Trekking Reports 〜山歩きの記録

2001.10.13(土) 秋晴れの下、紅葉の稜線を歩く【小金沢連嶺 大菩薩】

小金沢山頂での集合写真
この日はまきたさん主催のML低山徘徊派のオフ。
向かうのはちょうど紅葉の盛りを迎えると思われる大菩薩峠から南へと続く小金沢連嶺。
中央線高尾駅で横浜から参加のまきたさん、亜美さんと合流。
しばらく待って到着した高尾発小淵沢行きの普通電車の先頭車両に乗り込んだ。
そして、発車時間を待って車内で歓談しながら待っていたが、
もう1人の参加者Martyさんがやってこない。
MLで先頭車両と指定していたので、それぞれに不安な気持ちになりながらも、
どうすることもできず閉まるドアを見送り、とりあえず3人で甲斐大和まで向かうことになった。
で、1時間ほどで甲斐大和に到着。ホームに下りて改札口に向かうと正面からMartyさんが登場。
先頭車両という記述を見逃されていたとのことで、一同ひと安心。
気を取り直して、タクシーに乗り込んで今日のスタート地点である湯ノ沢入口へ向かう。
タクシーでは湯ノ沢峠まで行くことができるが、まきたさん情報ではこの間の台風で土砂が崩れ、
途中で行き止まりになっている可能性があるということなので、
大事を取ってその手前から出発することにしたのだ。

湯ノ沢峠入口は焼山沢林道のヘアピンカーブにあり、南大菩薩嶺周辺案内図と緑色の道標がある。
周囲の雑木はまだ色付きはじめといった様相だが、湯ノ沢峠はここより250mも高いので、
稜線の紅葉に期待がふくらむ出発となった。
ここから湯ノ沢峠までは終始沢沿いを歩く。
何度も沢を渡るルートだが、橋が流されていたり道が崩れていたりでかなり荒れている。
その上、あまり人が歩かないルートなのか、多くのクモの巣が行く手を遮る。
先頭を歩いていた私はかなり貧乏くじを引いてしまったようだ。

湯ノ沢峠へと向かう谷沿いの道
そして、最後に階段を登ると湯ノ沢峠避難小屋の正面に出た。
避難小屋の向こうに見える駐車場にはすでに4、5台の車が停まっていたので、
どうやら通行止めは解除されていたようだ。
でもタクシー代が節約できたし、沢沿いのコースを楽しめたので(クモの巣は余計だが)、
よしとしよう。

湯ノ沢峠からは稜線上のコース。
さすがに見晴らしもよく、ちょっと登ると大蔵高丸の上にヒョッコリと富士山も現れた。
また南アルプスも近く、この夏登った北岳や仙丈ヶ岳もよく見える。
と、ここでアクシデント(?)。
湯ノ沢峠で先頭を亜美さんに譲ったとたん、ものすごいスピードアップ。
最初のピークの白谷丸までかなりの急登なのだが、とてもついていけない。
こりゃあかん。自分のペースを守らないとあとでえらい目に遭うと、
ゆっくり歩こうと思うのだが、そこは修行が足りない私のこと。
ついついオーバーペースになってしまい、結局白谷丸に着いたところで、すでに大バテ状態だった。
う〜ん、まだスタートしたばっかりなのに...

で、この白谷丸。腰掛けるのにちょうどいい露岩が至る所にあり、
展望は富士山から南アルプス、八ヶ岳まで思いのまま。
展望に恵まれた今日のコースの中でも最高の展望台かもしれない。
先客は中年夫婦のみ。奥の方でのんびりされていたので、ここが目的地だったのだろうか。
我々もここでちょっと長めの休憩。
Martyさんからはフルーツ(なんだっけ?)入りのゼリーが振る舞われた。

絶好の展望台、白谷丸
白谷丸からはいったん下って登り返す。
この鞍部が素晴らしい雑木林で、盛り一歩手前といった黄葉に包まれ一面原色の世界だ。
快晴に輝く紅葉をうっとりと眺めながらなだらかな坂を登り詰めると、
完全に樹木に覆われ展望ゼロの黒岳に到着。
一等三角点と白い木の杭の山名表示があるだけであまり広さもなく、ここは通過するだけ。

黒岳からの下りはなかなかの急坂。
色づく雑木林の中を木々につかまりながらどんどん標高を下げ、
最後にちょっと登り返すと川胡桃沢の頭に到着。
ここは低木はあるものの頭上を覆う高木はなく、明るくて気持ちのいいピークだ。
ただなだらかなところなので、ピークというより縦走コースの通過点といった印象で、
今回も立ち止まらずに先へと進む。

黒岳手前の雑木林は紅葉真っ盛り
川胡桃沢の頭からはまたも雑木林の中をだ〜っと下る。
この先の牛奥の雁ガ腹摺山から見ると、このあたりの木々は紅葉真っ盛りで
素晴らしかったはずなのだが、このときは急下りに気をとられ、
残念ながらほとんど印象に残っていない。
そしてややヤブっぽい中を黙々と下ると、鞍部でいきなり林から飛び出した。
すると、正面には一面笹に覆われまるで草原かゴルフ場のような光景が広がる。
山頂へと続く笹ヤブについた一本道は一幅の絵のようだ。
この目の前に見えるピークが牛奥の雁ガ腹摺山。今回の目的地のひとつだ。
明るい笹原をウキウキしながら登っていくとやがて山頂に到着。
すでに先客が数名。今回の山行は道中ではほとんど人と会うことがないのに、
なぜかピークごとに人が待っているという変な巡り合わせだった。

