日々是地底怪獣


2008年 5月
開田無法地帯TOP
08年5月10日(土)樋口真嗣版『隠し砦の三悪人』は面白いゾ

●今日初日を観てきました。
すでに試写で一度観せて頂いていたのですが、そのときは自分のエキストラ場面が気になって(笑)落ち着いて観られない部分もあったのですが、今日は余裕を持って大娯楽活劇映画を堪能することが出来ました。

いやあ、

面白いよ、この映画!

●鑑賞後にミクシィの勾玉倶楽部コミュ初日オフ会があったのですが、そこでも皆さん評価が高かく、映画の話題と旨い酒と旨い食事で楽しい時間を過ごしました。で、帰宅してドキドキしながら読んだマイミクさん達の日記が、これまたいずれも高評価です。 樋口監督の前二作に辛い点を付けた人も、『隠し砦の三悪人』は大絶賛ですよ。これは嬉しい驚きでした。

●私の個人的な感想としても、樋口監督の現時点での最高作品だと思います。
TVドラマサイズの映画モドキが跳梁跋扈する今時の映画館に、スケールのでかいアクション時代劇映画が帰ってきましたよ。黒澤版のオリジナルにはない恋愛映画の要素が加えられているのですが、樋口監督の映画は常に恋愛に陥る過程や葛藤がきちんとドラマに組み込まれているので、とってつけたような違和感がありません。脚本(脚色)を担当した中島かずきさんは劇団☆新感線や「天元突破グレンラガン」の脚本家として知られていますが、効果的で印象的なセリフや物語の展開が登場人物の成長に結びつく巧みさは流石と言わざるを得ません。オリジナルで名台詞となっている「裏切りご免」の使い処も見事です。

●偉大なオリジナルと較べて批判に晒されるのは樋口監督も中島さんも覚悟の上での事でしょうけど、見せ場になっている関所の場面など、オリジナルを知っている人にも十分楽しめるサプライズな展開になっていて、この仕掛けの見事さにはしてやられたと思いました。

●ちなみに私がエキストラで参加したシーンは、火祭りとラストの城門シーン。火祭りでは自分の姿を確認できませんでしたが、城門シーンでは(斜め後ろからですが)ほぼ全身が写っているのを確認できました。一緒にエキストラに出たあやは私よりはっきり写っていて、ニッコリ笑顔が大写しです(笑)