シリアナ
- Aloysius' Rating:  7/10
2005年 アメリカ 128分
監督・脚本:スティーヴン・ギャガン
出演:ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、アマンダ・ピー、クリス・クーパー、ジェフリー・ライト、クリストファー・プラマー、ウィリアム・ハート


とある中東の国に二人の王子がいて、二人のうちの兄は開明的で議会の設置と女性解放を考え、弟は単に暗愚であったが、ある日、王はいきなり退位を宣言して暗愚な弟のほうに王位を譲り、弟の即位に不快感を示した兄は砂漠で殺害される、という話にアメリカの石油会社、CIA、司法省、エネルギー関連デリバティブ、テロリスト、パキスタンからの出稼ぎ労働者などがからみ、テヘラン、ワシントン、ジュネーブ、ベイルートとあちらこちらに飛び跳ねながら、こまかなエピソードが二時間強の上映時間にぎっちりと詰め込まれている。ジェフリー・ライト扮する弁護士の家庭環境など、いくらか作りすぎではないかと感じる部分もないではなかったが、いわゆるだれ場はなく、全編をとおしてテンションは高い。ちょっと脇見をしていると置いていかれる危険が大きいのである。多元的な構成はスティーヴン・ギャガンが脚本を担当した 『トラフィック』 に通じるものがある。視点は基本的にリベラルで、エネルギー利権にまとわりつく超大国のエゴと良心的なひとびとが味わう苦痛に触れているが、 マイケル・ムーア あたりがやったら確実に露悪的で下品になったであろうさまざまな要素を、ここでは上品かつ知的に処理している。きわめて真面目に作られた風格のある作品である。

IMDb IMDb で  を検索します。
* Search provided by The Internet Movie Database.