news 2006




2006 November 29-30 / December 1-2
Lap Top Orchestra - SEOUL live

new piece: 2[000] breath[s]
with laptop orchestra (Philippe CHATELAIN/KUBOTA Akihiro/Christophe CHARLES/HATTORI Satoshi), ISHIKAWA Ko (sho) and NAM Sang Ah (voice/guitar)

venues:
Yonsei University November 30
Myung Wall Gwan Dec.1st, 22:30
Stereo Dec. 2nd, 20:30

http://laptoporchestra.net



2006 November 26
OTOZUTSUMI 4
19:00-21:00

SATO Junko, KIMKEN, Christophe CHARLES, TANEDA Go

料金:1500円(ワンドリンク付)
会場:ZAIM
主催:ON-COOプロジェクト
共催:ZAIM
企画:project suara

ON-COO Presents ZAIM Monthly Art Festa Vol.3 「音包OTOZUTSUMI 4」
「音の気配と効用・マルチサラウンド」展
2006.11/18(土)〜26(日) 11:00〜21:00

ON-COOとは:音響空間研究会。主宰: 田口和典。音響エンジニアや研究家により構成されており、音楽や環境音が人々に与える影響を探り、最新音響機材による音響空間演出の公開実験・開発をおこ なっています。

ZAIM別館1階ホール
ZAIMホームページ http://za-im.jp/php/


2006 November 25
Streaming Live Tokyo-Seoul-Gwangju
12:00~17:00

MAU vs DANKOOK Univ. vs CHOSUN Univ.
ムサビ(東京)VS 壇国大学校(ソウル)VS 朝鮮大学校

2006年11月25日 (土)12時〜午後5時(東京時間帯)
25 November, 2006, from 12:00 to 5:00PM (Tokyo Time)
 
Place: Musashino Art University Bldg #12 Video Atelier
武蔵野美術大学 12号館 1Fビデオアトリエ
Dankook University / Chosun University
壇国大学校(ソウル)/ 朝鮮大学校(光州)

A streaming concert with professors and students from Tokyo, Seoul and Gwangju with live interplay of electronic and acoustic music, experimental dance, body painting performance, etc.

東京、ソウルと光州の間、インターネット・ストリーミングを使用した、生楽器、エレクトロニ クス (映像と音)やパフォーマンス(、コ ンテンポラリーダンスー、身体パフォーマンス、ボディペインティングなど)によるライブ・イベント

2006 November 11
流浴(rua)
18:00~22:00

TOMIZAWA Takami
MACHIDA Yoshio
KOYANAGI Junji
山田章雅
michi
MAKINO Tomoya
Christophe CHARLES

企画:TOMIZAWA Takami

http://www.unone.info/rua.htm

andZONE

丸の内線「新宿御苑前」駅2番出口を出て、
新宿通りを四谷方向に徒歩5分、
サンミュージックを左折、HOTEL WILL手前
東京都新宿区四谷4-28-4 YKBエンサインビルB1
http://andzone.com/index.html


2006 November 2 & 4
Mono: Expansive Sonic Environments, Intersecting Audiospheres, Singularity of Sound
at Brisbane IMA


Christophe CHARLES, Rod COOPER and Abject Leader
"Mono: Expansive Sonic Environments, Intersecting Audiospheres, Singularity of Sound", organized by Lawrence English ::ROOM40::

concert on Nov. 2 (7PM), lecture by Christophe CHARLES on Nov. 4 (3PM).

The second event in our Mono series brings together three sound artists involved in sound/space interaction. Each will be presented in a different space. Japanese resident Swiss-born Christophe Charles has been responsible for a number of outstanding textural electronic records for labels including Sub Rosa, Atak and Mille Plateaux/Ritornell. Known for his detailed surround-sound pieces, this is his first concert in Brisbane. Melbourne's Rod Cooper's music is resolutely physical and sculptural, using his
unique handmade instruments. Brisbane audio-visual unit Abject Leader's film installations are set against divergent Music Concrete soundscapes.


