sounds of weather

australia-japan art project 武蔵野美術大学・RMIT国際プロジェクト

Sounds of Weather

Exhibition & Live Event at SuperDeluxe 2011, November 12 (Sat.) 18:00~22:00
Entrance Fee: 2500yen / Student with ID: 1000yen
+ Drink Order 700yen

展覧会とライブイベント@スーパーデラックス2011年 11月 12日(土)18:00~22:00
+ドリンクオーダー 700円

download flyer front
download flyer back

Project Members: 
Philip Samartzis, Simon Perry, Dominic Redfern, Kristen Sharp, Christophe Charles, Students from Musashino Art University.

Special Guests:
Sato Minoru -m/s


佐藤実 -m/s

3-1-25 NishiAzabu B1F, Minato-ku, Tokyo 106-0031, Japan tel 03-5412-0515 fax 03-5412-0516
handy site for mobile devices >>

〒106-0031 東京都港区西麻布 3-1-25 B1F tel 03-5412-0515 | fax 03-5412-0516
携帯用ウエブサイト >>

"Sounds of Weather" is a project by Philip Samartzis (RMIT, Melbourne) and Christophe Charles (MAU, Tokyo). Together with researchers, artists and students, they will undertake fieldwork in different locations in Japan and Australia to document the effects of weather on the built and natural environment through sound recording.

The aim of the project is to interrogate the effects of climate change by concentrating on the propagation of acoustical phenomena over time and space to promote a deeper understanding of how weather events shape specific environments.

To achieve this, a specially designed multi-microphone recording station will be deployed in a variety of locations over sustained periods of time to simultaneously record air, water and structure based sound using a combination of accelerometers, hydrophones and omnidirectional microphones synchronized to a multichannel recording device.

These recordings will be translated into surround sound compositions to afford immersive and tactile experiences of the fieldwork. As a result of this process surround sound maps of various meteorological events will be produced to incorporate the full morphological development of sound spectra over time and space to enhance the experience and understanding of these events.

The result of this research will be presented in different venues in Tokyo and Melbourne. The first event will happen on November 12, 2011, at Tokyo Superdeluxe with special guests : Haco and Sato Minoru -m/s.

The event, from 18:00 to 22:00, will hold a presentation of the field research with sound installations, screenings of video works by Dominic Redfern and Simon Perry, and a series of live performances based on the field research by Philip Samartzis, Kristen Sharp, Dominic Redfern, Christophe Charles, students of Musashino Art University, Haco and Sato Minoru -m/s.

「サウンド・オブ・ウエザー」は、フィリップ・サマーティス(RMIT、メルボルン)とクリストフ・シャルル(MAU、東京)によるプロジェクトです。研 究者、アーティストや学生と一緒に、日本とオーストラリアのさまざまな場所でのフィールドワークを実施していきます。環境音を録音することによって、都市 環境や自然環境への天候の影響を調査します。

プロジェクトの目的は、音情報から環境形成への気候変動の影響を調べることです。このために長期間にわたり、さまざまな場所で特別に設計された特殊のレ コーディング・ステーションを配置します。様々な種類のマイクロフォン(無指向性マイク、ハイドロフォン、加速度計)を使用し、空気、水、物体の音を録音 します。

フィールドワークの臨場感と触感を得るために、環境音の録音素材を使用し、サラウンドサウンドのコンポジションを制作します。気象概況の経験と理解を深め るために、気象概況の音響的スペクトルを現すサラウンドサウンドのマップを作成します。

東京やメルボルンで、作品や研究の成果を発表します。最初のイベントを 2011年 11月 12日に、東京スーパーデラックスで開催します。スペシャルゲストとして Hacoと佐藤実(m / s)にも出演していただきます。

18:00から 22:00まで、スーパーデラックスのマルチチャンネル・サウンドシステムを使用したインスタレー ション、ドミニク・レッドファーン、サイモン・ペリーのる映像作品の上映、 Haco、佐藤実(-m / s)、フィリップ・サマーティス、クリストフ・シャルル、武蔵野美術大学生によるライブパフォーマンスを行います。


18:00 open

18:10 "Tract" (Dominic Redfern) 

18:40 "Song" (Tajima Chiho- Tsurukai Yuko- Yamana Tomoyo)

18:50 "Drone" (Shimazaki Ryusuke)

19:00 "Antarctica" (Philip Samartzis)

19:10 "Watery Terrain" (Christophe Charles)

19:25 "Weatherman" (Simon Perry- Dominic Redfern- Shimazaki Ryusuke- Christophe Charles) 

