news 2009


2009, December 16
16:00~18:00
Polygon Shock

Musashino Art University
Media Art 3 - Open Performance
Bldg #12 Video Atelier
武蔵野美術大学 12号館1階 ビデオアトリエ
メディアアート3
・パフォーマンス:身体、映像、音、詩

青木啓示(映像学科3年)
貝和由佳子
(映像学科4年)
黒木晃(映像学科3年)
小室愛(映像学科3年)
小室萌佳(映像学科3年)
細川比 呂志(映像学科3年)
御須玲央奈(映像学科4年)

ゲスト:
大橋範子 (奈良市 在住、京都精華大学卒)
広瀬真咲 (埼玉在住、東京造形大学卒)

霜田誠二(NIPAF ディレクター)
クリストフ・シャルル


2009, December 4-5-6
Un jeu d'échec étoilé
REMIXARTS

du vendredi 4 décembre 2009, à 11:00
au dimanche 6 décembre 2009, à 22:00
Paris Centre Pompidou / Forum-1 @ ABI

A l'invitation de Mme Nathalie Amaë pour le salon ArtistBook International à Paris, et en résonance avec l'année mondiale de l'astronomie, Franck Ancel propose une CONSTELLATION : entre édition-installation-performance en devenir, au Centre Pompidou, à partir de trois projets collaboratifs, «VMR» - «58/08» - «0000».

En 1957, Jacques Scherer édite le LIVRE de Mallarmé pour une première publication (désormais épuisée) et en 1967 Jacques Polieri réussira à en créer une scénographie électronique. Hasard spatio-temporel et symbolique, c'est justement entre 1957 et 1965 que Frederick Kiesler transfigure les codes scéniques et construit une «grotte du Livre» à Jérusalem. L'écriture contemporaine est depuis déterminée et déterminante face aux technologies numériques quand tout semble débuter par un langage là où le livre semblerait s'éteindre ?

C'est à partir du LIVRE dont le manuscrit reste aussi ésotérique - comme le langage informatique qui nous connecte avec l'univers - que Franck Ancel a tissé un réseau de collaborations pour le projet «0000» à partir du manuscrit du LIVRE de Mallarmé. Comme le LIVRE taoïste du destin, un échiquier repose sur le chiffre 64 et seule la mise en jeu suffit comme réponse. A partir des feuillets du manuscrit original conservé à Harvard aux USA, Ancel va mettre en espace, de manière aléatoire et en montage, l'ensemble des feuillets autour du chiffre 64. Quand toute l'histoire des arts depuis Mallarmé semble n'avoir été au monde que pour aboutir à un échec.

Une CONSTELLATION de créateurs et auteurs ont accepté de participer à une mise en jeu de 64 sons de 64 secondes à l'invitation de Franck Ancel : Annie Abrahams - Rodolphe Alexis - Art of failure (Nicolas Montgermont - Nicolas Maigret) - Joseph Attié - Jean-Pierre Balpe - Pierre Beloüin - Hervé Binet - Dinah Bird - Julien Blaine - Philippe Bordas – Jean Bordé - Antoine Boute – Philippe Castellin - Laurent Chambert - Christophe Charles - David Christoffel - Thierry Coduys - Michel Corvin - Sylvain Courtoux - Laurent Dailleau - Magali Daniaux & Cédric Pigot - Mathias Delplanque - Dina Douieb - Vincent Epplay – Erikm - Yvan Etienne - David Fenech - France Info - Bertrand Gauguet – Nicolas Gimbert - Michel Giroud - Bernard Heidsieck - HP Process (Hortense Gauthier - Philippe Boisnard) - Joël Hubaut - Marc Hurtado - Etienne Jaumet - Alice Keller - Pierre-Yves Macé – Stéphane Mallarmé - Léonardo Marcos - Bérangère Maximin - Pierre Ménard - Jean-Claude Moineau - Montagne Froide (Valentine Verhaeghe - Michel Collet) - Jean-Marc Monterra - Joachim Montessuis – Cécile De Montigny - NG - F.J. Ossang - Julien Ottavi - Tibor Papp - Serge Pey - Richard Pinhas - RadioMentale (Jean-Yves Leloup - Eric Pajot) - David Ramsamy - Jean-Philippe Renoult - Jocelyn Robert - Julie Rousse - Gaël Segalen - Emmanuel Sévigny - Black Sifichi – Ghedalia Tazartes - Kasper T. Toeplitz - Valérie Vivancos - Wild Shores (Evelyne Hebey - Fred Nouveau - Marc Roques) - Bertrand Wolff – Christian Zanesi.