2006 October 11
noisy crucifixion vol.3

19:30 start - 1500 yen (adv) 1800 yen (at the door)

Waeldchengarten (from Denmark)
Ryfylke (from Norway)
Astro (cccc) + Kelly Churko (from Canada) + Reiko A. + OHPIA
Christophe Charles + TAMARU

デンマークからノイズジハードの"Wäldchengarten"、そしてノルウェーの"Ryfylke"がスカンジナビア半島から日本上陸! 最高のアンビエントミュージックとドローンミュージックが あなたをフィヨルドの静けさからバイオレンスの渦へと誘います。

Scandinavians land in Japan ! The Danish band Wäldchengarten from legendary organization Noisejihad will be joined by the Norwegian band Ryfylke to bring you the finest in ambient noise and drone music ranging from the calmness of a fjord to the violence of a maelstrom.

Presented by Even Stilte
at SuperDeluxe 03-5412-0515 map



2006 October 5
bend++ opus 2006

at SuperDeluxe 03-5412-0515 map
18:00 start 23:00 end
1500 yen at the door

TIME TABLE HERE プログラムはここ

bend++
opus 2006
「ベンディング」とは、身のまわりにある既成のものを改造して、そこから新しい音や光を生みだすことだ。改造するものは何でもいい。サーキット・ベンディ ング、スピーカー・ベンディング、データ・ベンディング、ソフトウェア・ベンディング...人間を改造してしまえば、それはきっとヒューマン・ベンディン グと呼ばれるだろう。それまで隠されていた未知の機能を発掘し、そこから予想外の使用法を発見したり、新たな意味や美学を創造することだ。

LIVE :
dorkbot Mexico City
Mario de Vega  http://f4rm.org/ililllili/
Ivan Abreu http://www.ivanabreu.net/
Arcangle Constantini http://www.unosunosyunosceros.com/videoZpainter/

メキシコ・シティーを拠点に、サーキットベンディングによる電子映像・音楽プロジェクトに関わる3人組。アメリカやヨーロッパでも「ドークボット」を展開 する、中米アーティストのニュージェネレーションの代表的存在。

インターカレッジbending フェスティバル

bend++は、東京造形大学、東京工芸大学、多摩美術大学、武蔵野美術大学の4つの大学のメディアアートやサウンドアート関 係の研究室が協力して推進しているプロジェクト。あらゆる方面に向けて「楽器」や「演奏」の概念や形態を拡張し、多層なオーディオビジュアルの実験を追求 している。

東京造形大学 (沖啓介ゼミ)http://homepage3.nifty.com/oob/
東京工芸大学 メディアアート表現学科(堀尾寛太)http://www.media.t-kougei.ac.jp/~horio/
多摩美術大学 情報芸術コース(久保田晃弘スタジオ)http://homepage2.nifty.com/~bota/
武蔵野美術大学 映像学科 (シャルルゼミ) http://home.att.ne.jp/grape/charles

http://blog.livedoor.jp/bend2005/
http://www.geocities.jp/b_e_n_d_2005/
http://www.getlofi.com/2005/10/bend-photos.html
http://dorkbot.org/dorkbottokyo/archives/000002.html
http://www.apple.com/jp/retail/shibuya/week/20060702.html
http://www.youtube.com/watch?v=s118wo8w4Xs&search=circuit%20bending
http://www.youtube.com/watch?v=t1BWuMdCPIQ&search=applestore





2006 September 17
Loaded* vol.2

22:00〜29:00@西麻布Bullet's
http://www.bul-lets.com/

¥1500(1drink)
¥1000(1drink)w/f

■Live:
christophe charles
voima
sabi
murr*murr
イツロウ
吉田アミ

■DJs:zu-hause /run

■VJ:土屋貴史 /SH2-276(Bysexual team)


2006 September 16
shibuya keiichiro live concert: musimissile
ミュジミサイル @ YCAM


piano, laptop, etc. - Musicircus style concert
ピアノ、ラップトップコンピュータ etc.
―ミュジ・サーカス・スタイルの空間を使ったコンサート

