Trekking Reports 〜山歩きの記録

2001.02.18(日) 病み上がり前の山行で人に酔う 【富山 千葉県富山町】

北峰の展望台から360度の展望(140K)
分県登山ガイドによると、伏姫の籠窟に駐車場があるとのことなので、
そこへ向かって車を進めると、富山中学校のところで、通行止めとなっている。
おかしいなぁと思いながらも、仕方がないので中学校の近くの駐車場に車を止め、
そこから歩くことにした。

民家の間を通る小径の周囲は水仙が咲いており、また所々で梅の花も開いている。
春の息吹満載の道を歩いていると、突然通行止めの看板とバリケードが現れた。
これは車両止めではなくて、歩行者も入れないようだ。そして、その先では
なんらかの作業をしている人が見えるが、ここからは何をしているか分からない。

この通行止めから左へ分岐があったが、民家へ通じているように見えたので、
ここからは富山には登れなくなったのだろうかと不安に思いながらも、
とりあえず、民家の方に歩いてみると、その民家の庭先から通行止めの所を
迂回する経路が作られていた。たぶん通行止めの所に迂回路の案内が
あったのだろうが、どうやら見逃したらしい。
で、通行止めの原因は大規模な土砂崩れ。
土砂はすでに取り払われたようだが、崖が大きくえぐり取られており、
なんらかの落石対策をしないうちは開通とはなりそうもない。
中学校の通行止めの表示についてもこれが原因のようだ。

さて、ここからすぐのところが「伏姫の籠窟」である。
あっそうそう、この富山は「南総里見八犬伝」のゆかりの山ということで、
この伏姫の籠窟も物語のヒロイン伏姫のことである。
今回はここに立ち寄らなかったが、ここにあった案内板を写真に撮っていて、
帰宅後それを読むと、この物語にとても興味がわいた。
今度行くときは、南総里見八犬伝を読んでから訪れたいものである。
(ちなみに全98巻とか...やっぱ無理かな。(^^ゞ)

さて、もうしばらく歩くと舗装路は行き止まり。
登山道は斜度を増し、足元は丸太の階段となる。
この階段は段差がある上、急なもので、病み上がり(本当は上がってない)の
私には大変きつい。普段なら息が上がる前に足にくるのだが、
今日はすぐに息があがり、あまり深く呼吸すると咳き込んでしまう。
まぁ自業自得なので、弱音を吐いていても仕方がない。
バテる前に息を整えるようにしながら、ゆっくり一段一段登っていくことにする。

とは言っても、そこは低山なので、そんなに長く続くわけではなく、
やがて、北峰と南峰の間の鞍部に到着した。
ここまではほとんど人に会うことのない、静かな山歩き。
しかし、ここから見晴らしのいいという北峰に向かうと、雰囲気が一変した。

北峰山頂はまるで祭りの縁日かというような人出。
山頂は広く多くのベンチやテーブルが用意されているのだが、それらは元より
見晴らしの良さそうな柵の脇に沿って、ハイカーがグルリと取り囲んでいた。
総勢50名以上だろうか。どうやら複数の団体がかち合っているようだ。

さてどうしたものかと、グルッと見回すと、展望台の上には人が少なそう。
荷物を担いだまま展望台に登って、一息つくことにした。
この展望台からの展望はさすがに素晴らしく、鋸山や先々週行った嵯峨山、
今度行こうと思っている伊予が岳など房総の主な山々が一望できる。
その上、今回は駄目だったが、天気次第では富士山を望むことができるようだ。

しばらく展望を楽しんでいると、ここも団体の占領下に入ってしまったため、
仕方なく早々に退散し、南峰に向かうことにした。

南峰は北方とは一転して、雑木林に遮られた展望のない静かな広場。
ちょっと貧弱(失礼)な観音堂があり、その脇から高みに上がると
山名表示板の架かった東屋とアンテナ施設。
この東屋脇からの下山路もあったようだが、今は崖崩れで通行止め。
今回の山行は通行止めや通行止めとはいかないまでも、崖崩れが多く見られ、
昨年に大きな台風による被害でもあったのだろうかと思われた。
なかでも一番驚いたのは、分県登山ガイドにある「南峰付近の仁王門」が
綺麗サッパリ失われ、石垣のみになっていたことである。

さて、下山は仁王門跡から南へ向かう。足元は擬木の階段。
こちらもかなり急なくだりで、登ってくる方々の表情は一様にしんどそう。
長い階段の下りが終わり、コンクリートで舗装された狭い林道になると、
こちら側の登山口である福満寺まではあと少し。

福満寺からしばらく車道脇を歩く。来るときは気づかなかったが、
芝入口バス停付近にある無料駐車場には大きな観光バスが三台。
普通車のワクも空きはなく、こりゃ丹沢並みだなぁと苦笑。

展望の素晴らしい山だが、それより人の多さに圧倒された山行だった。


【コースタイム】
富山中学校 10:05…伏姫の籠窟 10:15…北峰山頂 11:00-11:20…
南峰山頂 11:35-11:45…福満寺 12:10…富山中学校 12:25
Top Page
-----------
Features
-----------
Back Numbers
-----------
Trekking Reports
DateArea
-----------
BBS
-----------
Profile
-----------
Links
-----------







このホームページはInternet Explore5.Xで最適化しています

ご意見、ご感想をお待ちしております。
dame-chan@mail.goo.ne.jp