19:50 "Trombone" (Miyamoto Kazuyuki)

20:10 "Leaves" (Haco - Dominic Redfern- Philip Samartzis)

20:45 "Krystal Set" (Kristen Sharp- Haco- Ujita Eri- Yamana Tomoyo- Dominic Redfern- Miyamoto Kazuyuki)

21:05 "Refugia" (Dominic Redfern)

21:20 "Thermal Acoustics" (Sato Minoru) 

21:50 "Aurora"  (Philip Samartzis)

Artists and Researchers Profiles:

Philip Samartzis
Philip Samartzis is a composer, musician, and coordinator of sound in the RMIT School of Art. He researches in the areas of sound art, acoustic ecology and spatial sound practices, with a specific focus on art and emergency medicine, and environmental sustainability. His PhD, Surround Sound in Installation Art, examined the place of sound in contemporary art practice through a range of site determined sound art projects. In 2010 Philip was awarded fellowships by the Australia Council for the Arts, and the Australian Antarctic Division to document the effects of extreme climate and weather events on the human condition at Davis Station in Eastern Antarctica.

フィリップ・サマーティスは作曲家、音楽家、そして RMIT School of Artコーディネーターです。芸術と救急医療、および環境のサステナビリティ(持続可能性)の観点から、サウンドアート、音響生態学や空間的な音響制作を 研究しています。博士論文「インスタレーションアートにおけるサラウンドサウンド」では、サイトスペシフィック(特定の場所)のサウンドアート・プロジェ クトを通して、現代美術での音の位置づけを調査しました。 2010年に、オーストラリアカウンシルとオーストラリア南極局から奨学金を得て、東南極のデービス基地での極端な気候の中で活動している人々の状態や、 気象の影響を調査しました。

Simon Perry
Simon Perry is a visual artist and academic and has a particular interest in Art in Public Space. Over the last 20 years the key focus of his art practice has been the research, design and production of significant and high-profile urban public art in Australia and internationally. His more recent interest in the emerging field of art and ecology is demonstrated by his participation in a pioneering international exhibition "Heat: Art and Climate Change".

サイモン・ペリーは造形作家と大学講師として活動しています。主要な活動は、世界の都市のパブリックアート(公共空間における芸術)の研究、設計と制作で す。先駆的な国際展示会「ヒート:アートと気候変動」に参加するなど、アートとエコロジーのの多くのプロジェクトに関わっています。

Dominic Redfern
Dominic Redfern, video artist, has worked at the interaction of site, screen and identity. The screen then, is both subject and medium for his work, which gives critical expression to the complexity of screen-mediated experience. Dominic has shown his works at Perth international Arts Festival; Brisbane Gallery of Modern Art; Bangkok Experimental Film Festival; Chulalongkom Art Centre (Bangkok); Tate Modem (London); Te Tuhi Centre for The Arts (New Zealand); the Art Institute of Chicago; Museum of New Art (Detroit), Art in General (New York); Hamburger Bahnof (Berlin); Kunstnernes Hus (Oslo); Alternative Space Loop (Seoul); Gallery Minami, Tokyo Wonder Site (Tokyo).

ドミニク・レッドファーンはビデオアーティストで、サイト、スクリーンとアイデンティティの相互作用を探求しています。彼の作品では、スクリーンは媒体と 同時に主役である。パース国際芸術祭、ブリスベン・モダーンアートギャラリー、バンコク実験映画祭、チュラロンコン・アートセンター(バンコク)、テート モダーン(ロンドン)、テトゥヒ・アートセンター(ニュージーランド)、シカゴ美術館、アートインジェネラル(ニューヨーク)ミュジアム・オブ・ニュー アート(デトロイト)、ハンブルガーバーンホーフ(ベルリン)、クンストネーネス・フス(オスロ)、オルタナティブスペース・ループ(ソウル)、南画廊、 トーキョーワンダーサイト(東京)。

Kristen Sharp
Kristen Sharp is Coordinator of Art History and Theory in the School of Art, she researches in the areas of cultural studies and art history, with a specific focus on globalisation, urbanisation and cultural identity. Her PhD, Superflat Worlds: a topography of Takashi Murakami and the cultures of Superflat art, examined the contemporary Japanese artist Takashi Murakami as an example of a contemporary art practice that is strategically located within the processes of contemporary globalisation. She is currently conducting research on art and the urban experience, and is a member of the RMIT Global Cities Research Institute (Globalization and Culture program).

