Trekking Reports 〜山歩きの記録

2001.09.16(日) 史上初!低徘東西合同オフ【仙丈ヶ岳 南アルプス】

仙丈ヶ岳山頂から雲海が広がる展望(67K)
この日は初めての東西合同オフということで仙丈ヶ岳に行くことになった。
メンバーは、関西から水谷さん大加茂さん、関東からは亜美さん、つむぎさん、私の総勢5名。
一時は関東メンバーのみになるかと危ぶまれたが、
水谷さんのおかげでかろうじて東西合同オフの金看板を降ろさずにすみました。m(__)m
(大加茂さん水谷さんの車に便乗することで参加が可能になった)

で、亜美さんとつむぎさんは北沢峠の長衛荘泊まり。
水谷さん大加茂さんは北沢長衛小屋前でテント泊。
で、私は大河原で車中泊と思いおもいのパターンで前夜をすごし、当日の朝を迎えた。

40分前にバス停に列んで、朝イチの北沢峠へ向かうバスの先頭車に乗り込み、
定刻の7時15分に北沢峠到着。
先行する4人を追いかけなきゃいけないという焦りのためか小仙丈へ向かう尾根ルートに行きかけ、
慌てて引き返してちょっとタイムロス。
気を取り直し、まずは大平荘を目指して林道を戸台方面へと向かった。
そして林道から大平荘へと示す道標に従って山道に入ると下る下る。
せっかくバスが標高を稼いでくれたのに、それを70mほどはき出したところで大平荘に到着。
平屋建ての真新しい山小屋で、前日は満員だったはずだが、
(3日ほど前に混雑状況を電話で尋ねると満員という回答だった)
さすがにこの時間だと従業員以外に誰もおらず閑散としている。

大平荘からは樹林帯のなだらかな道となる。
右手下の方に沢音を聞きながら何度か小さな沢を渡る。
1時間ほど先行しているはずの4人を追ってどうしてもペースが上がる中、
ゆっくりゆっくりと自分に言い聞かせながら進んでいくと、
今度はつづら折りにかなりの急斜面を登っていく。
ここでもちょっとオーバーペース気味に登ってしまったため、途端に息が上がってきた。
それでもわき目もふらず、一心不乱に登っていくとようやく尾根上に到着。
右手の下の方に木々の間から見えている大きな滝が薮沢大滝だろうか。
ここでちょっと立ち止まって息を整え、さらに先を目指す。

薮沢沿いに馬ノ背を目指す
尾根を乗り越えて沢側の斜面を高巻きに進み、やがて沢と合流。
ここから左岸に渡るようだが水が増水していたので、渡れそうなところを探してちょっと上流に進み、
飛び石を見つけて渡渉した。そして渡ったところで周囲を見渡すが、どこへ進むのか分からない。
とりあえず沢を詰めてみるか、なんていうヤバイ考えが振り払いながらキョロキョロしていると、
後ろから若者5人組が追いついてきた。こりゃラッキーと話しかけると、
ちょっと下流に引き返したところに斜面を登る道がついているらしい。
上流から見ると藪に隠れて見えなかったようだ。

さて、左岸に取りつくと斜面を沢に沿って登っていく。
沢の右岸からは大小数多くの滝が流れ落ちており素晴らしい渓谷美を見せる。
また背後にはややガスってはいるものの、甲斐駒ヶ岳の雄姿がそびえ、なんとも素晴らしい。
沢に沿って吹く天然のクーラーで涼みながらしばらく休憩したいところだが、
先を進む4人のことが気になって、泣く泣く先を急ぐことにした。
さらに登り、鞍部が近づいて傾斜がなだらかになったところで沢から離れ尾根へと登る。
そして上の方から発電機の音が聞こえてくると、ログハウス風の壁が特徴的な馬ノ背ヒュッテに到着。
気分としては「えっ、もう着いちゃったの」といったところだが、
序盤の猛ペースがたたって結構足は疲労していた。
ヒュッテ前のベンチはちょっと休んでいこうぜと言っているように見えたが、
とりあえずの待ち合わせポイントである馬ノ背分岐までもう少しなので、
とりあえず合流してから休もうと先を急ぐことにした。

馬ノ背分岐へはヒュッテから10分足らずで到着。
みんな待ってるかなぁと思いながら周囲を見渡すも閑散として誰もいない。
まさか追い抜いたってことはないだろうから先に行っちゃったのね...
ということで、休憩は後回し。さらに先を急いで尾根道を登り始めた。

