Trekking Reports 〜山歩きの記録

2002.1.26(土) 雪を求めて奥秩父に向かうも...【茅ヶ岳 奥秩父】

うっすらと覗く甲斐駒ヶ岳とアサヨ峰
南アルプスの大展望と積雪と霧氷を求めて、奥秩父の前衛「茅ヶ岳」に行くことにした。
この山は、山自体より深田久弥氏が亡くなった山として有名で、
麓には深田公園、登山道の途中には深田久弥終焉の地があります。

霧氷を見るなら早出しなきゃということで、5時に出発。
真っ暗な中中央自動車道を西進し、甲府に入った頃、空が白み始めると、
でっかい南アルプスが正面にど〜ん!と現れた。
今まで何度も見てきた景色ではあるが、こればっかりは何度見ても見飽きることがない。
その上、今回はやや赤みがかった朝日に照らされ、神々しく光り輝いていた。
こりゃ、茅ヶ岳からの展望はさぞかし素晴らしいに違いないと、
登山口となる深田公園に急ぎ、さぁ準備しようという段になって、
「あ〜っ!コンビニに寄るの忘れた!」
ということで来た道を逆戻り。コンビニを探して30分のロスとなった。

深田公園の駐車場からは雑木林の中の広くなだらかな道が続く。
一応、歩道となっているようだが、四駆なら十分に走れそうなほどの広さだ。
廃屋や廃車が並ぶ寒々とした光景を眺めながらしばらく歩くと、林道に出る。
今回は深田公園の駐車場に車を停めたが、車でここまで上がることができる。
駐車スペースは2台分がやっと。この日は全く停まっていなかったが、
やはり深田公園の駐車場に停めるのが正解だろう。

広くなだらかな並木道を歩く
林道を横切って山道へ入るが、やはり四駆なら走れそうなほどの広い道が続く。
そして、真っ直ぐ道なりに進んでいくと、ついに広い道は終点となり、
大きな石がゴロゴロした谷道と変わる。ただ、谷とは言っても水は全くなし。
石がちょっと邪魔ではあるが、大した登りもなくどんどん距離を稼ぐ。
やがて、登山道は大きな岩の壁に遮られる。これが女岩である。
わずかに滴れ落ちる水が凍りついて、至る所につららを作っている。
ここで小休止を取るが、なんとなく曇ってきたように見える空が気になって、
ゆっくりする気になれない。
結局、一旦降ろしたザックをすぐに担ぎなおして歩きはじめた。

女岩
女岩からはまず右手を巻くように進み、岩の上に登ったところから急登が始まる。
雑木林の急斜面で、稜線を見上げる角度は高く、こりゃしばらくは我慢だなぁと、
気合いを入れ直して、一歩一歩急登を登っていく。
と、上から中年のご夫婦が下りてきた。今日出会った初めてのハイカーだ。
展望の状況を聞こうかとも思ったが、見上げるとどんよりとした曇り空。
なかば諦めモードに入っていたので、あいさつのみですれ違った。

少しずつ近づいてくる鞍部を見据えながら、あせらずゆっくり登っていき、
ようやくのことで鞍部に到着。
設置された道標には山頂と今登ってきた韮崎。
そして地図には書かれていないが、稜線に沿って東へ進むルートが記されている。
道標には敷島と書かれているが、今いるところが敷島町なので、どこへ向かうのかは謎だ。

分岐から少し山頂に向けて登ると、すぐに「深田久弥終焉の地」に到着する。
想像していたよりも素朴な石碑と、プラスチック製の小さなお地蔵さま。
供えてある花が枯れていないところを見ると、頻繁に供えにくる人がいるのだろう。

深田久弥終焉の地
そして、ここからは偽ピークとの戦いが続く。
真っ直ぐ続く尾根道は、急登と平坦の繰り返しなので山頂が見えない。
急登を登っている時は、これを登り切ると山頂のような気がするのだが、
登り切るとさらに上へと続いている。これを何度繰り返しただろうか。
もう、期待を込めて急登の先を見上げる気力が萎えてきた頃、だんだんなだらかになってきて、
それにともない凍結した路面が現れ始めると、ようやく、茅ヶ岳山頂に到着した。

山頂は意外と広く、石がゴロつく様は同じ奥秩父の前衛の乾徳山に通じるものがあるが、
あそこは山頂が岩の上であるのに対し、こちらは平らな広場に石が転がっているといった様子。
霧氷などはみじんもないが、石と石の間は見事に凍りついており、
ここまできてようやく冬山の一端がかいま見えた。
そして、展望は....真っ白。(;_;)
すぐ隣の金ヶ岳までがガスでシルエットしか見えないような状態。
本当なら、富士山に南アルプスに八が岳に奥秩父にと、
ものすごい山々にぐるりと取り囲まれた、素晴らしい展望台のはずなのだが。

