ゴッド・ブレス・アメリカ
- Aloysius' Rating:  5/10
2011年 アメリカ 104分
監督:ボブキャット・ゴールドスウェイト
出演:ジョエル・マーレイ、タラ・リン・バー、メリンダ・ペイジ・ハミルトン、マッケンジー・ブルック・スミス


離婚していて最愛の娘から面会日を拒絶され、会社では社会の風潮を声高に批判して孤立して、しかも上司から同僚に対するセクシャルハラスメントを理由に解雇を言い渡され、病院にいくと医者から脳腫瘍で余命いくばくもないと宣告され、帰宅すれば隣人親子がとにかく無礼で騒々しいということでついに自殺を決意した中年男フランクは察するに除隊以来保管してあったピストルを取り出して自分の口に突っ込むが、その前にテレビに出ているセレブ気取りの勘違い娘を殺そうと考えて実行に移し、それからモーテルに戻って自殺の続きに取りかかるとそこへ殺人現場を目撃した女子高生ロキシーが現われて、このまま死んだら中年がストーカー行為のあげくに対象を殺害して自殺したという構造にはめ込まれると指摘し、世の中には死ぬべき人間がもっとたくさんいると主張するので、それも道理であると考えたフランクは殺した娘の両親を殺してロキシーとともに旅に出て、無礼で軽佻浮薄な人間を見つけると橋から殺していく。思いつきは悪くないけれど、不運な上に偏頭痛持ちで、殺戮妄想をたくわえた主人公の造形があいまいで、なまじな造形を試みるくらいならばいきなりぶち切れていたほうがよかったのではないか、という気もしないでもない。近接した素材ということであれば 『スーパー!』 のほうが処理がうまいし面白い。

IMDb IMDb で  を検索します。
* Search provided by The Internet Movie Database.