クリステン・シャープは、RMITで美術史や芸術理論のコーディネーターを勤めており、グローバル化、都市化と文化的アイデンティティに焦点を当てなが ら、文化研究と美術史の分野で研究を行っています。「スーパーフラットワールド:村上隆とスーパーフラットアートの文化の地形」について博士論文を執筆 し、現代のグローバル化のプロセスの中の現代美術の実践の例として、現代の日本人アーティスト村上隆氏の活動を調査しました。現在、アートと都市的体験に 関する研究を行い、グローバリゼーションと文化に関わるプログラム「RMITグローバル都市研究所」のメンバーです。

Christophe Charles
Christophe Charles (born Marseille 1964), works with found sounds, and makes compositions using computer programs, insisting on the autonomy of each sound and the absence of hierarchical structure. Currently Professor at Musashino Art University (Tokyo). C.C. has released solo CDs on the German label Mille Plateaux / Ritornell ("undirected" series), and on several compilations (Mille Plateaux, Ritornell, Subrosa, Code, Cirque, Cross, X-tract, CCI, ICC, etc). Group exhibitions include ICC "Sound Art" (Tokyo, 2000), V&A "Radical Fashion" (London, 2001), etc. Permanent sound installations at Osaka Sumai Jouhou center (1999), Narita International Airport Central Atrium (2000).

クリストフ・シャルル、1964年フランス生まれ。現在、武蔵野美術大学映像学科教授。メディアアートを専門に、現代芸術における理論的・歴史的な研究を 行いながら、内外空間を問わずインスタレーション及びコンサー トを行い、それぞれの要素のバランス、独立性及び相互浸透を追求している。主な作品として、CD作品:「undirected」 シリーズ(Mille Plateaux, Subrosa, CCI, ICC, Code, Cirque, Cross, X-tractレーベル などでリリース)やパブリックアート作品:大阪市住まい情報センターモニュメント(山口勝弘監修)音響担当、東京成田国際空港第一ターミナル中央アトリウ ム常設サウンドインスタレーション。
Special Guests:

A composer, vocalist, electroacoustic performer, sound artist, and a founding member of After Dinner (1981-1991) and Hoahio. Haco has created numerous recordings both as producer and sound designer. As a musician, she has given performances throughout Japan and the world. With her unique sensibility, Haco has developed a practice based on principles of post-punk, electroacoustics, the avant-garde, improvisation, post-rock, environmental sound, and technology. In 2005, her CD "Stereo Bugscope 00" was awarded a prize in the digital music category at Prix Ars Electronica in Austria.

作曲家、ヴォーカリスト、エレクトロニクス奏者、サウンドアーティスト。神戸のスタジオ・メスカリーナを拠点にプロデューサー、エンジニアとしても活動 中。ソロや複数の主宰プロジェクトでの CD制作、コラボレーション、国際フェスティバル出演など数え切れない。ポストパンク、電子音響、アヴァンギャル ド、即興、ポストロック、環境、テクノロジーを背景に、鋭い感性で活動範囲を広げている。長年にわたって歌姫とも称される。近年、サウンドアートの文脈で ライヴ・インスタレーション、レクチャー、ワークショップも精力的におこなっている。2005年には作品「Stereo Bugscope 00」がオーストリアのアルス・エレクトロニカで入賞。またコンテンポラリー・ダンスの音楽製作、サウンドデザインも多く手がけている。
Sato Minoru -m/s
minoru sato -m/s, SASW is a japanese artist. he is interested in the relationships between the description of nature and art representation, and he is creating art works per physical phenomena and various concepts. He has several music projects - solo, collaboration with ASUNA, "IL GRANDE SILENZIO", "f u r" and so on, and as a curator he is organizing contemporary art exhibitions and various events.

佐藤実 -m/s, SASW:アーティスト。自然記述と美術表現の関係に関心を持ち、物理現象と多様な概念によるインスタレーション、パフォーマンス、出版、執筆などの制作 活動を行っている。またソロや ASUNAとの共作、バンドIL GRANDE SILENZIO、「f u r」など幾つかの音楽活動や、学芸員として展覧会、アートイベントの企画を行っている。1994年 -2006年レーベル WrKを運営。
Students from Musashino Art University: Dept. of Imaging Arts and Sciences, and Dept. of Visual Communication Design:

Matsui Tadashi, Miyamoto Kazuyuki, Shimazaki Ryusuke, Tajima Chiho, Tsurukai Yuko, Ujita Eri, Yamana Tomoyo.



This project is supported by an RMIT Foundation International Exchange Fellowship Grant, and by a MAU International Project Grant.