Trekking Reports 〜山歩きの記録

2001.11.24(土) 富士展望の穴場をお手軽コースで【黒岳 富士五湖周辺】

黒岳の展望台から富士山と河口湖を望む
先週丹沢へ向かう途中の冠雪した富士山が印象的だったので、
今回は富士山展望を目的に御坂山塊の最高峰「黒岳」(1792.7m)に向かうことにした。
ここから見た富士山が一番好きって言われる方も多い山だが、
隣の三つ峠山の賑わいに比べて人も少なく、ちょっとした穴場の山である。

最初は天下茶屋から大石峠まで縦走するつもりだったが、
風邪で頭と喉が痛い状態ではあまり無茶をしないほうがいいかなと急遽予定変更。
黒岳北側のすずらん畑まで車で入り、新道峠〜黒岳〜日向坂峠と歩くことにした。

すずらん畑へと向かう林道の脇は霜で真っ白。
車外気温計を見ると高度を上げるにつれどんどんと下がり、
登山口のすずらん畑ではついに氷点下1度になってしまった。
う〜む。風邪をひいている奴が来るところじゃないなぁ、と思いながら支度開始。
まずは舗装路を新道峠へむけて歩きはじめた。
この峠からはうっすらと積雪した南アルプスがとても綺麗で、
これだけでも無理して来た甲斐があったというもの。
でも、気温は相変わらず低く、日陰では斜面は霜で真っ白。路面は凍結し、完全に冬山の様相だ。

やがて林道終点に到着。やや広くなったところとその手前をあわせて先客は5台。
こりゃ山頂は大にぎわいかと不安になったが、結局ほとんど人に会わなかった。
いったいこの人たちはどこへ向かったんだろう。

すっかりガスに覆われた河口湖
林道から登山道に入ってものの数分で新道峠に到着。
目の前には朝日に照らされた富士山が非常に大きく、河口湖は完全に雲海の下。
河口湖大橋がガスの上に出ているところを見ると、ガスはかなり薄いようだ。
朝日がちょっと逆光気味なので写真を撮るにはかなり苦労したが、
横から光を浴びた富士山は陰影によって精悍な印象で、なかなかよい。
先着の単独男性とともに、しばらくため息をつきながら富士山を眺めていた。

新道峠からちょこっと登ると破風山に到着。ここも富士山側が開けていて、絶好の展望台。
そしていったん下るとすずらん峠に到着。今回はちょっと遠回りしたが、
すずらん畑からこの峠へ出るルートがここで合流する。
そしてここからは黒岳へ最後の登り。やや急とはいえなんてことのない登りだが、
今日の体調ではすぐに息が上がってしまう。

息を切らしながら登り切ると一等三角点のある山頂に到着。先客なし展望なし。
ここから南へ5分ほどで展望台があるとの道標があったので、
当然そちらに向かうと、ものの数分で到着。
ちょっとした露岩の展望台で、やはり富士山側が広く開けている。
岩の上に立ってパノラマ用の写真を撮っていると、
水準器が手の中からポロッと岩の下へと転がり落ちてしまった。
大して高い物じゃないので諦めようかとも思ったが周囲を見回すとなんとか下に降りられそう。
ちょっと迷ったすえ、雑木をかき分け深い落ち葉を踏みしめ急斜面を岩の下へと下りた。
幸いにも水準器はあっさり見つかり、なんでこんなとこでヤブこぎしているんだと
自分自身にツッコミながら、再度落ち葉にまみれながら急斜面を登った。
そして再度岩の上に立ったところで、単独の男性が到着。
あぁ、登っている最中じゃなくて良かったと思いながらも、
何もなかったような顔をして再度ヤブこぎモードから撮影モードに切り替えた。
ひととおり撮影を終えた後、ここから河口湖へと下りるルートを確認すると、
エアリアの赤点線ルートの割にはちゃんとした踏み跡が下に続いていた。

絶好の快晴と朝日に照らされた富士山
展望台から山頂へ戻ると相変わらず誰もいない。
たぶん隣の三つ峠は混雑しているんだろうなぁと思うとちょっと得した気分だ。
さてここからは日向坂峠へと向かうのだが、
地図では山頂からすぐ北に向かっているはずのルートがない。
ここに来る途中にそんな分岐があった憶えがなかったので、
とりあえず御坂峠へ向けて進むとすぐに分岐に到着。
と、正面の御坂峠から単独の男性が登ってきた。
これで3人目の単独男性。ここは女性に嫌われる山なのだろうか?<違うだろ!

黒岳北斜面は山梨の森林百選に選ばれているブナとミズナラの林で、
すっかり落葉していまい黄葉はないが、落ち葉の絨毯と木漏れ日がなかなかよい。
おもったより急な坂道を落ち葉に足を取られそうになりながら下り、
途中登ってきたかなりしんどそうな様子の男性3人組とすれ違い、
ちょっとした平坦な木の根元でお弁当を広げるご夫婦の横を抜けると、
やがてすずらん畑へと向かうルートとの分岐の鞍部に到着。
ここから下ると駐車地まで15分ほど。
ちょっと引かれたがここで下りちゃうと行程が3時間に満たなくなってしまう。
やはりもうちょっと歩きたいよなぁと思って予定通り日向坂峠へと向かう。
するといきなり登りが始まり、はやあそこで下りれば良かったかと後悔。
しかし、登りもすぐに終わり、「すずらんの頭」というプレートがかかった
小ピークに到着した。雑木林に囲まれているが木々の間からは
さっきまでいた黒岳山頂が意外な高さを見せる。

木漏れ日と落ち葉の絨毯の雑木林
すずらんの頭からはなだらかな尾根を下っていくと舗装路にぶつかった。
ここが日向坂峠で道ばたには車が2台停まっていた。
まだまだ歩き足りない気持ちは強かったが、「小作のほうとうが食べたい」
という気持ちのほうがもっと強く、体調のせいにして下山することにした。

体調を考慮して久々のお手軽ハイク。
最近は6時間超の比較的ハードな山行が続いていただけに、
物足りないを通り越して、山に登ったという実感がまったくわかなかったが、
(なんとなくロープウェイとかケーブルで山頂に立ったような気分)
素晴らしい富士山と南アルプスの展望。
それになによりすっかり定番になった「小作のほうとう」が食べられたので、
それなりに満足度は高かったかな。
でも、来週までにはなんとか風邪を治しておもいっきり歩きたいですね。


【コースタイム】
すずらん畑 7:35…新道峠 8:15…黒岳 9:05-9:15…展望台 9:20-9:40…
黒岳 9:45…日向坂峠 10:25…すずらん畑 10:40
Top Page
-----------
Features
-----------
Back Numbers
-----------
Trekking Reports
DateArea
-----------
BBS
-----------
Profile
-----------
Links
-----------







このホームページはInternet Explore5.Xで最適化しています

ご意見、ご感想をお待ちしております。
dame-chan@mail.goo.ne.jp