Trekking Reports 〜山歩きの記録

2001.02.03(土) 真冬に見頃のお花畑の山 【嵯峨山 千葉県鋸南町】

水仙ピークの斜面に咲き誇る水仙(141K)
京葉道路を木更津で下りると、南へ向かう車で大渋滞。
いいお天気の休日ということで、考えることはみな同じだなぁ。
って、皆が山に行くってわけじゃないですよ。(笑)

ようやく鋸南町保田に到着。もうお昼を過ぎていたので、
食事のできるところを探して、うろうろ。
漁協の経営しているという食堂に入りあさりラーメンを食べることに。
あさりが殻付きで入ってて、なかなか美味かった。

さて食事を終えて嵯峨山の登山口である小保田のバス停に向けて出発。
バス停からは舗装されているが、1台通るのがやっとの細い道を入っていく。
車が数台止まっているところの脇に車を停め、準備をしていると山の方から
大勢のハイカーが下りてきた。聞くと、ツアーの団体さんとのこと。
山渓で取り上げられたことで有名になったのだろうか?

道は水仙の段々畑の脇を通り、やがて林の中へ。
水仙畑の水仙は元気なくしなだれており、一面のお花畑という感じではない。
すでにピークが終わっちゃったのか、大方刈り終わった後なのかは不明。

林の中にはいると、とたんに路面がぬかるんで滑りやすくなった。
まだ続いている団体さんに道を譲りながら話を聞くと、
これから先もずっとこんな感じだという。
どうやら、原因は雪解けのようだ。
やはり、こんな暖かい房総半島でも、この間の雪は免れなかったらしい。
ただ、今日はほとんど雪は残っていない。

ぬかるむ上にけっこう急な登りが続き、途中からロープまで出てきた。
今日の路面ではこのロープはありがたい。

そして、最初のピークに辿り着いた。
このピークは水仙ピークと呼ばれているところで、
確かに南側斜面一面が水仙に被われている。
ただ、山頂から見ると花びらはすべて背を向けている。
やはり太陽の方向を向いているのだろう。
そこで、水仙を踏まないように斜面を少し下りて山頂を見上げると、
ようやく視界に一面の水仙が広がり、それに伴い水仙の強烈な香りに包まれた。

一応今日の目的は果たせたが、山に登るからにはとりあえず山頂には
立っとかないとねということで、稜線上を山頂に向けて出発。

稜線は細い尾根で道も狭い。
この山が人気になるとこんな道は崩れちゃうんじゃないかと、
ちょっと不安になった。

あまり時間はかからず、嵯峨山山頂(標高316m)に到着した。
山頂は木々に被われ、その隙間からすこし展望が楽しめる程度。
ただ、鋸山方面にちょうど隙間があるので、鋸山を望むことはできた。

下山は往路を辿る。滑りやすい路面に登り以上に気遣いながら駐車地に到着。
登山靴がドロドロになってしまったが、こんな季節にお花畑を楽しめて
ちょっと得した気分である。


【コースタイム】
駐車地 13:20…タブの木分岐 13:40…水仙ピーク 13:50-14:00…
嵯峨山山頂 14:10-14:15…駐車地 14:50
Top Page
-----------
Features
-----------
Back Numbers
-----------
Trekking Reports
DateArea
-----------
BBS
-----------
Profile
-----------
Links
-----------







このホームページはInternet Explore5.Xで最適化しています

ご意見、ご感想をお待ちしております。
dame-chan@mail.goo.ne.jp