TOPページに戻る>> 番外編1. 困った時に!

ワンクリ詐欺(ワンクリック詐欺)について
 -- 悪徳業者データベース --

 
++ 最近多いご相談 ++
 

ワンクリとは?ワンクリックとは?ワンクリ詐欺とは?ワンクリック詐欺とは?支払い義務は?…等、中には真剣に悩まれてGoogle等で検索し、このページを発見された方も多いかと思われます…

なので、結論から申し上げますね。

!!支払う必要はありません。無視して下さい。!!
!!また、無視しなければなりません。!!

以上です。

本当に、「以上。」なのです。だって、何で詐欺師にお金払うんですか?
とは言え、 それだけでは読み物として面白くないので、「ワンクリサイトとは?」を簡単にご紹介します。

ちなみに、これはツークリック詐欺に対しても同じです。
ツークリック詐欺とは?…警告メッセージに「入会するには○○万円かかりますから、2日以内に振り込んでくださいね。」みたいなメッセージが表示されて…要はクリックする回数が増えただけです。

ツークリックだろうがスリークリックだろうが、支払う必要は全くありません。

 

 
 
 
ワンクリックサイトとは?(携帯サイト、PCサイト共通)
 
 

★ワンクリック料金請求。

ワンクリックサイトとは、「ワンクリ」=「ワンクリック」=「一度のクリック」で、あたかも高額な入会金やサービス利用料を支払う事に合意したかのようなメッセージを表示させ、「いつまでに\30000振り込んでください!」といった具合に、入金を促します。

慌ててサイト内を探して見ると、「ご利用料金は、定額 30000 円です。ご利用期間は 90 日間です。 」なんて書いてあるから、さあ大変!以下に具体例を…

↓例えば、こんなサイトがあったとします↓

★コンテンツ
MOVIE
GALLERY
LINK
 
登録女性の紹介
あゆ
夜の仕事だから男性と
知り合うキッカケがありません。
リリコ
逆援助を希望します。

あ、ちなみに上記はどれをクリックして安全ですから。(w

その中のどれかとクリックすると、こんな画面に進みます。

 
ご入会ありがとうございました!
 
     
 

以下に利用料金\30000を振り込んでください。

詐欺詐欺銀行
インチキ支店
異常預金 1234567
インチキ タロウ

支払い期限:90日

 
     

ここまでなら無視してしまえば良いだけのような、稚拙な詐欺の手口ですが、初心者の方々が震えてしまうのはココからなのです。

★初心者の方が悩んでしまう理由。

サイトには、こんな文章が書かれています。
そして、IT初心者の方は赤文字で記載したような印象を受けます。

 
貴方の情報
 
     
 

登録日時:xxxx年xx月xx日
(え!?今日じゃん!)

あなたのリモートホスト:xxxxx.oxn.ne.jp
(え!?俺のプロバイダ名が書かれてる?)

IPネットワークアドレス:192.168.x.xx
運用責任者:山田太郎
ネームサーバ:dns.oxn.ne.jp
(どうしよう…きっと俺がアクセスした事がバレてる…)

 
     

続いて、こんな追い討ちも…

     
 

支払期限を過ぎても入金が確認出来ない場合はお客様情報を元にプロバイダに対して法的な手段を経て、情報開示を求めます。

情報開示情報(以下項目)
・勤務先情報
・勤務先電話番号
・クレジットカード番号
・自宅住所
・自宅電話番号

上記ログを元に自宅や勤務先へ直接請求させて頂く可能性がございます。その際に当番組管理部より延滞料金30,000円、延滞1日に付き1,000円の損害金を加算して請求されることがありますので期日の方、お忘れないようお願いします。

 
     

今までのように、明らかに不特定多数に送信されたスパムメールならまだしも、実際のサイトにアクセスた覚えがある訳ですし、クリック動作でコンテンツを見ようというアクションを行っている為に、驚かれる方が多いのも頷けます。

また、既に電話番号やメールアドレスを送信してしまって、退会しようにも方法なんて何処にも書かれていない…しかも延滞金は高額だし、プロバイダまでバレている。本当に自宅や会社に請求が来たら困るし…それなら今、払ってしまおう…と、思われる方も多いようです。

繰り返しますが、

支払う必要はありません。無視して下さい。

・何処のプロバイダを使っているか?
・リモートホストは何か?
なんてのは、誰にだって取得できる情報…というか、皆様が今、使ってるブラウザ(IE等)が普通に持っている情報なのです。

たとえ上記の情報に加えて、携帯電話のキャリアや地域等が表示されていて、それが正しかったとしても、そこから住所や勤務先、学校等の個人情報を割り出す事は不可能です。

また、あなたのプロバイダは、どこの馬の骨だか分からない詐欺師に、あなたの情報を開示したりはしません!

安心してください。

★警視庁が語る「鉄則」。

1  利用規約がないような場合は無視をする。
2  利用規約がある場合は、よく読んで確認する。
3  電子消費者契約法では、事業者は、消費者に対して申し込み内容を再度確認させるための画面を用意する必要があるので、このような確認措置が無いような場合、その申し込みは無効を主張することができる。
4  上記2,3に「同意」した上サービスを利用した場合は、支払い義務が発生するおそれがある。なお、上にある携帯電話のイメージ画面のように「いいえ」や「NO」ボタンをクリックしても、「登録完了」画面になる場合もあるが、そのような画面では、確認措置があることにならないので、「3」に準じて対処する。
5  悪質なものに対しては、氏名、住所、電話番号などの個人情報は絶対に伝えない。

★「支払わなくても良い」という法的根拠。

1. 利用規約に同意する。
2. 料金はを確認して,クリックする。
3. 売買契約の際に個人情報を送付する。

これらの条件が揃って、初めて支払う必要性が出てくる訳です。
つまり、住所・氏名や支払い方法(クレジットカード情報等)を確認していない状況下で、「お支払い下さい」ってのは、明らかな詐欺行為な訳です。

しつこいようですが…

とにかく無視!請求が来ても無視!

良いサイトを探されているのなら、当サイトのリンクページのお勧めから試して下さい。

 
 
え?支払ってしまった?でも諦めないで!
 
     
 

一度でも支払ってしまった貴方は、業者の「カモリスト」に加わる事 間違いナシ!

速やかに最寄の警察署で被害届けを提出し、消費者センターにも相談ましょう。

 

 
     
 

TOPページに戻る >> 番外編1. 困った時に!