Une projection/rencontre - sous la direction technique de Mr Thierry Coduys et la présence de Mme Elisabeth Chojnacka - aura lieu le 6 décembre de 19h à 22h dans la petite salle du forum -1 à Beaubourg (*) en direct dans la chambre 27 sur http://selfworld.net (de Mr Ivan Chabanaud) parallèlement à la présentation pendant tout le salon du 4 au 6 décembre, d'un jeu de 10 Constellations «0000», titrées «CI à CX», numérotées de 0 à 20, des sérigraphies de caviardage par l'artiste Claire Morel à partir de 200 feuillets du manuscrit original du LIVRE de Mallarmé, d'un échiquier «0000» en plexi reproduisant 32 feuillets tirés au hasard du manuscrit original du LIVRE de Mallarmé en fac-similé sous forme de diapositives, 64x64 cm, édition numérotée et signée, limitée à 27 exemplaires, du coffret «VMR» (Vladimir Maïakovski Remix) actuellement dans une exposition au Musée Reina Sofia et de «58/08» en hommage aux 50 ans du «Poème électronique» de Le Corbusier, Xenakis et Varèse.

Ces CONSTELLATIONS sont des visions d'un univers où chaque échec passé est une victoire sur les étoiles.

Franck Ancel
http://www.artistbookinternational.com



2009, November 19

Phill Niblock + Katherine Liberovskaya

Special Lecture at Musabi
16:30-18:30

1号館103教室

フィル・ニブロックとキャサリン・リベロヴスカヤ:
ライブコンサート/上映
ニューヨークのミニマル・ミュージック・シーンの重鎮、Phill Niblockを招きプレゼンテーションとライブを行います。1958年からニューヨークで活動を始め、その後、数十年にわたり映像、音楽ともに一貫した 方法論を用いるその表現は「究極のミニマリズム」と称され、賞賛され続けています。今回、パフォーマンスとともに、その仕事について本人自らに解説してい ただきます。また一緒に来日するメディア・アーティスト、Katherine Liberovskayaとのコラボレーションも予定しています。メディア・アートの歴史において孤高とも言えるそのパフォーマンスとともに是非、ご体験 ください。

Phill Niblock/フィル・ニブロック
1933年、アメリカ・ニューヨーク生まれ。メディア・アーティスト。音楽の他にビデオ・フィルム・写真など表現方法は多岐にわたる。ニューヨーク・ミニ マルミュージックシーンの重鎮として、1980年代から76歳になる現在まで徹底したそのスタイルは、ソニック・ユース、ジム・オルークなど多くのアー ティストに影響を与えている。http://www.phillniblock.com/

Katherine Liberovskaya/キャサリン・リベロヴスカヤ
モントリオール(カナダ)とニューヨークを中心に活動する映像・メディアアーティスト。1980年代後半より実験映像を主として制作し、長きに渡り、世界 各地のアートスペースやイベントで、数多くのシングルチャンネルビデオ作品、ビデオインスタレーション、そしてビデオパフォーマンスを発表してきた。http://www.liberovskaya.net/




2009, November 8

Sound Follies 6

Date: 11月8日(日)Nov. 8 (Sun)
Place: Ochiai SOUP
Time: open 18:00
Charge: 1500 yen

ochiai soup発、 experimental event "Sound Follies" #6はSNDのマーク・フェルとのスプリットやMego、Lucky Kitchen、fals.chといった錚々たるレーベルからのリリースで知られ、緻密な電子音楽理論と型破りなアイディアを混交した鬼才Evol来日に 伴い、今や伝説となったMille Plateaux / Ritornellからのリリースやオヴァルとのコラボレートでも知られ、メディアアート/現代芸術の領域から現在進行形の音楽を照らし出すクリストフ・ シャルル氏、'80年代にメルツバウに参加、数年ぶりとなるライヴをこの度披露するKiyoshi Mizutani氏をゲストに迎えておおくり致します。

Live:
EVOL (Spain)
http://www.vivapunani.org/

Kiyoshi Mizutani

Christophe Charles
http://home.att.ne.jp/grape/charles/

miclodiet/Kelly Churko
http://www.myspace.com/miclodiet
http://www.myspace.com/kellychurko

Abarenbow Teng
http://www.myspace.com/abarenbowteng

DJ:
DJ Lullaby (Shinya Hankawa)

access:
3-9-10 mikasa BLD B1F shinjuku-ku kamiochiai Tokyo Japan
Tel : 03-6909-3000
◎JR総武線東中野駅徒歩5分
◎東京メトロ東西線落合駅徒歩1分
◎都営大江戸線中井駅徒歩5分◎西武新宿線中井駅徒歩10分『早稲田通り』と『山手通り』が交差する交差点…東西線『落合』出口向かい…早稲田通り沿いに 在る養老乃瀧(
1F松や)横の路地を入ると…左手に銭湯&コインランドリーが在ります

soup info
http://www.soundispatch.com/maps/soup.jpg


2009, October 30

Mediations of Locality
Live at Loopline
18時〜22時 
http://www.loop-line.jp/
 (1000円+drink)

