Trekking Reports 〜山歩きの記録

2001.07.01(日) 絶好の富士山展望台とスリル満点の稜線 【鬼ヶ岳 富士五湖周辺】

雪頭ヶ岳から富士山の展望(103K)
この日は天気が良くなるということだったので、
久々に富士山の展望を求めて富士五湖方面へと車を走らせた。
向かうは鬼ヶ岳。西湖北岸に位置し御坂山塊の西の端にあたる山である。
ただ、この鬼ヶ岳を往復するだけではつまらないので、
鬼ヶ岳から十二ヶ岳、毛無山と縦走し文化洞トンネルへと下りるコースを選択し、
車を文化洞トンネル前の駐車場に停めた。

ここから毛無山へと向かっても良いのだが、バス停でバスの時間を調べると、
あと30分ほどで西湖民宿行きの始発バスが到着するらしい。
こりゃラッキーと、鬼ヶ岳側から縦走することにしてさっそく身支度にかかった。

やってきたバスはガラガラ。運転手と雑談しながら西湖岸を走ること数分。
あっというまに漁民荘前に到着した。
バス停にたむろしていたハイカーらしきグループに登山口を訊ねて、
そっちだよと指された方向にあるキャンプ場の中へと入っていった。
キャンプ場は通り過ぎるだけで、橋を渡って川沿いに進む地道の林道を歩いていく。
正面には鋭角的な山がそびえており、地図で確認するとどうやら鬼ヶ岳前衛の雪頭ヶ岳のようだ。
しばらくは林道を歩き、堰堤を巻いたところで林道は終点。
ここからは薄暗くジメジメした雑木の中の登山道となる。
土が掘れて木の根が浮き出た道は歩きにくいが、傾斜はそれほどではない。
しかしだんだんと傾斜はきつくなってゆき、沢沿いから尾根道になると急登の連続となる。
ただ所々にある伐採地からは西湖と富士山の展望がのぞき、
山頂からの展望に否が応でも期待が高まってくる。
途中で御坂山地によく登っているという単独の男性を追い抜き、どんどんと高度を上げていくと、
急に林が途切れて草原が現れた。そしてパラパラとアヤメが見られるようになった。
背後には当然西湖と富士山の大パノラマ。とりあえず写真を撮ってから、
さらに素晴らしい展望が期待できる雪頭ヶ岳山頂に向けて急いだ。

やがて、雪頭ヶ岳山頂に到着。急坂を登ってきただけに西湖は足元にあり、
富士山は麓までまったく遮るものがない。その上青木ヶ原の広大な緑の森は遙か彼方まで広がり、
これほどの展望台はちょっと他に思い当たらないほどである。
さらに、足元の草原には無数のアヤメが花をつけており、まさしく絶景に花を添えている。
腰掛けるのにちょうどいい岩を見つけて、ゆっくりとこの展望を楽しむことにした。

雪頭ヶ岳山頂のアヤメ
しばらくうっとりと眺めていると、先ほど追い抜いた男性がちょっと歩を止めたのみで、
山頂へ向かって立ち去ってしまった。
ま、この方はピストンということなので、帰りにゆっくりするつもりなのだろう。
私も今日は先が長いのでいつまでもこうしているわけにはいかない。
今度は冬に来ようと決意して立ち去りがたい気持ちを振り切り、鬼ヶ岳に向けて腰を上げた。

鬼ヶ岳へはいったん下ってはしごを登ると砂岩質の崩れかけたピークへ到着。
ここが鬼ヶ岳かと思ったが、山名表示はないしこの先にもう少し高いピークが見える。
ということで、もう一回下って登り返すと鬼ヶ岳山頂に到着。
ど真ん中の大岩と奥にまるで鬼のツノのような突起を持った岩が特徴的な山頂は、
多少低木に遮られるもののほぼ360度の大展望。
富士山は先ほどの偽ピークに遮られて雪頭ヶ岳ほどの展望はないが、
その分、雪頭ヶ岳からは見えなかった南アルプスがとても近く見える。
ただ、雪で白く輝く南アルプスを見慣れていた私としては、
すっかり夏山と化した南アルプスはなんだか普通の山になっちゃったなぁといった印象。
とりあえず鬼のツノの岩に腰掛けてちょっと早いランチタイムとした。

鬼ヶ岳のツノ?
鬼ヶ岳からは御坂山地縦走コースを金山まで歩く。
最初に一気に下った後は、なだらかな稜線散歩。
雑木林の稜線なので展望はないが、雑木が途切れ南アルプスや八ヶ岳のビューポイントもある。
やがて、ピークというよりただの分岐といった印象の金山山頂に到着。
ここで、御坂山地縦走コースと別れ、十二ヶ岳へと向かう支尾根へと入る。
ここからはエアリアマップでは赤点線の難路とされているルート。
まったく予備知識無しで歩いていたので、どんな道が現れるのか楽しみ半分不安半分。
しかし、難路とはとても思えないよく歩かれた道が続く。
あれ〜ぇ、こんなものなのかなぁと思いながら歩いていくと、露岩に到着。
ここからは富士山や西湖はもちろん、さきほど登った鬼ヶ岳とこれから向かう十二ヶ岳、
それに御坂山地の稜線をたどると黒岳や三ツ峠山まで望め、なかなかのビューポイントだ。
で、ここから先へは少し戻ったところに、北側斜面にそって踏み跡が続いている。
しかし、斜面はかなり崩れ、周囲の草や木の根につかまらないと先に進むのも難しい。
ついに赤点線の本領発揮かと思いながら再度稜線上に戻ると、
よく踏まれた道がさきほどの岩の方から続いている。
どうやら、露岩の上を乗り越えてくればよかったものを無駄な努力をしたようだ。
で、またもやよく踏まれた稜線の道をなだらかなアップダウンを繰り返しながら歩いていくと、
突然快適なルートが崖のように落ち込んだ。
いきなりのクサリ場に驚きながらも、ついにきたかといった印象の方が強く、
慎重に鞍部に降り立つと、すぐに崖を登り返すクサリ場となる。いわゆるキレットである。
かなりの急斜面をクサリやロープと木の根を頼りによじ登ると、十二ヶ岳山頂に到着した。

