TopBandLiveDisco.GalleryMerch.BlogContactEnglishMySpace

   5X

Gt.ジョージ吾妻   Vo.ミワ斉田   Ds.マッド大内    Ba.盛山キンタ

 
History
5Xはジョージ吾妻によって1981年に結成され、
東芝EMIから1981年〜1983年の間にヒューマン・ターゲット、ライヴX、カルメン・マキ&5Xの3作品を発表している。
当時のオリジナル・メンバーはジョージ吾妻(Gt)、カルメン・マキ(Vo)、盛山キンタ(Ba)、原田ジュン(Ds)であった。

5X結成以前は、1978年にLAFFでKitty Recordsよりアルバムを発表。
当時のメンバーはドラムに島田吉隆(現チャーバンド)だったが、
そのバンドがきっかけとなり5Xとして発展していった。
5Xは僅か3年間の活動の後1983年後半、渋谷ラママのLIVEを最後に解散となる。

解散21年後の2004年、ジョージ吾妻は5Xの再結成に向け動き出す。
当時のメンバーと連絡を取り合った結果、ベースの盛山キンタが復帰。
アンセムのドラマーであったマッド大内はオリジナル・メンバーである原田ジュンの弟子でもあり、
当時5Xのローディーも経験している事も幸いし加入を快諾した。
新人ヴォーカルのミワ斉田はオーディションにてジョージ吾妻に認められ加入。
ここに新生5Xが復活を遂げたのである。

2004年4月よりリハーサルを開始、6月より精力的にLIVEを行う。
同年末には高崎晃、山本恭司、柴田直人、島紀文を迎えたイベント、
ギターアルマゲドンを開催し2005年からの本格始動への道筋をつけた。
2005年には映画「地獄プロレス」のテーマ曲「ペイン・ギバーズ」を提供。 2006年2月よりレコーディング開始。
ここに新たなるオリジナル・アルバム「UR 5X RU」を完成させ、5Xは再び世界に飛び出す。

-2005-
2/10 Movie 地獄プロレス エンディングテーマ"Pain Givers"収録
7/25 地獄プロレス発売

-2006-
2/24〜 ニューアルバムへむけてレコーディング開始
6/30 レコーディング終了

10月1日 fmラジオ大江戸放送に出演

12/23 ジョージ吾妻のクリニック 札幌キクヤ楽器にて

-2007-
Yamaha Music Mediaの雑誌 Rock Guitar R40にジョージ吾妻のインタビュー掲載


 

©2004-2020 George Azuma With 5X. All rights reserved.