ここでちょうどお昼の時間。山頂は広くて見晴らしも良く、絶好の展望レストランだ。
富士山を真正面に見る絶好のポイントに陣取って、食事&歓談タイムとなった。
展望については南アルプスはかなり雲に隠れてしまい、富士山も山頂に雲がかかり始めた。
でも、川胡桃沢の頭の斜面の紅葉が素晴らしく、紅葉シーズンの到来をしみじみと感じた。

牛奥の雁ガ腹摺山
牛奥の雁ガ腹摺山からはアップダウンはそれほどでもないが、露岩を乗り越えたり、
笹ヤブをかき分けたりとなかなかの難コースとなる。
途中では尾根を巻くルートがあるにも関わらず、尾根上を直進しヤブに悩まされたり、
いきなり斜面を下り始めるルートに不安になったりしながらも、なんとか小金沢山に到着した。

小金沢山頂にはやはり先客が数名。
と、この先客の男性が以前立てた「山梨百名山」の標識が無くなっていると騒いでいた。
すると、数ヶ月前に単独でここに来られているまきたさんは「前回きた時はあったはず」とのこと。
崖下を眺めてみるがそれらしきものはなく、この男性も周囲をけっこう探し回られたとのことだ。
それにしても、あの標識を持ち上げるだけでも大変な労力を要したはずなのに、
まったく、不心得者がいたものである。
ま、気を取り直して集合写真を撮ることになり、先ほどの男性にシャッターをお願いした。

小金沢山からは暗い雑木林の斜面を下ると、いきなり視界がパーッとひらける。
一面ササの平原で、色づく木々や青空とのコントラストが素晴らしい。
いや、それ以上に今まで雑木林の中に押し込められていた反動で、ものすごい開放感を感じた。
「狼平」と呼ばれるササの草原についた道を進み、丘状のちょっとしたピークに上がると、
もうなんて表現したらいいか分からないほどの美しい大パノラマ。
ともかく写真を見ていただきたい。

狼平の大パノラマ(117K)
狼平から石丸峠に着くと、熊沢山への登りが待っている。
かなり疲労を感じていたのでちょっときついが、これが最後の登りと思うと気力も湧いてくる。
また、コースは熊沢山のピークを巻くように付いているので、
思ったより楽に熊沢山を越え、ついに最後の目的地の大菩薩峠に到着した。

大菩薩峠ではまきたさんからコーヒーのサービス。
インスタントコーヒーの筈なのに、これが無茶苦茶うまい!
この夏、北岳にMartyさん、まきたさんのコンビで行かれた時に、
疲労困憊のMartyさんが生き返ったという、噂のコーヒーはこれかと、感心しながら戴いた。

さて、これから帰りをどうするか。
当初は大菩薩登山口バス停まで歩くというアイデアもあったが、
時間も結構遅くなってきていたので、上日川峠までタクシーを呼ぶことにして、
携帯を取り出すとありがたいことに圏内。
さっそく電話し、配車係の何時がよいかとの問いに40分後と答え電話を切った。
で、地図を見ると、あ〜っ!大菩薩峠から上日川峠まで1時間かかるじゃないか!
それからもう大変。とりあえず、先に行くと言って、まきたさんが猛ペースで出発。
その後をMartyさんが追いかけ、最後に私と亜美さんが押っ取り刀で出発した。

大菩薩峠からはもうおなじみの林道を下る。
2人が先行しているからと言っても、我々だけのんびり下るのは申し訳ないので、
こちらもかなりの早足で先行の2人を追う。
いつもなら福ちゃん荘からは遊歩道を歩くのだが、今回はそのまま車道を歩き、
結局、大菩薩峠から50分で上日川峠に到着。すでにタクシーは待っており、
ほとんど遅れることなく到着していたまきたさんが運転手と歓談していた。

展望に紅葉にと素晴らしいコース。
紅葉のタイミングもほぼバッチリで、本当に楽しい1日でした。
特に狼平の景観がよかったなぁ。今度は冬にでも行ってみるかな。


【コースタイム】
湯ノ沢入口 9:10…湯ノ沢峠 9:50…白谷丸 10:40-10:50…
黒岳 11:15…牛奥の雁ガ腹摺山 12:10-12:45…小金沢山 13:30-13:40…
狼平 14:10…大菩薩峠 15:10-15:25…上日川峠 16:15
Top Page
-----------
Features
-----------
Back Numbers
-----------
Trekking Reports
DateArea
-----------
BBS
-----------
Profile
-----------
Links
-----------







このホームページはInternet Explore5.Xで最適化しています

ご意見、ご感想をお待ちしております。
dame-chan@mail.goo.ne.jp