news 2008



2008, december 22
Musashikoganei ArtLand
19:00~23:00

Christophe Charles
Shibata Satoko
Watanabe Shunsuke
Misu Leona
Nishiwaki Emi
Kobayashi Yousuke
et.al.



2008, March 16-November 8
Residency at Music Research Center,
University of York (UK)

thanks to  :
Mark Fell
Tony Myatt



http://music.york.ac.uk/mrc/


2008, october 25
festival SONIKAS 08

Festival Internacional de Música Experimental de Vallecas, Madrid
http://www.ccapitalia.net/crc

other Sonikas festivals :

Sonikas01
Sonikas02
Sonikas03
Sonikas04
Sonikas05
Sonikas06
Sonikas07

sound and images resources : Resonancias

2008, october 18-19
IEAD: Exhibition "Collaboration Time"
@ Yokohama Geidai

環境芸術学会第9回大会
 
9回目を迎える今年の環境芸術学会大会は、9月13日から11月30日にかけ開催される横浜トリエンナーレ2008に合わせ、横浜を舞台に10月18・ 19日の2日間で開催されます。また作品発表会場の一つとして、横浜トリエンナーレ2008のメイン会場「新港ビア」と隣接する東京藝術大学大学院映像研 究科新港校舎で行います。

大会実行委員会としては第9回大会テーマを「環境・交叉する時間」とし、横浜トリエンナーレ2008の全体テーマである「タイムクレヴァス」との関係を維 持しながら、『時間』をテーマに環境芸術を探る契機を捉えています。

今回、第9回大会のメインプログラムとして企画しました『共同研究エキジビション「コラボの時間」』は、大会開催の趣旨である『時間』をテーマに環境芸術 の可能性を探るひとつの試みと位置づけています。『時間』は歴史・伝統・文化・国・地域・情報・映像・音など様々な要素が介在するベースであり、環境芸術 にとっても、また会員個々の研究活動においても重要なテーマであると考えます。

大会実行委員会としてはこの『時間』をテーマに、環境芸術の領域において研究活動を実践する会員を中心とした学生や研究者の方々に広く参加いただきなが ら、学会主催の展覧会という形式をもって大会テーマである「環境・交叉する時間」を表現していきたいと考えておりますので、会員の皆様にはご出展いただき ますようお願い申し上げます。
 (大会実行委員長 木戸 修)

18日(土)19日(日)両日
10:00〜18:00 エキジビション「コラボの時間」「わたしの時間」展示 
-新港校舎Aスタジオ-
 
18日(土) 
15:00 ・受付 -馬車道校舎- 
16:00 ・総会 -馬車道校舎- 
18:30 ・懇親会 コラボの時間トークセッション -新港校舎Aスタジオ-
 

19日(日) 
09:00 ・口頭発表 作品 パネル発表 -馬車道校舎-

12:00 〜昼食〜

13:30 ・シンポジウム/基調講演 -馬車道校舎-
基調講演 「タイムクレヴァスへの探究」
講師:水沢勉氏 (横浜トリエンナーレ2008 タイムクレヴァス 総合ディレクター)
パネルディスカッション「時間のイマジネーション」
パネリスト:
藤幡正樹氏(メディア・アート/ 東京藝術大学大学院映像研究科長)
丸山茂徳氏(地質学・地球史/ 東京工業大学大学院地球惑星科学専攻教授)
水沢勉氏(横浜トリエンナーレ2008 タイムクレヴァス/ 総合ディレクター)  
進行:たほりつこ(パブリック・アート/ 東京藝術大学先端芸術表現科教授)

 14:45 ・シンポジウム /パネルディスカッション -馬車道校舎-
 16:45 ・閉会式 -馬車道校舎- 

http://www.iead.org/


[会場のご案内]
 
東京藝術大学 横浜校地 http://www.fnm.geidai.ac.jp/facilities/index.html
 馬車道校舎 〒231-0005 神奈川県横浜市中区本町4-44
           *みなとみらい線「馬車道」5,7出口すぐ
 新港校舎   〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港2-5-1
           *みなとみらい線「馬車道」4,6出口より徒歩約15分
          (参考:横浜駅東口よりタクシーにて約7分(1,000円程度))




