Trekking Reports 〜山歩きの記録

2001.10.27(土) この秋一番の紅葉を満喫【七ツ石山 大菩薩】

石尾根からの鷹ノ巣山
最初は先週行けなかった丹沢堂平のブナ林に向かう予定だったが、
どうせ紅葉を見に行くなら以前鷹ノ巣山に行った時に秋にはさぞかしと思えた
榧ノ木尾根の雑木林を歩きたくなり、ついでに登り尾根と七ッ石山を歩こうということで、
周回コースを取ることにした。

当初の予定では倉戸口近くの駐車場に車を停めて、バスで鴨沢へ移動。
登り尾根を登って七ツ石山から鷹ノ巣山、榧ノ木尾根と歩く予定だったが、
途中の首都高の渋滞で予定したバスの時間に間に合わず、仕方がないので鴨沢まで車で行き、
倉戸口に下りてからバスで鴨沢に戻ることにした。
ただ鴨沢の駐車場に着くとすでに満車状態。仕方なく留浦まで戻って駐車し、
バスの時刻を調べておこうとバス停に向かうと、奥多摩行きのバスがあと数分でやってくるようだ。
ここで三度目の予定変更。今から倉戸口にバスで向かい、予定と反対回りで周回することにして、
すぐにやってきたバスに乗り込んだ。

倉戸口からは民家の立ち並ぶ中、舗装路を登る。
ちょっと間違えて民家に迷い込みそうになりながら、所々にある道標に従って歩いていき、
前回ひっくり返った階段を登って山の中に入る。
しばらく紅葉とは縁のない植林の道だが、やがて周囲は雑木林に。
紅葉にはまだ早いようだが、ちょっと薄まった緑の森もなかなかいいものだ。
そして登るたびに黄色や茶色の葉が少しずつ現れ始め、木々の途切れたところからは
色鮮やかに染まっている倉戸山の山肌が覗き、嫌でも期待が高まってくる。

倉戸山山頂
倉戸山への登りは急登の連続で、前回下りで歩いた時は登りだったら大変だろうという
印象があったので、努めてゆっくりと登っていくと、山頂近くなってようやくなだらかになった。
このあたりでは木々も色づいており桜の名所らしいが、秋のこの季節もなかなかいいところだ。
でもここまで誰とも会うことはなかった。他のハイカーは雲取や三頭山、大岳山とかに行って、
あまりこういう中途半端な所にはこないのだろうか。

倉戸山ですこし休憩した後、本日のハイライトである榧ノ木尾根に向かう。
最初は緑の葉も多く、まだちょっと早かったかといった印象だったが、
標高を上げるにつれ周囲の木々はどんどん色鮮やかになり、
極彩色の森の中は朝日に照らされ、光り輝きものすごく綺麗だ。
まだ来週までは十分保ちそうなので、もし予定が決まっていない方はぜひ行ってもらいたい。

さて、私の方はすっかり撮影モードで、すっかりペースダウン。
結局この日は写真を撮りまっくったせいで、128MBのCFを導入して以来、
初めてメモリを使いきってしまった。
(あとで分かったことだが、紅葉のような色鮮やかな写真は圧縮が利きにくいようで、
結局、枚数的には120枚ほどしか撮っていたなった。ま、十分たくさん撮ってますが。)

榧ノ木山を過ぎると、まだ緑色が多かったもみじが鮮やかな赤色を見せるようになった。
その分、黄色の葉は落葉が目立つようになったが、やはりもみじの赤は美しい。
それに、鷹ノ巣山の山肌が色づき燃えているようだ。
もみじを見つけるたびにカメラを向けながら歩いていくと、正面から男性が歩いてきた。
こんなに朝早くどこから登られたんだろうと思いながらすれ違うと、こんどは女性が下りてきた。
「さきほどの男性はお連れですか?」と話しかけるとやはりそうとのことで、
朝イチで東日原から登ってきたらしい。「速いですねぇ」「がんばりました」
なんて話しながら別れ際、ここの雑木林が好きなんですとの言葉に、
まるで自分が誉められたことのようにうれしかった。


榧ノ木尾根の紅葉
そして正面に水根山が見えてきくると、ひと踏ん張りで石尾根縦走路と合流した。
紅葉の素晴らしさは先ほどに劣るものの、尾根道はさすがに開放感があり、
麓に雲のかかった富士山や大菩薩などの展望が素晴らしい。
ここにくるとさすがに人も多く、特に奥多摩駅へと縦走中のハイカーは非常に多い。
やがて見えてきた鷹ノ巣山山頂の広場は人で溢れているようだ。
そして、鷹ノ巣山山頂に到着。榧ノ木尾根ではほとんど人に会わなかっただけに、
こんなにたくさんの人はどこから登ってくるのだろうと不思議な感じだ。
やはり東日原の稲村岩尾根や峰谷の浅間尾根が多いのだろうか。

