Trekking Reports 〜山歩きの記録

2001.06.02(土) とりあえず奥多摩でオフをしよう 【鷹ノ巣山 奥多摩】

鷹ノ巣山頂から奥多摩三山と大菩薩の展望(75K)
集合時間の9時5分前に奥多摩駅に到着すると、周囲はハイカーでごった返していた。
今回のオフに参加する5名は全員が初対面。こりゃ会うのに一苦労だなぁと思いながら待っていると、
Martyさん、亜美さん、まきたさんと順に集まり、今日の主催の宮本さんはどうされたんだろうと
話していると、駅舎の外で待たれていた宮本さんとようやく合流。
既にバスの出発時間が迫っていたので、とりあえずバスに乗り込んだ。

実は今日のオフは集合場所と時間は決まっていたが、どこに登るかが決まっていなかった。
それもそのはず、オフの告知を行ったのは2日前の木曜日。
当初は川苔山に向かおうとの提案だったのだが、1ヶ月ちょっと前に登ったばかりの私が
ケチをつけたので、目的地が決まっていなかったのだ。

で、乗ったバスは東日原行き。この時点で川苔山か鷹ノ巣山に絞られたわけだが、
天気が良さそうなので、展望の良い山に行こうということで意見が一致し、
鷹ノ巣山へ向かうことになった。

終点の東日原で下車。正面にそそり立った稲村岩を見ながら日原川沿いの集落を歩き、
中日原バス停を過ぎたところで、道標に従って民家脇の階段を川に向かって下りていく。
そして巳ノ戸橋を渡ると、小さな沢沿いの道となった。
なんどか沢を渡りながら新緑の沢沿いを進むと、道はやがて急斜面のつづら折りとなる。
それにしても登り始めでまだ体が温まっていない時の急登はやはり応える。
そしてひと汗かいた頃、稲村岩への分岐に到着した。

ここで、宮本さんと亜美さんが稲村岩へ向かうということなので、
居残りのMartyさんとまきたさんに荷物の番をお願いし、私も稲村岩へと向かうことにした。
重いリュックを下ろしてすぐは妙に体が軽く感じてしまい、岩の上でバランスを崩しそうに
なったりしながら、岩の上に登ると、宮本さんが岩尾根伝いにどんどん先へと進んでいく。
私はてっきり目の前に見えている岩の上に立つだけだろうと思っていたら、
岩尾根上を10分ほど歩いたところが目的地であることを知ってビックリ。
思いもかけずロッククライミング気分を味わうことになった。

稲村岩でロッククライミング気分を楽しむ
稲村岩は麓から見るとそそり立った岩峰なので、さぞかしすばらしい展望だろうと思ったが、
周囲の雑木に遮られイマイチ。ただ、石尾根方面の展望は開けていて、
鷹ノ巣山への急な稲村岩尾根がドーンとせまっていた。
そして、裏側に廻ると岩の奥まったところにややくたびれた祠が2つ。
登山の安全を祈願し、稲村岩をあとにお二人の待つ分岐へと戻っていった。

来るときと同様、慎重に岩稜を歩いていると、岩陰にかわいらしい数本のシャガを発見。
シャガと言えば群生しているのをよく見るが、こうやって咲いているのも良いものだなぁ
などと話しながら分岐に下りると、Martyさんらからヒメシャガを見なかったかとの問い。
確かにシャガは咲いてたよというと、それはヒメシャガと言ってかなり希少なものとのことだ。
残念なことに誰も写真に収めておらず、ちょっと残念。たださすがに引き返す気にはなれなかった。

ここからは尾根道の急登だが、しばらく休憩するところもないとのことなので、
とりあえず何かお腹に入れておこうということになり、宮本さんから冷凍パインが振る舞われた。
そして、改めて急登のスタート。稲村岩分岐までもかなりの急登だったが、
ここからのルートはつづら折りではなく直登のため、さらに急な登りだ。
しかも、とくに分岐や峠のようなとりあえずの目的地や平らな休憩ポイントもなく、
疲れを癒してくれる素晴らしい展望もまったく期待できない雑木の生い茂った暗い林なので、
疲労感も余計に感じてしまう。

しばらくは歓談しながら歩いていたものの、だんだん全員の口数が減少。
ついには黙々と歩くようになり12時を過ぎたあたりで、
誰からともなく適当なところでランチタイムにしようとの提案があった。
とはいっても適当なところはなかなか見つからず、多少なだらかかなぁと思える標高1200m付近で、
ランチタイム休憩を取ることになった。
ピークで食事を取らないとなんとなく納得いかないなぁなどと話し、寄ってくる羽虫を払いのけながら
手早く食事を済ませると、再度急登に立ち向かうことにした。

ときどき木の幹に付けられた標高の表示に多少元気づけられたりしながら、
さらに黙々と登っていくと、ようやく鷹ノ巣山の手前のピーク「ヒルメシクイのタワ」に到着した。
ここは、山頂まで我慢できずについここで昼食をとってしまうところから名付けられたそうだが、
それより遥か手前で昼食を取った我々はいったい...(^^;

さて、ここからはちょっと下ってから最後の急登。
このあたりから、散りかけのミツバツツジが今までの疲れを多少癒してくれる。
そして、その急登もそれほど長くは続かず、だんだんとなだらかになるにつれ正面が開け、
やがて、奥多摩三山と大菩薩の展望が眼下に広がる鷹ノ巣山山頂に到着した。

ここに来るまで2、3のパーティとすれ違ったのみで、ほとんど他のハイカーと出会わなかったが、
山頂は意外なほど人出。10人以上のハイカーで賑わっていた。
特に話はしなかったのだが、皆さんどこから登られているのだろうか。

