Trekking Reports 〜山歩きの記録

2000.12.23(土) 雪と樹氷と快晴の氷ノ山【氷ノ山 兵庫県関宮町ほか】

山頂から鉢伏山方面を望む(183K)
集合場所の道の駅「山崎」に到着とほぼ同時に大加茂さんのバイクも到着。
私の車に同乗して、まずは登山口の舂米「氷ノ山キャンプ場」に向かう。

キャンプ場までの舗装路は凍結防止のために大量の水が散水されており、
まるで川状態。一部、水の流れがよどんでいるところが凍結していて、
ちょっと横滑りしたぐらい(^^ゞで、ほとんどスリップの心配がなかった。

冬の氷ノ山にはこの登山口がかなり便利そうです。

氷ノ山キャンプ場からの登山道は良く整備されており、
途中から積雪が多くなってきたが、危険な個所もなく順調に高度を稼ぐ。
植林の中の薄暗いコースなので、雪が無ければもう一つ面白みのないコースかも。
ただし、花の季節は一部がお花畑になるそうな。(大加茂さん談)

氷ノ山越えに到着した途端、正面から朝日が照りつけた。
そして、その朝日の直下の氷ノ山はうっすらと雪化粧をしている。
ここまでのコース上にも結構積雪があったので、雪がないんじゃないかという
不安はほぼ解消していたのだが、実際に見ると感動である。

甑岩へ向かう途中で、大加茂さんが歓声をあげた。
何事かとうかがうと、甑岩の北側に樹氷があるとのこと。
確かに、甑岩の左側(北側)半分が白くなっている。
そして近づくと甑岩北側から撒き道沿い、岩の奥までの樹氷の森となっていた。
山の陰となっていたので、朝日に映える樹氷とはいかないが、
それは下山時の楽しみにして、山頂に向けて歩を進める。

山頂到着。
われわれのコースには常に一人分の先行者の足跡(登りのみ)があったのだが、
山頂には我々以外誰もいない。
それもそのはず、今は午前9時...(^^ゞ

やっぱり、大加茂さんはペースが速い。
登り始めから1時間45分で登り切った計算だが、私が足を引っ張らなければ、
1時間30分を切っていたかも...(^^;

出発が朝早かった(AM3:30起き)こともあり、かなりお腹が減っていたので、
さっそくだいぶ早い食事とする。
(出がけに食べたのは夜食で、今回が遅い朝食ともいう。)
で、食後には甘酒をつくり、大加茂さんにもおすそ分け。
やはり寒い山にはこれが一番。(^-^)v

山頂からの展望は好天も手伝って360度遮る物なし。
登る途中で見えていた大山は、残念ながら雲に隠れたが、
兵庫県の主だった山々が勢揃いしている。
この間、大加茂さんとご一緒した大江山もよく見えていた。

さてここで大加茂さんは東尾根の方に樹氷見物。私は無線タイム。
朝早いからどうかなと思いつつ低徘ML各局にCQを出すが反応ナシ。

そうこうしていると、単独の男性が氷ノ山越えの方から登ってこられた。
一瞬えびたさんかと思ったが、スキーを担いでいないということで別人でした。
その方も含めて3人で雑談したり、山頂のノートに落書きして時間を過ごし、
だんだん風が強くなってきて、寒さを感じるようになったので、
そろそろ下山しようかということで、準備をしていると今度はスキーを担いだ
男性が到着。

えびたさんでした。
風が吹き荒れる中を単独で登ってこられるところが、嵐を呼ぶ男の異名に
相応しい。(誰も呼んでないって。ヾ(^^;ヲイヲイ)

前述の男性にシャッターを依頼して、風が吹き荒れる中記念写真を撮影。
さぁ、今度こそ下りようかとしたところで、今度はつけっぱなしにしていた
無線機から島田さん(in 笠杉山)の声が。

笠杉山はここからも見えているので、電波も強い。
ほんとならゆっくりと話したいところだが、避難小屋内では電波が入りにくく、
小屋の外は風が強く無茶苦茶寒い!

早々に切り上げて、今度こそ本当に下山を開始した。

結局、この寒い山頂に2時間もいたようです。(^^ゞ


甑(こしき)岩付近の樹氷(126K)
下山中の甑岩付近では予定通り樹氷が太陽に照らされて、
朝よりさらに美しく輝いていた。
この美しさがデジカメでうまく表現できればいいんだけど、やはり難しいっすねぇ。

風が弱まった氷ノ山越えで、雪の氷ノ山の名残を惜しんでいるとき、
また、無線機から低徘ML各局を呼ぶ声が。WeekendMasterさんだ。
あわてて応えるが、こちらからの信号は受信できない模様。う〜ん、残念。
ちなみにWeekendMasterさんは、能勢妙見山とのこと。

そのあと、来た道をたどり駐車地に到着。

ず〜っと好天に恵まれ、快適なスノーハイクとなりました。
Top Page
-----------
Features
-----------
Back Numbers
-----------
Trekking Reports
DateArea
-----------
BBS
-----------
Profile
-----------
Links
-----------







このホームページはInternet Explore5.Xで最適化しています

ご意見、ご感想をお待ちしております。
dame-chan@mail.goo.ne.jp