2006.9.16(sat) 20:00〜
会場:山口情報芸術センター  スタジオA

[出演] 渋谷慶一郎, maria, evala, christophe charles
[料金] 1,000円 *スタンディング
[チケット情報] プレイガイド発売 8月5日(土)〜
[チケットインフォメーション] TEL.083-920-6111(10:00〜19:00 火曜を除く)
[プレイガイド] 山口情報芸術センター、山口市民会館、山口南総合センター、ローソンチケットTEL.0570-084-006(Lコード:61851)

[託児] 有・要申込(1人目500円、2人目以降1人につき300円)
   ※ご希望の方は9月9日(土)までに上記チケットインフォメーションへお申し込みください。

[主催] 財団法人山口市文化振興財団
[協力] ATAK
[助成] 財団法人地域創造、平成18年度文化庁芸術拠点形成事業
[企画 制作] 山口情報芸術センター

山口県山口市中園町7ー7 〒753-0075
TEL: 083-901-2222  FAX: 083-901-2212
http://www.ycam.jp


2006 September 8
Kichijouji GRID605 (vol.10)
http://d.hatena.ne.jp/GRID605/

DJぷりぷりPresents
"ぷりぷりのおすすめ"

□time: open 17:00/start 17:30 - 21:00 close
□ticket: 1500yen
□定員:20人(予約先着順)
□出演:
1set:
hyperdeluxe(みっちゃん、うくん、やっちん、christophe charles)
2set: 川染喜弘
3set: モタリカ
4set: analogic
5set: ダウヂノイザス
6set: ツポールヌ

□司会&コメンテーター:
DJぷりぷり(PANK-VOICE)

□応募要項:
受付はメールのみの対応となります。
予約を希望される方は下記の情報を送信して下さい。
Reservation only by e-mail:
info-pank-voice@mbr.nifty.com


2006 July 08 (Saturday)
colllege night
concert at Shibuya Apple Store Tokyo
20:00〜21:00
free entrance 入場無料
access map

bend++

東京造形大学、東京工芸大学、多摩美術大学、武蔵野美術大学の4つの大学のメディアアートやサウンドアート関係の研究室が協力 し合い、さまざまなイベントやプロジェクトを行っています。今回のイベントは、bend++。「bending=身のまわりにある既成のものを改造するこ と」をコンセプトに、楽器、スピーカー、データ、身体などをベンディングすることによって、未知の機能や予想外の使用法を発見したり、新たな意味や美学の 創造を試みます。講師は武蔵野美術大学のクリストフ・シャルル助教授が担当します。

from Musashino Art University :
クリストフ・シャルル研究室 http://home.att.ne.jp/grape/charles

from Tama Art University :
久保田晃弘研究室 http://homepage2.nifty.com/~bota/

From Tokyo Zokei University
沖啓介研究室  http://homepage3.nifty.com/oob/ http://dazro.cocolog-nifty.com/

From Kogei University
堀尾寛太研究室 http://www.media.t-kougei.ac.jp/~horio/


2006 July 7 (Friday)
ludo xasdera painting exhibition

7月4日(火)-7月9日(日) - 12:00~20:30 - una camera livera - nakano (access)
カフェでの展示の為、ご来店時にオーダーをお願いいたします

7月4日(火) 18:00~20:30 opening

7月7日(金) 19:30~22:00 performances
(1000yen ドリンク付き):
sound: mjuc, legofriendly, christophe charles / visuals: ludo xasdera

7月9日(日) ~20:30 closing


2006 June 29 (Thursday) + July 5 (Thursday) + July 7 (Friday)
2006年 VIPNET
students from Musashino Art University, Tama Art University & Waseda University College of Art

身体パフォーマンス body performance
自作楽器 new music instruments
インスタレーション installation
ネットワーク network
 
ポスト・カテゴライゼーション
post-categorization

6月29日(木)16:30~ 12号館地下展示室
7月5日(水)16:30~ 
12号館地下展示室
7月7日(金)16:00~ 12号館地下展示室
(7/7は早稲田川口美術学校と、多摩美情報デザイン学科の学生も参加)

武蔵野美術大学映像学科
Place : Musashino Art University
クリストフ・シャルル、風間正、霜田誠二担当
(un)directed by Christophe Charles, Kazama Sei, Shimoda Seiji


poster by TSUNO Mariko
2006 July 1 (Saturday)
Mitte vol.2
http://just-music-rec.com/mitte.htm