Andreas Siagian
Duc Tu Nguyen
Lim Kok Yoong
Preeyachanok Ketsuwan
Christophe Charles
Koyanagi Junji 小柳淳嗣
Watanabe Shunsuke 渡辺俊介
Son Woo Kyung 孫于景
Misu Leona 御須玲央奈
Shibata Satoko 柴田聡子
Kanno So 菅野創

http://www.dis-locate.net/mldiaryj.htm


2009, October 29

Live at Artland
クリストフ・シャルル (Christophe Charles)+川染喜弘Yoshihiro Kawasome
料金:1000円(1drink込)
open, 18:30 - start19:00
武蔵小金井art land 東京都小金井市本町1-1-6-6小金井マンション1B
TEL&FAX 042-383-6155

会場までのアクセス→JR中央線 武蔵小金井駅下車・南口左折直進・ジャノメ通り (線路沿いのモスバーガーのある細道) 沿い 新宿方面へ徒歩 2 分 右手地下

※現在武藏小金井art landはweb上にホームページが御座いません。御質問はinfo→y-kawasome-104(アット)wm.pdx.ne.jpまで宜しくお願い 致します。

出演
■クリストフ・シャルル (Christophe Charles)
■川染喜弘Yoshihiro Kawasome :自分のliveは一見、稚拙に見えたりするかも分かりませんがその奥に存在する何かを確認しにきて下さい。lo-fiでアヴァンギャルドなサウンドパ フォーマンスアートを表現。円盤label等よりリリース。体感して頂かないと言葉で、説明するのは難しいですが、過去の作品として→糸電話でrap、バ ナナの叩き売り演奏、指パッチンの練習、花粉症を利用したくしゃみ演奏、多重録音した9つのrapを流しながらrapする聖徳太子rap、透明人間と会 話、etc。
武蔵野美術大学客員講師。多摩美術大学での8時間×4日間live。六本木super deluxe「ぷりぷりの直感」、からだイベント「ultra」出演。NTT ICC「Lib-LIVE003」出演。liveの詳細:
http://kengaijigoku.web.fc2.com/kawasome.html


2009, October 25

Talk Show at Musabi
「image change/イメチェン」

2009年10月25日(日)
宇川直宏氏【メディアレイピスト】×横浜聡子氏【映画監督】×
佐々木敦講師【批評家】×クリストフ・シャルル准教授【サウンド・アーディスト】
開場:12時30分 
開演:13時00分-閉演:15時00分(最大延長16:00)
会場:一号館教室104
http://www.shinkyu09.com/


2009, October 16

Kazuo Ohno Festival at Bank Art NYK, Yokohama
Live sound performance for Ishii Mitsutaka

"Kinjiki work in progress 3 : 1960"

The performers who joined in the early 60s Hijikata’s works represent their homage to Kinjiki.

Performers:
Ishi Mitsutaka, Takai Tomiko, Kasai Akira, Ohno Yoshito
http://www.kazuoohnodancestudio.com/english/performance/

「禁色 work in progress III 1960」

60年代土方巽作品に参加した舞踏家を招き連続公演を行います。終演後出演者によるトークセッションあり。
日時:10月16日(金) 19:30開演
ダンス:石井満隆 高井富子 笠井叡 大野慶人

http://www.kazuoohnodancestudio.com/japanese/perform/




2009, October 3 - November 7

Mediations of Locality

http://www.dis-locate.net/mldiaryj.htm


2009, September 30
「たいせつな風景」12号発行

神奈川県立近代美術館がお届けする「たいせつな風景」はエッセイを中心にした冊子で、 毎回異なるテーマのもと、年に2回発行しています。

12号のテーマは「静」です。

[目次]
図版 眞板雅文《静思空間》
追悼 眞板雅文 安齋重男
しず心なく 辻原 登
閑さや 長谷川 櫂
「statics」  クリストフ・シャルル
表紙作品解説  秀島由己男《shell》 奥野美香
図版 荘司 福《冬の音》
 
「たいせつな風景」は葉山館、鎌倉館、鎌倉別館にて無料配布しております。くわしくは、美術館にておたずねください。


2009, August 9

アート アニメーションフェスティバル2009
Art Animation Festival 2009

愛知県芸術文化センター アートスペース にて、
有 吉達宏 作『水平線に近づく為に』が上映されます。
音楽:クリストフ・シャルル
問い合わせ:
052-971-5511

Screening of the animation film "Closer to the horizon" by Ariyoshi Tatsuhiro, music by Christophe Charles.
at Aichi Arts Center Art Space, tel:
052-971-5511

