Trekking Reports 〜山歩きの記録

2001.02.02(金) 久々のラッセル無し山行に満足も...【筑波山 茨城県つくば市】

女体山山頂から360度の展望(112K)

朝起きると、空が曇っている。今日は晴れのはずなんだけどなぁと思いながらも、
そのうち晴れるだろうということで出発。高速道を筑波に向けて車を走らせた。
と、まだ目的地まで50kmはあろうかというところで、筑波山とおぼしき山影が。
関東平野が一望できるということだから、下から見えるのも当然とは言え、
1000mに満たない山が、こんなに遠くから見えるなんて、
関東平野のとんでもない広さにあらためてビックリした。

2時間ちょっとのドライブで登山口の筑波山神社の市営駐車場に到着した。
200台は利用できそうな広大な駐車場に、先客は3台のみ。
平日なら人は少ないだろうという思惑通りに事が運び、内心ガッツポーズ。

さて、まずは筑波山神社に向けて、みやげ物屋の立ち並ぶ中を歩く。
お店は開けているようだが、どれも開店休業状態。
土日には観光客でごった返すんだろうなぁと想像しながら歩き、
筑波山神社の前を通り、ケーブル駅の脇から登山口に入る。

多少急ではあるが、ラッセルに慣れた今の私にとって大した登りではない。
途中で中年男性のグループを追い抜いたりしながら、
どんどん高度を上げていった。

やがて周囲の雪がだんだん多くなり、凍り付いた路面が増えてきたので、
中ノ茶屋のベンチで軽アイゼンを装着し、
さらに斜度を増す登山道を登っていった。

と、ここでアクシデント。
凍り付いた路面を気にしすぎて下ばかり見て歩いていたため、
気がつくと、道は狭くヤブっぽくなってきている。
ただ、初めて登る山なので、まぁこんなものだろうと無理矢理納得し、
さらに踏み跡についていくことにし、さらに登り続けると、
ケーブルカーの線路に合流してしまった。
踏み跡はさらに上に続いている。
とりあえず、線路内に入らないように脇を歩いていくと、
線路は橋を通っていて、線路内に入らないと登れなくなってしまった。
仕方なく、手前でケーブルカーが行きすぎるのを待って、意を決して
線路上の橋を渡ったのち、また線路の脇を登ってケーブル山頂駅にたどり着いた。
そして、そこで駅員に思いっきり叱られてしまった。\(__ ) ハンセイ

さて、気を取り直して、まずは男体山の山頂に向かうことにする。
登っている最中から聞こえていたのだが、
ヘリコプターの爆音が山頂から聞こえてくる。
どうやら何かの工事をしているようだ。
山頂にある社の脇で、真っ平らな関東平野の展望を楽しんでいると、
またもや頭上でヘリコプターが爆音と風をまき散らしている。
さすがに落ち着けそうもないので、そうそうに山頂を立ち去ることにした。

閑散とした御幸ヶ原

筑波山には男体山と女体山の2つのピークがあり、それらを結ぶ稜線は
御幸ヶ原と呼ばれるのだが、そこにはケーブル駅と数々の売店が建ち並んでいる。
さすがに大半は店を閉めているようだが、開けている店の店員はとても暇そう。
その暇そうな店員のおばちゃんと話したりしながら、
こんどは女体山の山頂に向かう。

女体山の山頂は男体山と同じように社があるのだが、
その奥に岩場があって、ここからは360度の大展望を楽しむことができた。
ただ、ここには柵も何もないので、足元には遙か下のつつじヶ丘まで、
非常によく見える。高所恐怖症の方にはお薦めできないところではある。

やや晴れてきた天候の元、展望を楽しんだ後、ちょっと下に戻って、
食事の支度を始めた。食事で使ったベンチの前からロープウェイ駅へ
下る階段があったが、そこには1/29〜2/23運転休止中の張り紙が。
雪のためではなく、改装中ということである。

下山はまずつつじヶ丘方面を目指す。
大仏石や北斗岩、母の体内くぐりなどの奇岩を眺めながら歩き、
弁慶七戻りという奇岩の下をくぐったところで、
つつじヶ丘方面と筑波山神社方面の分岐となる。

つつじヶ丘方面に行っても筑波山神社に戻ることはできるが、
距離が長くなるので、今日は素直に筑波山神社方面を選択する。

ここからは、石段やそのなれの果ての単調な下りである。
路面は相変わらず凍結していたが、下るにつれそれも少なくなり、
アイゼンでの歩きが難しくなったところでアイゼンを外した。

最後に石の鳥居をくぐると、神社までは目と鼻の先。
あいかわらず寂しい町中を通って、駐車地に到着した。


【コースタイム】
市営駐車場 8:55…中ノ茶屋 9:40…御幸ヶ原 10:45…男体山 11:05-11:15…
女体山 11:45-12:25…弁慶茶屋(分岐) 12:55…市営駐車場 14:00
Top Page
-----------
Features
-----------
Back Numbers
-----------
Trekking Reports
DateArea
-----------
BBS
-----------
Profile
-----------
Links
-----------







このホームページはInternet Explore5.Xで最適化しています

ご意見、ご感想をお待ちしております。
dame-chan@mail.goo.ne.jp