23:00 open
23:00 - 23:30 DJ
23:30 - 0:20   Christophe Charles
0:20   - 1:10   Makoto Yamaguchi
1:10   - 2:00   Tadahiko Sakamaki
2:00   - 2:30   DJ
2:30   - 3:20   3rd person
3:20   - 4:10   VOIMA
4:10   - 5:00   DJ

 * Mitte vol.2は、同日Superdeluxe (Bulletsより徒歩5分) にて開催される"united space01"と提携し、2会場行き来自由(23時以降)・音楽尽くしの10時間イベントが実現されました。23:00までにSuperdeluxeに ご入場頂いたお客様にMitte vol.2の半額チケット(1000円)を配布致します。Bulletsは再入場OK!Superdeluxeは23時以降エントランスフリーになります ので23:00以降はsuper deluxe⇔bullets間を自由に行き来してお楽しみ下さい!!!

 united space  http://www.united-space.net/

 united spaceの出演者
 [Live 19:00〜23:00]
 RADIQ a.k.a. Yoshihiro HANNO (Logistic/opdisc)
 aM(26666.org)
 FilFla (plop)
 shin takai(freed)
 telesikova(united space)
 wave25(object)

 [DJs 23:00〜26:00]
 YOGURT (upsets)
 Shuhei Abe (JAYPEG)
 Kojime(telemetry)


2006 June 25 (Sunday)
[[[musicisfree.two]]]

18:00~23:00
@西麻布BULLET'S
with flyer -1500, door 2000

MAIN GUEST LIVE:
Xinlisupreme a.k.a. yasumi okano
Christophe Charles

18:00〜18:50 デストロォイ a.k.a.dubdub (dj)
18:50〜19:30 GGOD (band)
19:30〜20:10 DEDEMOUSE (key)
20:10〜20:50 hitosarai (band)
20:50〜21:40 christophe charles (laptop)
21:40〜21:50 クリストフ・シャルルとシンリの岡野さんによる即興
21:50〜22:40 xinlisupreme a.k.a. yasumi okano (guitar+drum+saxophone)
22:40〜23:00 出演者全員による「Tomorrow never knows」の合奏


2006 June 24 (Saturday)
C3 @shibuya kouendo-ri classics

open 18:30 start 19:00
fee 2500yen

shuichi chino :: Piano+effector
christophe charles :: electronics
keisuzuki :: Audio+Visual, computer

PLACE:
shibuya kouendo-ri classics
TEL & FAX : 03-3464-2701
http://www.radio-zipangu.com/koendori/

INFO: MAIL> suzukinetica@mac.com
WEB > http://www.keisuzuki.info

supports: NMEW
E-Mail:info@nmew.jp
http://www.nmew.jp


2006 June 23
1[000] breath[s]

LAPTOP ORCHESTRA & KO ISHIKAWA

[interactive computer music meets japanese traditional music]
日本伝統音楽 vs. ネットワーク/リアルタイムミュージック

door opening: 7.30pm opening mix by Shigehiro Tsubota   http://www.intervall-audio.com/artists/tsubota.html
concert start: 8.00pm - duration: 60 mn

ISHIKAWA Ko 石川高: 伶楽舎所属の笙奏者・石川高氏は、現代即興音楽と多く共演しており、なかでも大友良英氏とは定期的にコラボレーションしている。 Ko Ishikawa is a member of the Gagaku Orchestra "Reigakusha". He collaborates often with contemporary and improvised music projects. Otomo Yoshihide is one of his regular sound collaborator.
+
laptop orchestra / ラップトップオーケスト ラ:フィリップ・シャトレン率いる6人から構成されるエレクトロニック・インタラクティブミュー ジックの可能性を探るグループ。 2002年東京で活動を始める。日本とヨーロッパで演奏してきた。 laptop orchestra is an independent group of research in electronic realtime and interactive music, artist Philippe Chatelain, 6 to 20 members. The group has started its activities in Tokyo in 2002 and has played in Japan and Europe.