十二ヶ岳と十一ヶ岳間鞍部の吊り橋
山頂では団体さんが占領していたが、その団体さんをよく見ると漁民荘前で出会った方々だ。
どうやらこの人たちは漁民荘前からバスで文化洞トンネルに移動し毛無山から登ってきたようだ。
お互いの健脚を称え合ったりして雑談した後、彼らは鬼ヶ岳へ向け私が今来た道へと歩いていった。
私はしばらく山頂で休憩。
展望は富士山側だけが開けており、相変わらず富士山がクリアに見えている。
ただこの構図なら今までに十分堪能してきたので、あまり時間をおかずに出発することにした。
十二ヶ岳すこし先に進むと西湖へと下りるルートと毛無山へと向かうルートとの分岐に到着。
大勢の団体が休憩している広い分岐で毛無山へ向かうルートを探してキョロキョロした後、
目印を見つけて毛無山側へと歩いていった。

分岐からすぐにクサリづたいに崖を下りる。
ちょうど団体とかち合ってしまったが、待っていてくれるとのことなので、
足元にとても多い小さな石を蹴落とさないように注意しながら、クサリを頼りに下っていく。
一度下り終えたと思って一息ついていると、周囲から「まだまだ!」の声。
確かに、すこし進むとすぐに再度クサリ場の崖下りが続く。
いったい何メートル下ったのだろうか、下の方に白い吊り橋が見えたところでようやく崖下りは終了。
鞍部はもう少し下だが、2、3mの高さでなぜか簡単な吊り橋がかかっていた。
どうせならもっと高いところにかけてくれれば楽ができるのになんて思いながら橋に足を踏み出すと、
なんとも揺れること揺れること。しかも手すりはロープで側面はクサリのみ。
こりゃ、高いところにあったら渡ることはできなかっただろうと、あっさり前言撤回。
足を踏み外したら落ちるよなぁなんて考えながら橋を揺らさないようにして慎重に渡った。

吊り橋を渡るとこんどは崖登り。つまりここもキレットになっているわけだ。
ただ登りは下りほど長くは続かず、十二ヶ岳側の半分ほど登ったところで雑木の中のピークに到着。
ここには十一ヶ岳と書かれたプレートがかかっていた。
えっ、12の次が11ってことはあと10のピークがあるって事か!
そろそろ疲れてきていたので、嘘だろ〜と思いながら毛無山への稜線を歩いていくと、
確かに10、9、8...とピークごとにプレートがかかっている。
一部ではこれはピークじゃないだろうというところもあったが、こまかいピークが延々と続く。
基本的には歩きやすいよく整備された道だが、ときどき木の根につかまって登るような崖もあり、
さすがは赤点線ルートといったところか。ただ、このルートはかなり人気があるようで、
さきほどのキレットで会った団体の他にも大勢のハイカーが歩いており、
赤点線ルートでこんなに人とすれ違ったのは初めてだ。

ときどき見逃しながらもカウントダウンは進み、一ヶ岳が毛無山かなぁなんて期待したら、
しっかりと一ヶ岳も存在していてがっかりしたりしながら歩き続けると、
草原状のなだらかなピークが見えてきた。

やがて毛無山山頂に到着。
なだらかな山頂の富士山側はカヤトの斜面となっていて、すこぶる見晴らしが良い。
雪頭ヶ岳より低くなっただけに、湖対岸の足和田山が富士山の裾野を隠しているが、
今度は河口湖や富士吉田市の街並みが広がっていて、ここの展望もなかなかのもの。

毛無山からはカヤトの中を下るとすぐに雑木林のなかへと入る。
途中2カ所の分岐では地図を出して進路を確認。よく踏まれて道標等も完璧な遊歩道をどんどん下り、
まもなく車の音が聞こえてくると、文化洞トンネルの上を通過。
そして、足和田山へと向かう道と別れて東側の斜面を下ると、
やがて朝駐車した愛車の真正面に降り立った。

天気が良いからこそ選んだ山ではあったが、富士山の展望は今までで最も素晴らしかった。
今回は夏山バージョンだったが、今度は冠雪バージョンの富士山を見るために再度訪れようと思う。
ただ、冬の十二ヶ岳はちょっと厳しそうなので、今度は鬼ヶ岳〜鍵掛峠のコースで行こっと。


【コースタイム】
漁民荘前バス停 8:05…雪頭ヶ岳 9:50-10:15…鬼ヶ岳 10:25-11:05…金山 11:25…
十二ヶ岳 12:10-12:20…毛無山 13:25-13:35…文化洞トンネル前駐車場 14:25
Top Page
-----------
Features
-----------
Back Numbers
-----------
Trekking Reports
DateArea
-----------
BBS
-----------
Profile
-----------
Links
-----------







このホームページはInternet Explore5.Xで最適化しています

ご意見、ご感想をお待ちしております。
dame-chan@mail.goo.ne.jp