で、我々はMartyさんから振る舞われたアメリカンチェリーを頬ばりながら、
「あれが三頭、あれが大岳。そしてあれが大菩薩で、その向こうが三ツ峠」などと、
すっかり同定で盛り上がった。富士山は雲に隠れて見えなかったのは残念だが、
大菩薩の雄大な山容は魅力的で、9月にあそこでオフをやろうなんて話まで飛びだした。
そして、最後に全員で記念写真を撮って、下山にかかることにした。

下りは榧ノ木尾根を通って、倉戸口のバス停へ下りるルートを選択。
まずは石尾根を東へ、水根山との鞍部まで進む。
石尾根の路面はハイカーが多いせいか地質のためかは判らないが、かなり掘れて無惨な状態。
多くのツツジが目を楽しませてくれたのは救いだが、ミツバツツジはほぼ終わりで、
ヤマツツジはまだ蕾ということで、ちょっとタイミングが悪かった。

石尾根を歩く
そして、道標に従って分岐を右折。鷹ノ巣山の巻き道と合流する。
巻き道の山側は笹に覆われているが、ところどころにまだ堅めのつぼみをつけたヤマツツジがあり、
あと2週間ほどあとには、鮮やかなツツジの景観を楽しむことができるだろう。
やがて、快適な稜線歩きは笹に囲まれた道標によって終わりを迎え、
ここからは倉戸山への急激な下りが始まる。

また登りの時のような暗い雑木林か植林だろうと想像していたので、
それほど期待していなかったが、いざ尾根に入ると意外なほど明るいブナ林。
展望はないが足元は落ち葉でフカフカ状態なので、急な下りもそれほど気にならない。
登りの時と同じ雑木林なのに、全く正反対の印象を受けたのは、
登りと下りでの精神状態の違いだけではないだろう。
そして、この尾根はかなり広く、ときどきブナの広場やカラマツ林などもあり、見どころもたくさん。
また周囲の木々にはモミジなども混じっており、秋の紅葉のシーズンにはさぞや素晴らしいだろうと
口々に話しながらあまり踏まれていない落ち葉の絨毯を踏み締めながら下っていく。

やがて、木々の間からわずかに覗く展望が、霧に包まれてきたかと思うと、
遠くで雷鳴が聞こえ、葉には小雨の当たる音が聞こえ始めた。
予報では天気が良いはずなのにと、口々に文句を言いながら、各自慌てて雨具の用意を始める。
だが私は自分が晴れ男であることに自信を持っていたので、(ヾ(^^;ヲイヲイ)
特に何も対処せずにそのまま歩き続けた。

小雨はしばらく続くものの、ブナの下ではほとんど雨の滴がかかることはなく、
ブナ林が途切れるとヤバイかなぁなどと考えながら歩いていると、
雨の方が先に上がり、霧も薄れていった。晴れ男の勝利!(^^)v
(でも、一部では雨男のレッテルを貼られてたりして...(;_;))

そして、水根沢林道への分岐やボリ尾根を蜂谷へ下りる分岐を過ぎると、やがて倉戸山に到着。
とても広い公園状の山頂で、展望は無いもののお弁当を広げるにはもってこいの場所だ。
そしてどうやら、桜の季節にはお花見で賑わうということらしい。

そしてこの倉戸山からは、今までにも増してかなりの急坂。
すでにかなりの距離を歩いてきた足にはかなり応えるが、ときおり木々の間から奥多摩湖が覗き、
あそこまで下りれば良いんだと思うと勇気百倍。
先頭でどんどん飛ばす宮本さんを追いかけて、急激に標高を減らしていく。

やがて神社の脇に出るとそこはもう集落の中。
まだバス通りは遥か下だが、ほとんど到着したという気持ちに油断があったのだろうか、
石の階段を下りている最中に足首をひねって大転倒。
左耳と左側頭部を石垣にこすりつけてしばらくヒリヒリ状態が取れなかった。
油断一秒怪我一生。皆さんも気を付けましょうね。d(^-^;

やや判りにくい集落の中の道を、途中で現地の方にバス停までの道を尋ねたりしながら、
奥多摩湖畔へ下りていき、倉戸口バス停に到着して時刻表を見ると、次のバスまで30分以上ある。

何もないここで待っているのも芸がないので、奥多摩湖バス停まで歩くことになった。
そして、湖岸を進む車道を奥多摩湖とそれを取り巻く山々を眺めながら歩いていると、
トイレや売店のある駐車場に到着。そこでトイレに行ったりアイスを食べたりして、
休憩しているうちにバスの時間が迫ってきたので、近くの大麦代バス停に向かった。

オフにしてはハードなコースの上、かなりの健脚メンバーが揃ったこともあって、
翌日も天気がまずまずだったのに、布団から出ることができなかったほど疲れましたが、
一度に4人もの方と知り合えて、とても有意義な1日でした。

またこれからもご一緒しましょうね!>宮本さん、Martyさん、まきたさん、亜美さん


【コースタイム】
東日原バス停 10:00…稲村岩分岐 10:50…稲村岩 11:00-11:10…稲村岩分岐 11:20…
ヒルメシクイのタワ 13:10…鷹ノ巣山 13:35-14:15…倉戸山 15:45…大麦代バス停 16:50
Top Page
-----------
Features
-----------
Back Numbers
-----------
Trekking Reports
DateArea
-----------
BBS
-----------
Profile
-----------
Links
-----------







このホームページはInternet Explore5.Xで最適化しています

ご意見、ご感想をお待ちしております。
dame-chan@mail.goo.ne.jp