members:

Mathieu CHAMAGNE (audio matrix)
Christophe CHARLES
Philippe CHATELAIN
DAITO Manabe
HATTORI Satoshi
KUBOTA Akihiro
TANEDA Go
TSUZAKA Mayu
 

venue:
Harajuku Protestant temple, Kita-Aoyama 2-11-13, Minato-ku, Tokyo
場所:原宿教会 港区北青山2-11-13

このプロテスタント教会は、2005年11月に建てられました。建築としては、フランスと日本の建築集団「CRC」によ るものです。天井が6つの波を現しており、自然なリバーヴを得ることができます。こうした崇高な教会での音楽の演奏は、聞き手に深い体験を約束するでしょ う。

The Church’s architecture was developed by the Japanese-French architect office "CRC" http://www.cielrouge.com and was inaugured in november 2005. The ceiling is made of 6 big waves with a natural sound reverberation of  2 seconds. This long reverberation provides a unique aura and promises a deep sound experience.

サウンド・システムとレイアウト
観客が演奏者に囲まれる形態/椅子は2‐4個組に置く/各演奏者にスピーカー1台ずつ/観客は立ち居地により違う音響が楽しめるよう動き回れるようにする ことにより、より親密に音楽を楽しむことを可能にする。「イメージ・リンク」による「グローボ」は、360度の音響を可能にしたユニークなスピーカー。こ のパフォーマンスには中心となるステージはなく、拡散型セットである。各演奏者につきパーソナルPAが与えられている。

Sound system and original layout of the stage:
- audience and musicians are scattered, there is no front stage nor center
- each musician projects his/her sound on a single personal 360˚ speaker
- the sound experience will differ for each listener according to their position

organized by Philippe Chatelain info@laptoporchestra.net

SCHEDULE, DETAILS, MAP_ http://www.laptoporchestra.net
PRESS KIT_  http://www.laptoporchestra.net/presskit.html

*supported by: the French Embassy, Institut franco-japonais, Image Links, CRC, The Vine

ticket information:   advanced ticket: 2000 yens, on the day: 2500 yens

Nadiff  Casorale Harajuku B1 Jingumae 4-9-8 Shibuya-ku Tokyo
tel: 03-3403-8814   http://www.nadiff.com

Omeisha book Shop (inside the Tokyo French Institute)
15 Ichigaya-funagawara-cho Shinjuku-ku, Tokyo
tel:  03-5261-3933  http://www.institut.jp











2006 June 17 (Saturday) & 18 (Sunday)
Musashino Art University OPEN CAMPUS 2006
STREAMING CONCERT : TOKYO vs SEOUL

A streaming concert with professors and students from Tokyo and Seoul with live interplay of electronic and acoustic music, experimental dance, body painting performance, etc.

東京とソウルの間、インターネット・ストリーミングを使用した、生楽器、エレクトロニクス (映像と音)やパフォーマンス(、コ ンテンポラリーダンスー、身体パフォーマンス、ボディペインティングなど)によるライブ・イベント。

see http://home.att.ne.jp/grape/charles/classes/opencampus06.html
for details.




Collaboration between LEE, Hyo-Min (Seoul) and KOISO Lisa (Tokyo)
2006 May 18 (Thursday)
nocinema

nocinema.org will be presented on May 25 during Cinema Brut Festival, projected in a dark room.

nocinema.org sera presente lors de la journee du 25 mai dans le cadre du tout jeune festival du Cinema Brut. Le projet sera projete durant plusieurs heures dans une salle noire.

http://www.cinemabrut.com/
http://homestudio.thing.net/nocin/var/index9002.html


2006 May 18 (Thursday)
epsilonia radiophonic festival

To celebrate its 20th Birthday Anniversary, Epsilonia plans to broadcast a Radio Festival each thursday during may 2006. On regular FM and through our internet website, in worldwide collaboration with alternative places (bars, galleries, private appartements, cultural associations...). All events will be coordinated through the web. The four parts of this festival will be broadcasted on Thursday 4th /11th /18th and 25th May 2006, from 10.00 pm until 8.00 am.

