ファイナルファンタジー
- Aloysius' Rating: 5/10
2001年 日本・アメリカ 106分
監督:坂口博信
出演:ミン・ナ、アレック・ボールドウィン、スティーブ・ブシェミ、ドナルド・サザーランド、ジェイムズ・ウッズ


フルCGの超大作である。地球はファントムとかいうものの侵略を受けていて、人類はかれこれ30年も存続をかけた戦いを続けている。このあたりのやたらと風呂敷を広げた危機意識はシリーズに固有のものであろう。もう少しローカルであっても、こちらは全然かまわないのだと思うのだが、どうにもそれができないらしい。で、主人公の女性科学者が何やら夢を見ているとファントムの正体が分かってきて、倒す方法もわかってきて、という展開になると、ジェームズ・ウッズが声をやっている悪い将軍が例によってという方向へ話が進み、こちらが今一つ納得できないでいるうちに感動的な自己犠牲で世界には愛がもたらされてしまう。どうでもいいけど、この話には根本的な欠陥が一つあって、登場人物が30年も前から同じ状況で苦難をなめてきているとは到底思えないのである。思えない理由は簡単で、状況が思いつきだけで設定されているからである。そしていつもはこのギャップをプレイヤーが一生懸命レベルアップすることで勝手に埋めてくれるのだが、これはゲームではなくて映画なので、こちらには埋めようがないのである。たいそうなテーマやメッセージもけっこうだけど、その前にもう少し物語の作り方を勉強してもらいたい。なお、CGのみに関して言えば、やはりすごい水準にあると思う。ただ、リアルな登場人物が結局のところ、リアルではなく、どちらかと言えばよくできた田宮模型店の仕事にしか見えないというところは、何をどう見せるべきなのか、これもまた話も含めてということになるが、材料の選択に誤りがあったということになりはしないだろうか。美しいことは美しいけれど、どこまでいってもディオラマを見ているような気がしたのである。

IMDb IMDb で  を検索します。
* Search provided by The Internet Movie Database.