「岸に立つ僕から水平線への距離は、泳いでいっても縮まらなく、船で追いかけても消えてしまうだけ。それは精神の距離だ。だから信じろ。勇気だ。信じ ろ。」


2009, July

「音 楽と同時性について」
『デザイン史学』第7号 デザイン史学研究会

"About Music and Simultaneity"
Design History Issue 7 ©2009 Design History


ダニエル・シャルルの「Toward a Poetics of Simultaneity - John Cage's Music of Chance, and Choice」(「同時性の詩学 - ジョン・ケージの偶然性の音楽と選択方法」、発行年と発行場所は不明)を再構成し、筆者が翻訳、加筆したものである。

This text is an annotated reconstruction of Daniel Charles’ “Toward a Poetics of Simultaneity - John Cage’s Music of Chance, and Choice” (date and place of publication are unknown).

http://www.soc.nii.ac.jp/dhwj/jp/journal/index.html



2009, July 13-26

スーパーキャン セル展
super cancel exhibition


「つくる」ことがこじれて、ねじれている。
「つくらない」をつくる。
「つくる」ことそのものの意味が問われている中で、「つくる」ことを考える手段として「つくらない」というところから出発しようという試み、それがキャン セル展です。
開催スペースには既存のギャラリーという空間を避け、「つくらない」のバックグラウンドとしても説得力のあるスペースを選択しました。
イベント、パフォーマンス、作品展示と多種多様なアプローチを通して鑑賞者の皆様へ「つくる」とは何かを改めて考えるきっかけを伝えることが出来れば幸い です。

武蔵野美術大学造形学部映像学科メディアアート専攻主催
Musashino Art University Media Art Course
スーパー/ウルトラ/ハイパーキャンセル展
HP: http://supercancel.web.fc2.com
mail: 501seminar@gmail.com
--------

スーパーキャンセル展
supercancel exhibition

■EVENT
at MITAKA ART SPACE ARIKA
2009.7.13(mon)-15(wed) 11:00-18:00 
※常設展示もございます。

<schedule>
7.13(mon)18:00- OPENING PARTY
7.14(tue)18:00- TALK EVENT:
「イラン(ペルシャ)文化と歴史と現在」 
GUEST:Ali Ba la li(アリ・バラリ)
7.15(wed) 18:00- TALK EVENT:
「流れ込むアート」〜NYアートの現状と日本文化〜 
GUEST:秋好恩

MEMBERS:
クリストフ・シャルル/中嶋興/新保裕貴/御須玲央奈/ヘパリ
GUEST:Ali Ba la li(アリ・バラリ)/秋好恩
--------

ウルトラキャンセル展
ultracancel exhibition

■EXHIBITION
at 小岩プロジェクトスペース
KOIWA PROJECT SPACE
at JR高円寺駅高架下高円寺ストリート
KOENJI STATION KOENJI STREET
2009.7.19(sun)-26(sun)11:00-19:00

7.18(sat)18:00- Opnening Party at Koenji
Live Performance from 6pm:
Woo Hi-Taek - Ogita Kotaro - Shibata Satoko - Hosono Hiroshi - Christophe Charles - 他

7.19(sun)18:00- Opening Party and Performances at Koiwa

MEMBERS
KOENJI:
伊藤亜莉/太田エマ/クリストフ・シャルル/大門光/細川比呂志/sandra buehler(サンドラ・ビュラ)/御須玲央奈/山田千鶴

MEMBERS KOIWA
太田エマ/貝和由佳子 /黒木晃/クリスト フ・シャルル/柴田聡子/新保裕貴/細川比呂志
--------

ハイパーキャンセル展
hypercancel exhibition

■PERFORMANCE
at 秋葉原UDXビル1階アキバ広場フリーマーケット
AKIHABARA UDX Bldg 1F Akiba Plaza Free/Flee Market
2009.7.19(sun)-20(tue)11:00-16:00

MEMBERS:
太田エマ/御須玲央奈

2009, July 15

現代電子音楽 清澄庭の涼亭

「サウンドガーダニング」 
ヘッドフォーンコンセット 現代電子音楽 限定35名

Sound Gardening
Headphones concert for 35 people
at the Kyosumi garden tea pavillon


私たちは東京の中で最も静かで穏やかな場所、清澄庭園内の茶室で のユニークな音楽体験にご招待いたします。サ ウンド・ガーデニングは実験的な現代音楽のショウ・ケースで、3名の作曲家/サウンドアーティストが、招かれ、第2回目の今回は、クミコ・オカムラ、クリ ストファー・チャールズ、そしてフィリップ・シャトランがそれぞれ30分間のソロ・ヘッド・フォン・コンサートを行います。公演の間では、 ヌーベルキュイジーヌの時代にローラン・ペリエによって開発された特別なシャンペン「ウルトラ・ブリュット」をご賞味いただきます。このコンサートに必要な電力は、田口製作所が開発した移動式発電 機によって供給される自然のエネルギー資源を使用いたします。35席と限定されているため、午後、そして夜のセッションそれぞれ予約をお勧めします。