EPSILONIA'S collaborators propose an eclectic musical adventure : performances, live gigs + unpublished sound works from just under 100 artists.

By celebrating this important anniversary, our goal is to more widely promote "alternative sound universes" which help to broaden the mind. We also aim to promote Radio Libertaire, one of the very last remaining politically engaged and independent radio stations in France, the only one which allows genuinely alternative music a real chance of being heard.


Thursday MAY 18th 2006 !

10 pm : Christophe Charles (Japan) // Iancu Dumitrescu (Roumania) //  Bjung Jun (Korea) //
11 pm : Vincent Epplay [Live] (France) // Masami Akita - Samon Takahashi (Japan-France) //  Mark Trayle (Usa)
00 pm : Jean-Jacques Palix (France) // Paul Sakoilsky (England) // Anouk Azar (France) //
01 am : GOL [live] (France) //  Xu Hualing (China) //
02 am : Ghedalia Tazartes (France) // Radio Free Robots (France) // Marcus Schmickler (Germany) //
03 am : Frederik Arana [live] (France) // Sonig All Star [a selection of unreleased tracks by the Köln label] (Germany) //
04 am : Felix Kubin - Boris Hegenbart (Germany) // Raul Keller (Estonia) //
05 am : Bob Recon (Usa) // Steve Roden (Usa) // Ana-Maria Avram (Roumania) //
06 am : Hankil Ryu [a.k.a. daytripper] (korea) // Sangtae Jin (Korea) // Baruch Gottlieb (Canada) // Chul-Ki Hong [a.k.a. astronoise] (korea) // Mi-Ryung Bae (Korea) // Open City (Usa) //
07 am : Jeff Cain (Usa) // Arturas Bumsteinas (Latvia) // John Wiese (Usa) //

or online / ou en ligne :
http://www.209radio.co.uk/
http://radio404.org/
http://www.radiowne.org/
http://radiolib.dune2.info:5000/radiolib.m3u








2006 March 22 (Saturday)
cc
and guests

Musashikoganei Art Land 武蔵小金井アートランド
7PM-11PM
1000円(1 drink included)
Christophe Charles (electronics), Hojo Miwa (voice), Nagao Shuichi (electronics), Tsuji Tetsuro (electronics), Makino Tomoya (electronics), U Hi-Taek (electronics), Kadokura Midori (performance), Okumura Azusa (performance),
RIEN (MATSUO Nahoko + TAKAHASHI Yu : music + performance) and others.

ウ・ヒテック U HeeTaek band
2000年12月来日、武蔵野美術大学映像学科在学中。情報を受信する側との関係性について考察し聴覚、視覚メディアを使って表現する。
http://onzo.jp/artist/u/index.html

牧野智哉 MAKINO Tomoya
1983年 北海道生。 武蔵野美術大学映像学科卒業。[映像+音響+構造]をキーワードに、 インタラクティブ/非インタラクティブ問わず、インスタレーションやパフォーマンスを実践。2006年映像情報メディア学会優秀賞受賞。

奥村あずさ OKUMURA Azusa
1985年北海道に生まれる。2005年ニパフに出会いパフォーマンスを始める(東京、愛知前橋、長野、ミャンマー、マレーシア、フィリピン、台湾)。現 在武蔵野美術大学空間演出デザイン学科三年在籍。

門倉緑 KADOKURA Midori
コンセプト:間に必要なものを考えて、実行する。2003年、武蔵野美術大学造形学部建築学科入学。2004年、ニパフ・アジア・パフォーマンス・アート 連続展04、ボランティアスタッフを経験後、初パフォーマンスを行う。ベトナム−日本パフォーマンスアート交流展04。2005年、ニパフ05。武蔵野美 術大学造形学部芸術文化学科編入。日本ーシンンガポール、マレーシア、ミャンマー、パフォーマンス・アート交流展05。ニパフ・アジア・パフォーマンス・ アート連続展05。Pexcimerというグループで横浜でパフォーマンスをする。日本−南米、チリ、アルゼンチン、ウルグアイ、パフォーマンス・アート 交流05(チリ)。