そして歩き始めてまもなく、前方で休憩している男性2人組を発見。
もしかしてと思いながら近づくと、「だめちゃん?」の声。
やっぱり、関西から来られた水谷さん大加茂さんだ。
久々の再開(といっても、お盆の氷ノ山でお会いしているのだが)を喜んだ後、
「だいぶんお待たせしたんじゃないですか」と尋ねると、
「いや、今到着して休憩していたところ」との答え。
出発は6時ということなので、なんでそんなにゆっくり登っていたのかと、
お二人の荷物を見るとすべて納得。なんとテント一式を担ぎ上げているのだ。
どうやら長衛荘で預かってもらうつもりが断られたので持ってきてしまったらしい。
それにしても、途中で使う訳じゃないテントを担いで3000m峰に挑むなんて、
なかなかとんでもないことをするお二人だ。
「もうこのまま縦走しちゃえば」なんて軽口をたたいたりしながら歓談し、
ところで、あとのお二人は?と尋ねるとどうやら先に出発したらしいとのことだ。
4人で出発したわけではなく、女性二人組は水谷さんらよりも先に出発しており、
馬ノ背ヒュッテに8時到着とのメモがあったらしい。
(う゛〜、馬ノ背に10時って行ってたのにぃ。)
で、メモには仙丈小屋で待つとあったので、とりあえず先を急ぐことにした。
とはいえ、お二人の装備だとペースも上がらず、
私の方は前半の猛ペースがたたってかなりバテていたので、
これ幸いとお二人のペースにあわせてゆっくりと進んだ。

馬ノ背から先はすでに秋の様相
やがて森林限界を超えハイマツとシャクナゲの尾根道となると、
前方に山肌を紅葉で赤く染めた仙丈カールが見えてきた。
まだ下界は残暑が厳しいというのに、ここではすでに秋の色一色だ。
あいかわらずガスったり晴れたりで、甲斐駒や北岳の展望は得られないが、
この絶景を見ただけでここにきた甲斐があったというもの。
そして、さらに進むと前方に仙丈小屋が見えてきた。
途中の水場で凍りそうなほどの冷たい水に舌鼓を打ちながらさらに登ると、
大勢のハイカーでにぎわっている仙丈小屋に到着した。

到着するや否や、お二人はどこかなぁと、あたりをキョロキョロと見回すが見つからない。
まさか中で休憩しているわけはないし、どうやら先に行ってしまったようだ。
これで追いかけようという3人のモチベーションは完全に霧散。
道中でおなかがすいたと漏らしていた大加茂さんはさっそくお弁当を取り出してランチタイム。
私も小屋で缶ジュースを購入しコンビニおにぎりをほおばり、
仙丈カールの絶景を堪能しながらしばしの休憩タイムとなった。

結局小屋前で30分ほど過ごし、
大加茂さんの食事が終わったのをきっかけに山頂へ向けて最後の登りに向かった。
小屋から先は今までの土と樹木の穏やかな山道とは一変ガレの多い山道となり、
いきなり3000m級の高山の雰囲気となる。
中央をスプーンでえぐられたような仙丈カールは富士山のお鉢巡りを思い出させる雰囲気だが、
違うのは植生が豊かなことで、赤く染まった低木が斜面を覆い、
緑のハイマツ、雲海の白や青空などで素晴らしいコントラストを見せている。
また、山道沿いにはいくつかの花が咲いているので、ついつい立ち止まってしまって、
目の前に見えている山頂になかなかたどり着かない。

それでも20分ほど歩いたところでハイカーでにぎわう狭くて岩がゴロゴロする山頂に到着。
山頂で寒さに震えながら待っていてくれた亜美さん、つむぎさんとようやく合流することができた。

仙丈ヶ岳山頂での集合写真
亜美さんらの話を聞くと、5時半に長衛荘を出発。
要所要所で長めの休憩を取りながら山頂には我々より30分前に到着したとのことで、
我々が仙丈小屋に到着した直前に仙丈小屋を出発されたようだ。
で、11時まで待って我々が着かなければ下山するつもりだったらしく、
タイムリミットの15分前にギリギリでの合流に一同ホッと一安心。
山名表示板の前で集合写真を撮って、しばらく山頂からの絶景を楽しんだ。
本当はいつまでもこうしていたい所だが、特に関東組の最終バス時刻が15時10分なので
そろそろタイムリミットが近づいてきていた。
もう少しで甲斐駒のガスが切れるかといったところで、なかなか去りがたい雰囲気だったが、
甲斐駒は道中も見えるだろうとのことで、ようやく決心し下山を開始した。