日時:2009年7月15日(水)  
会場:18時 開演:18時25分 終演:20時15時

会場:清澄庭園、江東区清澄2-3丁目
アクセス:地下鉄大江戸線・半蔵門線「清澄白河」(E14・ Z11)駅下車 徒歩3分
http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/index033.html

料金:3000円 (シャンパン・飲み物・拝観料込 み)
要予約、料金前払い: philippe@tokyo.com
また電話の予約 090 8552 9995 (シャトラン・フィリップ)


Power solar system by Taguchi-Craft
Champagne tasting by Laurent-Perrier (Ultra Brut)

PROGRAMME:
KUMIKO OKAMURA
PHILIPPE CHATELAIN
CHRISTOPHE CHARLES

KUMIKO OKAMURA,  voice and guitar, 30 mn
オカムラ クミコ
作曲家・即興演奏家・1975年新潟県生まれ。東京を拠点に活動 中。特にジャンルにとらわれない実験的かつ自由奔放なパーソナ ルなアーティスト。感覚的かつ内観的なサウンドを表現する彼女 の世界は、自己にもとても正直である。国内外問わず様々なアー ティストともコラボレーションを行っている。今回はギターとボ イスによる即興サウンドで出演する。
http://www.intervall-audio.com/artists/okamura_kumiko.html

PHILIPPE CHATELAIN, " les 3 genres ",  30mn, 2009
『レ・トロワ・ジャンル(3つのジャンル)』     2009
話された声のための音楽作品、フィールド・レコーディングと電子 音、フランス語・日本語、翻訳:松下育宏
この作品は、スピノザの「知識の3つのレベル」について語ったジル・ドゥルーズの講義の録音記録(1981年3月、ヴァンセンヌ大学にて)の断片から組み 立てられている。3つの段階を進行する彼の言説は、音と音の結合と分離によって進化し、異なる「3つの音の場」、「3つの環境」を突き抜けてゆく。


フィリップ シャトラン  ビジュアル&サウンドアーティスト  
1971年フランス生まれ。現在は東京を拠点に活動。フランス人 アーティストとして、ビデオ・インスタレーション、デジタル・ドローイング、そしてサウンド・アートなどの分野で活躍。海外の国際的なアートフェスティバル、ギャラ リーや美術館に出品。2002年にラップトップ・オーケストラと しての活動を開始。海外の数々のサウンド・アーティストやミュージシャンとコラボレーション。日本、フランス、オランダ、韓国、アメリカなどでパフォーマンスを行っている。
http://www.philippechatelain.com
http://laptoporchestra.net


CHRISTOPHE CHARLES,  live electronic, 30 mn
クリストフ シャルル  (コンピューター)
1964年フランス、マルセイユ生まれ。メディアアートを専門 に、現代芸術における理論的・歴史的な研究を行いながら、内外 空間を問わずインスタレーション及びコンサートを行い、それぞれの要素のバランス、独立性及び相互浸透を追求している。武蔵野美術大学映像学科准教授。主な作品として、CD作品: 「undirected」シリーズ(Mille Plateaux, Ritornell, Subrosa, Code, Cirque, Cross, X-tract, CCI, ICCなどでリリース)Henning Christiansen, Shiomi Mieko, Chino Shuichim Markus Popp, 半野善弘/hoon、Kako Yuzo, 山口勝弘、山本圭吾, Visual Brains, Osaka Takuro, Ishii Mitsutaka, 風倉匠、Osanai Mari, 石川ふくろう、Salvanilla等とのコラボ レーションを多数行っている。
http://home.att.ne.jp/grape/charles/

SOUND GARDENING # 2  15th July 2009

We invite you for a unique music experience in one of the most quiet and peaceful place of Tokyo, the tea house of Kyosumi garden. Sound Gardening is a showcase of experimental and contemporary music, presenting each time 3 composers/sound artists.

The 2nd volume introduced the work of Kumiko Okamura, Christophe Charles and Philippe Chatelain, each one performing a solo 30 minutes headphones concert. Our partner Laurent-Perrier will offer a tasting of its delicate Ultra Brut champagne.  The power for the concert is delivered by Taguchi-craft 's mobile solar system.  Due to the limitation of 35 seats, reservation is required for the afternoon or evening session.

place: Kyosumi Teien, Kiyosumi 2 and 3-chome, Koto-ku, Tokyo
access: 3min walk from Kiyosumi-Shirakawa (Oedo & Hanzomon lines)
http://teien.tokyo-park.or.jp/en/kiyosumi/index.html

date: Wednesday, 2009 July 15th
door open: 18h00 - Start: 18h25 - End : 20h15
fee: 3000 yens (champagne, drinks and garden entrance included)

