[トップページ]  [デンマーク]  [イセッタ&Me]  [ドイツミーティング}  [デンマークミーティング]  [パーツ]  [FAQ]   

[イベント情報]  [ドイツへGo!]  [リンク]  [イセッタ日記]  [Störyオートミュージアム]


 イセッタについて 

イセッタの歴史:
イタリア、ミラノ近郊で戦前、冷蔵庫、ラジエーター、ウォーターヒーターを生産していたイソ社(ISO SpA)は第二次世界大戦後まもなくスクーター、400ccまでのバイク、小さな3輪バンやトラックの開発を始めました。そして革新的なエンジニア・Mr.Pretiはスクーターエンジンを形を整えた冷蔵庫につなげ、窓や座席などを取り付けた2人乗用の小さな車を提案しました。このコンセプトを元にイソ社は1953年Turinモーターショーに「Isetta」(小さなイソ)を発表しました。その後、またたく間にこの小さな車は市民のタウンカーとしてヨーロッパ内でブーム的な人気を誇るようになりました。
イソ社は1958年まで生産を続けたがイタリア国内においてはあまり著しい成功はしませんでした。そしてライセンス契約をドイツBMW・フランスVELAM・スペイン・ベルギー、ブラジルなどと結び、各社独自に改良を重ね、最終的にはドイツBMW社がイセッタ生産のメインとなりました。BMWは1955年4月、「イセッタ250」を発売。後ろに2本のタイヤが並んだ4輪タイプとイギリス用3輪タイプ(ブライトンイセッタ)はその年の終わりまでには約1万台以上を販売し経営難であったBMWはイセッタの大ヒットにより立て直されました。BMWのイセッタ生産の成功は元々の2ストロークエンジン・236ccから彼らのモーターバイク・R25、4ストローク・シングルシリンダーエンジンへの変更により加速力や耐久性が増した事、各部品の品質基準が他社よりも圧倒的に高かった事。実際、現存するイセッタはBMW版が多い理由には単に生産台数が他社よりも多かったというよりは高品質によるものと言われてます。イセッタはミュンヘンのBMW工場にて1955−1962年までの8間に約16万1721台が生産されその内約2万9000台あまりがイギリスで生産されました。アメリカへも約8500台が輸出されそのほとんどは300ccエンジンで主に250ccはヨーロッパ内で販売されていました。初期型の1955年〜57年モデルはバブルウィンドウボディスタイルと言われ前方の小さな窓が少しだけ開閉するタイプで、57年以降モデルからはスライディングウィンドウタイプとなっており窓が以前よりも大きく横にスライディングする事により換気性は向上し、オリジナルのイソ社製のデザイン性重視より実重視のドイツスタイルに変更になったのでした。
イセッタは皆に愛されるパーフェクトデザインな小型バブルカー、1ドア、1シリンダーエンジン、1スパークプラグ、1又2本のワイパー、スライディングウィンドウ、サンルーフ、ヒーター、20−30/Lでとてもシンプルな構造で走る究極な2人乗りエコカーだったのです。

イセッタの種類:
基本的にはBMW社製イセッタ250、300、BMW600を主体に本家ISO系、VELAM(仏)ROMI(ブラジル)やトラックタイプ、カブリオレなど用途別バリエーション、輸出国別に細かい形状の違いなどさまざまな種類があります。ここでは一般的によく見かけるタイプをご紹介します。

イセッタ250:(写真左)
1955年〜62年に生産されたスタンダード・ヨーロピアンバージョン。4ストローク・シングルシリンダーエンジン(245cc)を右後方に搭載。ドアは前から開閉の1枚のみでステアリングはドアと一体化しているのが特徴的な乗員2人用。全長(228cm)、ギアとサイドブレーキは左のコーナーに取り付けられスペアタイヤは座席後方、バッテリーは座席の下に収納してあるシンプルなレイアウトの為、ベンチシートタイプの座席や足元スペースにもゆとりがあり窮屈さをあまり感じない構造となっている。後輪の幅はわずか20インチ(50cm)、最高速度は約85Km。

イセッタ300:(写真右)
1957年〜59年の間にイセッタ250のエンジンを247ccから295ccに改良。主にイギリスでの右ハンドル3輪バージョンやアメリカ輸出用が多かった。3輪と4輪の2タイプがあったがUSExport仕様は4輪、パイプバンパー、ライトシートメタルバンパーが前後についてヨーロピアンバージョンよりも大きなヘッドライトが装備されていてスタンダードヨーロピアバージョンのイセッタ300とは少々デザインが異なっていた。イギリス仕様では3輪が人気だった理由は購入時の税金や年間の登録料が4輪に比べて格段に安かった為である。そのためイギリスでのイセッタ250(4輪タイプ)の売れ行きはあまり良くなったがこの3輪の登場により300シリーズは大変な人気となった。

BMW600:(写真左)
イセッタ250/300に続く600シリーズの正式名称にはイセッタの文字はつかないがアメリカでは通常、イセッタ600と呼ばれる事が多い。1957年〜61年の4年間で約3万5000台以上が生産された。エンジンは二輪R60系を流用したフラット2気筒(585cc)空冷を後部に搭載、変則的なディファレンシャルギアも備え走りはかなりパワフルとなった。特徴的なドアは250/300と同様フロントドアと後部座席右側の2ドア仕様となり乗員4人となった。全長9フィート6インチ(290cm)、ギアとサイドブレーキは前座席真ん中に取り付けられスペースが格段に大きくなりファミリーカーとしての位置を確立しました。ヘッドライトやバンパーの形状は販売された国によって若干の違いがあった。最高速度は約100km。この600の生産終了BMW700シリーズ(乗用車スタイル)の生産が開始されるがシャシーはこの600のホイルベースをそのまま延長したものでした。現在のBMWの基本的な構造はこのBMW600からスタートとしたと言われている。      

イセッタスペック一覧表へ

トップページに戻る