1950年にチャールズ・モンロー・シュルツ氏が描いたマンガ、ピーナッツ。そのマンガの主人公チャーリー・ブラウンの飼い犬であるスヌーピーは、連載当初、普通のビーグル犬だったが、回が進むごとに二足歩行ができるようになり、弁護士、医者、パイロットになりきったりするようになる。
キャラクターの商品化は、1958年にハンガーフォード社のソフビ人形から始まった。