Reservation and advance payment required,
inquiry by email philippe@tokyo.com
or phone 090 8552 9995 (Philippe Chatelain)


Power solar system by Taguchi-Craft
Champagne tasting by Laurent-Perrier (Ultra Brut)

PROGRAMME:
KUMIKO OKAMURA
PHILIPPE CHATELAIN
CHRISTOPHE CHARLES

KUMIKO OKAMURA, voice and guitar, 30 mn
Composer, Improviser. Born in 1975 in Niigata, based in Tokyo. Kumiko performs without a mission, and in no specific genre. There are neither conscious influences nor obvious sources of inspiration. The performance can be very wild or sensitive and delicate. It may sound optimistic or pessimistic and move into unexplored territory. It might value simplicity over complexity, and shifts the emphasis from what an artist 'makes' to the artist's creative practice, personality and actions.
http://www.intervall-audio.com/artists/okamura_kumiko.html

PHILIPPE CHATELAIN  " les 3 genres ",  30mn, 2009
les 3 genres (the three levels), 30mn, 2009
Sound piece for  spoken voices, field recordings et electronic sounds in french and japanese,
translation: Yasuhiro Matshushita


the 3 levels is based on a recording of Gilles Deleuze lesson about Spinoza's three levels of knowledge. Using fragments of the recording, the progression of the discourse goes through 3 different sound environment, 3 climates where the relation between sounds is made, untied and changed.

Born in France in 1971, Philippe Chatelain lives and works in Tokyo. He develops a transdiscipline research  in the fields of video installation, process painting, digital drawing, and sound art. He has shown his works in several international art festivals, galleries and museums. In 2002, he has initiated the Laptop Orchestra and has collaborated with an international network of sound artists and musicians. Has performend in Japan, France, Holland, Korea, and the U.S. In 2007, P. Chatelain has received the innovation award from the Joan Miro Foundation for his project "Line, Surface, Noise".
http://www.philippechatelain.com
http://laptoporchestra.net


CHRISTOPHE CHARLES,  live electronic, 30 mn
I am trying to provide a music where past, present and future can be heard simultaneously, that is, where everything is given at once and where we can hear the primary chaos, the nothingness at the origin of all things.

(born Marseille-France 1964) works with found sounds, and makes compositions using computer programs, insisting on the autonomy of each sound and the absence of hierarchical structure. Currently Associate Professor at Musashino Art University (Tokyo), has released music ("undirected" series) on Mille Plateaux, Ritornell, Subrosa, Code, Cirque, Cross, X-tract, CCI, ICC, etc. Collaborations with Henning Christiansen, Shiomi Mieko, Chino Shuichi, Markus Popp, Hanno Yoshihiro/hoon, Kako Yuzo, Yamaguchi Katsuhiro, Yamamoto Keigo, Visual Brains, Osaka Takuro, Ishii Mitsutaka, Kazakura Sho, Osanai Mari, Ishikawa Fukurow, Salvanilla, etc.
http://home.att.ne.jp/grape/charles/
















2009, July 11

DEEP LISTENING CHAIR FESTIVAL 2009.
http://www.shotahirama.com
http://www.chainreductionism.com
myspace

blog and photos by Hirama Shota

11th July. 2009
OPEN17:00 CLOSE22:30
TICKET 1000YEN + 500YEN for 1drink

 at Loopline Tokyo

christophe charles (Mille Plateaux / Sub Rosa, etc.)
Tetsuo Furudate (Sub Rosa)
Chihei Hatakeyama (Spekk)
ENG/electronoise group with Cal Lyall, Taishin Inoue, Kelly Churko, Blackphone666, Daisuke Kitabayashi
Darren McClure
enormous O'clock
Moze (ex-PROVOKE)
Yuji Kondo
a snore

Shiho Kano+Yurihito Watanabe cancelled

Time table for 11th July 2009:

17:00-17:30 Moze (Osaka)
17:30-18:00 a snore (Kyoto)
18:00-18:30 Yuji Kondo (Osaka)
18:30-19:00 enormous O'clock (Kyoto)
19:00-19:30 Darren McClure (Nagano)
19:30-20:00 ENG/electronoise group with Cal Lyall, Taishin Inoue, Kelly Churko, Blackphone666, Daisuke Kitabayashi (Tokyo)
20:10-20:50 Chihei Hatakeyama (Tokyo)
21:00-21:40 Tetsuo Furudate (Tokyo)
21:50-22:30 christophe charles (Tokyo)
CLOSE 22:30





2009, July 11

環境芸術学会

創立10周年記念フォーラム

IEAD 10th year symposium

2009年 7月11日(土曜日)
開場 12時30分
基調講演  13時〜14時
シンポジウム  14時10分〜15時50分
懇親会 16時〜18時

http://www.iead.org/2009ac/10symposium.html
チラ シ:pdf file

1- 山口勝弘ビデオメッセージ

2- 基調講演 :「場」ということ/小栗康平(映画監督)