2008, october 12
Sound & Vision 3

Sound and Vision とは<音と光>を軸に、見えざるものを見せてゆく作業を行うアーティストを中心に、音と光のアート作品を集めた展覧会です。3回目となる今回の展示では、 より規模と内容の充実を図り、ZAIM外部からのアーティスト団体のコラボレーションや、レクチャー・コンサートやライヴ・コンサート、シンポジウムなど を企画しております。是非お誘い合わせの上、お越しください。

event : october 12
exhibition : october 11 ~ 26

URL:
Furukawa Lab
Videoart Center Tokyo
ZAIM
RealTOKYO

ZAIM yokohama 別館2F,3F
open 11:00
close 19:00
(Fri+Sat till 20:00)

ZAIM yokohama
横浜市中区日本大通34
tel 045−222−7030
http://za-im.jp

[ exhibition ]

浅野耕平、川崎義博、久保田晃弘、Christophe CHARLES、齋藤正和、鄭萬英、鈴木泰郎、瀧健太郎、萩原健一、「不定義な境界」プロジェクト  V.A.: カルロ・サンソーロ、エリカ・フランケル、はぎのみほ、VCT、etc、furukawalab、It's a sunny day -short works ミアカビデオアーカイブによるコンピレーション、宮岡和寛、山本圭太、RhizomeTV(大江直哉 大槻竜二 工藤泰士)、坂田希究、笹川 治子、DJぷりぷり、投石浩次、西田みのり、野口蓉子、間宮麻未、multidec (YusukeOsumi ShunsukeWatanabe)、御須玲央奈、森未央子、ほか学生 

[ event ]

アンケート・アート、安野太郎+H.584、有川滋男、生形三郎、大木裕之、久保田晃弘、Christophe CHARLES、齋藤正和、柴山拓郎、瀧健太郎、Team SZK、福島諭、古川聖、前田真二郎、みみづ、三輪眞弘、RhizomeTV
(50音順)

[ guest artist (lecture concert) ]

鈴木昭男

【アクセス】
JR根岸線+横浜市営地下鉄「関内駅」徒歩5分
みなとみらい線「日本大通」徒歩2分
[ 企画/主催 ] Sound & Vision vol.3 実行委員会
[ 共催 ] ZAIM (財団法人横浜市芸術文化振興財団)
[ 協力 ] 東京芸術大学 先端芸術表現科(古川聖研究室) 武蔵野美術大学 映像学科 多摩美術大学 情報デザイン学科 情報芸術コース
多摩美術大学 映像演劇学科 早稲田大学川口芸術学校 東京工芸大学 メディアアート表現学科 IAMAS(情報科学芸術大学院大学)
On-Coo Taguchi SANYO[ロゴで] YCAP Rainbow The Dark room Int ひかり祭り SHINKILOW Evolution

【イベント (敬称略)】

<11日>18:00〜20:00 入場無料
久保田晃弘コンサート 
タイトル:『Stochastic Movie & Guitar Improvisation』

<12日>18:00〜20:00 入場無料
furukawalab+Christophe CHARLES ライブコンサート
古川聖   『Poly-Reading』
柴山拓郎 『sliced piano projections』
生形三郎 『Multistory scenery』
Christophe CHARLES

<13日>17:00〜19:00  参加費:1,500円
ゲスト企画
鈴木昭男 レクチャーコンサート
タイトル:『ひなたぼっこの空間から20年』

<17日>19:00〜21:00 入場料:1,000円
イアマスコンテンポラリーミュージックコンサート
三輪眞弘、安野太郎+H.584、Team SZK、福島諭、みみづ、アンケート・アート

<19日>17:00〜19:00 入場料:1,000円
レーベル作家によるショートムービー&トーク
『SOL CHORD  SCREENING / Deep Reflection 』
有川滋男 ARIKAWA Shigeo
『Her Ironical Me』 (2008)他
前田真二郎 MAEDA Shinjiro
『Wedding 結縁』 (2007)
『日々"hibi"AUG』 (2008)他
大木裕之 OKI Hiroyuki
『TRAIN 松前君の兄弟の神殿の形2』 081019 mix *ライブ上映

<25日>17:00〜18:30 入場料:無料
パフォーマンス
『LIB performance』
MIHARI(伊達麻衣子/瀧健太郎/大江直哉) 
『Black Box Video Sound performance』
Rhizome TV (大江直哉/大槻竜二/工藤泰士)