2050~2105  宇佐美達也 USAMI Tatsuya
武蔵野美術大学映像学科在籍中。パーカッション&Laptopパフォーマンス。

長 尾悠市 NAGAO Yuichi + 北條見和 HOJO Miwa
北條見和
東京生まれ。武蔵野美術大学映像学科。唄い屋。声を使った音パフォマンス。民謡,童謡などに影響されてアジア要素を含んだ声で音楽をつくる。いろいろな楽 器(ジャンベ,タブラ,トランペット,ディジュリドゥ,尺八)との即興演奏やエレクトロニカ音楽とのコラボレーションもしている。
長尾悠市
2001武蔵野美術大学映像学科入学。 =Study of music in a wide range, from J.S. Bach to new media music, with a special interest in african poly-rhythms.=Composing music works in various way. Using computer, sampler, acoustic instruments, and musical logic. =Live performance using laptop computer, tabla and percussions. Collaborations with acoustic instruments players: voice, trumpet, theremin, percussions, piano, saxophone, etc. Installations using Max/MSP/Jitter.

2150~2220 RIEN(高橋優・松尾奈帆子) MATSUO Nahoko + TAKAHASHI Yu
松尾奈帆子は武蔵野美術大学映像学科在学中。パフォーマンスやインスタレーション作品。ユ ニット「RIEN」として出演。「RIEN」はピンクローターによるギター奏者、高橋優と動物の声による楽曲を操作する松尾奈帆子のユニットです。 RIEN(離縁)の果ての融合を模索します。


hojo miwa

cc

kadokura midori

makino tomoya

rien-matsuo nahoko
2006 March 22 (Saturday)
colllege night
concert at Shibuya Apple Store Tokyo
13:00〜14:00
free entrance 入場無料
access map

bend++

東京造形大学、東京工芸大学、多摩美術大学、武蔵野美術大学の4つの大学のメディアアートやサウンドアート関係の研究室が協力 し合い、さまざまなイベントやプロジェクトを行っています。今回のイベントは、bend++。「bending=身のまわりにある既成のものを改造するこ と」をコンセプトに、楽器、スピーカー、データ、身体などをベンディングすることによって、未知の機能や予想外の使用法を発見したり、新たな意味や美学の 創造を試みます。講師は武蔵野美術大学のクリストフ・シャルル助教授が担当します。

from Musashino Art University :
クリストフ・シャルル研究室 http://home.att.ne.jp/grape/charles
小磯里沙(身体パフォーマンス)
長尾悠市(サウンド)http://home.att.ne.jp/grape/charles/classes/projects/ nagao_yuichi.html
辻哲郎(サウンド+映像)http://tujirou.hp.infoseek.co.jp/
牧野智哉(サウンド+映像)http://www.h7.dion.ne.jp/~folk/
小柳淳嗣(サウンド+映像)http://www.geocities.jp/koyanagi_junji/
藤野卓俊(サウンド)http://onzo.jp/artist/fonotiac/index.html

from Tama Art University :
久保田晃弘研究室 http://homepage2.nifty.com/~bota/
e-bombers web page :
http://yoppa.jpn.org/ssaw06.php
http://www.kuze.jp/st5/
稲福 孝信 http://inafact.net/
小島 準矢 http://www.52sec.org/
森 浩一郎 http://www.moxuse.org/blog/archives/2006/03/index.html
山口 崇洋 http://www.netarts.org/jpn/physicalevents/index.html

From Tokyo Zokei University
沖啓介研究室  http://homepage3.nifty.com/oob/ http://dazro.cocolog-nifty.com/
佐藤拓人

From Kogei University
堀尾寛太研究室 http://www.media.t-kougei.ac.jp/~horio/




makino tomoya
KOISO lisa + TAU e-bombers
2006 March 23
concert at
Maerzmusik

Charles, hegenbart, Machida, Yamamoto
 SONIC ARTS LOUNGE
 Ort: Haus der Berliner Festspiele

[nagare] [undirected] [mu] – balance

Christophe Charles · Elektronik
Boris d Hegenbart  · Input Realtime Sound Processing
Yamamoto Seiichi · Gitarre/Elektronik
Yoshio Machida · Steel Pan/Realtime Sound Processing