映画は俳優を中心にして見られることが多い。表情、言葉などを受け止めて、劇や物語として映画をとらえることが普通だからである。しかし、人はそれぞれの 「場」に生きているのであって、切り絵のようにそこから引き剥がされることはない。この「場」を生息のための「環境」ともし呼ぶとすれば、映画と「環境芸 術」とはどのように結び合うのだろうか。

小栗氏は1981年、『泥の河』で映画監督としてデビュー。カンヌ国際映画祭で「審査員特別 グランプリ・カンヌ1990」と国際映画批評家連盟賞をダブル受賞、以来、『死の棘』(90年)、『眠る男』(96年)、『埋もれ木』(05年)などの話 題作品を発表してきました。「映画は、かくされた感覚や思いが、かたちを変えて像を結ぶもの」であるという立場から、映画制作を通して時代のありようと人 間の生き方を表現してきた小栗氏に、映画作家の眼から見た環境と芸術について語っていただきます。

3- シンポジゥム「環境芸術は社会を変える 力となりうるのか」

パネラーに月尾嘉男(東京大学名誉教授、評論家)、河口洋一郎(東京大学大学院情報学環教授、CGアーチスト)、熊倉純子(東 京藝術大学音楽学部音楽環境創造科准教授)の3人を迎え、環境芸術学会の池田政治会長がモデレーターを務めます。
  
会場:東京芸術大学第一講義室(階段教室)
定員:先着200名
会費:無料(*懇親会参加費:2,000円)
主催:環境芸術学会
事務局:環境芸術学会創立10周年記念フォーラム実行委員会



2009, July 3-4-5

大木裕之
たまたま7.5『ネオキュビスム』宣言
ゲストアクション+大木裕之最新上映
http://tamatamalive.blogspot.com/

チ ラシ表
チ ラシ裏

7月3日(金)4日(土)5日(日)
18:00オープン19:00スタート
チャージ:2000円(W/1D)

7/3(金)

〇尾張美途(ライブ)
〇坂本倫子(リーディング from 別府)+下山浩一(コミュニティアート船橋理事長)+大木裕之〜「地域プロジェクトの今後」座談会
〇安野太郎(音楽パフォーマンス)
〇U3(波)
〇山本泰輔(モッティ〜BABY Q ダンス) +ハルカナカムラ(ピアノ)+斉藤功(ドラムorパーカッション)+神林大地(楽器未定、サックスかラップトップ)
〇pinkman(ライブペインティング)

7/4(土)

〇大橋可也&ダンサーズ(ダンス)
〇ズルムケ直樹(パフォーマンス from京都)
〇Taske(ライブ)
〇佐々木友紀(ビデオ作品上映)
〇多田正美(サウンドパフォーマンス)
〇aokid(ダンス)
〇鈴木平人(アクション)

7/5(日)

〇クリストフ・シャルル(電子音楽)
〇田口アヤコ(一人芝居)
〇ミラクル☆パッションズ(ハブVSマングース)
〇松井茂(具体詩?)
〇堀浩哉(美術家)+中ザワヒデキ(美術家)+大木裕之〜ネオキュビスム討議
〇山崎幹夫(8ミリ映画フィルム上映)
〇正座カフェ〜福田将就+山形涼二+カリフォルニアモンクホテル(演劇)
〇magna-tech(ノイズとダンス)
〇LAla(お母さんと一緒)

tel. +81-42-383-6155
184-0004 東京都小金井本町1-16-6 小金井マンション B1F
JR中央線 武蔵小金井駅下車・南口左折直進・ジャノメ通り (線路沿いのモスバーガーのある細道) 沿い 新宿方面へ徒歩 2 分 右手地下
246 meter (2 min. on foot) from Musashi-Koganei Station




2009, May 4-5-6

Penser avec Daniel Charles

Colloque international organisé les 4, 5 et 6 mai 2009
par Carole Talon-Hugon et Eveline Caduc
au Musée National Marc Chagall,
av. du Docteur Ménard, Nice, France.


avec le soutien de :

L’Université de Nice-Sophia Antipolis
Et le C.R.H.I. (Centre de recherche en Histoire des Idées),

L’Université Paris-I Sorbonne

Et l’UMR Esthétique des arts contemporains,

Le Musée National Marc Chagall
(directeur : Maurice Fréchuret)


