news | bio | works | audio | texts | classes | links | mail  


Art and Technology in Post-War Japan


戦後の日本におけるテクノロジーを用 いたアートに関するデジタル・アーカイブ作成のため、メディア・アートの先駆者であり、その後も今日に至るまでこの分野で指導的な立場で活動を続けてきた 山口勝弘の所蔵する、1950年代から現在に至るまでのわが国のメディア・アート関連の資料に関して、過去2年間にわたってデジタル化の作業を行ってきた 紙媒体資料・静止画像資料、動画資料(ビデオ作品)を整理し、若干の追加資料のデジタル化を行った上で、データベース化する作業を行った。データ件数は約 5,200件におよび、それぞれについて資料番号、題名、作者名、撮影者、掲載誌名、年月日、出品展覧会名、寸法、材質、現所蔵などの文字データと画像 データを入力した。

また、過去2年間の調査をふまえて研究成果報告書を作成した。各研究分担者が分担して歴史的視点から論文を執筆し、1950年代の「実験工房」における総 合芸術の運動、1960年代における環境造形の展開と1970年の大阪万博、そして1970年代以降に台頭したビデオ・アートの問題などについて跡づけ た。またアーカイブ構築のための基本概念についても研究論文を収めた。さらに、昨年度に開催した神奈川県立近代美術館(鎌倉)における「メディア・アート の先駆者 山口勝弘展:『実験工房』からテアトリーヌまで」(2006年2月4日〜3月26日)の会期中に開催した連続講座、およびイギリスから招聘した ヤシャ・ライハート女史の講演を活字化して収録し、あわせて昨年度、クリストフ・シャルルがフランスで行ったビデオ・アート関係者のインタビューも翻訳・ 収録して、日本のテクノロジー・アートの展開を国際的な視点からも位置づけるよう努めた。

DOWNLOAD THE PDF FILE HERE (3.2MB)


Papers 論文:

井口壽乃 IGUCHI Toshino :
「戦後日本における「国際性」とアート&テクノロジーの拡大」--- 1頁
(Post-War Japan Internationalism and the Expansion of Art and Technology)

Christophe CHARLES
クリストフ・シャルル :
「山口勝弘のパフォーマンス」--- 8頁
(The Performances of Yamaguchi Katsuhiro)

太田泰人 OTA Yasuto :
「山口勝弘の1950–60年代 ── 実験工房から環境造形へ 」--- 16頁
(Yamaguchi Katsuhiro in the '50s and '60s - From "Experimental Workshop" to Environmental Art)

三本松倫代 SANBONMATSU Tomoyo :
「『山口勝弘展』における芸術とテクノロシー」--- 21頁
(Art and Technology in the "Yamaguchi Katsuhiro Retrospective Exhibition")

松本透 MATSUMOTO Toru :
「光の芸術の可能性──倉重光則の場合」--- 24頁
(The Art of Light of Kurashige Mitsunori)

水谷長志 MIZUTANI Takeshi:
アート・アーカイヴ再考 1)  ── 〈外なる/ 内なる〉二つのトライアングルをめぐって 2) --- 80頁
(About Art Archives : Outer Triangle / Inner Triangle)



Lectures レクチャー:

大谷省吾 OTANI Shogo :
「総合芸術への夢:実験工房の舞台作品を中心に」 --- 30頁
(The Dream of a Total Art: the Stage Works of the "Experimental Workshop")

磯崎 新 ISOZAKI Arata :
「ターニンクホイント:空間から環境へ・万博・ホストモタン」--- 40頁
(A Turning Point: "From Space to Environment" - "Expo70" - Postmodernism)

松本俊夫 MATSUMOTO Toshio :
「映像表現の実験:1950年代、60年代を中心に」--- 48頁
(Images Experiments in the '50s and '60s)

小林はくどう KOBAYASHI Hakudo:
「メディア・アートの展開:「ビデオ・ひろば」とその後」---57頁
(Developments in Media Arts: "Video Hiroba" and its Legacy)

Jasia Reichardt ヤシャ・ライハート
「TOMORROW STARTED YESTERDAY」--- 67頁


Interviews インタビュー:

Annick BUREAUD Interview アニック・ビューローとの対談 --- 72頁
Frank POPPER Interview フランク・ポペールとの対談 --- 77頁



平成16-18年度化学研究費補助金 (基盤研究(B))研究成果報告書
課題番号 16320025
研究代表者:松本透
編集:大谷省吾
発行:2007年3月