Mit Unterstützung von The Japan Foundation
Seichii Yamamoto, Yoshio Machida, Christophe Charles und boris d hegenbart – vier Musiker, Komponisten, Videokünstler, Soundartisten und Forscher sind für ihren Auftritt bei der MaerzMusik 2006 in einen intensiven gemeinsamen Arbeitsprozess eingetreten. Ihre Performance im Rahmen der SONIC ARTS LOUNGE wird daher weniger ein fertiges Ergebnis dieses Austausches präsentieren als einen Ausschnitt aus sich permanent generierenden und verändernden Klangwelten, denen das Konzept einer nicht-gerichteten, im Fluss befindlichen, auf den jeweiligen Kontext flexibel reagierenden Musik zugrunde liegt. Konzepte wie sie vor allem John Cage in Anlehnung an seine Erfahrung mit dem Zen Buddhismus und den Ideen Henry D. Thoreaus amalgamiert hat.

text about the collaboration


2006 February 13
ESCENA CONTEMPORÁNEA
concert at
"Circulo de Bellas Artes",
Madrid
http://www.circulobellasartes.com/

17.30 h
Ex Oriens  Lux,
un encuentro con Daniel Charles, a través de Rubén López Cano.

20h
La gran noche japonesa.
Primera parte: Yoshiro Hanno.
Segunda parte: Christophe Charles.
Tercera parte: Shibuya Keiichiro.


2006 February 10 & 11
two concerts at
Nits d'Aielo | Art
(near to Valencia, Spain)
with Drumming, Heiko Plank, Yoshihiro Hanno, Daniel Cuberta, Keiichiro Shibuya and Maria, Erhard Hirt, Maria Durán, Daniel Charles, Wade Mathews, Los Glissandinos, EXVOCO, Christophe Charles


2006 February 7
concert at
opa-paris

9 rue Biscornet 75012 Paris
organized by moshi moshi

http://www.opa-paris.com/
http://www.differenthouse.com/photo43.html
http://nyctaloop.free.fr/TOFS/OPA1.html

live:
Christophe Charles
Shibuya Keiichiro / ATAK



2006 February 4 - March 26
メ ディアアートの先駆者
Pionneer of Media Art
山 口勝弘展
YAMAGUCHI KATSUHIRO
「実験工房からテアトリーヌまで」
From "Experimental Workshop" to Teatrine


The Museum of Modern Art, Kamakura
神奈川県立近代美術館 鎌倉

Closed on Mondays and march 22
休館日:月曜日、祝日の翌日(3月22日)

特別講演会
ヤシャ・ライハート(美術評論家、ロンドン現代芸術研究 所ICA元副館長)
日時   :2006年3月4日(土曜日)13時〜15時
会場   :神奈川県立近代美術館 葉山 講堂
受講料:無料
※申込締切:2月25日(土曜日)

連続講演会
「戦後の日本における芸術とテクノロジー」(全5回)
会場   :神奈川県立近代美術館 葉山 講堂
受講料:各回1000円

第1回 大谷省吾(東京国立近代美術館主任研究官)
2月19日(日曜日) 13時〜15時 申込締切:2月12日(日曜日)

第2回 中原佑介(美術評論家)
2月26日(日曜日) 13時〜15時 申込締切:2月19日(日曜日)

第3回 磯崎新(建築家)
3月5日(日曜日) 13時〜15時 申込締切:2月26日(日曜日)

第4回 松本俊夫(映像作家)
3月12日(日曜日) 13時〜15時 申込締切:3月5日(日曜日)

第5回 小林はくどう(映像作家)
3月26日(日曜日) 13時〜15時 申込締切:3月19日(日曜日)









2006 January 29
TRAVELLING GAS SHOP in SHIBUYA
-CLOSING PARTY-  18:00 - 21:00

Tokyo Shibuya1-23-16 PICASSO 347 2F
access : http://www.picasso347.com/access/

LIVE :
Kanta Horio
albireo(ONZO)
Christophe Charles


2006 January
happy new year !



2008 data
2007 data
2005 data