2005年11月6日
「カラブリア風羊 と きれいな色のソース、カラーピーマンのアマトリーチャーナ」
お教室の様子 今月は、赤ピーマンのピュレをアマトリチャーナに仕立てたパスタカラーブリア風羊を作りました。

パスタでは、赤ピーマンのローストのかんたーんな作り方をご紹介。

イタリア人の友達と料理したときに、こうやって剥いたら「あなたはえらい!」と言って貰った方法をご紹介しました。
今回の玉葱は越冬のためか、辛くて固め、甘みがでるまで炒めるのに時間がかかりましたが、皆さん、おいしくな〜れ、と念じつつがんばってくださいました。

右画像は、
アマトリーチャーナ
実際はもっと赤ピーマンの色がきれいな、鮮やかなソースです。 トマトのアマトリチャーナとはまた違った甘さと優しさのある一品です。
羊のカラーブリア風、本当はテラコッタの鍋で低い温度のオーブンに入れて加熱するのでやわらかく仕上がるのですが、今回の方法でイタリア人に受けがいい、のでご紹介。

酢の出方が、好き嫌いを分けてしまいましたが、羊のくせが抜けるさっぱりとしたお料理です。 

今日は、
ポレンタを作り、一口づつ皆さんのお皿におわけしました。 
 いつも来ていただいている方のおかげで、
初めての参加の方にもとても楽しんでいただけました。
皆様に感謝です。

 さて、来年のクチナイトでのセコンドは、私の得意分野であ
るごはんにもあうイタリアンをご紹介をしようと思います。

また、簡単なデザートへのリクエストが多いので、ボリュームのあるパスタと、デザートという組み合わせも行います(第1回目がラザニアとティラミスでした)。

また、どうぞお越しくださいませ。
お友達の小西由稀ちゃんも参加してくれました。
彼女のHPはこちら!
北海道の色々な情報が満載です。

 AllAbout Japan 北海道ガイドサイト 
   ガイド:小西 由稀 
協賛 バリラジャパン株式会社 
 カゴメ株式会社北海道支店
△ 上へ
 「お教室の様子」トップへ戻る


 2005年11月6日 「カラブリア風羊 と きれいな色のソース カラーピーマンのアマトリーチェ」

 2005年7月24日 「夏野菜をたくさんつかって」
 
2005年7月24日
「夏野菜をたくさんつかって」 
7月終わりの北海道の野菜はおいしい!

毎年お世話になっている
美唄の内山さんちのあまーいアスパラを、いつも参加してくださっている内山さんが取り立てのものを配達(?)してくださいました。    美唄・内山農園 no1bibai@fsinet.jp

そして、
ニセコ町の佐々木さんのトマト
形が揃っていないものをお安く提供してくれます。
ご希望の方はmacciancucinait@hotmail.com にご連絡ください。

そして
愛別の茄子(いつもの琴似の品川青果さんから)、と、届く野菜が皆生き生きしています。
今回のパスタは、シチリア・カターニアの先生に習った昔ながらのパスタ・アッラ・ノルマ。カターニア出身の作曲家ベッリーニに捧げるために彼のオペラ「ノルマ」からノルマ風になった、ということは彼は茄子トマトソースが好きだったのでしょうか。
豚肉のスペッツァティーノ、例によって色々な作り方があります。

きょうご紹介したのは、私が大好きなレストラン、クッチーナ・トキオネーゼ・コジマのお料理教室で習ったものを参考にしました。
シェフが
リグーリアのマンマから習ったものだそうです。
習ったときには、さやえんどうを使っていらっしゃいましたが、アスパラがおいしい季節なので、アスパラを

 参加者の方が、お家で作ってみたと写真をお送りくださいましたが、ブロッコリーを使っていらっしゃいました。
これからなら、ささげもいいかもしれませんね。リグーリアのマンマから東京のシェフへ、それから北海道の私たちの食卓へ。素敵なことではありませんか。

日伊協会の教室でご紹介した鶏の香草焼きや今回の
「イタリア風肉じゃが」こと、豚肉のスペッツアティーノなど、ごはんの食卓にもおいしいものをどんどんご紹介したいと思っています。

冷蔵庫の中のもの、近所で買える材料で作る本物のイタリア料理です。


今回は初めての方が多かったのですが、楽しい時間を一緒に過ごしているうちにすっかり打ち解けて連絡先を交換しているグループも。これは私としてはかなり嬉しい・・・。
 リピーターのイタリア通の方と同じグループでお話しているうちにイタリアへの興味がわいてきたという初参加の方もいらっしゃって、この話をイタリアの友人達にしたら喜ぶだろうと嬉しくなった今回でした。

合同酒精株式会社北海道支店さまから、ピエモンテのワイン、マルグラM’エクスプレス・コルテーゼをご協賛いただきました。
 
マルグラというのは、ピエモンテの方言で、「馬鹿」という意味。4人の「ワイン馬鹿」が集まって作った若いワイナリーです。

 コルテーゼ種の味わいがよくわかるテーブルワイン。
円山・裏参道の寿屋さんで販売中です。
きょうは、甘みのあるアスパラを入れた豚肉のスペッツァティーノにあわせてご紹介しました

こちらが、今回使ったアスパラ
作られている美唄の内山農園さん。

協賛 バリラジャパン株式会社 
 カゴメ株式会社北海道支店  合同酒精株式会社札幌支店
△ 上へ

 
  Cucinaitは、「北海道の素材で簡単でちょっとおしゃれなイタリア料理教室」がコンセプトです。
             乾麺(パスタ・アシュータ)の色々な使い方を北海道の旬の味でご紹介します。
             産地、生産者を身近に感じる教室です。