下山ルートは小仙丈を辿る尾根ルート。
岩やガレが多く、またアップダウンもけっこうあるので、かなりの難路。
アップダウンを繰り返し、ちょっと登ったところでふと後ろを振り返ると
今下りてきたルートが壁のようにそびえており、ちょっと唖然とした。
ここを登りで使うとかなり大変だっただろうと、ルートを設定したつむぎさんに感謝。
小ピークに登るたびに「ここが小仙丈か?」「いや、違う!」を繰り返し、
何度目かの小ピークを越えたところでようやく小仙丈岳に到着。
ここからは岩のゴツゴツした仙丈ヶ岳山頂などの仙丈カールを囲む稜線、
反対側にはなかなかガスは晴れないが甲斐駒ヶ岳の岩稜などが望め、
山頂に勝るとも劣らない絶好の展望台である。

小仙丈岳へと向かう稜線から仙丈ヶ岳を望む
これから登る人と下る人でにぎわう小仙丈岳でしばらく休憩した後、
甲斐駒ヶ岳へと続く稜線を北沢峠へ向かって歩き始めた。
小仙丈からはだんだんと道が悪くなり、段差の高い箇所や滑りやすい岩に木の根などに、
あちこちで悲鳴があがる。
そして森林限界から樹林帯へと入る手前で、甲斐駒ヶ岳の雄姿が雲間からちらっと覗いた。
展望が無くなる前の思わぬプレゼントに一同感激。
そして大展望と別れを告げ、暗い樹林帯の急な下りへと入っていった。
やはり道は荒れぎみで歩きづらいが、標高100mおきにある○合目表示が格好の目印となり、
意外と疲労を感じない。
そして、北沢長衛小屋への分岐となっている二合目からなだらかに登って最後の急坂下りになると、
遠くからバスのアイドリング音や人の話し声が聞こえ始め、
小屋の屋根が見えると、やがてバス待ちのハイカーでごった返す北沢峠に降り立った。

結局バスの時間にはかなり間があったので長衛荘前のベンチで歓談していると、
水谷さんがバス停を見ながら、臨時便が出そうなので並ぶことにしようと提案。
その判断は大正解で二時間近い待ち時間が30分程度で出発できた。
関西への遠い道のりが残っていただけに、これには本当に良かった。
そして、関東組は判断ミス。長衛荘前でのんびりしすぎて15分早く出発した臨時便に乗れず、
結局、定時の15時10分発のバスで広河原へ向かった。


天気や合流できるかなど、不安な点が多かったのですが、
なんとか初の東西合同オフが大成功に終わって本当に良かったです。

それにしても関東のメンバーと関西のメンバーが一緒に歩いている様子を見ていると、
私的にはとても奇妙な印象を受けていました。
思うに私の中では関東と関西が別世界として区分けしていたようで、
それが一緒になるということに違和感を感じたのでしょう。
マジンガーZとゲッターロボが協力して敵を倒す、
東映マンガまつりのようなものかなぁ。<なんやそりゃ!

今回は5人のこぢんまりとしたオフでしたが、
いつかは大勢が参加する東西合同オフができればいいなぁなんて夢がふくらむオフでした。

【コースタイム】
北沢峠 7:20…大平荘 7:25…薮沢大滝 8:10…馬ノ背ヒュッテ 9:15…
馬ノ背 9:25…仙丈小屋 10:05-10:30…仙丈ヶ岳 10:45-11:25…
小仙丈岳 12:15…大滝頭五合目 12:55…北沢峠 14:05



なお、この時ご一緒した水谷さん、大加茂さんはご自身のホームページで
この時のレポートをアップされています。ぜひ併せてご覧下さい。

水谷さんのホームページ「関西の山々」

大加茂さんのホームページ「千が峰」

Top Page
-----------
Features
-----------
Back Numbers
-----------
Trekking Reports
DateArea
-----------
BBS
-----------
Profile
-----------
Links
-----------







このホームページはInternet Explore5.Xで最適化しています

ご意見、ご感想をお待ちしております。
dame-chan@mail.goo.ne.jp