁と一面の梅林が現れた。
岩と梅の取り合わせが山水画のようでなかなかグッド。
ただ上の方はまだ蕾も多く、どうも開花時期にバラツキがあるようだ。
カメラの砲列と観光客を縫うようにして、梅を楽しみながら徐々に下っていき、
売店が建ち並ぶ幕山公園のすぐ上にたどり着いた時、後からつむぎさんが声を上げた。
何ごとかと振り返ると、なんと石原さんじゃないですか!
こんな混雑したところで出会えるなんてと、お互いビックリ。
それまでなんどか携帯で連絡を取ろうと何度か試みていたが、
電波の状態が悪く半ば諦めかけていた矢先だったので本当にラッキーだった。
初対面のikaさんを紹介したりしてしばらく立ち話していたが、
石原さんにお連れの方がいらっしゃったので、あまり待たせては申し訳ないと切り上げ、
今度はご一緒しましょうと言って別れた。

湯河原梅林
そして幕山公園。ビールにカップ酒に味噌おでんを現地調達してにわか宴会を始めた。
すごい人出の割には幕山公園が意外と空いているのは、ここに一本も梅の木がないからだろう。
でも、幕山のすそ野に広がる梅林を遠望しながらの宴会もなかなかよし。
そして帰りも駅まで歩いていると、五郎神社前の鍛冶屋バス停にちょうどバスが到着したので、
ラッキーとバスに乗り込んで駅へと向かった。

梅を見に行ったのか人を見に行ったのかという状態ではあったが、
確かに梅は綺麗だったし幕山もお手軽ないい山なので、なかなか楽しむことができた。
でも、やっぱりちょっと歩き足りないかなぁ。


【コースタイム】
湯河原駅 9:45…五郎神社 10:15-10:25…南郷山 11:40…自鑑水 12:05…
幕山山頂 12:25-13:15…幕山公園 14:10-14:55…五郎神社 15:30
Top Page
-----------
Features
-----------
Back Numbers
-----------
Trekking Reports
DateArea
-----------
BBS
-----------
Profile
-----------
Links
-----------







このホームページはInternet Explore5.Xで最適化しています

ご意見、ご感想をお待ちしております。
dame-chan@mail.goo.ne.jp