茅ヶ岳山頂
さて、どうしたものかと、寒い山頂(首にかけたタオルが棒状に凍りつくほど)で
独りぼ〜っとしていると、単独の中年女性が登ってきた。
お互い残念でしたねぇなどと話しながらしばらく山頂ですごしていると、
遠くに白い縦線が見えてきた。これは南アルプスの谷筋に積もった雪だ。
そして、よ〜く目を凝らしてみると、なんとかそこに南アルプスがあるらしい、
という程度にまでは見えるようになってきた。

先に下るという女性を見送って、もう少し見えるようにならないかと、
しばらく粘ってみるが、あまり変わらず。
と、一人になって静かになったせいか、小鳥(ゴジュウカラ)が回りを飛び回るようになったので、
カメラ片手に追っかけたりして時間を過ごし、
結局ほとんど良くならなかった展望に見切りを付けて下山することにした。

山頂で出会ったゴジュウカラ
下山は道標に尾根道と書かれたコースを下りることにした。
山頂で出会った女性にはかなり急なところがあるから、
凍結していたら危ないと忠告されていたが、それでもピストンよりはまし。
ま、アイゼンも持ってきているしなんとかなるだろうと、
登りとは反対の明るい尾根の小径を歩いていった。

ちょっと下ってしばらくはなだらかな尾根道が続くが、いきなり路面が砂の急坂が現れた。
あぁ、忠告されていたのはここのことだなと思いつつ、慎重に歩を進める。
幸い霜がある程度で凍結していなかったので、アイゼンを取り出すまでもない。
そして、ここは周囲に木々がないお陰で展望が素晴らしい。
ちょっと南アルプスの様子が気になって足を止めると...
あ〜っ!見えてる!
曇り空が晴れたというわけではないが、
ガスっててほとんど見えなかった南アルプスが、かなりクッキリと見えている。
特に、甲斐駒ヶ岳の雄々しい姿は感動的ですらある。
慌ててカメラを取り出しながら、山頂方面を振り返ると、やはりガスっぽい。
う〜む。どうやらガスっていたのは南アルプスではなく茅ヶ岳の方だったらしい。
で、ちょっと下ったことでガスの下に出たので見えるようになったわけだ。

思わぬ展望台
砂地の急斜面を抜けると、あとはなんのへんてつもない尾根道が続く。
道は真っ直ぐなので、並木道の向こうに甲府の市街までがうっすらと見える。
ときどきちょっとした岩場があるが、
難所というレベルではなく、あっというまに林道に合流した。
さぁここから長い林道歩きだと、左へ進もうとすると、道標は駐車場の方向を右に示している。
あれ?おっかしいなぁと、一応道標に従って右、すなわち西方向へ歩くと、
林道の谷側に広場が現れ、道標はこの奥へ進むように示している。
う〜ん、本当に深田公園の駐車場に連れて行ってくれるのかと、
半信半疑でそれに従って歩くと、道は平らな雑木林の中を今度は東へと向かい始める。

よし、これで方向はあっている。
な〜んだ。林道を歩かなくてもすむように遊歩道ができてるんだ。
至れり尽くせりだなぁなんて思いながら雑木林の小径を歩いていると、
あっというまに、登りで通った駐車場から林道の合流点へ向かう、
廃車や廃屋が点在する広い道に合流した。
あれ?結構距離があったはずなのに、おっかしいなぁと思ったが、
迷ったわけではないので、あまり深く考えずに駐車場に向かった。

帰ってからエアリアマップを眺めていて判明。
てっきり大机方面へ向かう赤い実線を下っていると思っていたが、
よく見ると女岩コースの西側の尾根に「防火帯の尾根道あり」とある。
どうやらこれを下ってしまったのだろう。
そりゃ、駐車場までの距離が短いはずだ。

いくら前衛とはいえ、奥秩父なら雪もあるだろうと思っていたが、
これじゃあ丹沢の方がよっぽど雪が多いじゃないか。
これがたまたまなのか、こんなものなのかは、ここが初めての私には分からないが、
関東で雪を求めるならもっと北に行かなきゃいけないのかな。
谷川とか?<ヾ(^^;をいをい


【コースタイム】
深田公園駐車場 8:20…女岩 9:10…深田久弥終焉の地 9:50…
茅ヶ岳山頂 10:10-10:35…深田公園駐車場 11:50
Top Page
-----------
Features
-----------
Back Numbers
-----------
Trekking Reports
DateArea
-----------
BBS
-----------
Profile
-----------
Links
-----------







このホームページはInternet Explore5.Xで最適化しています

ご意見、ご感想をお待ちしております。
dame-chan@mail.goo.ne.jp