2008, september 21
Shintaro Miyazaki, analogic+chihei hatakeyama, Christophe Charles

open / start 19:00 / 19:30

at sendagaya loopline

open/start 19:00/19:30
1500円+1drink

渋谷区千駄ヶ谷1-21-6 第3越智会計ビル B1
Daisan Ochi Biru B1 1-21-6 Sendagaya Shibuya-ku

Telephone & Facsimile : 03-5411-1312
E-mail : info@loop-line.jp
Cafe Time 12:00~23:00
(火曜日のみ18時まで)

http://www.loop-line.jp/

Shintaro Miyazaki:
http://www.netzknoten.net/
http://www.la-condition-japonaise.com/
http://myspace.com/laptoporchesterberlin

2008, september 19
DISLOCATE 08

30th August - 21st September, in Tokyo and Yokohama

Dislocate is a project which examines the relationship between art, technology and locality.
 
Designed to facilitate international dialogue between artists, researchers and the public, Dislocate encourages exchange and reflection upon our experiences and perceptions of the interplay between these elements.
 
Dislocate questions our notions of place and location in the face of perpetual motion through multifaceted environments. The velocity of this passage is accelerated through new technologies, but as a result how does this impact upon our encounter with place and our attempt to communicate this to elsewhere?
 
Through an exhibition, symposium and workshop series Dislocate will examine this encounter and communication, taking a journey through surrounding spaces and exploring our transient connections.

Excelled through so many spaces with such momentum, mobility brings freedoms but also responsibilities. While in this state of passage how do we decide which spaces to engage with and what is our dialogue with them?

Dislocate offers the space to investigate the creative and social potential of new media to engage us with our direct locality and to ask what is the importance of where we are now?

 
Ginza Art Lab  http://digiart.tv/
 
Souzoukukan9001  創造空間9001  http://www.9001.tv  10am-7pm daily
 
ZAIM  http://za-im.jp/ 10am-8pm daily
34 Nihon Odori, Naka-ku, Yokohama, Kanagawa 231-0021
 
30th August Opening event - 9001 6pm

31st August Artist Talk - 9001 11am
Disinformation, Jen Southern, Terrie Cheung & Brian Kwok, Dee Hibbert-Jones& Nomi Talisman

6th September Artist Talk/workshop - 9001 11am
Matthew Ostrowski

6th September Live Event Ginza Art Lab 3pm
Film Screening, Live Performance, Walking tour of Ginza

7th September Artist presentations and workshops - 9001 2pm
Matt Green

13th September workshop ZAIM 1pm
Nikki Pugh and Ana Benlloch

13th September (well really 14th) workshop ZAIM 1am in the middle of the night - Alistair Gentry

14th September artist talk workshop ZAIM 2pm
Maebayashi Akitsugu, Suzi Tibbetts Joshua Rosenstock

15th September  artist talk workshop - ZAIM 2pm
Tsuda Michiko Watanabe Mizuki

18th September Proboscis Workshop ZAIM 2pm

19th September Outdoor Event meet at ZAIM 7pm

20th・21st September Dislocate Symposium - ZAIM 10.30am-6.30pm

21st September Closing Event ZAIM 8pm



2008, september 13
TMUG@Bullets

Tokyo Max Users Group vol.10

>> 18:20-18:50   AudioCubes by MI7 Japan
>> 19:00-20:10   numb × christophe charles
>> 20:20-21:00   Katsuhiro Chiba

Bullets
B1F Kasumi Bldg. 1-7-11 Nishiazabu, Tokyo
tel: 03-3401-4844


2008, June 26
Rafael TORAL live + Lecture
http://www.rafaeltoral.net/

Musashino Art University
bldg#12 - 1F video atelier
16:30~18:00

武蔵野美術大学
12号館 1F
16時30〜18時
 
問い合わせ:映像学科 042-342-6070

http://eizou.musabi.ac.jp
http://www.musabi.ac.jp/guide/campus/000197.html

Rafael Toral is a musician and artist. Born in Lisbon, he has been performing live since 1984. Having attempted to study music, he realized his path was one of exploration and discovery, to which conventional music teaching was irrelevant. He learned acoustics, electronics and music writing, having started to write music on paper after his former fascination with graphic scores. In 1994, Wave Field determined a shift in composing methods, taking from then on sound itself as the basic matter for all music, thus rendering his work unwriteable. Considered later in the 1990's by the Chicago Reader to be "one of the most gifted and innovative guitarists of the decade", he has been working on the possibilities of ambient music (variable attention listening process) and improvisation with higher levels of risk (using instruments or systems that behave in unpredictable ways), among other things.