ここでランチタイム。お湯を沸かしてどん兵衛をすすりいなり寿司にパクつく。
展望は素晴らしいし、色づく足下の尾根も感激的。
風邪気味で体調不良の中で登ってきたが、ほんとうに来た甲斐があったというもの。
時間を忘れてうっとりと絶景を楽しんだ。

鷹ノ巣山を出発すると、まずは鞍部まで急坂を下る。
下りきったところには鷹ノ巣山避難小屋がある。
とても綺麗な避難小屋で中を覗くと、板場というよりフローリングの床が居心地良さそう。
ちょっと休憩していこうかなと、靴を脱いで上がり込むと、
このところ続いていた睡眠不足の影響か、睡魔におそわれてきた。
とりあえず、うっかり寝てしまった時のために携帯電話を目覚ましに寝ころんだ。
ま、寝ることはないだろうと思っていたら、きっかり15分後に目覚ましにたたき起こされた。
しかし、汗で濡れた服のままここで寝ちゃったのが失敗だったようで、
この後、頭痛と喉の痛みが増し、すっかり風邪をこじらせてしまったようだ。

避難小屋からはピークを忠実に辿るルートと巻き道との分岐になる。
最初尾根道を歩きかけたが、エアリアでは巻き道を通るようになっていたし、
時間にあまり余裕が無くなっていたので、途中から巻き道に戻って、
奇妙なほどなだらかな道をスピードアップ。どんどん距離を稼いでいった。
最初巻き道は植林の中だったので、失敗だったかなぁとも思ったが、
紅葉の素晴らしい雑木林にもなったので、まずまず。
でも途中、息を切らして峰谷分岐から千本ツツジへと急登を登り切ると、
だだっ広い並木道が続いており、時間があればここを歩いてみるのもいいかもしれない。

千本ツツジの並木道
そして、今夜雲取山荘泊まりという団体を追い抜いて登っていくと、
ようやく七ッ石山に到着した。
展望は鷹ノ巣山ほど開けていないが、雲取山への展望は素晴らしく、
ここからの一気の下りとそれからのアップダウンを見ていると、
ここから雲取山へと向かうのは大変そうだと、さきほどの団体に同情したが、
残っている距離は私のほうがずっと長い。
時間もギリギリの2時半ちょっと前。
3時間かかったとして5時半だと、もう暗いだろうなぁと思われるので、
ちょっと焦り気味にかなりペースを上げて下っていった。

七ッ石山から見た雲取山
それにしてもこのコースはほんとうに歩きやすい。
歩くのに邪魔になる石はほとんど落ちていないし、木の根の露出も最小限。
かなりのペースでひょいひょいと足を運ぶとどんどん進める。
ときどき調子に乗りすぎて足を滑らしたりしたが、それでも普段の何倍ものスピードで、
一気に下ると40分ほどで堂所を通過。
途中で3組4人を追い抜いて下り、結局2時間かからずに鴨沢に下りてきてしまった。
雲取へ登る時は鴨沢からが楽だという話は聞いていたが、
確かにこれだけ歩きやすい道は少ないだろう。
標高差1200m近くあるのにこれだけ楽に歩けるルートは他にそうはないだろう。
今回この登り尾根を歩いた目的が、積雪期前の下見という目的があったのだが、
これなら余裕で雲取まで行けそうだ。

登り尾根も紅葉真っ盛り
今回は参考タイム9時間半のロングコースだったが、
目的の紅葉も天気にも恵まれほんとうに素晴らしい山行となった。
ただ、風邪をこじらせてしまい、翌日完全に寝込む羽目になったのはご愛敬かな。
まだしばらく紅葉は楽しめそうだし、今から来週はどこへ行こうかと悩んでたりして。
でも、風邪を引いているのに山に行くのは止めましょう。(笑)


【コースタイム】
倉戸口 8:15…倉戸山 9:40…榧ノ木山 10:40…石尾根縦走路合流 11:20…
鷹ノ巣山 11:45-12:25…鷹ノ巣山避難小屋 12:40-13:05…七ッ石山 14:20-14:30…
堂所 15:10…小袖乗越 15:55…鴨沢 16:25
Top Page
-----------
Features
-----------
Back Numbers
-----------
Trekking Reports
DateArea
-----------
BBS
-----------
Profile
-----------
Links
-----------







このホームページはInternet Explore5.Xで最適化しています

ご意見、ご感想をお待ちしております。
dame-chan@mail.goo.ne.jp