プリティ・プリンセス
- Aloysius' Rating:  5/10
2001年 アメリカ 115分
監督:ゲイリー・マーシャル
出演:アン・ハサウェイ、ジュリー・アンドリュース、ヘクター・エリゾンド、ヘザー・マタラッツォ、マンディ・ムーア、キャロライン・グッドオール


不器用で目立たなくてルックスもいまひとつの15歳の女の子ミア・サーモポリスの前に音信不通だったおばあさんが現われ、このおばあさんが実はジェノヴィアという国(スペインの隣にあるらしい)のクラリス・レナルディ女王そのひとで、つまりミア・サーモポリスの父親というのはこの国の皇太子で、それが戴冠式を前に数年前に事故死していて、したがってミア・サーモポリスが王位継承者ということになったので、ミア・サーモポリスは継承準備のために王女としての教育を受けるように求められるが、クラスの前で演説をしようとするだけで吐き気をもよおすミア・サーモポリスは状況から逃げ出そうと試み、おばあさんと母親に説得されて領事館の舞踏会までとりあえずつきあうことになる。ミア・サーモポリスがアン・ハサウェイ、悪役がチアリーダーのマンディ・ムーア、クラリス・レナルディ女王がジュリー・アンドリュース。ジュリー・アンドリュースはさすがの品格である。王位継承権を狙う男爵夫妻などがいちおうは配置されているものの、格別の害はない。よく言えばきわめて穏当な作り、ということになるのかもしれないが、ダイアログは刈り込みが甘く、状況がうまく絞り込めず、全体に散漫で115分がいたずらに長い。

IMDb IMDb で  を検索します。
* Search provided by The Internet Movie Database.