[スタート] [主催者] [M女性たちの部屋] [考察] [モデル申し込み]

M女性たちの部屋、つぼみ、その5

スライドショー

次回ですが、是非 縛る会を希望しています。

三角木馬もよろしくお願いします。 私の足首には、レンガのおもりをつけてください。

木馬のほか、花器も挑戦したいと思います。 人間花器は、逆さつりの状態でお願いします。 よろしくお願いします。

複数の男性の前で脱がされることも初めての経験なら、複数の男性に責められることもまったく、初めての経験でした。 あこがれていたことでしたが、予想よりずっと気持ちが良いことでした。

つぼみの乳房を揉む人、クリトリスをいじめる人、つぼみの体を押さえつける人がいて、 同時に何箇所も刺激されることは、想像をはるかに上回る気持ち良さです。 加えて、つぼみの耳元では、言葉責めが続きます。 いやおうなく感じさせられました。

三角木馬は、ただ乗るだけでは不満だったので、レンガをつけてもらいました。 上から吊るされているので力が股間にすべてかかるわけではないと思っていましたが、 実際には、木馬から落ちない程度に吊るされているだけで、全体重とレンガの重さが、股間にかかってきました。 写真ではわかりにくいかもしれませんが、足もレンガも完全に床からは離れています。

つぼみは、木馬にまたがって座るだけだと思っていたのですが、またがって座った状態で、徹底的に責められました。 この責めに耐えることが、本当につらかった。 時間が経って、股間の痛みが限界に近づくと、木馬を揺すられました。つぼみは何度も大声をはりあげました。

人間花器も、つぼみが望んでいたことでした。 床の間に飾ってもらいたいと、つぼみが言い出して、場所と向きを変えました。 股間のヘアは、綺麗に剃っていたので、花器がとても綺麗に見えると思います。

花器も、腟に花を入れるだけだと思っていたのですが、入れた花を、何度も出したり入れたりするなど、執拗な責めが行われました。 座椅子に縛り付けられていたので、逃げることも動くことも出来ず、複数の男性に責め続けられて、感じるしかありませんでした。

縛る会で、つぼみを責めたいという女性もいるので、次回は参加をお願いしたいと思います。

祐介のコメント

つぼみからは以前から縛る会や木馬責めの強い希望があったので、 今回は複数の男性が集まり、木馬責めや人間花器を行いました。

新たに木製の木馬を自分で作成し、つぼみに試みました。 木馬責めは股間に強烈な痛みを伴うので、一般向けの責めではありません。 しかし、つぼみはこの強烈な痛みに耐え、さらに感じているようでした。足首に重りを つけると、膝が伸び、脚で板をはさんで体重を支えることができず、股間にもろに体重がかかります。 この責めにもつぼみは大声を上げ、結構耐えました。

人間花器も今回つぼみの希望でした。つぼみの股間に花を生け、皆で鑑賞しました。 股間が剃毛してあったので、花が綺麗に見えました。前だけでなく、肛門にも菊を生けました。

床の間を前にして花を花器に入れて飾るのはもっともふさわしいと思いました。

戻る

スタートへ