2008, June 25

Rafael Toral, Akiyama Tetsuji, Ito Atsuhiro, Makino Takuma, Christophe Charles

ラファエル・トラール、秋山徹次, 牧野琢磨、伊東篤宏、
クリストフ シャルル

at sendagaya loopline

open/start 19:00/19:30
2000円+1drink

rafael toral Solo
秋山徹次   Solo
クリストフ シャルル Solo
牧野琢磨+伊東篤宏 Duo

渋谷区千駄ヶ谷1-21-6 第3越智会計ビル B1
Daisan Ochi Biru B1 1-21-6 Sendagaya Shibuya-ku

Telephone & Facsimile : 03-5411-1312
E-mail : info@loop-line.jp
Cafe Time 12:00~23:00
(火曜日のみ18時まで)

http://www.loop-line.jp/


2008, June 23 - July 6
TRAVERSING TERRITORIES #3
領域の行き来

武蔵野美術大学、西麻布スーパーデラックス、渋谷LE DÉCO
Musashino Art University, Superdeluxe, Le déco

http://www.ryoikinoyukiki.com

http://home.att.ne.jp/grape/charles/classes/projects/yukiki08.html

 イギリス・ノッティンガム NTSAD (Nottingham Trent School of Art & Design)と武蔵野美術大学との共同プロジェクト『領域の行き来/TRAVERSING TERRITORIES』 は2005年から進行している企画展です。両校の交換留学生を交え、メディア、時空間を含めた広い意味での領域を展開するという実験的な試みは、今回で第 三弾を迎えます。今年は、『接触』というテーマで武蔵野美術大学12号館のビデオアトリエ、西麻布SuperDeluxe、渋谷LE DÉCOでの展覧会及びライブパフォーマンスイベントを開催します。

Traversing Territories is a collaborative project founded in 2005 between Nottingham Trent University School of Art and Design and Musashino Art University. Through the exchange and collaboration of students from both universities, various territories of media, space and time are explored in experimental forms. This year's project presents exhibitions, performances and live events at Musashino Art University Video Atelier, Nishiazabu's SuperDeluxe and Shibuya's Le Déco in response to the theme of "Contact".

[M]
武蔵野美術大学

Musashino Art University
12号館ビデオアトリエ
Video Atelier (bldg#12 / 1F)

小平市小川町1-736
Kodaira Ogawacho 1-736
12号館1階ビデオアトリエ
Bldg #12 Video Atelier
tel 042-342-6070

http://musabi.ac.jp
http://eizou.musabi.ac.jp

Andrew Brown Lecture+Performance(課外講座)

6月23日
June 23
4:30pm~6pm
入場無料 Free Entrance

Andrew has a long running interest in process, especially in relation to sound and performance. This is manifested in activities  with the music/film group Left Hand Right Hand and solo sonic and performance projects, as well as in critical writing. Andrew will develop during his stay in Tokyo an ongoing project called 'Open City': a series of workshops with students, leading to a barely visible 'performance' in the street or other public space. The performances will explore movement and gesture and the latter might take the form of stillness, running, slow walking and falling.

イギリスのアンドリュー・ブラウンは、音と身体を扱うパフォーマンス・アーティストです。<プロセス>をキーワードに、グループ(「Left Hand Right Hand」など)やソロの創作活動、また評論活動も行なっています。今度の東京滞在の際は「open city」という、ワークショップやパフォーマンスのプロジェクトを行ない、「止まる」、「走る」、「ゆっくり歩く」、「転ぶ」といった行為を公的空間で (街角など)パフォーマンスとして実験しようとしています。

Tak Tak Tak
Left Hand Right Hand

Students Exhibition

6月27日(金)〜 7月3日(木)
June 27 (Fri) - July 3 (Thu)
10時〜18時
10am - 6pm
入場無料 Free Entrance

