バルバロッサ 帝国の野望
- Aloysius' Rating:  3/10
2009年 イタリア 124分
監督:レンツォ・マルチネリ
出演:ルトガー・ハウアー、ラズ・デガン、カシア・スムートニアック、セシル・カッセル、フリスト・ショポフ、F・マーレイ・エイブラハム


ミラノが忠誠を拒んだ、ということでフリードリヒ一世は軍団を率いて北イタリアに侵攻してミラノを破壊、ローマまで南下したところで疫病に出会い、北上してアレッサンドリアを攻囲していると、北イタリアの諸都市がロンバルディア同盟を結成し、フリードリヒ一世はレニャーノの戦いで敗北する、という話を背景に、ミラノの鍛冶屋の息子とか、その恋人とか、恋人の姉とか、その姉にほれるミラノの執政官(F・マーレイ・エイブラハム)がむたくたする。登場人物に無駄が目立ち、状況にも無駄が目立ち、ダイアログは無駄ばかりで、無用のスローモーションが見ているこちらをいらだたせる。つまり駄作ではあるがルトガー・ハウアーのフリードリヒ一世は悪くないし、レニャーノの戦いにはそれなりの数の馬が登場する。ただし戦闘シーンはめちゃくちゃで、馬車に乗り込んだ農民が鎌を使って騎士を倒すという以外に戦術はまったく見えてこない。

IMDb IMDb で  を検索します。
* Search provided by The Internet Movie Database.