Conférences et concerts de :
Sandra Laugier
Maurice Elie
Michele Porzio
Iégor Reznikoff
Frédéric Mathevet
Tona Scherchen
Emanuel Dimas de Melo Pimenta
Francis Schwartz
Michaël Bach
Gérard Pelé
Patrick Quillier
Alain Chareyre-Méjan
Christine Esclapez
Marta Grabocz
Eero Tarasti
Sérgio Morais
Christophe Charles
Fatima Miranda
Eveline Caduc
Carmen Pardo
Louise Poissant
Bernard Lafargue
Carole Talon-Hugon
Anne Cauquelin
Maurice Fréchuret
Mr Larthomas
François Paris
Alain Fourchotte




2009, March 28
LapTop Orchestra with Kaneuji Teppei
Yokohama Art Museum

Christophe Charles
Philippe Chatelain
Hattori Satoshi
Kaneuji Teppei
Olivier Pasquet

Foyer
15:00 ~ 16:00

企画展「金氏徹平:溶け出す都市、空白の森」関連イベント  

■金氏徹平+The Laptop Orchestra -Live Performance- 

金氏徹平とThe Laptop Orchestraが、即興的に作品と音楽を作り上げるライブ・パ フォーマンス。金氏は、作品の展示空間を会場に、あらかじめ積み上げた様々な作品素材 をもとに、即興的に立体作品を作り上げ、The Laptop Orchestraは、金氏が作品制作の 過程で発生させる音(コーヒーメーカー、その他機械などが発する音)を音源に、その音 を解体し、即興的な楽曲として再構成する。  The Laptop Orchestra  2002年より、アーティストのフィリップ・シャトランを代表に、状況に応じた複数の演 奏者で構成される音楽ユニット。現在、東京を拠点に活動し、インタラクティブな音楽の 可能性を探っている。各演奏者はそれぞれラップトップ・パソコンを操作/演奏し、「音 源」となるゲストから発せられる音を解体し、増幅させることにより、即興的な楽曲を作 り上げる。ラップトップには、それぞれ固有のスピーカーが設置され、観客は、ゲスト演 奏者(音源)と、複数のラップトップとスピーカーに取り囲まれた演奏空間の中でそのラ イブ・パフォーマンスを体験する。 

日時:2009年3月28日(土)15:00~16:00
会場:横浜美術館企画展示室ホワイエ 
主催:横浜美術館
[横浜市芸術文化振興財団・
相鉄エージェンシー・
三菱地所ビルマネジメント共同事業体] 

Related event for the exhibition, Teppei KANEUJI: Melting City / Empty Forest  Teppei KANEUJI + The Laptop Orchestra –Live Performance-

Date and time: March 28, 2009, 15:00-16:00  Venue: Yokohama Museum of Art, Foyer of the exhibition gallery  Organized by: Yokohama Museum of Art [Yokohama Arts Foundation-Sotetsu AgencyMitsubishi Building Management JV]   This is the improvisational sound event taking the opportunity afforded by young artist  Teppei Kaneuji’s first large scale solo exhibition held at Yokohama Museum of Art. It will  happen as collaborating live event performed by the artist Teppei Kaneuji and the music  group The Laptop Orchestra. In this performance, Kaneuji make up the three dimensional  pieces using found objects scattered all around in the exhibition space (gallery foyer)  beforehand. And the Laptop Orchestra will make musical composition from the sound  emitted from materials or equipments such as electric coffee maker handled by Kaneuji.  The Laptop Orchestra is a Tokyo based sound artists collective, run by the artist  Philippe Chatelain founded in 2002. They research electronic and interactive music with  up to 10 members with laptops. Each player plays/operates laptop computers and single  speakers, but no recorded sound in their hard-disks. For each concert, they invite guest  musician to provide sound source for the orchestra. The Laptop Orchestra develops a  sound work processing those sounds in realtime in a chain reaction mode. The network  activity generates moving musical structures that layers on the direct sound, thus  crossing immediately the real and the virtual dimension.


design by Olivier Pasquet
2009, march 13
why is there something rather than nothing?

performances by Christophe Charles and Joe Gilmore
at SND studios, Sheffield, UK
by invitation
8pm~11pm

organized by Mark Fell


2009, march 12
Traversing Territories at Tether
Nottingham, UK
7pm~10pm

Tether Studios
17a Huntingdon St
Nottingham
NG1 3JH

MAU / NTU exchange program

Andrew Brown
Watanabe Shunsuke
John Wall
Rob Flint
Christophe Charles

http://www.tether.org.uk/






2009, march 10
Traversing Territories at Backlit
Nottingham, UK
6pm~10pm

MAU / NTU exchange program

Watanabe Shunsuke
Kobayashi Yousuke
Nishiwaki Emi
Hamaguchi Mari
Alia Pathan
Sarah Duff
Dan Cervi
Amy Shaw
Kate Allen
Jai Clarke
Calvin Sangster
Andrew Brown
Christophe Charles + Ariyoshi Tatsuhiro

http://www.backlit.org.uk




2010 data
2008 data

2007 data
2006 data
2005 data