オープニングパーティー:6月27日(金)午後6時〜8時
Opening Party: 6/27, 6 - 8pm














[S]
西麻布スーパーデラックス

Superdeluxe

6月24日(火)
June 24 (Tue)
18時開場/18時半スタート
open 6pm / start 6:30pm

入場料:2000円+1ドリンク(学生証持参:1000円+1ドリンク)
Entrance fee: 2000yens + 1 drink (with student ID: 1000yens + 1 drink)

106-0031東京都港区西麻布3-1-35 B1
B1F 3.1.25 Nishi Azabu, Minato-ku,
Tokyo 106-0031, Japan
tel 03.5412.0515
http://www.super-deluxe.com
handy site for mobile devices >> www.sdlx.jp

Special guests:

伊東篤宏
Ito Atsuhiro
http://www.japanimprov.com/aito/index.html


真鍋大度 + 石橋素
Daito Manabe + Motoi Ishibashi
http://www.456.im

and Live Acts by:

Andrew Brown アンドリュー・ブラウン
Daniel Cervi ダニエル・セルビ
Christophe Charles クリストフ・シャルル
Sarah Duffy サラ・ダフィ
Hamaguchi Mari 濱口麻莉
Kobayashi Yosuke 小林陽介 + Kimura Shoko 木村承子
Koiso Lisa 小磯里沙
Kumabe Madoka 隈部円
Martin Nightingale マーティン・ナイティンゲール
Ozawa Yugo 小澤友郷 + Namaewamadanai 名前はまだなゐ
Ota Emma 太田エマ
Alia Pathan アリア・パタン
DJ Puripuri DJぷりぷり
Son Woo Kyung ソンウキュン
Venus Colours (Hayakawa Tomohiko 早川智彦+Matsuda Soichiro 松田壮一郎 + Nishioka Ikuno 西岡郁乃)
Watanabe Shunsuke 渡辺俊介







[D]
渋谷ギャラリー・ルデコ

Gallery Le
Déco

7月1日(火)〜7月6日(日)
July 1 (Tue) - July 6 (Sun)
11時〜19時
11am〜7pm
入場無料

オープニングパーティ:7月1日(火)午後18時〜20時
Opening party: July 1 (Tue) 6-8pm

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-16-3 ルデコビル
3-16-3 LE DECO Building Shibuya Tokyo
TEL:03‐5485‐5188

http://home.att.ne.jp/gamma/ledeco/

出品者

Daniel Cervi ダニエル・セルビ
Sarah Duffy サラ・ダフィ
Hamaguchi Mari 濱口麻莉
Kobayashi Yosuke 小林陽介 + Kimura Shoko 木村承子
Koiso Lisa 小磯里沙
Kumabe Madoka 隈部円
Martin Nightingale マーティン・ナイティンゲール
Ozawa Yugo 小澤友郷
Ota Emma 太田エマ
Alia Pathan アリア・パタン
DJ Puripuri DJぷりぷり
Son Woo Kyung ソンウキュン
Watanabe Shunsuke 渡辺俊介

2008, May 28~30
Extended Senses Exhibition  & Performances
at Gallery Loop  (Seoul Korea)
http://www.galleryloop.com

HATANAKA Minoru, KIM Dongho, LEE Yongbaek, MIOON, MOHRI Yuko, PARAMODEL,
TANIGUCHI Akihiko, UMEDA Tetsuya, WATANABE Mizuki, ZIN Kijong, KIM Hoonida, LIM Sungyul, LEE Chang, SONG Kiwon, Christophe CHARLES.

opening performances May 30, 7pm:
Christophe CHARLES, UMEDA Tetsuya, KIM Hoonida+TANIGUCHI Akihiko, MOHRI Yuko.


Kim Dongho

2008, May 29
Media Art Festival in ECC
at Ewha Women's University, Seoul

Sound Workshop with KUBOTA Akihiro, Christophe CHARLES, MORI Koichiro, YAMAGUCHI Takahiro, INAFUKU Takanobu, KAWAKAMI Hideyuki, TADA Hitomi, KIM Hoonida, Taniguchi Akihiko.
7pm~9pm

Fashion Media Performance "Arise, Shine"

http://www.ewha.ac.kr/eng/index.html



2008, May 28~30
Extended Senses Symposium
at Soongsil University  (Seoul Korea)
10am~3pm
Information Sciences Bldg, 1F
http://www.soongsil.ac.kr/english/index.html

HATANAKA Minoru, KIM Dongho, LEE Yongbaek, MIOON, MOHRI Yuko, PARAMODEL, TANIGUCHI Akihiko, UMEDA Tetsuya, WATANABE Mizuki, ZIN Kijong, KIM Hoonida, LIM Sungyul, LEE Chang, SONG Kiwon, Christophe CHARLES.


