最終更新日:2018年12月16日

コラム

怪獣図書館

ブログ

吉報!

『共産圏アニメSF研究会論集』発行!

同研究会10年の歩み+αの記念すべき初論集

kyousan_sf_1.jpg

・SFアニメ『第三惑星の秘密』と後期ソ連の文化/越野剛
・中華圏SF〈野人〉映画の世界——北京原人と〈野人〉をめぐる「現実対虚構」/中根研一
・抗米救国(ベトナム)戦時下、ベトナム民主共和国のアニメ映画における戦争表象/坂川直也
・私的ロシアSFコレクション論——ゼロ年代の出版事情とともに/宮風耕治
・北朝鮮アニメの夕べ——謎のアニメ大国を追え/中野徹
・シュヴェイクをめぐる冒険——プラハとその近郊の街/武田みく
・映画『連隊の子』と『僕の村は戦場だった』——ロシア映画における子ども兵士の形象とその構造/佐藤亮太郎
・“黒猫警長”研究序説——キャラクターの誕生とその伝播について/加部勇一郎
・国民的キャラクターの創成——『今に見てろよ!』を中心に/大川良輔
・編集後記——共産圏アニメSF研究会について


朗報!

『連環画研究』第6号発行!

バラエティに富んだ執筆陣の競演

lianhuanhua6_1.jpg

・2016年の賀友直——逝去の報に接して/加部勇一郎
・文化外交をする女性たち——1980年代の「日中友好」連環画 尹★(くさかんむりに「止」)汐
・ラッパ吹きを描く連環画——ほら貝の場合/藤井得弘
・魯少年 漫画人生指南——戦後中国と漫画作家たち/瀧下彩子
・香港通俗漫画の世界——あるいは粗製乱造の文化学/佐々木睦
・中国ウルトラ漫画の世界2——ヒーローたちの電影連環画とフィルム・コミック/中根研一
・花とオジさん——20世紀における『鏡花縁』物語の描出と受容/加部勇一郎
・どうやって連環画をかくの?/田村容子
・『三国演義』連環画とその日本版/武田雅哉
・表紙デザイン/武田雅哉


特報!

『特撮が来た32』発売!

『シン・ゴジラ』特集号

tokukita-32_cover.gif

社会現象になった『シン・ゴジラ』の総力特集号。
特撮美術の三池敏夫氏へのインタビューや、ロケ地解説、音楽解説等々、超特大ボリューム。
ボクは、中華圏での反応などを少しご紹介しています。

開田裕治先生のHP「開田無法地帯」にて、絶賛通販中です。


特報!

『特撮が来た別冊 ウルトラマンX』発売!

ウルトラマンX大特集

tokukita_bessatu_ult-x.jpg

『特撮が来た』執筆陣が、『ウルトラマンX』について語りまくった特別号!
ボクは『劇場版ウルトラマンX きたぞ! われらのウルトラマン!』の上海ロケのレポートを寄稿しております。
写真や地図も載せてありますので、聖地巡礼のお供にぜひご活用ください。

開田裕治先生のHP「開田無法地帯」にて、絶賛通販中です。


朗報!

『連環画研究』第5号発行!

連環画シンポ報告/宇佐見さん追悼

lianhuanhua5.jpg

・カラーページ「知られざる中国〈連環画〉〜これもマンガ?〜」展より
・連環画を展示する試みー「知られざる中国〈連環画〉〜これもマンガ?〜」展 および 学術シンポジウム「〈連環画〉、そのさまざまな顔〜他ジャンルとの連続性を探る〜」を振り返って/竹内美帆
・連環画『人到中年』の多様なアプローチー小説および映画と比較して/尹★(くさかんむりに「止」)汐
・爆発する連環画ー『地雷戦』と「爆破英雄」たち/田村容子
・〈野人〉は禁断の果実を食べたのか?ー連環画に見る〈野人〉の腰巻き問題/中根研一
・アニメのようなマンガのようなー戴鉄郎氏のマンガ『黒猫警長』について/加部勇一郎
・変貌する連環画の〈顔〉ーそれはいかにして鍛えられていったか/武田雅哉

・《天国の宇佐見祥子さんにささげるページ》/池田真衣・竹内美帆・藤井得弘・田村容子・加部勇一郎・中根研一・武田雅哉

・表紙デザイン/武田雅哉

以上、全132ページ。

前号まで表紙デザインを担当されていた宇佐見祥子さんが、昨年急逝されました。
若くて才能ある彼女のあまりにも早すぎる旅立ちは、本当に残念でなりません。
これまで、楽しい表紙を本当にありがとうございました。
心より哀悼の意を表します。


topbg_top.png

topbg_bot.png

topbg_top.png

topbg_bot.png

門井肇監督『ナイトピープル』予告編

  • 門井肇監督『ナイトピープル』DVD絶賛発売中!

↑カウンタです。右から一の位、十の位〜。

ASIOS著

『UMA事件クロニクル』
(彩図社、2018)
絶賛発売中!

懐疑的に超常現象を調査する団体、ASIOSさんのUMA本に参加いたしました。
「野人(イエレン)」「天池水怪(チャイニーズ・ネッシー)」の項を執筆しております。
44に及ぶ古今東西のUMA事件を、徹底調査。最強のUMA研究本です。
詳細は彩図社のサイト


・ASIOSのブログ 「ASIOSの新刊『UMA事件クロニクル』が出ます」(2018.7.4)
目次・執筆者情報あり


武田雅哉編

『ゆれるおっぱい、ふくらむおっぱい』
(岩波書店、2018)
発売中!

コラム「未確認動物〈野人〉のおっぱい」を執筆しております。
詳細は岩波書店のサイト


・ダ・ヴィンチ書評「おっぱい」を学者が真面目に考えてみたら(2018.7.1)


武田雅哉・加部勇一郎・田村容子編著

世界文化シリーズ
『中国文化 55のキーワード』
(ミネルヴァ書房、2016)
発売中

分担執筆しております。
今だからこそ知りたい多様な中国文化のあれやこれやを、バラエティに富んだ55のキーワードをもとに17人の執筆陣が楽しく解説。
大学等の講義でのテキストにもオススメの一冊です。
・第1章 〈中国〉をかたちづくるもの
・第2章 意味ありげな場所とのであい
・第3章 人びとの生活を彩るもの
・第4章 いろいろな人たち
・第5章 不思議なものども
・第6章 書く・描く・見る・読む・聞く・遊ぶ
・第7章 周縁の愉悦

詳細はミネルヴァ書房のサイト


映画秘宝collection
『映画は中国を目指す』
(洋泉社、2015)発売中

2015年8月7日に発売となりました。
第一章「映画大国化する中国」/第二章「ハリウッドは中国を目指す」/第三章「中国人の好きなウルトラマン」/第四章「中国SF特撮番組・映画の今」/最終章「日本作品は上陸できるのか?」


・書評 映画ジャーナリスト斉藤守彦の ニュー斉藤シネマ1.2 【映画を待つ間に読んだ、映画の本】第33回『映画は中国を目指す --中国映像ビジネス最前線−』〜この本が出てからの1年が、大変なことになっている。


『別冊映画秘宝 特撮秘宝』vol.1
(洋泉社、2015)発売中

ベルベラ・リーンさんへのインタビュー記事で、主に中国語関係のお手伝いをしております。


『新世紀特撮映画読本』
(洋泉社、2014)発売中

第二章「世界の中の日本特撮」に拙稿「中国は特撮映画がお好き?」を掲載しております。
ご笑覧ください。


おすすめ情報