2008, March 16
Mopomoso
at Club Vortex (London)
8pm

John RUSSELL Trio (with Roger Turner & Jason Robinson)
http://jp.youtube.com/watch?v=DIV9w3oW0sQ
http://jp.youtube.com/watch?v=03YV9OOsw6c

Revolver (Kim Johannesen, guitar, and Fredrik Kirkevold, drums)
http://jp.youtube.com/watch?v=F2GFEkvgiDA

Christophe CHARLES Quintet (with WATANABE Yasutaka, KIM Hoonida, KOISO Risa, SON Wookyoung)
http://jp.youtube.com/watch?v=IImRGr65F4k

For the first of the Mopomoso regular third Sunday of the month concerts at the Vortex there is a varied international bill. Revolver are the Norgwegian collaborators with the iconic Swedish saxophonist Matts Gustafsson. Christophe Charles,  well known for his soundworks teaches at the Musashino Arts University, Tokyo and has a permanent installation at Narita Airport. Other members of the quintet originate from Japan and Korea who work in a variety of audio visual media including video and sculpture. Jason Robinson from San Diego has worked with the likes of Anthony Davis, Eugene Chadbourne, Eek a Mouse, George Lewis, Gerry Hemmingway and the Grammy nominated Toots and the Maytals.  He is joined by the long-standing British duo of John Russell and Roger Turner. These are the only London performances for these groups and this unique programme is a ‘must be there’ !!

The Vortex Jazz Club, 11 Gillett Square, London N16 8JH
http://www.vortexjazz.co.uk/



2008, March 15
Concert Christophe Charles & Inada Kozo
at York University Music Research Center

http://www.sightsonic.com/archive/2008/prog15.html


2008, March 12
Traversing Territories
at Nottingham Trent University School of Art and Design
Opening performances
6pm~9pm

Martin NIGHTINGALE, KOISO Lisa, Alia PATHAN, Sarah DUFFY, Dan CERVI, WATANABE Yasutaka, KIM Hoonida, Christophe CHARLES, Rob FLINT, SON WooKyoung, Matthew CHESNEY, Toby EVERETT, Ashley GALLANT, Tracy McMASTER, Simon BURD, Jenna FINCH, et al.



2008, March 8
SAISEI
at Yokohama Bankart
Closing performances
http://www.bankart1929.com/
http://saisei08.web.fc2.com/

武蔵野美術大学映像学科と外部参加者(基礎デザイン科、空間演出デザイン科、筑波大学など)、中嶋興による溶接アーティストと のコラボレーション作品など計19点の作品展示に加え、最終日8日の16:00〜クロージングパーティとしてライブイベントを企画しています。サウンドラ イブやパフォーマンス、アーティストトークや化学実験!?もあります。飲み物も用意してお待ちしておりますので、ぜひお誘い合わせのうえお越し下さい。

映像科メディアアート専攻有志“SaiSei”展
 会 期:2008年3月5日(水)〜3月8日(土)※会期中無休
 時 間:11:30〜19:00
 会 場:横浜BankART Studio NYK 
 1F NYKホールおよび2F NYKギャラリーB
 アクセス:横浜みなとみらい線「馬車道駅」6出口[万国橋口]より徒歩4分
 料 金:無料。 ※8日ライブイベントのみ¥500(ドリンク込み)
 お問い合わせ:play_rebirth@livedoor.com
 ホームページ:"SaiSei"展


2008, March 2
TERMINAL
at Yokohama Bankart

「21世紀美大院生展覧会-terminal」は、2007年10月に開催された「21世紀美大院生交流展示・ 講評会」を経て、 新たな着眼点からのワーク・イン・プログレスとその成果を発表する場として開催いたします。

Opening performances: クリストフ・シャルル 小柳淳嗣 辻哲郎 笠島俊+富澤たか み Hoonida Kim 谷口暁彦

http://21cartmasters.noor.jp/artist.html


2008 data
2007 data
2006 data
2005 data